2009年12月アーカイブ

チャウシェスク

| コメント(0) | トラックバック(0)

ルーマニアと聞くと私は、コマネチと、ロマンス語の一派であるルーマニア語と、チャウシェスクくらいしか思いつかない。

ところで、12月22日は、チャウシェスク夫妻が処刑されたルーマニア革命の20周年の節目だという。そこで、毎日新聞が、革命後に「救国戦線評議会」議長を務めたイエリスク元大統領に会見した記事があったので、メモしてみる。

ルーマニア革命は、1989年11月9日のベルリンの壁崩壊に影響を受けたものであるが、直接的には、1989年12月16日に、西部ティミンショアラで、ハンガリー人の牧師が 国外追放処分になったことから、市民と軍が対立したことに端を発する。そこで軍の発砲により、市民の犠牲者が出て、混乱は全土に広がっていった。

1989年12月22日、チャウシェスク大統領とその妻エレナ夫人は、ブカレスト中心部の共産党本部からヘリコプターで脱出した。元共産党書記であったイエリスク氏は、「救国戦線評議会」を結成し、軍は救国戦線評議会に加勢した。チャウシェスクの旗下で市民を銃撃していた軍は、救国戦線評議会の下でも市民に発砲を続けた。このため、チャウシェスク崩壊後も1200人以上の市民が軍により殺害された。

それは、チャウシェスク直属の秘密警察の可能性もあるが、イエリスク氏でさえ、本当の実行犯は誰か分かっていないという。すると、チャウシェスク夫妻を処刑する必然性が分からない。しかし、緊張した場面で、イエリスク氏は、市民の犠牲を増やさないために、チャウシェスク夫妻を処刑するしかないと思ったそうである。

そこで、救国戦線評議会は、12月25日に、チャウシェスク夫妻の身柄を、ブカレストから北へ90km離れたテルゴビシテの軍事施設に移送し、そこでチャウシェスク夫妻の軍事裁判を行い、即決で銃殺刑を決めた。この処刑のニュースは世界中に報道された。すると、政権崩壊後の混乱は次第に収まったという。

チャウシェスク夫妻は、1971年、北朝鮮を訪問した。そこで、北朝鮮の統制ぶりを目の当たりにして、自国でも、その体制を真似た。そのことが、ルーマニアが独裁体制に突き進むきっかけとなった。

当時ルーマニア共産党の要職にあったイエリスク氏は、このとき北朝鮮に同行し、北朝鮮の体制を真似るのはよくないと直言したが、受け入れられず却って疎外され、地方へ左遷された。1989年当時は、技術出版社に勤務していた。

そういう意味でイエリスク氏は、チャウシェスク氏にいささかの私怨があった訳であるが、ルーマニア革命に際して、急いでチャウシェスク夫妻を処刑することの必然性はやはりよく分からない。あるいは、国外追放する手もあったと思われるが、流れを変えるためには、ある程度過激なこともせざるを得なかったという言い訳であるようである。

ともかく、チャウシェスク夫妻が1971年から、政権崩壊までの約18年間、どんな悪政を敷いたのか、別途調べてみる必要がありそうである。

島根死体遺棄進展なし

| コメント(0) | トラックバック(0)

膠着状態に陥っている島根死体遺棄事件について、中国新聞Webから引用:

浜田女子学生遺棄事件で、島根、広島県警の合同捜査本部は24日、平岡都さん(19)=浜田市原井町=が通っていた島根県立大の全学生(約千人)と教職員を対象に、今月上旬に始めた聞き取り調査をほぼ終えた。平岡さんの足取りや交友関係に関する有力な情報は浮かんでいない。

調査は平岡さんが10月26日夜、同市内のアルバイト先を出た後の足取りなどをつかむため、大学の協力を得て実施。大学の会議室の提供を受け、当日夜の行動や不審者の目撃の有無などについて、一人ずつ聞き取っている。

冬休みとなる25日以降は一時中断する。既に約50人の職員全員は終わり、残る一部の学生と教員について年明けから再開する。

これまでの調べで、平岡さんの携帯電話やパソコンのメールには平岡さんが当日夜、誰かと待ち合わせた形跡はなかった。学生寮まで約2・5キロの帰宅ルート付近では平岡さんのものとみられる左足の靴も見つかった。捜査本部は帰宅中、平岡さんが何者かに車で連れ去られたとの見方を強め調べている。

また、遺体発見現場近くにあった持ち手とみられる袋の一部と遺体に付着していた袋片は別の種類だったことが、捜査本部への取材で分かった。

事件からほぼ2ヶ月近く経過したが、当初証拠がテンコ盛りに見えたのに、意外にも進展がない。前回の報道では、ベージュの4輪駆動車という車種を検索キーにすれば、比較的容易に車の持ち主が辿れるかと思ったのだが、そちらでは続報を聞かない。

また、こちらに書いたように、私は当初から、「連絡のとれない大学のサークルの先輩」というのが気になっているのだが、上記記事のように、島根県立大の全学生(約千人)と教職員を対象に、今月上旬に始めた聞き取り調査をほぼ終えた、ということなら、その連絡がとれなかった大学のサークルの先輩も、いつまにかひょっこり現れて、聞き取りに応じたということか。そうであるとも、そうでないとも書いてないのが、私としてはやはり気になる。

私としては、警察ではもう目途がついていると信じたい。ただ、刑事訴訟法のデュープロセスに従い慎重に行動しているのだろう。もしそうなら、法治国家として、少しじれったいが、それもあらまほしき姿か。

そういえば、この事件よりも猟奇性は低く、犯人割り出しも容易と思われた中大教授殺人事件も、結局解決までに4ヶ月を要した。すると、この事件も解決までに半年くらいかかってもおかしくないのかもしれない。

M1グランプリ

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日テレビでM1グランプリなる番組を観ていた。以下、その記事である。マイコミジャーナルからの引用:

9回目を迎える『M-1』のファイナリストは、ナイツ、南海キャンディーズ、東京ダイナマイト、ハリセンボン、笑い飯、ハライチ、モンスターエンジン、パンクブーブー(ネタ順)の8組。ファーストラウンドでは、8回連続決勝出場の笑い飯が大会委員長の島田紳助からM-1史上初の満点"100点"を獲得。「100点つけると後の審査で困るけど、もう困ってもええわと思ってつけました」(紳助)と絶賛されるネタで668点をマークし、ぶっちぎりのトップに。そして、注目の敗者復活戦から昨年の王者・NON STYLEが勝ち上がり、大会初の2連覇をかけた熱演で641点を獲得していきなりトップ3にすべり込むなど大波乱となった今大会。この2強と並んで決勝ラウンドを戦ったパンクブーブーは、7名の審査員(紳助、松本人志、上沼恵美子、東国原英夫宮崎県知事、オール巨人、渡辺正行、中田カウス)全員の票を独占するパーフェクトな勝利で見事、チャンピオンの栄冠を手にした。

観ていて辛くなったのは、ネタを連発して勝ち上がるという概念にちょっと辟易したからである。私が思うに、漫才本来の話術の芸という意味では、決勝に残ったメンバーでは、ナイツがぴか一である。一昨年のチャンピオンのサンドウィッチ・マンもやはりそうで、ああいう小気味よいしゃべりの芸が本来の漫才だと思うのだが、南海キャンディーズが流行り始めたあたりから、ドタバタが主流になってしまった。ドタバタもまあ面白いのだけれども、当たり外れが大きい。それを如実に示しているのが、笑い飯のセミファイナルでの最高得点で、あそこで受けすぎては、もう最後の没落は必定である。

また、昨年の王者・NON STYLEも、マンネリに陥っているようで、同じパターンの多用がちょっと痛々しかった。

こうしてみると、あまりにM-1にフォーカスすると、芸が荒れるといえないか。受け狙いの連発になってしまうからである。寧ろ、漫才師にとって、M-1王者の称号は、芸の妨げといってもよいと思う。

だから私としては、あまりM-1指向の笑いになってほしくない。あの世界にも多様性は必要である。絶対に予選を通過できないけどほんのりとした、いい芸というのは、ありえると思う。

ただ、セレモニーとしてのM-1は、お笑いファンにはやはり面白い。だから、出場者は、あまり構えず、1つの寄席くらいに思って、気張らずやれればいいと思う。しかし、1000万円は、やはり大きいかもしれないが。

学歴コンプレックス

| コメント(2) | トラックバック(0)

言うまでもないが、世間には学歴コンプレックスなるものは、確かに存在する。そして、それはどうしても多かれ少なかれ、大抵の人にある。というのは、普通に学校に進学すると、大抵の人は高校入試だの、大学入試だのに晒され、そこで、偏差値がどうの、という議論に巻き込まれるからである。

すると、超秀才は超秀才なりに、難しい偏差値の大学を出たことをもって正の学歴コンプレックスをもち、それなりだった人はそれなりに、行きたいけど行けなかった大学を想定して、負の学歴コンプレックスをもつ、ということになる。一般的にはここでいう負の学歴コンプレックスの方を学歴コンプレックスという。

ここでいう学歴コンプレックスは、そういう常識的な範囲を超えた学歴コンプレックスを意図している。それでは、常識的な範囲を超えた学歴コンプレックスとは一体どんなものだろうか。

それはあまりにも自明な定義であるが、あえて記述すると次のとおりである。すなわち、下記の定義に基づく基準に非常に高い優先順位を与える、ということである。

  1. 中卒よりも高卒、高卒よりも大卒、大卒よりも大学院修士卒、修士卒よりも博士卒を重視するというのはある意味世間の常識であるが、それをあまりにも絶対視する、というのが学歴コンプレックスの典型である。
  2. 同じ大卒であっても、予備校的な偏差値に拘る。ただ、予備校的な偏差値と少しだけ異なるのは、伝統的要素も加味される。だから、地方旧帝大は、あまり偏差値が高くなくても、一応、一目置かれる。

それでは、典型的な学歴コンプレックスの挙動はどのようなものか。

  1. 典型的な挙動は、学歴ロンダリングに拘るということがある。例えば、早慶に受かったのに、仮面浪人する。そして東大を狙う。あるいは、大学院から東大を狙う。こういうパターンは、いちいち報道されないけど、結構あるのではないだろうか。私には、早慶と東大の学歴に、人生において、物凄い差があるとはどうしても思えない。それでも、公務員には有効なのだろうか。どうも必ずしも公務員に拘るという意図でもないようである。
  2. 学歴を、能力判定の基準として、過大に評価基準にする。例えば、ある京大卒の人がいて、あいつは千葉大だから大した仕事ができるはずはないという例があったが、京大と千葉大に、こういう文脈で、何ほどの差があろうか。そんなことよりも、仕事の経験とスキル自体に着目するのが当然なのであるが。
  3. 同様に、あるブログに書かれたコメントに対して、書いたのが高卒の人だったので、なあんだ、高卒が書いたコメントなんて考慮するに値しないと決めつけてしまう例があった。すなわち、判断の足切りを、学歴をもってするのである。
  4. 結婚でも、相手が高卒以下なら話にならないという人がいる。
  5. そこで配偶者や恋人に、有名大学大学院卒の人を選んで溜飲を下げる人がいる。結局は、魂の共鳴ではないのか、本当は。
  6. また、相手の学歴がなんなのか、異常に知りたがるのも学歴コンプレックスの兆候である。そういう人は外国人の学歴にも拘る。米国人なら流石MITとか、韓国人ならソウル大とか、中国人なら清華大とかである。
  7. 逆に、どうしても偏差値でかなわない大学を出た相手に対して、偏差値エリートは頭が固くて通用しないなどといちゃもんをつける。これもまた、学歴コンプレックスの挙動である。でも、そういう本人が柔軟な思考の持ち主というパターンはほとんどない。

で、学歴コンプレックスが強い人というのはどういう人かというと、それはもうかなり明らかである。子供の頃から、学校の勉強以外で抜きん出ることができなかったというトラウマをもつ人である。あるいは、他に大した趣味などない人である。それでいて負けず嫌いの人である。そういう人にとって、学歴は最高のラベルである。例えば、囲碁・将棋の段位などだと、私は五段ですとかいうと、では打ってみませんかとチャレンジされる。学歴はチャレンジされることがない。きちんと単位をとって卒業すれば、卒業しなかったことには絶対ならない。学歴詐欺にはならない。そういえば、大学の同級生で、仮面浪人して東大受けている人がいた。なんか休学して一年東京に住んで、駿台だか通っていたとも聞いた。それで結局受からず復学したようであるが、確かあれってばれたら退学で、出身高校の先生に頼み込んで無理やり復学できたようである。そこまでの執念は私の理解をはるかに超えていた。

あと、こういうパターンもある。有名大学を出て、人生が順調だと、そんなに学歴に拘らない。ところが、何かの拍子に冷遇されたり、配置転換で慣れない仕事に就いて苦境に立たされると、急に学歴主義が昂じる人がいる。とりあえず学歴を支えにする、という次第である。

でもまあ、冷静に考えると、世の中には、アスペルガーだの、人格障害だの、統合失調症だのいろいろ困った人が多いので、学歴コンプレックスくらい大目に見ないとやっていけないかもしれない。自分自身だって、学歴についてそんなに達観しているわけでもない。

妹尾堅一郎

| コメント(4) | トラックバック(0)

イノベーションについては、ろくに知識もなく、私なりにいろいろ考えてきた。例えば、イノベーションは語れないオープン・イノベーションなどに書いたとおりである。

そうしているうちに、東大特任教授で、イノベーションの総帥のような、妹尾堅一郎という人がいるのを知った。そこで、早速、「技術力で勝てる日本が、なぜ事業で負けるのか」ダイヤモンド社という著書をアマゾンで注文してみたところ、売れている本らしくて、なかなか版が出ず、送られてくるまでに随分時間がかかった。

そこで、「技術力で勝てる日本が、なぜ事業で負けるのか」に対する答えを、私になり、この著書から探してみると、次のような具合だろうか。

すなわち、日本の企業は、折角のよい技術をもち、特許の多数もっているのに、インテル、アップルなどの米国企業に歯が立たない。それは、端的にいうと、技術戦略、知財戦略、及び事業戦略゛か噛み合っていないからである。例えば、インテルは、競合メーカである日本企業が何万もの特許をもっているのに対して、たった300程度の特許しかもっていない。それでも、強さを発揮できたのは、コアをブラックボックスにして保護しつつ、インターフェースを公開し、台湾メーカに対してマザーボードの製造ノウハウを教えて、自社のチップを搭載するマザーボードを作らせたことによる。こうした一種のオープン戦略によってコアの強みは損なうことなく、ディフュージョンによって、自社技術の周辺や裾野を広げることができた。すなわち、このようなオープンとクローズドの使い分けによって、インテルは、絶対的な強みを築いたという次第である。

なるほど、それは分かった。ところが、アップルの強みを語るアップル・アウトサイドとなると、その強さの理由がかなり不透明になってくる。すなわち、最早、コアをクローズドにして、裾野をオープンに、という方程式がそのままでは成立しない。

そして分かってきたのは、妹尾堅一郎氏にあって、イノベーションの過去の事例を語るうちに、知らず知らずのうちに、イノベーションを引き起こす方法も、語りうるものとなっているということである。

妹尾堅一郎氏は、泰斗らしく、過去のイノベーションの事例をきちんとまとめて、いくつかのパターンに分け、専門用語も解説しているので、とても参考になる。最後の思考イノベーションのヒントとして挙げている、アドバンスト(先端知)、インター(学際知)、ニッチ(間隙知)、フュージョン(融合知)、トランス(横断知)、メタ(上位知/俯瞰知)の類型も勉強になる。

しかし結局は、妹尾堅一郎氏は、イノベーションの分類学者なのであって、イノベーションの生産者ではない。そういう意味では、ものつくり敗戦に書いた木村英紀氏の方が、なにほどか、イノベーション生産者の体臭がある。すなわち、木村英紀氏によると、「技術力で勝てる日本が、なぜ事業で負けるのか」に対する回答は、戦略的思考というよりもむしろ、システム的思考の欠乏ということになる。すなわちそもそもが、OSやCPU設計に限ると、日本は、技術力で勝ってない。

もう一つ、妹尾堅一郎氏で不満なのは、不確かかもしれないけど画期的な予測というのをなにもしてない、ということがある。例えば、「次は自動車産業が崩される?」とか、「電気自動車の普及を甘くみるな」とか、言うことがあまりにもベタで、いちいちイノベーションの本で述べるほどのことではない。そういう意味では、かなり辛口で多少は怪しさもあるが、副島隆彦氏の方が面白いとはいえる。

結論として、総論的イノベーション論というのは、無意味とは思わないが、どうしても上滑りになる。また、イノベーションの暗黙知的な面にも配慮すべきで、こうすればイノベーションにより現状を打破できるという宣伝文句は、素人受けはするだろうが、自分の頭と情念で必死で考えた挙句のものでないと、意味あるイノベーションにならないのではないか。

2012

| コメント(2) | トラックバック(0)

つい先日、月の不思議について書いたところ、友人からメールで、コメントが来た。といっても、私の記事そのものではなくて、ISSEIさんがコメントで引いたThe HorizonというWebページについてであった。

すなわち、そのThe Horizonは、不思議な惑星の建造物をリストするのだけれども、私は、まあ不思議な建造物があるよね、偶然にしては出来すぎだ、と素朴に感じただけである。

