ワーク・ライフ・バランス

| コメント(0) | トラックバック(0)

会社で、ワーク・ライフ・バランスなどという概念が提唱され始めたのは、今世紀に入った頃からだろうか。当時管理職であった私は、ワーク・ライフ・バランスという言葉を聞いて、建前としては尤もだと思った。

すなわち、仕事のワークロードが多すぎて病気になっては元も子もない。残業は適当に切り上げて、無理しないで帰宅しましょう、ということであるなら、それは異論はない。

しかしである、仕事の量には波がある。当然に仕事の質にも波がある。沢山の仕事が押し寄せることがあるし、決断に苦しむ仕事もある。そんなとき、ワーク・ライフ・バランスの原則でどう乗り切ればいいのだろう、と当時から悩んでいた。

それに対する公式の回答は、おそらく次のようなものだろう。

  1. 仕事の効率を見直しましょう。工夫すれば、能率を上げる方法があるはず。
  2. 無駄な仕事がないかどうか、仕事の内容を見直しましょう。
  3. 必要ではあるがコアでない仕事は、外注できるなら、出しましょう。
  4. お互い、困っている人は助けて、みんながワーク・ライフ・バランスを達成できるように協力し合いましょう。

このように、ワーク・ライフ・バランスという理念はとても美しいものであるが、私は管理職として、あまり前面に出すのは賛成でなかった。というのは、部下が少しでもワーク・ライフ・バランスを達成するのを助けようとすると、管理職である私が降って来る仕事を塞き止めなくてはならない。そのうちのあるものは依頼者に押し返したり、やらないで済むことを交渉できるが、どうしてもやらなくてはならない場合は私が自分で処理した。その結果、私自身のワークロードが溢れそうになって、深夜一人オフィスに残って、自分は何をしているだろうと呆然としていたこともあった。

ある部下は、もともと残業しない傾向にあり、休暇もよくとる。それは面倒な仕事は直ぐに他人に振ったりするからでもあるが、その部下に、あなたは要領が悪いから、そうやって自らワーク・ライフ・バランスを崩している。賢明なら自分のようにスマートにやれるはずである、といわれて、流石に頭に来たことがあった。

ただ、冷静に考えてみると、私自身、とても要領の悪い面があることも否定できなかった。適切に部下に仕事を振り分けていないという面もあった。とはいえ、部下のワーク・ライフ・バランスを考えれば考えるほど、自分自身のワーク・ライフ・バランスが考えられなくなる、という矛盾はなかなか解消されなかった。

で、今にして思うに、やはり、ワーク・ライフ・バランスは、あまり前面に出すべきでない。というのは、そうすると、面倒なことは避けて、他人に仕事を振って、頑張らないことがワーク・ライフ・バランス的にビューティフルな生き方ということになり、個人主義を助長して、部門全体がギクシャクする。

すると、ワーク・ライフ・バランスは、誰がみても大変な状態にある人が、ヘルプを求めるための理由としてのみ使われるべきであろう。一種の自己申告イエローカードである。それを見たら上司は、決して無視してはいけない。直ちに共済措置を講じなくてはならない。そのことが周囲の人々のワーク・ライフ・バランスを悪化させる可能性があるがゆえに、ワーク・ライフ・バランスという標語を、あまり前面に出すべきでない、ということである。

あと言いたいのは、ワーク・ライフ・バランスを標榜する人達が、とても安易に仕事の効率化を口にすることである。しかし実は私はある意味、仕事の効率化のプロであって、それを達成するために、Dbase、C++、Perlなどで膨大な量のコードを書いた。その一部は今でも、部内で使用されている。そのうちのあるものは確かに効率化の効果があって、何度か、いくばくかのアワードを会社から貰ったことがある。

そういう私が敢えて言うが、事務部門の効率化は非常に難しい。非定型業務が多すぎ、個人的判断を要する面が多すぎるのである。だから、私が書いたツール達が達成した効率化はとてもささやかなものである。まあ、ないよりはましであるが。

そういう苦労も知らない御仁が、まあ知らないからいうのだろうけど、安易に効率化して時間を浮かせましょう、ワーク・ライフ・バランスを達成しましょうというと、私は言葉を失う。

そこで例えば、グーグルニトリユニクロサイゼリヤなどの高収益企業をみてほしい。少なくとも、ワーク・ライフ・バランスを前面に押し出していないはずである。面白法人カヤックだってそうである。理由は簡単。それを前面に押し出していては、競争に勝てない。ただそれだけである。

そりゃあ私だって、ワーク・ライフ・バランスを標榜してのんびりやっていける時代が望ましいと思う。最近ちょっと息切れ気味であるので。各社がそうであるようなユートピアが来るなら、であるが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1563

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年11月19日 07:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「女子大生死体遺棄の犯人像」です。

次のブログ記事は「飽きること」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。