擬天才と亜天才

| コメント(0) | トラックバック(0)

世の中には確かに天才という人が存在する。典型的には、物理学者ではウイッテン、数学者ではドリーニュ、グロタンディーク、将棋では羽生、囲碁では井山裕太などである。もちろん枚挙している訳ではない。そのとき、本人が自分は凄いと思っているかどうか分からない。しかし、本人の思惑がどうあれ、天才かどうかは周囲が決める。

上記は本物の天才であるが、世の中には擬天才なるものも存在する。これは私の造語なので説明を要するが、すなわち、確かに才気煥発でそれなりに冴えているのだけれども、結局、時代のパラダイムを超えず、時間が経ってみると、何も残らないという人である。例えば、将棋の芹沢博文は、ある時期、自分は天才であると思ったであろう。また、少なくとも周囲の一部もそれを信じたかもしれない。しかし、今となって、芹沢博文実戦集を編むという話を聞かない。やはり天才でないのである。ただ、その強烈な天才の自負こそが擬天才である。

もっと分かりにくいのが、亜天才である。これも私が勝手に作った概念であるが、分かりにくいので例を挙げる。例えば、アインシュタインもまた、天才であることを疑う人はいない。ところが、もしアインシュタインに数学や物理学の才能がなかったらどうなるか。いつももたもたして、なにをやらせても埒があかない。下手したら日々の生活にも支障をきたすかもしれない。ただ、周囲から見ていて、発想がユニークでときどき変わったことを言う。で、知らない人はあの人は天才なのでは、と勘違いしたりするが、実は何の顕在的能力もなく、一生ちょっと変人と言われて無名なまま終る。

そこで、独特の四分法(quadchotomy)を提唱する。すなわち、世の中の人間は、天才/非天才/擬天才/亜天才に分けられるというものである。

天才については一応、その定義は説明不要であろう。非天才は、世間一般の凡人である。擬天才と亜天才については、不完全ながら、既に定義は与えた。

さて、degrade()という操作を考える。これは仮想的に、その一番優れた能力を取り去る操作とする。

そこで、degrade(天才)という操作をするとどうなるか。すると到底自明ではないが、これは、非天才と亜天才のどちらかになるのではないか、というのが私の仮説である。

degrade(天才)が非天才になるのはどういう場合かというと、天才性以外のところの能力スペクトルが一様になだらかである場合である。例えば、羽生は、将棋の才能を取り去っても、依然として普通の凡人以上の能力があるだろう。これを、第一種の天才と呼ぶことにする。

一方、degrade(天才)が亜天才になるのはどういう場合かというと、天才性以外のところの能力スペクトルが不均一であったり、基底レベルであったりする場合である。上に挙げたアインシュタインはまさに、それに該当する。他には、岡潔、升田幸三などもこれに該当するかもしれない。グロタンディークもそうであろう。これを、第ニ種の天才と呼ぶことにする。

こう書くと、いかにも第ニ種の天才の方が孤高で偉そうであるが、そこのところは実は分からない。そもそも、「偉い」という概念が高度に世俗的で、天才性の測定指標としては馴染まないのかもしれない。

そこで私の仮説。天才と亜天才の間の距離は、天才と擬天才の間の距離より小さい。これは昔から、天才と馬鹿は紙一重という言いかたをする。そこでいう馬鹿は単なる馬鹿でなく、亜天才でなくてはならないのである。

さらに仮説として、天才と非天才の間の距離は、天才と擬天才の間の距離より小さい。

実は、沢山擬天才が見つかる箇所は、霞ヶ関であったりする。また、世間が子供の頃から天才ともてはやすのは、往々にして擬天才であったりする。それゆえに、英才教育は、大抵、功を奏さない。有名大学の進学率を競うことくらいはできるであろうが。

亜天才はというと、多くはないが、どこの学校にもいるだろう。そしてちょっと変わった奴として思い出されるかもしれないし、下手したら虐めの対象になっているかもしれない。で、あまり話題になることもなく、忘れ去られるであろう。しかし、一歩間違えると、亜天才は、天才に豹変する。そのメカニズムを誰も知らない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1559

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年11月16日 07:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「尾花のスタイル」です。

次のブログ記事は「講習会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。