しかし、その友人は、少なくとも一部は、NASAの偽造ではないか、と断じるのである。その理由は、月などに何億年も前の宇宙人の基地があっても不思議ではないにせよ、そこに不思議な建造物として移されているものが、いかにも地球の装置産業の残骸みたいである、というのである。

そうか、分かった、私はIT企業にいて、しかも書類作成のデスクワークなので、パソコンと書類しか目の当たりにしないといってよい。しかし、その友人はまさに、装置産業に勤務し、現場の工場にもしばしば訪れる。現場感覚が違うのである。

そう考えると、月や惑星の写真を、人工的な建造物を含むように合成加工するのはあまりにも容易であって、そのとき、人間が作業するので、つい地上感覚が入ってしまう。だから、地球の装置産業の残骸みたいになるのも、むべなるかな、である。

しかしなぜ、と問うたとき、茫然自失となった。なぜなら、NASAがあたかも月に行ったかのように擬装するのは理解できるが、宇宙人が存在するかのように偽造する意味が全く分からないからである。一方、そんなことで茫然自失になる自分も理解できない。

そこでしばし黙考して思い至ったのが、2012年である。2012年とは何か。Wikiによれば、

マヤ文明において用いられていた暦の一つ長期暦が、2012年12月21日から12月23日頃に一つの区切りを迎えるとされることから連想された終末論の一つである。
とある。

しかし、マヤ文明の終末論というのは多分、世間にはあまり膾炙していなくて、そこで寧ろ一般的に言われているのは、アセンションである。もっと分かりやすく言うと、人類の次元上昇及び意識変換であり、そのとき、宇宙人が人類に降臨する、という話がある。NASAは、それに先立って宇宙人の存在を世間に浸透させておきたいのではないだろか、というのが上記NASAの宇宙の建造物写真の紹介から私が読取るところなのだが、あまりにも迂遠だろうか。

ところで、2012年については、ヘミシンクで有名な坂本政道も、何か画期的な意識変化がおきると予想している。1999年のノストラダムスの大予言が空を切ったくらいなので、2012年のアセンションというのも大して期待できないところだが、ともかく、現世の物質的価値観が、少しでも精神的なものに置き換えられればいいと願う次第である。

その後調べてみたところ、2012年のアセンションでは、人類は、蛹のような仮死的状況を迎える、という。その後進化するための前準備らしいが、単に象徴的な意味なのか、何なのか、さっぱり不明である。

虚妄の?航空機テロ

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、米国で航空機テロ未遂事件があったという。

【ワシントン草野和彦、カイロ和田浩明】米メディアによると、25日のデトロイト上空の米旅客機テロ未遂事件で、アブドルムタラブ容疑者(23)=ナイジェリア国籍=は、イエメンで活動する国際テロ組織アルカイダから爆発物を受け取ったなどと供述した。イエメンでは最近、アルカイダの勢力が浸透し、イエメン軍は掃討作戦を強化。オバマ政権も米本土へのテロの脅威になるとして警戒を強めている。

同容疑者は、ロンドンの大学でエンジニアリングを専攻。事件前にイエメンに渡航し、アルカイダから爆発物の使用方法を習ったと供述し、米当局が裏付けを進めている。

イエメン軍は24日、中部シャブワ州でアルカイダの隠れ家を空爆し、外国人を含む約30人の関係者を殺害した。標的は、イエメンのアルカイダを率いるナシール・ワシヒ指導者(06年に脱獄)ら幹部の集会が行われていた場所とされた。イエメン政府はこれに先立ち、アルカイダ関係者を支援しないよう国民に警告していた。

米国もこうした掃討作戦を支援しているとされ、昨年はゼロだったイエメンへのテロ対策軍事支援に今年、7000万ドルを投じた。

米テキサス州の陸軍基地で11月、銃を乱射し13人を殺害した少佐も、イエメンに潜伏していた米国生まれの過激なイスラム導師と電子メールで連絡を取っていたとされる。イエメンでは政府軍と反政府武装勢力の戦闘が激化。それに乗じたアルカイダの動きが活発化している。オバマ大統領は今月1日にアフガニスタン新戦略を発表した際、アルカイダが足場を築こうとしている国の一つとして、イエメンを挙げた。

アルカイダにとっては「アフガン、パキスタン、サウジアラビアなどの代替拠点」(イエメン戦略研究所のアハマド・サイフ所長)になりつつあると見る専門家は少なくない。

これに先立つニュースでは、アブドルムタラブ容疑者が機内で爆竹のようなものに火を付けて、他の乗客に取り押さえられた、というものである。おっ、久々に航空機テロかと思うのが普通であるが、私はどうしても、この事件はやらせとしか思えない。それは、9・11疑惑での一連の疑問を経たからであるが、それを措いておいても、以下の理由があるからである。

  1. 先ず第一に、これ見よがしに機内で爆竹のようなものに火をつける間抜けなテロリストがいるだろうか。北朝鮮による大韓航空爆破事件をみればいい。テロリストというものは、いかに密やかに爆弾を仕掛けるかに腐心する。目立つように機内で爆竹のようなものに火をつけるとは、まるで学芸会の出し物ではないか。
  2. しかも、容疑者はあっさりアルカイダだと出所を明らかにするだろうか。飽くまでも秘匿し、あるいは、大韓航空爆破事件の金勝一のように、自らの口封じのために、自殺を図るものである。
  3. 剰え茶番なのは、アルカイダを名乗るだけでなくて、「イエメンで活動する国際テロ組織アルカイダ」と、わざわざ、「イエメン」というキーワードを開示していることである。いよいよテロリストの風上にもおけない。これはなんとしてもイエメンでのテロ取締り活動を強化したい、米国の意向を反映していると思われる。おそらく、イエメンに米国の影響力の楔を打ち込みたいのだろう。苦戦しているアフガリニタン戦線を側面から補強したいのかもしれない。

しかし、テロ活動のストーリーを描くシナリオ・ライターが誰なのか知らないが、どうしていつも、わざと馬脚をみせるようなストーリーを描くのだろうか。私程度が疑問に思うくらいであるから、逆の意味で9・11疑惑で不信感を募らせた米国民は、いよい疑心暗鬼なのではないだろうか。

大人げない

| コメント(0) | トラックバック(0)

あまり期待もしないで、成毛眞氏の「大人げない大人になれ!」ダイヤモンド社を買ってみたが、軽い乗りで、一気に通読できた。それでつい、ああ自分もすっかり大事なものを忘れてしまっていたよなあ、と思った次第である。

普段、会社の人と話していて、大抵の場合、「あの人は子供っぽい。」というのは、否定的な意味で使う。要するに、我侭で、他人に対する気遣いができず、自分の好きなようにしかできない成熟してない奴だ、という意図である。

ところが私は、そういう会話を聞くとつい、黙ってしまう。なぜなら、私にとって、「あの人は子供っぽい。」というのはもしかして褒め言葉かもしれないからである。なんで「子供っぽい」を否定的な意味で使うんだ、という軽い抗議の意図がある。

成毛眞氏のこの本は、まさに私のそういう気持ちを代弁してくれた。では、成毛眞氏のいう「大人げない」は、どういう意味だろうか。まず、周囲にあまり気にしないで、好きなことに夢中になることである。成毛眞氏の場合、それはプラ模型をつくることである。ホリエモンはなぜか、ロケットを作って飛ばす夢があるそうである。

それを聞いて私に少しだけスイッチが入った。ああ、やりたいこと封印ルーチンをもう少し緩めなくては、ということである。人生、もしかしてそんなに先が長くないかもしれない。仮に長かったとしても、感性が鈍磨してしまうかもしれない。

成毛眞氏のアドバイスは続く。やりたいようにやればいい。我慢はしなくていい。あるがままでいい。自分は変えなくていい。プランなんか立てなくていい。好奇心をもて。変化もおそれることない。空気なんて読まなくていい。ビル・ゲイツも、物理学者のリチャード・ファインマンも、子供っぽい大人だった。ノーベル賞受賞者の二人に一人はそうである。

実際、大人げなく純粋にやらないと、突き抜けることができない。だいいち、子供っぽい異性は魅力的ではないか。

ああ、そうだ、私は、大人なのに子供っぽい女性が好きだ。童顔の女性も好きだ。別にロリコンではないが。そういえば、私はどちらかというと、いい歳をして童顔である。じゃ、もてるか? いいや。ま、そんなことはどうでもいいのである。

産経新聞Webに下記の記事があった。これなどいかにも子供っぽい政治家のことを書いている。

民主党の小沢一郎幹事長が17日、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との特例会見を「天皇陛下の政治利用」にあたると懸念を表明した羽毛田信吾宮内庁長官を改めて激しく批判したことが明らかになった。

小沢氏は同日、羽毛田氏について「あいつこそどうかしている。天皇の権威を笠(かさ)に着ている」と批判した。国会内で関係者に語った。

そう、小沢一郎も子供っぽい。だから却って政治の世界でインパクトがある。小泉純一郎もそうだった。ただ、これは付け加えておく必要がある。それは、いくら子供っぽくてもいいし、寧ろ子供っぽい感性は重要だが、社会的責任を負うところで大人でなくてはならないということである。そんなの当たり前すぎるので、成毛眞氏はそのことには何も言及していない。

でも、と私は更に思う。結婚してからもう十分過ぎるくらい分別臭く生きてきた。そうだ、スイッチを入れるんだ、軽くでいいから、「僕の野生」に。

インクカートリッジ訴訟

| コメント(0) | トラックバック(0)

キヤノンの互換インクカートリッジの知的財産については、以前に書いたように、注目してきたが、12月18日の毎日新聞の朝刊をみて、あらったと思った。以下、毎日新聞Webからの引用:

キヤノンが特許権侵害を理由に同社製インクジェットプリンター用の非純正カートリッジを販売している5社を相手取った訴訟は17日、東京地裁(清水節裁判長)で和解が成立した。

キヤノンによると「キャレン」などのブランド名で販売されている28種類について、5社が来年3月までに販売を差し止めることを受け入れる内容。プリンターに装着するとランプが光るLED(発光ダイオード)付きカートリッジで、キヤノンは06年4月に特許権登録したと主張し今年1月に提訴した。

同社製インクカートリッジのリサイクル品を中国から輸入し格安販売していた会社を相手に販売差し止めを求めた訴訟では、最高裁が07年11月、「特許権侵害に当たる」と判断、販売差し止めを命じた2審判決が確定している。【伊藤一郎】

ああなるほど、私が普段使っている機種のキヤノンのプリンタのインクカートリッジではなく、どうも、LED警告灯付きのインクカートリッジらしい。でも、インクカートリッジは普通、装着すると外からは見えないので、どういった使い方なのだろう。

ともかく、それはどんな特許だろうとサーチしてみた。すると、どうもこれらしい。
特許第3793216号
【特許権者】
【識別番号】000001007
【氏名又は名称】キヤノン株式会社
【請求項1】
複数の液体収納容器が搭載可能であって、該液体収納容器に備えられる接点と電気的に結合可能な装置側接点と、該液体収納容器からの光を受光する受光手段と、搭載される液体収納容器それぞれの前記接点と結合する前記装置側接点に対して共通に電気的接続する配線を有した電気回路とを有する記録装置に対して着脱可能な液体収納容器において、
前記装置側接点と電気的に接続可能な前記接点と、
少なくとも液体収納容器の個体情報を保持可能な情報保持部と、
発光部と、
前記接点から入力される個体情報に係る信号と、前記情報保持部の保持する個体情報とに応じて前記発光部の発光を制御する制御部と、
を有することを特徴とする液体収納容器。

なるほど、要するに、インクカートリッジで、外部からの信号に応じて光るという程度のかなり広い権利の特許である。実は私はまだ、キヤノンの光るインクカートリッジを見たことがないが、そういうタイプも、互換インクメーカが真似したところ、しっかり特許にひっかかってしまった、ということのようである。逆にいうと、そうでないタイプの大抵のキヤノンのインクカートリッジは、互換カートリッジが我が者顔で蔓延っているので、どうも特許では守れ切れないらしい。すると、インクで稼ぐというキヤノンの戦略も苦戦を強いられるのではないだろうか。

ところで、私が使っているキヤノンのプリンタで、PIXUS 560iという機種の黄色のインクBCI-6Yで、プレジールという会社から発売されている互換インクを使ってみて愕然とした。純正のインクBCI-6Yを使ったときと、色合いがまるっきり違うのである。知っている人は知っていると思うけど、カラー印刷のキーは実は黄色である。さらに悲惨なのは、写真印刷のときで、まともに見れない写真の色合いとなってしまった。例えば、緑の葉っぱが、青くなるなどである。そこで考えたのは、色の組み合わせの相性で、シアンとマセンダが純正で、イエローだけ互換というのがまずいのかもしれないと思った。すなわち、三色とも互換ならまだ組み合せの相性がいいのかもしれない。とはいえ、互換インク・メーカが純正の顔料を真似するのはなかなか大変なのだと思われる。例えば、コカコーラを例にとると、あの成分は、分析化学の手法で、多分、かなり高度に分析することは可能である。また、コカコーラの成分というのは、いかなる意味でも知的財産で保護されていない。すると、誰でも真似できそうなものであるが、誰も真似できていない。すると、顔料などの化学成分を再現することも、互換メーカにとって相当困難なのかも、と思った次第である。特許でもノウハウ機密でもなく、純粋に化学的な保護というものがありえる、ということである。

犬と猫

| コメント(4) | トラックバック(0)

前にも書いたが、私はひょんなことから、猫を飼っている。別に犬でもよかったのだが、これも縁か。ただ、周囲を見渡すと、犬派と猫派に分かれ、それは何かの性格因子によると思うのだけれども、いくら観察しても、その因子が何か、分からないでいる。

ところで、dog actuallyのページに、犬と猫の比較があったので、コメントしつつメモしてみる。

1.脳
 体重に対する脳の重さの割合は、わずかに猫の方が優るという。また、脳の皮質に存在する神経細胞数を比較してみると、猫3億に対して犬は1億6千万だという。ううん。猫の方が賢いとも思えないが。

2. 人とともに暮らした歴史
 犬は、1万6000年から5万年前ほど前から、一方の猫は、5000年ほど前。それでも、猫は、古代エジプトの象徴だった。一方の犬は、縄文時代に、きちんと墓を作ってもらえるほど大事にされていた。

3. 人との結びつき
それはまあ、犬だろう。なによりも人の言うことを聞く。猫は、餌をもらうときと、遊んでもらうとき以外は、一人で勝手にやっている。

4. 世界での飼育頭数
 これは当然に犬の方が多いと思ったら、猫を飼っている国トップ10の頭数を合計すると、およそ2億400万頭。一方犬飼育トップ10の国の頭数を合計すると、およそ1億7300万頭。あれ、猫が多い? 確か、米国では犬の方が多かったと思うが。

5. 理解力
 それは、きちんと調教されるという意味で、文句なく犬である。猫も独特の知性はあると思うのだが、それは暗黙知?

