大学別・生涯給料ランキング

| コメント(0) | トラックバック(0)

東洋経済オンライン 2009年11月05日掲載に大学別・生涯給料ランキングの記事があった。一位はどこだろう、多分東大ではないけど、慶応あたりではと思ったら、なんと神戸女学院大学なのだという。

1位となったのは神戸女学院大学。兵庫県西宮市にあるミッション系の伝統校だ。昨年も4位にランクインしていたが、今年は在京の共学校を抜き去りトップに立った。生涯給料が比較的高い金融系企業に4分の3が就職したのがランキングを押し上げる結果につながった。

2位は昨年と同様、聖心女子大学。こちらも金融系企業への就職が対象者の3分の2に及ぶ。3位は昨年1位の一橋大学。ベスト10までに8校が入るという、女子大が大健闘した結果となった。共学校は慶應義塾大学が8位(昨年4位)、東京大学が12位(同3位)などにとどまった。

こうした結果の背景には、各大学のキャリア戦略の成果もあるが、この年の卒業生(09年採用)は、売り手市場の最後の年で、金融系企業を中心に大手企業が採用数を大幅に増やしたことが挙げられる。そして、その広がった枠を女子学生が確実にものにしたことが結果につながった。実際、神戸女学院大や聖心女子大の3大メガバンクなどへの就職実績は前年の倍近い数字となっている。

最近の採用現場では「女子のほうが積極的」という話がよく出る。このランキングにも、女子学生が収入など将来のキャリアを積極的に見据えている現状が表れている。

そういえば、神戸女学院大学といえば、管理職の時代に部下の結婚式に招待されたことがあり、その部下が、神戸女学院大学出身であった。神戸のとあるホテルで結婚式があったのだが、私は結婚式の後で空気を完全に読み間違えて、なぜか不用意に、二次会にも出席してしまった。誰かが義理で声をかけてくれたのを真に受けてしまったのである。

二次会に出ると当然に、私の知り合いは一人もいない。結婚式の当事者である部下は、衣装直しでまだ来ていない。しまったと思いつつ、一人で寂しくビールを飲んでいた。途中で帰りたいのだが、幹事の人が会費を徴収するといってまだ来ていないので、退出できない。いよいよ窮していた。

すると、しばらくして、全く意表をついて、4~5人の若い女性が私の周りにやってきた。「○○の上司の方でしょ、スピーチ、面白かったです。」という。○○とは、私の部下の名前である。で、かぎりなくダサイ私に対して、いろいろ話しかけてくれた。ありがたくて涙がでそうになった。聞くと、私の部下のサークルの友達だった。

そこで話すと、まだ若いのにみんな結構な社会的地位なのである。たしか、自分で会社を経営している人もいた。あと、みんな魅力的で結構教養もある(ちょっと褒めすぎか)。で、話を私に合わせてくれたのかもしれないが、私の周りが結構楽しそうな雰囲気に盛り上がってきた。それを見て、ちぇっなんだあいつ、と面白くなさそうにする男性もいたくらいである。

そういうもてなしを受けたお蔭で、私の神戸女学院大学に対する好感度は抜群で、だから、いつだったか、会社の神戸大学出身の後輩に、神戸って日本一いいところです、といわれたとき、素直に同意した。それで今回、神戸女学院大学が大学別・生涯給料ランキングで一位と聞くと、然もありなんと頷くのである。

なお、知能と収入に書いたように、知能と収入があまり相関がないのは、ほとんど法則のようなものである。お金を儲けるというのは、確かにある種の知能とか知性に関係あると私は思うのだが、それは所謂学術的な能力と微妙にずれている。しかし、世の教育ママは、子供を一流大学にやることで、富と名声の両方が得られると思っている。もし、富にフォーカスするなら、ちょっと違う教育方針になるのだろう。また、名声にフォーカスするのもさらに別の教育方針になるのだろう。よって、単に方針なく一流大学にやるというのが、段々その後の経歴が不透明になってきつつある。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1565

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年11月21日 08:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「飽きること」です。

次のブログ記事は「もてない男の特徴」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。