6. 問題解決能力
 文句なく犬である。警察犬はいても、警察猫はいない。

7. 声の種類
 これは、実は猫の方が豊富。猫は、鳥が囀るような擬声も発する。ああやって、鳥狩をしていた時代があるのだろうか。

8. 訓練のしやすさ
 文句なく、犬。猫の訓練なんて聞いたことがない。

9. 嗅覚・視覚・聴覚
 嗅覚というと象徴的なのは犬だが、匂いを感じる受容体の数の平均は猫の方が多いそうで、実は猫の嗅覚も半端ではない。人と比べて、猫は6倍、犬は5倍少ない光の中でも物が見える。聴覚については、犬が67-45,000ヘルツの音を聞けるのに対し、猫は45-64,000ヘルツの音が聞こえる、ということで、物理的感覚は猫の勝ちである。これはおそらく、単独で狩をすることから、神経が研ぎ澄まされたのかも。じっと視野を凝らして見るのも、猫である。犬は、あまり見渡すことはしない・

ということで、犬に較べて地味な猫も、なかなか隅に置けないのであった。

トンデモと非トンデモ

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は、霊だの宇宙だのと、とりとめのないことばかり書くので、トンデモの書き手だと思われているかもしれない。それは当たっていなくもないが、それでも若い頃は、趣味で、ライヘンバッハ、ポパーなどの科学哲学を勉強して、科学とは何ぞや、非科学とはと考えていたこともある。

そこで、その乗りで、トンデモと非トンデモについて、考えを述べてみる。すると、先ず指摘したいのは、トンデモはほとんどいたるところで、非トンデモに変換可能である、ということである。

それを、非トンデモ変換と呼ぶことにすると、非トンデモ変換は、次のような要素を含む。

  1. 権威付け:例えば、有名大学の専門の教授が述べれば、かなりトンデモ度が減少する。典型的には、物理学者の大槻元教授の、月の石の談義がある。
  2. 数理化:そういう学会の権威付けよりもっと有効なのは、数式でお化粧することである。これの一番のよい例は、ボグダノフ事件である。ボグダノフ事件の場合、何かトンデモのシーズがあった訳ではない。トンデモというよりも、それ自体が一個のナンセンスであり、ナンセンスに数式の虚飾を施したという次第である。しかし、査読者も気付かず、有名な物理学会誌に掲載されてしまう。ただ、これを投稿したボグダノフ兄弟の意図も、未だに不明である。
  3. あとは、権威付けの一種であるが、有名学者の説に乗ることである。例えば、ある施策を、ケインズの乗法理論に従い、とか言っていたら、尤もらしくなる。

一方、非トンデモ変換の逆の、トンデモ変換というのもありえる。すなわち、折角まともな理論なのに、台無しにしてしまう。

  1. まず、過度の拡張がある。例えば、誰も同意しないかもしれないが、私はビッグバン理論は嘘だと思っている。トンデモだと思っている。なぜなら、一般相対論を引張り過ぎているのである。一般相対論は、多分、そんなに一般に成立しない。宇宙の定常な場所で、大域的に成立するだけである。それをぎりぎりに引き絞ったのが、ビッグバン理論で、相当に無理がある。例えば、宇宙の年齢が180億年なんて短すぎる。10兆年くらい言うならいいが。あと、ブライアン・グリーンという超弦理論学者が、心の問題も、超弦理論で解明されるだろうとものの本に書いていたが、ちょっとそれはありえないのではないか。
  2. 次に、矛盾の導入がある。すなわち、まともな理論なのに、その場の間に合わせをやっていると、矛盾が生じて、トンデモになってしまう。
  3. 次に、「あの世」だの「霊」だの「超能力」だのを非トンデモ理論に混入させると、一気にトンデモになってしまう。あ、これは私のお手の物であった。

ただ、言えることは、トンデモから非トンデモへの写像は、非トンデモをはみ出ているが、非トンデモからトンデモへの写像はおそらく、トンデモの部分集合なのである。だから、アイデアの宝庫として、トンデモも大事にしましょうと、かのファイアーアーベントが言ったような、言わないような。

高血圧の原因

| コメント(4) | トラックバック(0)

先日田舎に帰ったときも、同年代の多くの人が高血圧症で、降圧剤を飲んでいると聞き、そういうものかと感じ入った。そう思っていたら、産経新聞Webに下記の記事があった。以下、引用:

不規則な生活で塩分を取ると高血圧症になる原因を、京都大学大学院薬学研究科の岡村均教授(システムバイオロジー)らの研究チームが動物実験で世界で初めて突き止め、14日付(日本時間)の米医学誌「ネイチャー・メディスン」(電子版)に掲載された。塩分を大量に摂取すると高血圧症になりやすいとされているが、原因は不明だった。今回の研究で、改めて規則的な生活の重要性が証明された形だ。

研究チームは、遺伝子を改変して生体リズムを壊したマウスで実験。ホルモンを出す臓器「副腎」から、体内の塩分量を一定に保つ作用があるホルモンが過剰に出ていることがわかった。

さらに副腎の遺伝子解析で、このホルモンを作る特定の酵素「水酸化ステロイド脱水素酵素」が通常の5倍以上生まれていることも判明。マウスに食塩を与えると、高血圧になった。

このことから不規則な生活が、すでに高血圧への"準備段階"になっていることが、わかった。

岡村教授は「この酵素は人にもあり、同じ作用をする可能性が高い」と指摘した上で「不規則な生活が不健康になる一面が科学的にも証明された。現代人の教訓にしてほしい」と話している。

この記事をよく読むと、ここからはそんなに多くの教訓は期待できない。すなわち、ここでは、不規則な生活をすると、体内の塩分量を一定に保つ作用があるホルモンが過剰に出るということと、その状態で食塩を摂ると、高血圧の症状が現れるというだけで、高血圧症の原因は尽くされていなからである。

また、本質的なのは、不規則性よりもストレスなのではあるまいか。すなわち、いくら規則的な生活とはいえ、毎朝5時に起きて、夜の12時まで働く日々だと、体がもたないだろう。ちょっと例が極端か。

私が寧ろ知りたいのは、疲れてくるとなぜ、辛いもの、刺激があるもの、酒類が一層ほしくなるか、である。ストレスや疲れで、一層辛いものがほしくなり、高血圧症が悪化すると、それは、悪化する方のネガティブ・フィードバックである。一体そんな体の設計にした奴は誰だ、責任者出て来いと叫んでも、実は空しい。私は私の体の設計者ではないにしても、私自身の責任者なのである。

また、昔、ヨガを習っているときに、ヨガの先生が言うには、自分は辛いものは全く受け付けないし、酒もちょっと飲むと酔っ払ってしまうということであった。すなわち、体が健康になると、辛いもの、酒に過敏になるようである。すると、疲れ以外にも、不健康でも、辛いものや酒に一層耽溺することになり、やはりネガティブ・フィードバックがかかる。その意味では、酒に強いというのも、もしかして不健康であることの証なのか、という命題も成立するのかもしれない。

それをさらに拡張すると、スパイシー度を好む人類は、心が病んでいるということにならないか。すなわち、健全なる心の持ち主は、退屈のような日々を、しみじみと楽しく暮らせる人である、ということである。これもまた、書いてみると、あまりにも当たり前なのであった。

ダークマターの解明

| コメント(2) | トラックバック(0)

AFP BB Newsからの引用:

【12月1日 AFP】欧州合同原子核研究機構(European Organisation for Nuclear Research、CERN)は30日、世界最大の粒子加速器「大型ハドロン衝突型加速器(Large Hadron Collider、LHC)」が、陽子ビームを過去最大のエネルギー量にまで加速させたと発表した。

20日に稼働を再開したLHCは30日早朝、陽子ビームをエネルギー量1.18 TeV(1.18兆電子ボルト)にまで加速させた。これまでの世界記録は、米フェルミ国立加速器研究所(Fermi National Accelerator Laboratory)のテバトロン加速器(Tevatron Collider)が2001年に打ち立てた「0.98 TeV」だった。

1 TeVは、1匹の蚊が飛ぶときのエネルギー量に等しい。CERNは、宇宙が誕生したビッグバン(Big Bang)に似た状況を再現するために、今年中に3.5 TeV、来年下半期までに5 TeV、最終的には7 TeVのエネルギー量まで引き上げることを目指している。

LHCは、スイスとフランス国境の地下に設置された全長27キロメートルのトンネル型の装置で、ビッグバンに似た状況を再現して、宇宙の96%を形成する「ダークマター」や「ダークエネルギー」の謎を解明し、宇宙誕生の謎を明らかにすることを目的としている。(c)AFP

この記事を読んで思い起すのは、先ず、粒子加速器の歴史という自分のブログのメモである。このメモによると、「2001 - フェルミラブ 1.96TeV」とあるが、私の書き間違いだろうか。

ここで先ず感じるのは、フェルミラブを中心として世界の巨大加速器を引っ張ってきた米国が、勢いを失ってしまったことである。私の推察であるが、これ以上どんな巨大なエネルギーの加速器を作ろうと、軍事的な応用は難しく、さりとて、加速器のエネルギーの大きさで、世界に誇れる時代でもない。ということで、米国では、議会の承認が得にくいのだろう。そもそもが、金融恐慌で、金食い虫の加速器に投入する予算なんてとんでもない、というところだろう。

また、「7 TeVのエネルギー量まで引き上げることを目指している。」というが、それはこれ以上のエネルギーは無理ということか。すると笑止だと思うのは、その程度で、「ダークマター」や「ダークエネルギー」の謎を解明し、宇宙誕生の謎を明らかにするなどと賜っていることである。今の時点では、「ダークマター」や「ダークエネルギー」については、宇宙自体を観測することと、超対称性の理論を整備することしかないのではあるまいか。

そういえば、「ダークマター」や「ダークエネルギー」どころか、「ビッグバン」を解明するのだ、というCERNの謳い文句もあった。しかし、「ビッグバン」は流石に言いすぎであって、ビッグス粒子、超対称性あたりが、CERNすなわち、LHCの妥当な目標であって、超対称性の延長線上に「ダークマター」や「ダークエネルギー」のことを考慮する、というなら分かる。それでもやはり、7 TeV程度のエネルギーで十分なのか、という問いにどうしても戻ってしまう。

このあたりのエネルギーの測度について、きちんとした説明がどこかにないものだろうか。

人生の変分法

| コメント(2) | トラックバック(0)

前に書いたように、私は大学では一応物理を専攻したが、大学で最初に受けた、いかにも物理らしい授業は、解析力学だった。特に感激したのは、変分法を使用するくだりである。すなわち、普通は、力学系の運動方程式を解くというのは、二階連立常微分方程式であるニュートン方程式を直接解くことなのであるが、見通しよく解けないことの方が多い。

ところが、解析力学では、ラグランジアンという式が定義され、力学系の軌道は、その軌道に沿った線積分の結果の値が最小になるような軌道となる。このような演算は、変分と呼ばれる。すると、とても奇妙なのは、軌道は、瞬間瞬間では、まだ決まっていない先の経路の行き先に規定される、と考えれば考えれるほど訳のわからないものになる。そのラグランジアンを最小にするような軌跡としての解は、なんとも見通しのよい連立微分方程式になるのだった。

なんで今更、解析力学にまつわる変分法のことを思い起こしたかというと、12月12日夜のNHK教育テレビの番組で、藤沢秀行追悼の「迷走」という番組を見たからである。

藤沢秀行が稀代の名棋士であったことを疑う者はいないだろう。しかし、その人生は、あまりにも波乱に満ちている。しかも、天から与えられたというよりも、自らの行状で招いた災難なのである。さらに言うと、本人自身よりも周りの家族や友人を禍に巻き込んでしまう。まさに、現世に対するペルソナ・ノングラータなのである。

あまりにも有名であるが、その行状のいくつかを列挙してみる。先ず、あるきっかけから銀行で借金して馬喰町で碁会所を開くのだが、その碁会所の収入は、家賃その他の諸経費に比べてあまりに低く、どんどん雪ダルマ式に負債が増えていった。

また、酒、ギャンブルが好きで、競輪場・競馬場に入り浸り、大金を失ってしまうこともしょっちゅうであった。酒好きは昂じて、アル中になってしまう。さらにひどいのは、奥さん以外に数人の女性と付き合い、子供を産ませてしまう。まさに放蕩のオンパレードである。

しかし藤沢秀行の行動力学は、碁を極めるというラグランジアンを最大化することの変分法の解であった。なんと分かりにくい方程式だろうか。それ以外の評価関数がないのである。しかも、解の挙動がさっぱり読めない。

例えば、藤沢秀行は、いかなる意味でもよい家庭人ではなかった。息子たちは父である藤沢秀行を心底畏怖していた。それは、威厳がある父という表現では適切ではあるまい。なにしろ、闇雲に怒鳴る、殴る、無茶なことを言う、酔っ払って妻を殴るなどで、長男は何度も殺してやろうと思ったという。三男など本当に父親を殺そうとして、みんなで必死で羽交い絞めにして止めたという。こういうのを聞くと、本当に息子に刺殺された将棋の森安九段があまりにも可哀想である。森安九段がどれほどひどい父親であったというのか。少しだけ口やかましかっただけではないか。

藤沢秀行の奥さんの苦労はもちろん、並大抵ではない。よく離婚しなかったものである。それより、よく夫を刺殺しなかった。毒殺しなかった。今の時代、妻の夫殺しなんで、もっと軽い理由でいくらでもある。その忍耐力は超越的である。

さらに面白いのは、日本棋院のゆかりの棋士に、藤沢秀行のことをインタビューすると皆一様に、苦笑いすることである。確かに彼の芸には敬意は隠さないけれども、もう二度と表れてほしくない棋士だ、というのである。冗談じゃないと。それは、不世出の名棋士というのとはニュアンスが全く異なる。もちろん、不世出であることも間違いではなかろう。しかしそれ以前に、存在が迷惑極まりない、という感じである。ある意味、将棋の升田幸三も破天荒かもしれないが、藤沢秀行とはレベルが違う。せいぜいが、奥さんを日本刀で脅したくらいである。

それでも弟子たちは、一様に、秀行先生に対する尊敬を隠さない。その最たる者は、高尾紳路であろう。今の囲碁界のある年齢以上の一流棋士で、秀行先生の薫陶を受けていない人を探すのは難しい。なぜなら弟子でなくても秀行塾は来る者は拒まず、また、来た者に秀行先生は、容赦なく愛の鞭を振るったのである。ここにきて、秀行先生のラグランジアンが次第に輝き始める。

中国や韓国が、日本を凌駕する囲碁の棋力を発揮しているのも、秀行先生の影響があるらしい。だから、特に、中国の一流囲碁棋士には、藤沢秀行に対する尊敬を顕わにする者もいる。

私は、ギャンブルや浮気しないことだけが取りえのつまらない男なので、どうしても藤沢秀行の凄さが実感できない。そして、矛盾を孕む人間の凄さを。ただ、そこにカオスのような、ブラックボックスのような人生軌道の基底となったラグランジアンが存在したのだけは、仄かに感じる。

究極の努力

| コメント(4) | トラックバック(0)

新聞を見ていたら、遠藤正樹氏が、将棋のアマ王将位を獲得、とあった。以下、記事の引用:

第26期全国アマチュア王将位大会(日本将棋連盟、毎日新聞社主催、囲碁・将棋チャンネル後援)の準決勝と決勝が29日、東京・将棋会館で行われ、さいたま市緑区の遠藤正樹さん(42)=会社員=が初優勝した。遠藤さんは出場9回目で初の栄冠を手にした。準優勝は東京都府中市の清水上徹さん(29)=会社員、3位は盛岡市の中川慧梧さん(17)=岩手高2年=と、京都市右京区の横山大樹さん(19)=立命館大1年。中川さんの連覇はならなかった。遠藤さんと清水上さんはプロの第19期銀河戦の出場権を得た。

決勝は179手に及ぶ激戦になったが、遠藤さんが得意の穴熊囲いを生かした着実な攻めを見せて勝利を得た。遠藤さんは「清水上さんのような強豪に勝って優勝したのはものすごくうれしい。頑張れば強くなれるので、今より強くなるように努力したい」と喜びを語った。【山村英樹】

この記事をみても一片の意外感もない。遠藤正樹氏といえば、アマチュア将棋界では知らない人がいない強豪で、彼こそがアマチュア将棋界で最強と言う人もいる。

実は、ほとんど冗談なのだが、私は職団戦のA級で彼と一度だけ当たり、超まぐれで勝ったことがある。その棋譜を大事に保管しておいたのだが、遺失してしまった。その将棋は、彼得意の穴熊に組ませないように、ありえないけどありえる、超急戦を私が仕掛けた。ともかく、彼と私の間の棋力差は、多分、銀一枚くらい。本当はおそらく、私が百回指しても一番も勝てないだろう。

そこで瞠目なのは、遠藤正樹氏の普段の将棋に対する努力である。なにしろここ20年間、会社から帰ると毎日3時間、将棋の勉強をしてきたという。土日はフルに実戦と研究会漬け。簡単に言うけど、その努力は凄まじい。

なぜ凄まじいかというと、それだけの努力を傾注しても、将棋で食べていける訳ではない。何の名誉があるのでもない。大学に将棋学部というのがあってそこの講師になれる、という訳でもない。アマ名人だのアマ王将だのという称号はあるが、将棋に然したる興味を示さない人には、so whatであろう。

しかし、一介のアマチュアに過ぎないしそこからなかなか出れないのに、将棋に命を懸けた人を私は何人か知っている。一番有名なのは、小池重明であろう。

とはいえ、小池重明ならずとも、将棋のアマチュア・トップを維持するだけでも、すさまじい努力と犠牲を払っている。私の大学将棋部の後輩K君は、将棋に打ち込み、数年前、ついに遠藤正樹氏と同じアマ王将位を獲得したが、将棋に打ち込みたいがために、仕事を辞め、もてる時間をすべて将棋に注ぎ込んだ。しかし、生活手段が必要なので、将棋の講師をしているという。今は出身地の山口県にいるが、山口県で将棋の講師としてどうやって食べているのだろう。勿論、独身である。

遠藤正樹氏や後輩K君だけでなく、アマチュア・トップの将棋指しというのは、次のような努力をしているという。例えば、アマ名人を3回もとった大分の早咲誠和氏であるが、プロの棋譜が500局以上掲載されている将棋年鑑をすべて並べてみるのだという。これは言うは易く、実行は難しい。じっくり考えながら並べると、とてつもない時間がかかるし、私など途中で嫌になってしまう。

別のアマ強豪の美馬氏は、全ての戦法の最新の変化を研究し、フォローしている。それだけでも、遠藤正樹氏ではないが、一日3時間の継続的な勉強が必要だろう。また、将棋の棋力維持には詰将棋が欠かせないが、私は一冊200題くらい載っている詰将棋の本を、一冊解くのに何ヶ月もかかってしまう。それは解く速度が遅いのと、詰将棋にあまり時間を費やさないということがある。ところが、美馬氏は、年間に、詰将棋を一万題も解くのだという。桁違いの努力である。

私とて将棋アマ四段の端くれ、将棋アマチュア・トップの気概は分からないでもない。しかし、どうしても分からないのは、そうやってある意味生活を犠牲にして、私の何十倍の努力を傾けて、然したる地位も名誉も収入にもつながらないという状況に甘んじていることである。私の何十倍の努力を傾けた結果の私との差は、せいぜい私より香二本または銀程度しか強くない。それを圧倒的とみるか、わずかとみるかで人生観が分かれる。そして当然に、将棋アマチュア・トップは、それを圧倒的とみる。だから、私程度の棋力の者など、彼らには全く眼中にない。

さて、そうやって努力したアマチュア・トップのレベルは、どの程度か。遠藤正樹氏には、「とっておきの穴熊」という、プロの広瀬五段との共著がある。この本を眺めると、将棋アマチュアの最高峰の遠藤正樹氏といえども、広瀬五段には感覚で遠く及ばないように見える。これだと、プロの順位戦C級2組でもなかなか勝てないのではないだろうか。だから私には、アマチュアからプロ入りが許された瀬川四段がフリークラスを脱出できたのが意外でならない。瀬川四段の場合、奨励会三段の経歴が感覚の練成として意味があったのだと思われる。

そういえば、真部九段の囲碁に書いたように、将棋の故真部九段の囲碁に対する努力も、上記の将棋アマチュア・トップの努力の量に匹敵する。しかし、真部九段の囲碁は、囲碁アマチュア・トップにも及ばない。ともかくこの努力も、囲碁のプロになるという訳ではないので、ある意味空しい。

こうやって書いてきて分かったのは、努力して見やすい成果がないと嫌であるという私の感覚が、普通というか姑息かもしれないということである。すなわち、私程度の力だと、10年間毎日2時間将棋を勉強しても、香1本も強くならないだろう。なれるとしてもせいぜい、田舎の県の代表程度である。そんなせこい考えは、アマチュア・トップからみたら不純で、論外だろう。アマチュア将棋指しの風上にもおけないということである。

しかし、そういう蛮勇みたいな努力というのは、世間を見渡すと散見される。例えば、フェルマーの定理を証明したアンドリュー・ワイルズがそうで、フェルマー予想にチャレンジするなんて、数学者の間でも正気の沙汰とは思われていなかった。下手したら、数学者のキャリアを一生棒に振るからである。そういう意味では、ポアンカレ予想を証明したベレルマンだってそうであろう。今、リーマン予想を本気で証明しようと思っている人達もそうかもしれず、すると、蛮勇みたいな努力は、それだけで尊いと思い始めてきた。それがないと世の中に決定的な進歩がないかもしれない。

こうして私は素直に応援できる。頑張れ、遠藤正樹、プロには届かずとも、努力自体が尊い。そして付け加える、僕には到底できないが、と。

相性の理論

| コメント(4) | トラックバック(0)

人間の相性、特に夫婦の間の相性をみていて、どうしてこんなに仲のよい夫婦というのは少ないのだろう、と嘆息することがときどきある。それは実体験に根ざしているので、いかなる意味でも空想ではない。

そこでふと、夫婦の間の相性の理論というのを考えてみた。世間でみてこんな発想が新規である訳もないが、一応、マイオリジナルではある。

まず、人間のタイプをディスクリートないくつかのタイプに分ける。本当にディスクリートなタイプに分けられるのかという議論は今は措く。また、タイプも、仮に、A、B、C、D、E、F、Gの7タイプとする。とりあえずである。ここで、#(A)を、Aである人数または割合であるとすると、現実的に、#(A) = #(B) = #(C) = #(D) = #(E) = #(F) = #(G)である訳はないが、粗い近似としてそう仮定する。

すると、夫婦の間の相性のパターンは、7×7=49とおりあることになる。さらに、次のような仮定を置く。

仮定1:原則的に相性のよいのは同タイプである。これは長年の観察に基づく。私は若い頃は、異なるタイプ同士が相補的によい夫婦を築くのだと思っていた。そういう面はもちろんなくはないが、長い時間があっても安定しているのは、同タイプであると、今は信じる。

仮定2:どんなタイプともうまくいかないタイプが存在する。短くいうと、EQ低すぎのタイプがいる。人格障害というわけでもないが、誰と付き合っても喧嘩する。それを仮にFタイプとしておく。こじつけると、Fault typeか。

仮定3:どんなタイプとも、そこそこやっていけるタイプが存在する。それを仮にGタイプとしておく。Generous typeという次第。もちろん、Gタイプも、Fタイプとはうまくいかない。

以上の仮定に基づくと、それなりにうまくやっていける夫婦というのは、次のように数え上げられる。1.同タイプ:AA、BB、CC、DD、EE、FF、GGのうちから、FFを除いた6つの組み合せ。
2.Gを含む組み合せ、但しFは含まない:AG、BG、CG、DG、EGの5つの組み合せ。

すると、ベストではないが、それなりに崩壊しないでなんとかやっていける夫婦というのは、11/49=22%である。これを低すぎると感じるであろうか。私は、多くない親戚や友人を眺めていても、まあこんなもんだと思う。

成功率22%の投資があったとして、果たして普通乗るだろうか。それは、投資成功の暁には、元本の10倍などの期待値があるなら、確率論的にも、投資に乗る人はいるだろう。しかし、結婚というのは、何か元本があって、うまくいくとそれが10倍になるようなものだろうか。違うような気がする。そもそも、ここで元本って何?ということになる。

すると人類が冷静だと、その22%しか結婚しないことになる。それで人類は種族を維持できるのだろうか。少ない夫婦が多くの子供を産んで育てる。多くの人は独身のままだと、人類は危機を迎えそうである。

そこで登場するのが、アニマル・スピリットである。これは、今私が読みつつある、アカロフとシラー著、山形浩生訳の同名の本から借りた言い方であるが、もっと卑近な意味で使っている。すなわち、物質的欲望に染まった精神、という意味である。

すなわち、本来人間は、原子核の周りに存在する電子のように所定の準位にある。結婚も本来なら、where possibleであるが、同準位上でしか生じない。パウリの排他律の逆である。ところが、アニマル・スピリットは、エネルギをもったフォトンのように、電子を叩き出す。そこで出会った電子同士で、お付き合いが始まり、ある確率で、結婚という結びつきが生じる。

アニマル・スピリットとは何か、説明の要もないだろうが、強いて書くと、容姿、学歴、資産、地位などである。ああ、フェロモンというのもあろう。

一方、上記したA、B、C、D、E、F、Gというタイプ分けは、かなりメンタルあるいはスピリチュアルなものである。ソウル・タイプと言ってもよい。だから悲劇は、本質的にソウル・タイプとの相性であるべき結婚が、ほとんど須らく、アニマル・スピリットから出発するということである。アニマル・スピリットから出発した出会いは、ほとんど至るところで、悲劇に落ち着くであろう。なにしろ、正解はあまりに遠いのである、いや、意外な解なのである。あなたの最適な配偶者は、駅の売り子をしているバイトの高校生だったのかもしれない。欧米か、いやゲーデルか、と頭を叩かれるか。

それが問題なのだろうか、というとそうではない。そうやって苦労するのが人生ということで、アニマル・スピリットも、ソウル・タイプ分けも人生にビルトインされている。ただ、結婚なんてなかなかうまくいかないということを改めて屁理屈で理論付けしておきたかった次第である。

クリーンな水爆

| コメント(0) | トラックバック(0)

水爆というのは、重水素や3重水素を水素化リチウムにしたものを、原爆を起爆剤として反応させ、水素原子を核融合させることにより、莫大なエネルギーを放出する核兵器である。

そのとき、水爆が「汚い」のは、原爆を起爆剤に使うからで、ここのところを強力なレーザー光で代替できると、水爆もクリーンな爆弾となる。ただ、勿論だが、クリーン=安全を意味しない。単に放射能汚染がない、というだけである。

ところが、そういうクリーンな水爆はまだ実現されていないと世間では思われているが、「9.11テロの超不都合な真実」菊川征司著、徳間書店によれば、ワールドトレード・センターの「爆破」に使われたのは、クリーンな水爆らしいということである。

同書によると、米国に、フィル・シュナイダーという地質学者がいて、長年、政府関係の秘密プロジェクトに関与していた、という。シュナイダーは、1995年に内部告発的な講演を行い、その時点で工事用のクリーンな水爆が使われていたと報告していたが、1996年の1月に、自宅で死んでいるのがみつかったそうである。警察はそれを自殺として処理した。

冷静に考えると、水爆自体は、1952年に開発されており、高出力レーザーも、かなり前から実現されているのだから、レーザー励起のクリーンな水爆というのは、何も突飛なものではない。

ところが、専門家によると、航空機が突入した後のあの急速なワールドトレード・センターの崩壊は、通常の爆薬ではなく、水爆による熱を想定しないと説明しにくいそうである。

ネットで検索してみると、「レーザー水爆」というキーワードで、いくつかのサイトがヒットする。既に一部では話題になっているようである。

もしレーザー水爆が完成していて、本当にクリーンなら、ビル解体やダム開発など、いろいろ用途はありそうである。

ともかく、レーザー水爆が、ワールドトレード・センターの「解体」に使われたなら、これは到底一中東ベースのテロリストグループのなしえることではない。

ということでまたさらに、9.11米国陰謀説に傾くのであった。

日本人の先祖のゲノム解析

| コメント(2) | トラックバック(0)

産経新聞Webによると、ゲノム解析の結果、日本人の先祖は東南アジアであると分かったそうである。以下、引用:

アジアの諸民族の遺伝学的な系統関係が、日本などアジア10カ国の研究者による国際共同研究で明らかになった。言語や文化の異なる73集団(約1900人)を対象に、ゲノム(全遺伝情報)の個人差を詳細に解析した成果で、11日付の米科学誌「サイエンス」に発表した。日本、韓国など東アジア人の祖先は、数万年前に東南アジアから移住した可能性が高いという。

現生人類(ホモ・サピエンス)は10万~20万年前にアフリカに出現し、世界各地に進出した。東アジア、東南アジア地域の移住ルートには諸説があり、はっきり分かっていない。

研究チームは、一塩基多型(SNP)というゲノムの個人差に基づいて、集団間の近縁関係を解析した。その結果、遺伝学的な系統と言語学的な近縁性はよく一致。たとえば、日本人の集団は本土住民、沖縄住民ともに韓国人と近縁で、言語学上はアルタイ語族に属する。また、ゲノムの多様性は全体として、南の集団から北の集団に向けて枝分かれする傾向がみられた。

日本から研究に参加した菅野純夫・東大大学院新領域創成科学研究科教授は「遺伝子の大きな流れからみると、日本人を含む東アジア集団の起源は東南アジアにあると推定される。ただし、今回の解析にはアイヌなど北方の民族が含まれていないので、反論の余地もあるだろう」と話している。

ゲノムの個人差の集団的解析は、薬の効き方や副作用に関係する遺伝子研究の基盤情報になる。

この結論をみて、ああなるほど、大野晋の日本語タミル語起源説は、それなりに妥当なのかと改めて思う。逆の偏見かもしれないが、大野晋ほどの言語学者が、学者生命をかけて主張するが、私はまるっきり的外れだとは思わないからである。

しかし、「今回の解析にはアイヌなど北方の民族が含まれていないので」ともあるように、今回の研究は、縄文人を視座に入れていない点で、片手落ちだと思う。というのは、私は日本人の基底というかツールが縄文人であると思えてならないのである。理由は、縄文人の古さ、優秀さである。それが日本人に浸透していない訳がない。すると、東南アジアから来た、その一部はシュメール人かもしれない人たちは、日本人というか日本文化の表層にすぎないと、根拠なく思う。

よって、この研究を嚆矢として、さらに日本人の先祖のゲノム解析の研究を進めて戴きたいと思う。すなわち、東南アジアだけでなく、少なくとも:

  1. ロシア経由の北方伝来
  2. 朝鮮経由の由来
  3. 南の島のポリネシア由来
の研究は、必要であるし、可能なら、北米のインディアン、南米の土着民族との関連性を研究することも意味があると思われる。

カオス的行動

| コメント(2) | トラックバック(0)

長年生きてくると、自分の異常さを棚に上げて、まあ世間には奇矯な、非合理な行動を取る人がいるものだと呆れること頻りである。それを私は単に、人格障害だの、精神病だの、性格の歪みだののせいにして納得してきたが、もう一歩突っ込んで考えると、異常さの発現メカニズムというものがあって、例えば、人格障害だからそれが直ちに発現するとは限らないという考えに想到した。

では何が発現メカニズムになるかというと、もちろんこれに尽きる訳ではないが、どうも能力的に不適合なことに従事することが主要なきっかけになるらしい。そういうと、その当たり前さに、がっかりするだろう。能力的に無理なことをして、おかしくなるのは当たり前ではないか、ということである。

ところが、それはなかなか自明ではないのである。先ず、能力や適性なるものが、なかなか目に見えない。すると、ある他人にとって、その仕事が無理なのかどうか、人間はなかなか客観的に考えにくい。

例を挙げよう。私は、特許業務のマネジャだったから、事務的なことを担当する部下がほとんどだった。ただ、地味と言われる特許部門にあって、事務的な仕事は、非常に重要であるにも拘らず、さらに地味で、私はこれを地味の二乗と呼んだ。小さい数の二乗は、下手したら数値計算なら誤差項として切り捨てられてしまうね、と部下につい話して顰蹙を買ったことがある。そういうことだから、事務的な仕事を担当していてる部下の中で、特許専門職に移って、もう少し脚光を浴びたいと思うものがいても、意外ではない。

ある部下は、一念発起して弁理士試験の勉強を始め、よほど気合が入っていたか、試験に適性があったか、数年で弁理士試験に合格した。すると流石に、弁理士の資格がある者を事務担当においておけないので、私は他の管理職と相談して、特許専門職グループに移した。その際、私は管理職になる前にもともと特許専門職で多少特許実務に心得があったので、その部下に、簡単な特許実務の手ほどきをした。

ところが、愕然としたのは、信じられないほど、特許実務に対する勘が鈍いのである。まあ最初だからと大目にみているうちに、特許専門職のグループに移って、特許実務に関して、他のメンターの指導を受けるようになった。

そうしているうちに意外だったのは、とても異常な行動が目立つようになった。パーソナルなことなので詳細には記述しないが、まさにカオス的ともいうべき、予測がつかない行動の連続だった。今までと違うことはというと、単に日常的に意見書などの特許実務を担当していることだけである。まだ、特許明細書さえ書いていない。私の経験だと、確かに案件によっては意見書は非常に難しいものもある。どう進歩性を主張していいか悩む。しかし、異常な精神ストレスを感じる、というほどのことはない。だから、当時、どうしたことだろうと全く理解できないでいた。

ところが最近ようやく分かったことは、その人にとって、特許実務はとても負荷を要することだったようである。私が特許実務に比較的適性を有する(質が高いという意味ではない、とりあえずストレスをあまり感じないという程度)だけに全く理由が分からなかった。

しかも分かりにくくするのは、異常行動のカオス性である。その行動をみていると、特許実務が能力を超えているという事実を全く示唆しないのである。なんだかわからないけど要するに異常、としか思えない。

また人間には悪い癖があって、下手に合理化してしまう。例えば、本人は、どうみても特許実務能力がありそうにないのに、自分の仕事は素晴らしいと勘違いしたり、それを認めない周囲を恨み、余計にエスカレートする。こうしてネガティブ・スパイラルに陥っていった。

今にして思えば、その人は、弁理士を目指すべきでなく、何に適性があるかを自分で見つめ、あるいは信頼できる人に相談して、適性のある仕事に就くべきであった。しかし、不適性があれほどの災厄をもたらすとは私は知らなかった。

そういう適性不適合からくるカオス行動の特徴はというと、眠っている無意識を揺さぶるようなものになるようである。例えば、夢というのは大抵、甚だ非合理なものであるが、その夢の非合理が、顕現したと思えばよい。

甚だしい非合理性の例としては、殺人、一家心中、痴漢、ストーカー、窃盗などがある。どうしてあの真面目な人が、という意外に感じられる多くの場合に、能力的な許容度を超えたという原因がないか。例えば、数年前に、渋谷の歯科医の息子で、浪人中に妹をバラバラ殺人した例があった。あれなど、無意識の跳梁を想定せざるをえない。心的カタストロフィと呼んでもいいかもしれない。あの場合、受験勉強が原因だと分かったとしても、受験勉強自体は周囲の多くの人には、耐え難いほどの負担を強いるものではないため、とても分かりにくいのである。

一般化していうと、能力不足、リソース不足でカオス的異常行動に走る例は枚挙に暇がない。例えば、末期の帝国日本軍、苦境の山一證券、リーマン・ブラザーズなどである。

すると、処方箋はというと、足るを知り、中庸に就くという黄金律であるが、これは平凡でいてなんと難しいのだろう。

弁護士バー

| コメント(2) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、弁護士バーなるものが企画されているという。以下、引用:

弁護士がバーテンダーとして酒類を提供しながら、法律相談にも応じる「弁護士バー」を、第二東京弁護士会の外岡潤弁護士(29)が計画している。気軽に弁護士に相談できる場をつくろうとの試みだが、同弁護士会は弁護士法の禁止規定に抵触すると指摘、計画中止を要請している。

8日会見した外岡弁護士によると、友人の元システム開発会社役員(33)の提案で思い立ち、8月に2人で出店母体となる一般社団法人を設立した。計画では、社団法人が飲食事業者と共同で都内ターミナル駅近辺に出店し、収入は折半。弁護士がバーテンダーを務め、客の要望があれば店内の別室で法律相談を受ける。弁護士は無報酬だが、顧客開拓の機会を得られる仕組みで、女性を含め約10人が参加を希望しているという。

外岡弁護士は「何か起きてから弁護士を探しても遅い。相性のいい人を見つけておけば安心で、お客と弁護士双方にメリットがある出会いの場」と話す。

これに対し弁護士会は、社団法人が収入を得て、弁護士と顧客の法律事務を仲介するのは、弁護士法が禁じる「報酬目的の周旋」に当たると「待った」をかけた。味岡良行副会長は「客が酔った状態で相談を受けるのはトラブルのもと。品位も損なう」と渋い顔だ。

外岡弁護士は「法の規定は悪質なブローカーを想定しており、今回の計画は抵触しない。認められなければ実際に開店し世間に是非を問う」、弁護士会は「開店したら何らかの措置を検討する」と、ともに折り合う様子はない。【伊藤一郎】

この記事を読んで私は、なかなかいい企画では、と膝を打った。すなわち、弁護士5万人体制にも書いたように、弁護士は今溢れて、一部の弁護士は、仕事を得ることもままならない。そこで、西田研志弁護士は、サル弁に書いたように、弁護士法ぎりぎりのところで、法律工学を駆使して、合理的に稼ぐ手法を思いついた。

それを、弁護士会が非難しているが、弁護士バーはどの程度違法なのだろうか。すると、先ず関係があるのは、弁護士法第二十七条である。

(非弁護士との提携の禁止)
第二十七条 弁護士は、第七十二条乃至第七十四条の規定に違反する者から事件の周旋を受け、又はこれらの者に自己の名義を利用させてはならない。

特に、第七十二条とは、下記のとおりである。

(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)
第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

要するに、弁護士法によれば、弁護士は、非弁護士からの周旋により仕事を請けてはいけないという意味なのだろう。だから、法律どおり解釈すれば、弁護士バーは違法となる。しかしまあ、今更思うが、これはなんとも時代錯誤な規定なのではあるまいか。

すなわち、弁護士というものが非常に希少な存在で、依頼人が依頼にいくと、今案件が詰まっているので、予約が必要です、と秘書が言う。それで、そうですかと、三日後の時間を予約する。そういう時代なら、非弁護士からの周旋など不要であろう。しかし、大企業と提携したような大手法律事務所と違い、零細弁護士だと、日々の仕事に困っている人もいるのではないか。なにしろ新規に司法試験に受かった弁護士は就職探しに躍起なのである。そんな弁護士が工夫して少しでも依頼人を見つけようとする試みが弁護士バーなのであって、それを弁護士法を盾にとって禁止しては自縛行為である。

私は寧ろ、飲みながら気楽に弁護士に相談できる機会があれば歓迎である。そこで難しい案件だということになれば、改めて後日、法律事務所を訪れればいい。

もちろん私は、交通事故を探して回るような米国流のえげつない弁護士の真似をしろとは言わない。しかし、昨今のご時世、弁護士であれ、ある程度のビジネスセンスは必要なのではあるまいか。

月の不思議

| コメント(2) | トラックバック(0)

一般的に、神秘的なものは物理的、心理的に遠くにあるものであり、宇宙だと、アンドロメダ大星雲であったり、ダークマターであったり、というところだろうか。そういう宇宙の観点からは、月ほど身近なものはない。宇宙的規模でいうと、月は、近所づきあいしているお隣さん、といったところである。

お隣さんだと、そこのご主人はどんな会社に勤務しているとか、奥さんの趣味はとかある程度分かるもので、そういう意味で、アンドロメダ大星雲と比べて月は、かなり解明されている天体、といいたいところだが、一概にそうでもないようである。

月に関して、人類月面着陸問題や、月の水など一連を疑問を含む記事を書いてきたが、しかし、なんといっても月に関する最大の疑問は次のものである。すなわち:

地球の衛星としての月は、どうやってできたか

これに対して、私が子供の頃習った説明は、月は、地球が分裂して出来た、というものであった。しかし、最早まともな学者でこれを信じる者はほとんどいない。類似する別の説明は、太陽系が出来て、地球が宇宙塵の集まりから形成されたときに、同様に宇宙塵から月も形成され、地球の周りを周回するようになった、というものもある。

前者の説明はともかくとして、後者の説明は妥当であろように思われる。しかし、これらの命題には重大な欠陥があるのであって、それは、惑星科学者の分析によって、月の岩石の年齢が、地球よりずっと古いと分析されたという事実がある。地球の年齢は約45億年と言われているが、ある学者の分析では、月の石には、50億年~70億年の年齢のものがあるという。70億年の年齢というと、下手したら太陽系よりも古い。

すると、どうしても月は、もしかして、われわれの太陽系以外の別の太陽系から飛来してきて、地球の軌道に乗って今に至る、という説明になる。ああそうだ、それでいいではないか、と安易に納得しないでほしい。ニュートン力学の応用である天体力学の初歩を学ぶだけで、遠方から飛来した彗星あるいはその類似物が、惑星の安定した軌道にのる可能性は極めて小さいことが理解される。例えば、日々地球に到来する隕石を思い起こしてほしい。多くのものは近づいて遠方に飛び去り、あるいは地球に激突し、あるいは大気圏で燃え尽きてしまう。地球の衛星の軌道に乗るものは、ほとんどない。

ましてや月は、そこらへんの隕石や彗星と一緒にしてはいけない。なんと、地球の1/4の半径をもつという巨大さである。その巨大さだと、地球との間の引力も半端ではない。すると、天体力学的には、遠方から飛来してきて、ある程度の距離に近づくが、また無限の遠方に飛び去ってしまうか、あるいは、地球に激突する以外の解はありえない。月が地球に激突するというストーリーは、いかなる想像力も超えてしまう。おそらく、地球は分裂してしまい、細菌やウイルス以外のいかなる生物も生存は許されないであろう。

では、どうやって、月が地球の衛星になったのか。「月の先住者」ドン・ウィルソン著、大島和子訳、たま出版によると、月は、宇宙人が作った基地なのだという。どんなトンデモに慣れた私も流石にこれにはびっくりである。しかし、沢山の傍証がある。すなわち、ガリレオ以来、月が望遠鏡で観測されるようになってから、いろいろと理解できないものが月表面で観察されている。例えば、閃光、色の変化、突起物、建造物、1000マイル平方もの巨大な物体の移動などである。また、月に航行する途中、あるいは月面でのアポロ宇宙船の写真には多くのUFOが写っていた、というのも有名な話である。

別の観点からというと、月は大きさの割りに軽すぎる。どうみても中空でないとおかしいという。また、月の石の成分は、チタニウムなどの耐熱金属が多く含まれている。これも地球上の石とはあまりにも成分が異なる。

極めつけは、月の軌道である。なにしろ、アンバランスなほど大きい衛星であるし、衛星として距離が遠すぎる。また、ケプラーの法則を知る者にとって怪訝すぎるのは、月の軌道はほぼ円なのである。普通の天体の動きとしては、それは、かなり偏った楕円でしかありえない。そうして、楕円の焦点に、母星としての惑星が位置する。もっと言うと、月は、ある一定の側しか地球に見せないように周回していてる。

これらのことに鑑みると、月は、巧妙に作られた宇宙人の基地であり、巨大宇宙船で、その精妙な航行技術で、遠方から飛来して、地球の周回軌道に乗った。月の中には、多くのエイリアンが棲んでいる。ただ、何の意図で地球を周回しているのか、誰も知らない。また、どの時期に地球に飛来したかも分からない。それは恐竜が滅びた後かもしれないのである。なぜなら、恐竜には、歴史記述もなく天文観測の記録もない。月がどうであったかは分からない。哺乳類を栄えさせるために、月人が大型恐竜を滅びさせたというストーリーもありえる。

そもそもが、月程度の大きさのものを、外太陽系から運転して、地球の衛星として、きっちり円形の軌道に乗せるとしたら、おそるべき制御の技術である。しかも一体どんな原理で動いているのだろう。私が聞いたこともない重力エンジンを備えているのかもしれない。

さらに困難なのは、月程度の大きさの飛行船を作る技術である。これは、既存の小惑星を捕まえてきて、くり貫いて加工するのだろうか。それとも、スクラッチで一から作り出すのだろうか。どうも前者のような気がする。

また、これも私の推測であるが、もしかして、エホヴァだの、イエスキリストは実は、月由来の宇宙人ではないか。そういう一連の地球に対する教化のため、月がやってきたという次第である。かぐや姫も、そういう月人の昔話なのかもしれない。

ただ、スペインに基地があると言われている、宇宙人ユミットのように、亜空間を通じて遠方からやってくる、アンドロイド型宇宙人もいるようである。これとの月人の関係は全く不明である。それは当然であって、月人すら、何者かも全く分かっていないのであるから。

例によってgooランキングからの引用:

恋人がいないお年頃の男性にとって、自分の周りにいるすべての女性は恋愛の対象(ターゲット)。女性の側にはまったくそんな気がなくても、ふとした行動から「コイツ、俺のこと好きなんじゃないの?」と盛り上がってしまうのが男性の「さが」です――。

では、どんな行動が男性の誤解を招くか:

  1. 二人きりでの外食の誘い
  2. 頻繁なメール
  3. 付き合ってる人いるの?」という質問
  4. よく目が合う相手
  5. 軽いボディタッチ
  6. 用件のない連絡
  7. イベントの予定を聞く質問
  8. メールのハートマーク
  9. 映画の誘い
  10. 「今フリーなんだ」という言葉

一介のオヤジとして言わせてもらえば、このどれも激しく誤解を招くので、気がないなら、女性として避けた方がいいということである。だいたいが、オヤジは、藤岡藤巻の歌ではないが、小さな灯を必死で灯したがっているのである。綾小路きみまろ的に言うと、会社でも家庭でも邪険にされ、拠り所を探し探し求めて♪さまようのがオヤジなのである。そんなオヤジの心に一旦灯を灯して、それから水をぶっかけるような、心のうっちゃりは止めてほしい。というささやかな願いなのであった。まあ、オヤジが勝手に勘違いしているだけなのだが。あ、そもそもが上記は、独身男性に対するもので、オヤジに対してではなかった、ここでもまた勘違いだった。

論文不正

| コメント(3) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、東北大で、論文不正により、助教が解雇されたという。以下、引用:

東北大は4日、同大大学院歯学研究科の上原亜希子助教(40)らが01~07年に発表した論文11本にデータの流用があったとして、上原助教を懲戒解雇、指導的立場にあった高田春比古教授(59)を停職3カ月、菅原俊二教授(51)を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。同大によると、研究内容にかかわる不正で研究者を懲戒処分にしたのは初めて。

上原助教をめぐっては、日本細菌学会が08年3月、若手研究者を対象とする「黒屋奨学賞」を贈ったが、同年7月に助教の論文に不正行為の疑いが強いとして同大に調査を求め、同賞を取り消した。

同大が今年4月に公表した内部調査結果で、上原助教は口腔(こうくう)免疫に関する論文などで、過去の論文に使用した実験データや画像を複写し独自の新データと偽って使用したと認定。両教授は論文の責任著者だったが、上原助教の虚偽データを検証することなく使用した。不正行為があったとされる論文11本のうち、菅原教授が発表した4本は取り下げ手続き中だが、上原助教と高田教授は不正を認めていないという。

同大の野家啓一理事は4日に会見し「研究倫理教育の更なる徹底を図る」との井上明久学長のコメントを読み上げた。【高橋宗男】

この記事を見て思い出すのは、筑波大学データ改竄事件である。あの事件は、元筑波大学教授、長照二氏が、プラズマ物理の研究論文で、データの統計処理に関して、データ改竄だと責められたものである。

この事件も、論文のデータ不正であるという意味では類似であるが、この事件では、データの改竄でなく、過去の論文からの実験データの流用を問われているという次第である。筑波大学データ改竄事件は、冤罪の可能性があるが、この事件についてもいくつかの疑問があるので、列挙してみる。

  1. 先ず、研究というものは、100%独創の論文というのはほとんどなく、大抵、過去の成果を利用して行われるので、論文には、過去の研究の成果やデータが引用されていたとしてもおかしくない。もちろん、著作権法にもあるように、引用する場合しきちんと出所を明示する必要があるが、沢山の過去のデータを使用する場合、特によく使われるデータだと、つい出所が曖昧になることがあろう。
  2. それでもいいということはもちろんない。しかし人間の作成する論文である。悪意はなくとも、手落ちがあってもおかしくない。
  3. 当該の論文は、「黒屋奨学賞」という賞を貰ったくらいなので、優れた論文なのだろう。また、咎められているのはデータの流用なので、研究の結論自体は妥当なのだろう。その結論を引き出すために、データの改竄をしたという訳でもないのだろう。
  4. もしそうなら、データの流用があったとしても、せいぜい、「黒屋奨学賞」を取り下げれば済む話で、懲戒解雇というのは重過ぎないか。そもそもが、「同大によると、研究内容にかかわる不正で研究者を懲戒処分にしたのは初めて。」とある。これ程度の不正というか研究者の錯誤が、いままで何万本あるかしれない東北大の論文で、皆無であったとは到底考えらない。
  5. 日本細菌学会が一旦、「黒屋奨学賞」を贈った後、東北大に調査を求め、同賞を取り消した、ということは、明らかに、おそらく東北大から内部告発があったものと思われる。筑波大学データ改竄事件も発端は、確か、内部告発だった。
  6. 特に企業のコンプライアンス関係で、内部告発は寧ろ推奨されている。それは、思考停止にも述べたような、あまりにも余裕のない杓子定規の社会の反映なのだが、その気風が大学にも押し寄せていないか。
  7. すると、大学にもともと胚胎する陰湿な、他人の業績に嫉妬する風土が、内部告発という手段に活路を見出してしまった、という次第である。
  8. 他人の論文のアラをみつける内部告発が一旦正当化されてしまうと、象牙の塔の頽廃は進む。下手をしたら、真面目に研究するより、他人の論文にケチをつける方が楽しいということにもなりかねない。
  9. その結果、生き残るのは、何もしない学内政治だけの学者だったりしないか。私が尊敬する科学哲学者である野家啓一氏に、そのあたりのことも考えてほしい、という次第である。

と書いて、改めてネットを検索してみたら、上原亜希子さんはまだ若いのに、受賞学術賞平成15年度東北大学総長賞(大学院)(2003、国内)、第15回歯科基礎医学会賞(2003、国内)、第1回東北大学総長賞(大学院)(2003、国内)、第15回歯科基礎医学会賞(2003、国内)、平成16年度歯科基礎医学会優秀ポスター賞(2004、国内)、第1回歯科基礎医学会優秀ポスター賞(2004、国内)、IADR/UnileverTravelAward(2005、国外)、IADR/Unilever Division Travel Award(2005、国外)、第1回岩垂育英会賞(2006、国内)、第1回東北大学歯学会奨励賞(2006、国内)と凄い業績で、また、日本細菌学会の独自の調査では、確かにデータのコピペがあったとある。ううん、筑波大学データ改竄事件にバイアスされて、論文発表者側の肩をもってしまったか。

しかし、上原さん側は、コピペを否定し、法的手段で対抗することも辞さないという。それなりに、正しさに自信があるのだろう。やはり、ベル研の捏造の事件とは違うようである。ということで、筑波大学データ改竄事件と同様に、様子をみることにする。

あまり書くとブログが週刊誌的になるのでこれ以上止しておくが、タイガー・ウッズの帰趨の続編としてメモすると、日刊スポーツWebによると、タイガー・ウッズはやっぱり離婚なのかもしれない。以下、引用:

タイガー・ウッズ(33=米国)のエリン夫人(29)は、離婚に傾きつつあるようだ。14日付の英大衆紙サンによると、エリン夫人は2人の子どもを連れて、知人のクリスマスパーティーに車で出かけたときに、ガソリンスタンドに立ち寄ったが、夫人の指にいつもはめられていた金の結婚指輪と、ダイヤモンド入りの婚約指輪の両方が外されていたという。関係者は「(夫人は)平静を装っているけど、心は深く傷ついている」と話している。

また、同日付の英大衆紙デーリー・エクスプレスは、エリン夫人がすでに米国を出国し、スウェーデンに向かったと伝えた。エリン夫人はクリスマス後の離婚を望んでおり、弁護士に相談しているとされている。フロリダの自宅には、児童相談所の担当員が訪れ、新年にも別居する見通しとも報じ、離婚後に備えて夫人が行動を起こしている可能性もある。

ウッズは今回のスキャンダルに、家族関係を取り戻すために無期限の米ツアー出場自粛を打ち出したが、そんな思惑とは裏腹に、夫人にはすでに「修復」の考えがないようにもみえる。(春日洋平・鈴木雅子通信員)

実際もし夫人が同意するなら、タイガー・ウッズは最早離婚するのが最善だろう。するとまたゴルフツアーが復活できる。一度覚えた蜜の味は忘れられないから、また女性遍歴を続けるだろう。夫人という重石がなくなると、放埓さに輪がかかってしまう。

それでまたタイガー・ウッズはバリバリとゴルフで勝てるだろうか。みていると、どうもメンタルにあまりタフでなさそうで、しばらくはゴルフもスランプになりそうである。

タイガー・ウッズのような一流ゴルファーなら、精神面もタフだろうと思ったら多分大間違いである。宮本武蔵は一流の剣豪は、あまりにも細心だと指摘した。数ミリの誤差のパッドを争うゴルファーも同様であろう。

それで林葉直子と不倫して駄目になった将棋の中原十六世名人のように、結局タイガー・ウッズは、このまま駄目になるかもしれない。もし復活の可能性があるとしたら、お金目当てにやってくる美女でなく、本当に心から分かり合える地味な女性と出会って、静謐の私生活が送れるかどうかである。そんなの少女漫画の世界なのだろうか。

管理職の大変さ

| コメント(4) | トラックバック(0)

管理職を降りて、専門職に戻ってもう3年以上になるが、また管理職に戻りたいと思ったことは一度もない。私にとってあれは、超越的に忙しい時間であり、よくもあんな余裕のない日々を、ブレークダウンすることなく、10年以上も過ごしたものだと思う。

といいながら、普段はともかく、土日に仕事する時間は寧ろ、管理職のときよりも増えている。理由は、研究所関係の発明を扱っているからである。発明の特質として、以前と全く同じものが出てくることはあまりない。それどころか、いままで聞いたこともない技術が目白押しである。それで、発明者に例によって沢山質問したり、空しく関連する本を沢山買い込んでなんとか凌いできた。

管理職だと、とりあえず、部下に振ることで、細部までの理解をしなくて済む。ともかく、次々といろいろな案件が押し寄せるので、聞いた人に応答したり、部下にアサインして、どんどん廻す。ところが、専門職だと、どんな難しい案件でも、ともかく遂行しなくてはならない。後がないので、逃げられない。それで専門書を読み、あるいは何日もじっくり考えて仕事の構想を練る必要があったりする。ただそれは対人の仕事ではないので、会社にいなくてもいいし、電車に乗っているとき考えてもいい。自宅でぼうっとしながらメモしてもいい。専門職のよさは、その時間的適当さである。

だから、逆に言うと、管理職の大変さは、その専門性になくて、対人の仕事の細切れ的頻度の対応と、責任と、調整である。例えば、仕事のプランを建てるために、部下の一人一人と話さなくてはならないという仕事もあるが、部下が10人もいると、数日を要することがある。また、素直な部下だけではない。面倒な要求を突きつけられて、回答に困ることがある。

もっと大変なのは責任である。すなわち、私は高々課長レベルであったが、部下からみれば、会社の上層部に対するインターフェースである。だから、原則としてどんな苦情も私に来る。それをさらに人事や関係部署に廻して回答を得る必要がある。責任の別の面として、他部門に対する顔でもある。すなわち、実際は部下が他部門に要求を出すのだが、少なくともマネジャとして私がメッセージの送り手にならなくてはならない。

責任の別の面として、私は長く、予算管理の責任者であった。すなわち、購買の承認権限が私であることは小気味よかったが、非常に大変なのは、経費を予算の範囲にフィットさせることである。外資系だと、予算が為替の変動の影響を受ける。例えば、1ドル110円が、1ドル100円になることはしょっちゅうであるが、する、予算が1割減と同じになる。するとなんの仕事を削減するかであるが、そこは流石に私が独断では決められないので、上司と相談して、緻密に計算しながら、プランを立て直す。これがなかなか大変な作業なのである。そうやって、削減プランが決まると、外注管理も私の責任だったので、各外部ベンダに連絡して、ある仕事の停止を依頼する。途中まで着手されていたらどうするか、それもその都度私が決める。なにしろ決めないと進まないので、細かいことはあまり躊躇していられない。

しかし、一番大変なのは、部下間、及び他部門との調節であった。すなわち、仕事を部下に振っていると、どうしてもワークロードに偏りが生じる。均等化するわけがない。また、能力も経験も違うし、もっというと、やっていることも各々の部下で異なる。すると、均一なワークロードなんて考えることもできないので、とりあえず振って、苦情があったら調節するということを繰り返すしかないが、それがまたなかなか、部下の納得が得られず、仕方なく自分で引き取ってやる、ということもあった。しかし、どうしても部下に振らなくてはないこともあり、不満は抑えきれない。また女性の部下特有の軋轢もある。このあたりの事情は、お局様にも書いた。

さらに私を忙しくしたのは、私が、事務業務と、予算と、外注管理だけでなく、シス担でもあったことである。例えば、誰かのPCに不具合があると、私が直接対応したりしたが、なにしろ、それだけで数時間がとられたりすることがザラであった。

こうしてほとんど休暇もとらず連日、夜10時、11時の日々だったが、営業部門や開発部門はもっと忙しいようで、私が帰る時間でも、開発部門は、灯りが煌々としていた。

ただ私が楽だと思ったのは、営業部門でもなく、独立事業主でもないので、仕事を取ってくるという必要がなかったことである。仕事に関しては、海外の本社部門、あるいは研究開発部門から自然に舞い込んできたので、それを限られた予算の範囲でどう処理するかが勝負であった。ということで、雑用係、シス担から、外注管理、予算管理と、部門長兼用務員のような幅広い仕事ができたことは、人間の幅を広げるのには有用であった。

寂しいのは、管理職を降りて、元部下の人に、ボクはそんな悪い管理職でもなかったよね、と頼み込むように聞いても、誰も、「ええ、あやたろうさんはいい管理職でしたよ。」と言ってくれないことである。ただ、黙ってしまうのである。お世辞でもいいから、いやあいい上司でしたよ、と言ってくれてもいいと思うのに、やっぱりどうも、結構うっとおしい上司だったようで、会社生活は、人生は、難しい。

ネット広告詐欺

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、特に米国で、ネット広告詐欺が広がっているという。

昨年の金融危機以降、米国でインターネット広告詐欺が増えているという。被害の実情や対策について、ハーバード・ビジネス・スクールのベンジャミン・エデルマン准教授(経営学)に聞いた。【岡礼子】
 --被害はどのようなものか。
 消費者が被害に遭うケースと、広告主が過剰な請求を受けるケースがある。消費者の被害で米国で最近起きているのは、無料ソフトのスカイプを、「無料で入手できる」という広告をクリックして30ドル請求されたり、「着メロを無償でダウンロードできる」という広告をクリックして、気づかないうちに携帯電話会社を通じて10ドルを支払っていたというもの。

「無料で入手できる」という広告をクリックして請求されるというのは、どういう仕組みなのか。まさか、クレジットカードの番号を打ち込む訳ではないだろう。すると、ダウンロード時に入れさせられる住所宛てに、請求書が送られてくるのか。その契約条件が記載された約款が、ダウンロード時に表示されるのか。また、「携帯電話会社を通じて10ドルを支払っていた」というのも、よく分からない。

 --責任は。

 消費者が詐欺広告の作り手を見つけるのは困難だ。着メロのケースでは、広告を出した相手が見つからなかったため、被害者は、広告を掲載したグーグルを訴えた。

裁判でグーグルは「詐欺広告と知っていて出したとしても、責任は広告主にあって、自分たちにはない」と主張。今夏に判決があり、グーグルの責任は問われなかった。同社は今後も姿勢を変えないという。

確かに、グーグルとしても、いちいち保証できないということだろう。

 --消費者ができる対策は。
 友人には、検索エンジンで右側に表示される広告はクリックしないようにアドバイスしている。新聞や雑誌に詐欺広告が掲載された場合は、出版元もその責任を負うということはよく知られており、掲載された広告の信頼性につながっているが、今回の裁判ではオンライン広告は違うという結果だった。

すると、グーグルのAdsenseのようなものは、基本的に信用しない方がいいということか。ネット広告の仕込みそのものを危殆に貶めないか。

 --広告主の被害は。
 1ページに100本の見えないバナーを張り、広告主には過剰な請求をするケースがある。支払った後で気づいても後の祭りだ。しばらくの間、だますことができればいいというわけで、その手口が横行する。16カ月続いた事例もある。また、検索広告の詐欺では、労働賃金の安い国の人を雇ってクリックをさせ、広告のパフォーマンスを実際以上に良く見せる手口もある。

これもある意味、防ぎにくい。ネットの顔の見えなさである。

 --今後は。

明確で適正なルールが必要だ。(掲載する)事前に不正広告をチェックすることが、一番簡単で、事件があった後で当局が対応するよりいいはずだ。

印刷媒体で100年間適用されてきたルールを、オンライン広告の効率性を保ったまま、ネットでも適用すべきだ。

ハーバード・ビジネス・スクールの准教授ともあろう者がそんな安易な発言をしてどうする。オンライン広告の効率性を保ったまま、印刷媒体の広告と同様のルールを維持できるわけがないではないか。効率性と、リスクは、トレードオフである。グーグルにとっても、ネット広告をどうするか、曲がり角に来ているのかもしれない。

タイガー・ウッズの帰趨

| コメント(2) | トラックバック(0)

紛糾しているタイガー・ウッズの不倫騒動であるが、私の予想に反して、簡単に落ち着きそうにない。以下、毎日新聞Webからの引用:

ゴルフ界のスーパースター、タイガー・ウッズ(33=米国)が現役を引退する可能性が出てきた。11日に複数のメディアが報じたもので、愛人問題の反省を求めるエリン夫人(29)が「ゴルフか私のどちらかを選んで」と究極の二者択一を迫った。ゴルフで各地を巡る限り疑惑が消えないと判断した妻の引退勧告は、ウッズのゴルフ人生に重くのしかかってきた。

英大衆紙「ザ・サン」は「壊れてしまった結婚生活を元に戻すため、ウッズは断腸の思いで現役を引退する準備をしている」と報じた。エリン夫人の友人は同紙の取材に答えて「彼女は"ゴルフか私か..."という最後通告を突きつけた」と証言。11日発売の米ピープル誌は「一度家を出たエリン夫人は、2人の子供(2歳と10カ月)のために離婚しないことを決めた」と報じているが、その条件こそ現役を引退してもらうことだったようだ。

ウッズはエリン夫人に対して「君のためなら何でもする」と直接頭を下げたとしている。その言葉が真実ならば究極の選択を受け入れざるを得ない状況。500万ドル(約4億4500万円)を超える和解金の存在も明らかになっていたが、よりを戻すには引退というさらなる代償が必要になってきた。

今月30日で34歳。通算勝利数は71で、1位のS・スニードに11、2位のJ・ニクラウスにあと2と肉薄している。メジャー制覇も1位ニクラウスにあと4と迫る14回。あと2シーズン、フルにツアー参戦すればどちらの記録も書き換える可能性があるが、その金字塔を目前にして挑戦者としての役割を終えてしまうシナリオが見え隠れしている。当初は来年1月末のサンディエゴ・オープンに出場するとみられていたものの、この騒動の中でツアー復帰は頓挫。4月のマスターズも視野に入れるのは困難だ。

引退しても60歳以降、PGAツアーから年間で3億円近い金額が年金という形で支給されるため、老後に不安はない。だが本当にこれでいいのか?ウッズにとって人生のリカバリー・ショットは、あまりにも難度が高くなった。

この記事をみて感じる素朴な疑問というかコメントは、次のとおりである。

  1. 先ず、夫人が「ゴルフか私のどちらかを選んで」と迫ったことである。夫人にとってゴルフは、単なる夫の職業かもしれないが、タイガー・ウッズにとってゴルフは、自己のアイデンティティそのものである。止めても今までの蓄えで生活には困らないものの、そのゴルフを止めるように迫るというのは、行き過ぎではないだろうか。そもそも、ゴルフから引退したタイガー・ウッズなんて、単なるおっさんである。何の魅力があろうか。
  2. タイガー・ウッズは、「ゴルフか私のどちらかを選んで」と言われて、「僕にはゴルフが命なんだ。君と離婚する。」とどうして開き直れないのか。タイガー・ウッズなら、慰謝料に困ることはあるまい。タイガー・ウッズがなぜそうしないのか、というと、私の推察では、タイガー・ウッズは、本当に心から愛し合った女性が他にいないようである。例えば、タイガー・ウッズは、一晩134万円、週末だけで約267万円という契約で、高級コールガールを斡旋してもらったという、ニューヨーク・デーリーニューズ紙の記事があるが、これなど単なる「遊び」ではないか。すると、体は許すが心は許さないというパターンで、いかにも空しい。その空しさを紛らすため、次々と金にあかせて女性遍歴したのだろうが、そんなことをしても空しさは増すばかりであろう。
  3. すると、考えられる妥協案は、タイガー・ウッズが夫人に、「もう浮気しないから、仲直りしよう。僕はツアーをまた再開したい。ニクラウスの記録にもあと少しなんだ。」と提案することであるが、夫人は最早、「もう浮気しない」なんて到底信じられないのだろう。実際、世間を観察していると、こういうのは一種の「病気」であって、もうしませんと誓って、パタリと止むものでもない。
  4. しかし、特にゴルフ・ファンでもないし、タイガー・ウッズのファンでもない私でも、スーパースターにまだゴルフで活躍してほしい。私は、一流の才能がある人が才能を発揮できなくなるというのを聞くの自体が辛い。これはデッドロックであって、さあ、事態はどう解決されるのだうか。

そう思って新聞の書籍広告を見ていたら、「痛妻(いたづま)」安達 元一著、幻冬舎という本が目に付いた。 本の紹介は次のとおり。

寂しがり屋で、悪戯好きで、嫉妬深くて、激情家。この女性、最高にして最凶。心からの愛は時に「痛い」。男を怯えさせるほどの女の愛がここにある。
なるほど、これこそ、タイガー・ウッズの妻にぴったりである。

東大ブランド

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっと俗かもしれないが、ゆかしメディアからの引用:

世の中の情勢がどうであろうとも、東京大学のブランド力は抜けているようだ。1位は昨年の調査と同様に今年も東大だった。支持率は20.8%とダントツで、2位慶応大の15.2%、3位京都大の9.0%を大きく引き離していた。

◆わが子を入れたい大学
順位 大学名   (%)
1位 東京大  20.8
2位 慶応大  15.2
3位 京都大   9.0
4位 早稲田大  5.6
5位 一橋大   5.1
6位 ハーバード 3.7
7位 大阪大   2.5
7位 北海道大  2.5
7位 上智大   2.5
10位 名古屋大 2.2
10位 同志社大 2.2

なるほど、あまりにもナイーブな世間の親の気持ちであるが、分からないではない。この不況だから東大ブランドがより映えるというのも分かる。ただ、細かくみていくと、なぜここに東京工大が入っていないのかとか、なぜ東北大や九大が入っていなくて北海道大が入っているのか、とか半分僻みのようなことも感じるが、まあ、北海道大は、時計台などブランドイメージがいいのだろう。

また、一時、東大よりもハーバードなどといわれたこともあるが、いまいちハーバードが上位にないのはおそらく、日本では意外にハーバード・ブランドが通用しないということと、海外居住の費用も含めて、学費が半端でない、ということがあるのだろう。ハーバードだと、総費用で、年間450万円はかかる。また、前にも書いたが、東大自身の努力もあるのかもしれないが、冷静にみると、大学の質という意味でも、東大は米国の有名大学とそんなに遜色はないようである。

一方、わが子を入れたい会社は、次のとおりだという。

◆わが子を入れたい会社
順位 企業名     (%)
1位 三菱商事   10.1
2位 トヨタ自動車  6.7
3位 三菱東京UFJ 5.6
4位 三井物産    3.7
5位 ソニー     3.1
5位 全日本空輸   3.1
5位 グーグル    3.1
8位 本田技研工業  2.8
9位 任天堂     2.5
9位 NTTドコモ  2.5
9位 マッキンゼー  2.5

これを見てもやはり何も意外ではない。ただ、日立、富士通、NEC、日本アイビーエムなどの伝統的なIT企業がリストから外れているのは時代の流れか。また、憧れの会社の常連だったJALが入っていないのは、今の状況では当然である。また、グーグルが入ってきているのも時代の流れであるが、もしかしてこの中で一番入社しにくいのはグーグルではないか。

このアンケートをみて、それでは、わが子が東大から三菱商事に入ってくれれば万々歳か安泰と思うかと問うと、大抵の親は苦笑いして答えず、しかし、否定しないだろう。このあたりの微妙さは私もわかるだけに、いまいちコメントしにくい。

また、東大ブランド指向が特に気をつけなくはならないのは、その時代の、旬の頂点にある、あるいは少し翳り始めた企業に入ってしまう傾向があることである。例えば、かつて、優秀な東大生が石炭会社に競って入社したことがあった。その次は、製鉄会社である。また、JALだったりした。すなわち、東大ブランドであるがゆえに、より一層、時代の流行にビルトインされてしまうということがあるのは、良し悪しである。

だから、昔から格に入って格を出る、みたいに言われるが、東大ブランドも、東大に入り、卒業したら、そんなの知らないよ、みたいに振舞うのが粋なのだろう。本当に実力があり、学歴を誇示せず、噂で、あいつ東大らしいぜ、そうかやっぱり違うよな、みたいな感じである。そういう人、結構いると思うのだが、どうなんだろう。

中国のパクリ

| コメント(0) | トラックバック(0)

Record Chinaの記事から引用:

2009年12月2日、韓国紙・朝鮮日報は「パクリは本当に怖ろしい」と題した記事で、多くの韓国企業が中国の「パクリ」を恐れるあまり、新製品の公開に慎重になっていると報じた。環球網が伝えた。

韓国・釜山で開かれたゲームイベント「G-star 2009」では、T3 Entertainment社が開発した人気オンラインダンスゲーム「Audition」の続編「Audition2」が発表されたが、イメージムービーの展示だけで実物は一切公開されなかった。その理由は「中国がすぐにパクるから」。中国には「Audition」のパクリ版が20以上あることが分かっているが、すでに「Audition2」と名乗る製品まで登場し、人気を博しているという。

LGエレクトロニクスは、来年米ラスベガスで開かれる国際家電ショー(CES)に先立ち、計17製品が「イノベーション・アワード」を受賞したが、製品の写真は一切公開していない。瞬く間に中国のパクリ商品が世に出回ることを防ぐためだ。製品番号も極秘。LGは2月にバルセロナで開かれた世界最大級のモバイルイベント(MWC)で「透明携帯」を初公開したが、早くも8月には中国のパクリ版がネット通販サイトに登場。11月の韓国発売時には、パクリ版の方が一足早く市場に出回っていた。

サムスン電子は今年初めに開かれたCESで世界最薄の「発光ダイオード(LED)テレビ」を初公開した際、ブースの周りに囲いを設け、製品を間近で見られないようにした。こちらもやはり「パクリ」を警戒してのこと。記事は、韓国企業は世界中の展示会で中国企業と「かくれんぼ」しているようだ、と現状を嘆いた。(翻訳・編集/NN)

中国のパクリというはもちろん、今更初耳ではない。しかし、上記の記事をみて、いくつかの素朴な疑問が生じる。次のとおりである。

  1. 先ず、どうして神経質になるのが、殊更、韓国企業なのか。日本企業でも、米国企業でも、同様のターゲットになるはずであるが、展示会で製品を間近で見られないようにするほどまでには、神経質になっているとは聞かない。昔から中国文化と非常に近い関係にあった韓国にとって、中国は近親憎悪の対象なのだろうか。
  2. 人気オンラインダンスゲーム「Audition」がパクられた、ということだが、イメージムービーを見ただけで、そんな簡単にゲームが作れるのだろうか。ゲームのプログラムのバイナリそのものをコピーする、というなら理解できるが。イメージムービーを見ただけでそのゲームのコピーが開発できるなら、すさまじい開発能力である。
  3. 「透明携帯」というのは、知的財産的に保護しにくい。もちろん、そのデザイン自体を意匠権として保護することはできるが、権利範囲は狭い。当然に、「透明携帯」というデザイン概念自体は保護し得ない。
  4. サムスン電子の一件も、よく分からない。なぜなら、LEDテレビを間近で見ようと、普通は、その製造ノウハウやコントロール・ロジックがびた一文分かるわけではない。もし画面を間近でみて何かを感得するエンジニアがいたとしたら、それは、ディスプレイ技術の相当な達人であろう。

こうして、韓国が過敏になっているのが、中国の、パクリ精神というよりも寧ろそれを支える人的ポテンシャルや資金などのリソースであることが分かる。もしそうなら、韓国企業がなしえることは多くない。技術力を高め、中国、米国、日本などの主要な国に、重要な技術の特許網を築くことである。すると、中国ではまだ、特許権の権利行使性(patent enforcability)が乏しいではないか、ということになるが、それはそれで仕方ないと様子をみるよりない。実際、サムスンがとっているのはその戦略で、中国における外国企業中の最大の出願企業となっている。

考えにくいし、考えたくないが、韓国企業も、日本企業も、中国企業に正しく負ける方法というのも思い描いてもいいのかもしれない。

惚け防止

| コメント(7) | トラックバック(0)

巷には、こうすれば惚けが防げる、ということを書いた本がある。これだけ高齢化社会になると、そういう本の需要があるのは、理解できる。私もそういう本何冊か眺めたことがあるが、次のような基本的な疑問は消えないままである。すなわち、惚けというのが器質由来なのか、あるいは、精神的なものか、ということである。少し別の観点からみると、先天的なものか、後天的なものか、という問いもある。

最近、80歳になる田舎の父と電話で話した。父が言うには、自分のほぼ同年齢でかなりに割合で惚けている人がいるという。症状としては、話しかけてもうつろで、反応がない。もう20年近く前に亡くなった祖母のことを、まだ元気ですかと平然と聞く。自他の持ち物の区別がつかない、などである。

そこでさらに父に聞いてみると、惚けるというのは多分、学歴や教養とはあまり関係ない、という。それは学歴も教養もない父のやっかみかもしれないが、しかし、父より2歳年上で、島で唯一T大卒で県庁でエリートだった人も、今では、話しかけても何の反応もないという。

父はかろうじて惚けてないと思うのだが、その理由は、父の自己分析では、異性好きと、歌好きである。実際、私にとって少し悔しいのは、父はいまでも微妙にもてる。ばかばかしいほどの話術であるが、確かに面白いと思うことがある。また、歌は、年取って声が伸びなくなったが、今でも演歌の新曲を、5回くらい聴けばだいたい節回しが分かって、カラオケで歌える、という。私だったら、カラオケで歌うためには最低20回は聞かなくては調子がつかめない。

それが父が惚けてない理由なのかと思うと、一方、母のことがある。実は、母も相当弱ったが多分惚けていない。というのは、たまに電話で話しても、話の脈絡の論理が一応通っている。息子が言っているので、ちょっと割り引いて評価すべきかもしれない。また、父がいうには、何人もの電話番号を記憶していて、メモをみないで電話がかけられるという。私にはそういう能力はない。そういう母も、学歴や教養が乏しいこと、父に劣らない。父よりまずいと思うのは、異性どころか、すっかり世間に対する関心を失っていることである。それでも、どうみても惚けていない。

こうして私は、惚け器質説に傾くのである。ある意味、惚け先天説でもある。ところが、会社を眺めていると、それほどの年齢でもないのに、どう考えても惚けているとしか考えられない人達がいる。症状は、以下のとおりである。

  • 簡単なことでも忘れやすい。つい先日のことでも、覚えていなかったりして、あっけにとられたりする。
  • 平気で論理矛盾のあることをいう。
  • 仕事の優先順位が、すっかり分からなくなっている。大事なことを放置して、どうでもいいことを必死でやっている。
  • 簡単なことでも、判断できない。必死で判断しない理由を探したりする。
  • 相手の立場に立って考えられない。
  • 感情の起伏が乏しい。かと思うと、突然怒り出す。
  • 感情にしなやかさがなくなっている。感情にふくらみがない。ユーモアがない。
  • 思考が硬直し、いろいろな選択肢を多様に考えることができない。
  • いつまでも過去の栄光にこだわる。
  • つまらないミスをしても反省しない。寧ろ、隠蔽しようとする。
  • 新しいことに興味をもたない。しかし、後れてはいけないと、表面的なキーワードだけは駆使し、ギャップが痛々しい。
  • やたら、学歴だの資格だの地位に拘る。これは、その学歴や資格、地位をひけらかすというのだけではない。逆に、それがないことに必要以上にルサンチマンを抱いているパターンも同様てある。

するとどうも、惚けには、脳などの器質由来(ハードウェア)と、精神や習慣由来(ソフトウェア)の要因があるらしい。

ハードウェアのところは、もしかして、ある種の脳内物質や神経伝達の異常が原因なのかもしれない。そういう原因の惚けは、どんな人も避けられない。しかし、先天的にかなり差異があるようである。ここのところは学歴も教養も生活習慣も関係ない。ここが最低限維持できれば、とりあえず惚けないで済むというのが、私が母をみていて思うことである。よって、惚けの主原因は、器質由来であり、惚け防止の本もあまり役に立たない、と一応結論付けることができる。

ただ、私が期待しているのは、脳の可塑性である。すなわち、脳には多くの細胞があり、一日に10万個が死滅するにせよ、寿命の間にあまり使われないで残るものが沢山残るというのは確かだと思う。すると、なるべく使っていないところに常に焦点を当てるように脳を使えば、うまくいくと、ハードウェアに影響を与えられるかと思うが、ここのところをあまり期待してはいけない。やはり器質自体の特性が圧倒的なのだから。

そういう意味で、脳内物質や神経伝達の異常を解消することで惚けを治癒できる薬品の研究が最近なされているようなので、そちらに期待したい。私はやはり、誰一人惚けず、一生自分のことは自分で面倒がみれて、最後は枯れ木が倒れるような死に方をする世の中になるのを期待するのである。

新型インフルエンザの死者

| コメント(9) | トラックバック(0)

朝日小学生新聞に、新型インフルエンザの死者の記事があったので、引用する:

新型インフルエンザで亡くなったとみられる人が6日、全国で100人になりました。8月15日に最初の死亡が報告されてから4か月近く。厚生労働省の発表などによると、年齢別では9歳以下が24人と最も多く、ぜんそくなどの病気のない子が多いといいます。

外国と比べると日本の死者は少なく、世界保健機関のまとめでは人口100万人当たりの死者数は0.2人。アメリカの3.3人、オーストラリアの8.6人を大きく下回ります。

この記事を見て、日本と、アメリカやオーストラリアと、あまりにも死亡率が異なるので、どうしてだろうとつい考えてしまう。

そこで以下、思いつく仮説を並べてみる:

  1. まず最初は、民族遺伝子説。すなわち、たまたま、日本人の遺伝子の性質が、米国人よりも、新型インフルエンザに対して抵抗性が強い、というものである。しかし多分これは受け入れられない。なぜなら、前世紀の初頭、世界で猖獗を極めたスペイン風邪で、特に日本人の死亡率が低いということはなかった。一般的に、インフルエンザの民族遺伝子依存性というのは聞いたことがない。また、米国は人種のるつぼで、遺伝子的に斉一ではない。
  2. 食物説。日本人は、納豆や漬物など、醗酵食品を多く摂る。すると、体内の免疫状態が改善されて、いろいろな伝染病に対する抵抗力が高まる。これはある程度はいえるかもしれない。というのは、昔、O-157という食中毒菌が流行したとき、納豆を食べる人は、症状が軽いという報告があったからである。よって、食物説はまるっきり間違いではないと思うが、上記の決定的な死亡率の差をもたらすほどではない。
  3. ウイルスの雲偏在説。これは、以前に私がブログに書いた、ウィルスの飛来に基づく。すなわち、米国やオーストラリアにウイルスの雲が偏在していてる、というものである。私が一番好きなのはこの説で、内心これが一番妥当なのではと思わないでもないのだが、流石に、同意は得られにくいだろう。
  4. 防疫体制説。これは、日本の防疫体制が、米国やオーストラリアに比べてしっかりしている、というものだが、果たしてどうか。必ずしもそうとは思いにくい。
  5. 医療機関充実説。やはりこれが一番妥当か。というのは、米国では、田舎に行くと、ほとんど身近に医師がいないばかりでなく、医療保険制度が充実していないので、貧乏人は場合により、見殺しになってしまう。日本だと、ワクチンの接種、タミフルなどの処方と、貧乏人でも比較的簡単に医療機関を利用できる。これが大きいかも。

はて、私が見落としている有力な説があるだろうか。

レアアース

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、ボリビアのリチウム資源に言及したが、東洋経済オンラインにレアアースの記事があったので、引用しつつメモしてみる。先ず、引用:

「普通なら自動車メーカーに取引を提案しても、なかなか相手にしてもらえない。だが、レアアースとなると話は別。逆にこちらが追いかけ回されている」。大手商社の担当者は苦笑いしてこう話す。これまでレアアース(希土類元素)を扱ってきたのは主に中小の専門商社だった。しかし、大手の総合商社が続々と参戦し、目の色を変えて調達ルート確保へと奔走している。

10月下旬、住友商事はカザフスタンの国営原子力公社とレアアース事業に関する覚書を交わした。同国内には、旧ソ連時代に採掘したウラン鉱石の残渣(ざんさ)(残りかす)が大量にある。その中からレアアースを取り出し、2011年から日本へ輸入を開始する計画だ。双日と豊田通商は、ベトナム北西部のレアアース鉱床の開発に乗り出す。これは国営資源会社との共同事業で、11年に操業を開始する。さらに三菱商事も採掘を目的として、ブラジルの鉱山で事業化調査を進めている。

レアアースとはレアメタル(希少金属)の一種で、ネオジム、ディスプロシウムなど17種類の元素の総称。埋蔵量は多くても技術的な理由などから取り出すことが難しいため、特に希少性が高い。他の金属素材の性質を変える特徴を持っており、金属にレアアースを混ぜると、強度や磁力、耐熱性が増す効果がある。「産業のビタミン」とも呼ばれ、永久磁石や2次電池、研磨剤などには必須の素材だ。

なるほど、リチウムだけではなく、レアアースも重要になってくるのか。レアアースとは、ネオジム(Nd)、サマリウム(Sm)、テルビウム(Tb)、ジスプロシウム(Dy) 、イットリウム(Y)、セリウム(Ce)、ユウロピオム(Eu)、テルビウム(Tb)、ホルミウム(Ho)、イッテルビウム(Yb)、エルビウム(Er)、ツリウム(Tm) 、ランタン(La)、ネオジム(Nd)などである。では、レアアースは何に使われるのかというと:

いちばんの理由は「日本のこれからの産業に不可欠」(双日の化学品・機能素材部門事業推進課課長、橋本紀行氏)だからだ。レアアースを混ぜた磁石などは、家電や産業用機器の省電力化に大きな役割を果たしてきた。さらに近年のエコカー市場拡大がニーズに拍車をかけた。ハイブリッド車や電気自動車の心臓部である駆動用モーターには、ネオジムやディスプロシウムを使った強力かつ耐熱性の高い高性能磁石が欠かせないのだ。省エネ社会実現に向けて、その重要性はがぜん高まっている。

確かに、レアアースが磁性材料の特性に本質的であることは、私も知っている。すると、ハイブリッド車やEV車にとってモータは本質的な部品なので、レアアースも欠かせないということである。ところが:

加えて、脆弱な調達態勢も背景にある。現在、レアアースは実質的に中国が唯一の生産国。かつて米国が最大の生産量を誇ったが、中国による安値輸出で他国は次々と生産中止を余儀なくされた。1990年代後半以降は中国が一手に世界供給を担い、日本も消費量のほぼ全量を中国からの輸入に依存している。

ところが、その中国がレアアースの輸出規制を年々強めている。外国企業によるレアアース鉱山の開発を禁止する一方、04年から国が輸出数量を管理・制限する制度も導入。輸出割当数量の削減が続き、今年の割当枠は05年の7割程度にまで減った。06年からは輸出に関税を課し、昨年は税率を一挙に従来から倍の20%台に引き上げた。今年夏には現地メディアが「中国政府は今後、レアアースの輸出を禁止する」と報道し、日本でも業界関係者を慌てさせ、経済産業省が中国政府へ事実確認に動く騒ぎに発展した。当局は輸出禁止を否定したが、さらなる輸出枠の削減が確実視されている。

なるほど、中国が、文字通り希少資源であるレアアースの主要な産出国である立場を利用して、世界の産業を操ろうとしているのか。いかにもありそうなことである。ちなみに、以前に私がレアアースを含むレアメタルについてメモした内容も参照戴きたい。

これに危機感を抱いた日本のメーカは、次のように動いている。

こうした中国の動きを受けて、リスクの低減を図ろうと大手商社が調達ルート確立に動いているわけだ。一方、エコカーに未来を託す自動車業界はことさら危機感を強めており、中でも活発な動きが見られるのが、ハイブリッド車で先行するトヨタ自動車。昨年末、同社傘下の豊田通商は、インド産レアアースの販売権を持つ国内専門商社を買収。双日とのベトナム鉱床開発に加えて、インドネシアでもスズ残渣からの資源回収を検討している。他社も同様で、ある大手自動車メーカーは取引先に対し、「必要なレアアースが確保できるなら、山の一つや二つ買ってもいい」とさえ言い切っているほどだ。

私は敢えて言う。ハイブリッド車やEV車が環境にやさしいなど、真赤な嘘である。なぜなら、ガソリン車をハイブリッド車やEV車に置き換えることで、確かにCO2の排出量は減るかもしれないが、CO2の排出量は、環境の要因のほんの一部でしかなく、また、環境にとって最重要の要因とは思えない。地球温暖化に対する影響も理論的に明確ではない。それよりも、レアメタルやレアアースの乱獲で、自然が荒廃することの方がもっと憂慮に値すると思われる。

厚み

| コメント(3) | トラックバック(0)

NHKの囲碁講座で、横田茂昭九段が「厚味の戦略」というテーマで解説している。とても明快でためになる。実は、横田茂昭九段は、とても人がよさそうで、友人にもちたいタイプの一人である。ただ、この人のよさは勝負師としては、少し損だろう。だから、横田九段の実績は、いわゆる一流棋士の一歩手前であるが、それもまた人生だろう。

そこで囲碁の厚みとは何かというと、私が講座で学んだ範囲だと次のとおりである。

  1. 目先の地にこだわらない。
  2. 断点や、形の欠陥をつくらない。
  3. 迫られても、目ができやすい形である、要するに安定している。
  4. 形として、ある程度の高さをもつ。
  5. なるべく、地として囲わない。打ち込ませて、戦って打つ。

これは実は、サラリーマン生活にもそのまま応用できるので、自明であるが、例示してみる。

まず、「目先の地にこだわらない。」と、「なるべく、地として囲わない。」はひとまとめにして考えることができる。要するに、あまり性急に地位だの給料だの考えないことである。こんな仕事をしていても、うだつがあがらないと、日の当たる地位に急いで就こうとするのは、厚みを蓄積することにならない。上司にゴマをすって昇進しようとするのも、実利に走ることである。私は若い頃よく先輩に言われた、地位と給料は後からついてくる、と。それは確かにそうだったと思う。もちろん、ある程度実利がないとやっていけないので、バランスというか中庸は必要である。

次に、「断点や、形の欠陥をつくらない。」であるが、これは、社内のルールや法律をきちとまもり、追求されないようにする、ということである。法律ぎりぎりの行為をして稼いでも、厚みは減るばかりである。あと、どんな社内規約にも、「社内で浮気をしてはいけない。」とは書いてない。もちろん法律にもない。なお、奥さんでもない秘書を平然と海外出張につれていく重役がいるらしいが、これなど、形的には相当悪形になっている。ダメ詰まりかもしれない。どこかで、進退窮まるかもしれない。

「迫られても、目ができやすい形である、要するに安定している。」であるが、これは要するに、目二つでも生きれるようにしなさいということである。すなわち、追い込まれて不遇になっても、生活の手段を確保できるようにしなさいということである。それは最低限の人脈だったり、スキルだったり、健康だったりする。厚みを築いたと思っても、ひょんな流れから、厚みの壁が攻められることがあるのである。

「形として、ある程度の高さをもつ。」これは、直ちには評価にはつながらなくても、スキルを磨きなさいということである。文学書や哲学書を読むのでもよい。むしろ、仕事に直接関係ない分野の方が、厚み的にはよいかもしれない。人生の洞察力をつけるにはである。

「打ち込ませて、戦って打つ。」は、別に争いを好みなさいという意味ではない。そもそも、「打ち込ませて」というのは受身であって、自分から仕掛けていくのではない。堂々の模様を張って仕掛けを待つ。そして、戦えば有利になる、というのが孫子的に理想であるが、そうことはうまく運ばなくても、一つの方針ではある。

会社生活の厚みという意味では、別の見方もできる。それは、実際にした仕事の価値と、もらっている給与の差である。建前上、会社では、実際にした仕事の価値の方が、もらっている給与よりも大きいということになっている。しかし、それは相当に建前であって、そうでないノンワーキング・リッチの人は少なくない。そうやって、実際にした仕事の価値よりも多い給与をもらうことは確実に厚みを失っている。それをなかなか本人は気付かないかもしれない。そもそもが、実際にした仕事の価値ともらっている給与の差とを客観的に比較するという作業は相当に困難で、それができたら、それだけでノンワーキング・リッチではない、といってよい。

それでは、厚みを失った会社生活とはどのようなものか。なかなかよい例がないが、1ついえることは、人望を失うということがある。また、次第に居場所を失う。どんな立派な役員室にいても、ふと椅子の座り心地が悪くなったら、確実に厚みを失っている。

では、厚みを失うことは、死に至る病なのかというと、そこまでではないだろう。だから、地に走りまくって、あまり自分を振り返らないで生きていくという人生もあるのだろう。単に私は選ばないだけであるが。

父子家庭

| コメント(0) | トラックバック(0)

ダイヤモンド・オンラインに下記のような記事があった。

いつもの通り帰宅してみたら......妻の姿がない!?

そんな場面をリアルに想像できるだろうか。だが、父親なら誰しもシングルファザーとなる可能性は皆無ではない。2005年の国勢調査によれば、父子世帯(祖父母などとの同居は含まない)は9.2万世帯。約75万世帯の母子家庭に比べれば少ないため、これまでさほど注目されてこなかった。

とはいえ、2000年の同調査では父子家庭は8.7万世帯。じりじり増え続けていることがわかる。とくに30~40代と比較的若い世代で多く、2005年調査では、最多の40代が4.2万世帯。次が30代で2.3万世帯だ。

なぜ、父子家庭が増えているのか?

背景として考えられるのは、まず離婚自体が増加傾向にあることだろう。もうひとつは、同棲カップルの増加だ。

この記事をみて私は、身につまされる思いになった。というのは、家庭をもつ身にとって、会社から帰宅したら妻がおらず、まだ幼児である子供が空腹と寂しさで泣いていた、という状況は考えるだに重い。

普通は、あれ、実家で急用があって帰ったかな、どこかにメモが置いてあるかな、と探してもない。とりあえずあり合わせのものを作って子供に食べさせると、泣きつかれて子供は寝てしまう。きっと深夜でも帰ってくるよね、と待つが、朝になっても帰ってこない。次の日は、会社の重要なプロジェクトがある。しかし、流石にこのまま会社には行けない。などと状況を想像して書いていたら、さらに憂鬱になってきた。

実は私の米国人の友人は、それと同じ目に遭ったという。結婚して子供ができた。子供はまだ1歳、ところが会社から帰ったら、子供が泣いている。奥さんはいない。その話は、本人からでなく、そのさらに友人から又聞きした。それでとうとう奥さんは帰ってこず、いろいろな経緯があって再婚して、その子は、再婚した次の奥さんが面倒をみたという。きっと言うにいえない苦労はあっただろうが、流石に、本人に聞くわけにいはかない。

また、別の米国人の友人は、それこそ、ロバート・デ・ニーロのようにハンサムで格好いい。日本に出張にきたときも、社内ミーティングで、派遣社員の女性がわざわざちらっと見にきたほどだった。ところが、噂では、やはり奥さんに逃げられたという。なんでも、子供が学校にいく送迎バスのドライバーと奥さんが「出来て」、駆け落ちしたのだという。私は、ううん、イケメンも抑止力にならないのか、と思わずうなった。

このように米国の比較的よく知っている友人2人でたまたまこんなことがある、ということは、米国では、日本より日常的に父子家庭が発生するのかもしれない。だから、「クレイマー・クレイマー」という映画も作られる。日本のように体面を重んじるということが少ないので、子供がいても、嫌になったらふいと、好きな男と駆け落ちするのか。どうしても考えてにくい。

なぜ私にとって考えにくいのかというと、私にとって母性というのはかなり絶対に近いからである。私は子供の頃小児結核に罹り、かなり重篤であった。貧乏だったので、入院費にも事欠き、母は、私を抱いて列車に飛び込もうと思ったこともあったらしい。そういう時期を経て生き延びると、どんな状況であれ、母が私を置いて家出するという発想は私にはない。母だけではない、両方の祖母がいて誠意をもって面倒をみてくれた。そんな状況で、アインシュタインが光の速度を絶対と思うのと同じ程度に私は、子を思う肉親の心も絶対だと信じている。

しかしである、もし、十分に肉親の愛情を受けないで育った女性がいたらどうか。もしかして、子供の愛し方が分からないかもしれない。そうしたら、育児に疲れ、夫は残業続き、なにかのきっかけに出ていってしまうということがあっても不思議ではないか。なぜか、泣き叫ぶ子供の姿は想像の範囲にはないのか。私にはどうしても理解できないが。

ともかく、病気であれ、犯罪であれ、駆け落ちであれ、離婚であれ、常に男は、シングル・ファーザーになる危機にある。そうなったときの困難は、一般的に、子供が小さいほど大きい。それでも責任ある男は会社を辞め、なんとか自宅で面倒をみるか、あるいは保育園に預けるか、不況でも懸命に生きていかなくてはならない。

すると、料理も育児も意外にこなせる男もでてくる。内なる母性の発揮である。もともと人間は、アニムスとアニマの両方をもつ。

なんだけど、やはりそれは戦場である。生きていくことそのものが戦いの戦場である。父と子のガダルカナルである、インパールである。自分がそうならなかったことに感謝する以外にとりあえず書けない。ううん、人生はなんという陥穽に満ちているのだろう。

仮想空間詐欺

| コメント(4) | トラックバック(1)

毎日新聞Webによると、仮想空間を騙った詐欺事件があったという。以下、引用:

インターネット上の仮想空間での不動産取引などをうたい文句にしたマルチ商法で、「会員が10万人集まれば必ずもうかる」とうそを言うなどして勧誘していたとして、消費者庁は27日、「ビズインターナショナル」(さいたま市大宮区)に対し、特定商取引法に基づき6カ月の業務停止命令を出した。消費者庁によると、同社は07年6月~今年5月、仮想空間「エクシングワールド」を運営すると言い、会員を募るためのDVDなどの販促キット(計39万8000円)を販売するマルチ商法を展開。会員が勧誘する際、「日本航空が協賛しています」「仮想空間にはトヨタ自動車も入っています」などとうそを言っていた。

会員数は全国に約2万3000人いるとみられ、約90億円を集めていたとみられる。仮想空間は実際には稼働しておらず、不動産取引なども行われていなかった。各地の消費生活センターに昨年度、1000件超の相談が寄せられたという。

業務停止命令についてビズインターナショナルは27日、毎日新聞の取材に対し「その件については一切お答えできません」と話した。【奥山智己】

SecondLifeという仮想空間プロバイダが話題になったのは、ほぼ2年半前のことだった。あの頃、主要な企業がSecondLife内に土地を買い、建物を建てて、アバターの姿をしたユーザを勧誘していた。しかし、そこにも書いたように、2年前でも既に翳りが見えていたのに、なにを今更と思ったら、ビズインターナショナルが勧誘した期間は、07年6月から始まっている。テレビで、SecondLife内で土地を切り売りして何千万円も稼いでいる人がいると話題になっていた頃である。なるほど、あの頃なら、ひっかかる人がいてもおかしくない。

では、ビズインターナショナルとはどんな会社なのかというと、ちゃんと立派なホームページがある。そこを覗いてみると、Super BlackBassというオンラインフィッシングゲームがある。で、フィッシング? 面妖な、と思っていたら、ああ釣りのことなのだった。まさか「ここにクレジットカードの番号を入れて下さい」ではないようである。

ただ、ビズインターナショナルは、ホームページで、下記のように真面目なメッセージで応えている。

弊社は既に連鎖販売取引を終了しておりますが、本発表を真摯に受け止め、消費者庁の指導に対しては法令に沿って対応いたします。

連鎖販売取引自体、特定商取引法によって、実質禁止と同等なくらい運用が厳格化されているが、それだけでなく、仮想空間自体も立ち上げていないのだから、相当に問題である。SecondLifeを改めてみてみると、仮想空間を構築することは、サーバ構築スキル、プログラミング・スキル、運用スキルなど膨大なノウハウが必要で、ビズインターナショナルは資金が集まれば比較的簡単になんとかなると思って、あてが外れたのかもしれない。そういう意味で、もともと悪意はなかったのかもしれないが、結果的にまずいことになった。

このせいという訳ではないが、どうも仮想空間は、よほど限定した目的とコンテンツに絞らないと、一部の好事家以外にはあまり一般的に流行することはなさそうである。

人生の可解性

| コメント(4) | トラックバック(0)

新聞を読んでいたら、旧制一高の学生であった藤村 操が、華厳の滝で投身自殺したことに関して、それが当時大きい波紋を呼んだ、という記事があった。もちろん今更知ったという訳でもないのだが、その遺書「巌頭之感」の中の、下記の語句に改めて着目した。

萬有の真相は唯だ一言にして悉す、曰く「不可解」。

はて、単に年齢の違いか、あるいは、哲学的感性が私は鈍すぎるのか、私にとって、萬有の真相が不可解であることは、森羅万象を一片の線形方程式で解くことができないのと同じくらい当たり前である。

すると、藤村氏は怒るか呆れるだろう、そんな浅薄な意味で言っているのではない、と。もちろん私も、藤村氏を揶揄するつもりは全くない。私だってここまで無事に生きてこれたのが不思議なくらいだから。

しかし、話を逸らす訳ではないが(というより、はっきり逸らしているが)、人生は確かに大域的には不可解で、宇宙全般を記述する巨大なる状態方程式は存在しないが、冷静に考えると、人生では常に、その近傍で可解性が成立するようななめらかな近傍がとれるのではないだろうか。この極度に数学的な定義は、任意の座標点でユークリッド空間と同型の局所座標系がとれるという多様体の定義のアナロジである。

ここまで話すと、一体何を言っているのだ、あほらしいと、藤村氏が消えてしまったのを感じるが、それでは、人生の可解性が成立するときは一体どんなときだろう、と考えてみた。

例えば、一生懸命努力したら難関の大学に合格できたとか、目立たない仕事に長年努力したら昇進できたとか、誠心誠意努力した尽くしたら気持ちが通じたとか、要するに、因果関係が見やすい形であわられたとき、そこに人生の可解性が成立すると錯覚することができる。すると藤村氏が消えてしまって誰も問うてくれないので、急に自問する、なんだ可解性の成立するという近傍も、所詮は錯覚なのか、と。

私にはうまく答えられないが、どうもそうらしい。ともかくそうやって無理やり人生の可解近傍系を定義すると、人生の不可解集合は、あるいは不可解世界と言い換えてもよいが、可解金傍系の補集合として定義される。

しかるに、可解近傍系が錯覚であるという命題が正しいとすると、その補集合である不可解世界も錯覚であるのか、不可解世界が錯覚であるなら、世界は実は可解性に満ち満ちているのか、などと矛盾命題からはあらゆる命題が導き出されるという論理的カオスの世界に陥ってしまう。

1つだけいえることは、上記私の議論が、藤村氏の深刻な懊悩と何も関係ない能天気なものということだけである。ヴィトゲンシュタインのいう語り得ぬことを滔々と語ると、どうしてもこんな調子になってしまうのではなかろうか。

タイガー・ウッズの不倫

| コメント(0) | トラックバック(0)

日刊スポーツWebによると、タイガー・ウッズの不倫騒動が、収まりそうにない。以下、引用:

タイガー・ウッズ(33)の不倫騒動が6日になって、さらに拡大してきた。ゴシップ系サイトのTMZが5日に"第4の女"として、フロリダ州オーランドのカクテルバー勤務の20歳女性と04年から2年以上交際していたことを報じたが、この日になって"第5&6の女"まで浮上してきた。

サンデーミラー紙は、ラスベガスのモデル、ジェイミー・ジャンガーさん(26)が05年からウッズと肉体関係にあったことを報じ、デーリーニュース紙はニューヨークのクラブに勤務するコリ・リストさん(31)との交際を伝えた。"第4の女"の名前は公表されていないが、担当弁護士はマイケル・オキーン氏と実名で紹介されており、近日中にウッズとの関係をメディアに公表するという。

こういうニュースを見ると、有名人は、次のような場合に、浮気というか不倫は、ほとんど必然だと思う。

  1. フェロモン(女性)または、エストロゲン(男性)に満ちている。これさえあれば、恋愛的には万能で、容姿も地位も資産も関係ない。あ、有名である必要もない。
  2. もしフェロモン(女性)またはエストロゲン(男性)が乏しくても、本人が有名人で、異性との付き合いを希求すれば、多分相手に困らない。
  3. もしフェロモン(女性)またはエストロゲン(男性)が乏しくても、本人がキーパーソンで、その付き合いから利益を得る者がいれば、異性が差し向けられる。典型的には、中原十六世名人に差し向けられた林葉直子である。ただ、林葉の、中原に対する憧れは多分、本物であった。ともかく、この一件で中原の将棋はおかしくなり、名人位を失った。そして、二度と名人位に就くことはなかった。それで一番得したのは果たして誰?
  4. 冷静に考えて、来るがまま、本能のまま、異性と付き合っていれば、修羅の世界に陥ることは、常識ある大人なら分かる。そういう意味で、中原も林葉も、世間の健全な常識を身に着けるには純粋培養すぎたのである。若くしてエリートであったタイガー・ウッズも然り。下手をすると、石川遼も危ない。いかにも、エストロゲンに満ちていそうである。なんとなく石田純一のような雰囲気を感じてしまう。
  5. あと、この文脈では関係ないが、独特の頼りなさ、酷薄さを醸し出す人は、浮気というか不倫を繰り返す。太宰治がそうである。意外に酷薄さに共鳴する異性が少なくないのもこの世の中てある。

戻って、タイガー・ウッズの浮気騒動が100%真実かどうか分からないが、タイガー・ウッズ自身が軽率であったことは、否めないだろう。では、どうやって収束させるかというと、タイガー・ウッズは特に何も手を打たず、世間が他のニュースに気を取られて、この件から関心をなくすのを待つだろう。タイガー・ウッズは、天才ゴルファーなので、また再びゴルフで顕著な成績を重ねていくだろう。しかし、陰に陽に、不倫は続くだろう。なにしろ、浮気の条件が揃いすぎている。

酒との混合

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webに下記のようなニュースがあった。

覚せい剤を酒に混ぜてスナックの女性従業員(26)に飲ませたとして、広島県警呉署は28日、同県呉市音戸町波多見、暴力団組員、城戸康志容疑者(35)を覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕した。一緒に城戸容疑者らと飲食していた別の女性従業員(29)は病院搬送された後に死亡しており、同署はこの女性も覚せい剤を飲まされた疑いがあるとみて調べている。

逮捕容疑は、27日午後11時半ごろ、客として訪れた同市内のスナックで、酒に混ぜた覚せい剤を女性従業員に飲ませたとしている。

女性は体調を崩して入院。同署が病院から通報を受けて調べたところ、覚せい剤が検出された。城戸容疑者は「シャブじゃったんだら、シャブじゃろう」と供述しているという。

これを見て思うのは、酒と何かを混ぜると、効果が著しく昂進し、あるいは思いもしない作用が生じることがある、ということである。

例えば、昔から有名なのは、ビールに味の素を入れることである。味の素自体、グルタミン酸ソーダで、人体に激しい作用はない。しかし、意外にも、ビールに味の素を入れると悪酔いするようで、このことは昔から、ぼったくりバーなどで悪用されてきた。

味の素でもそうなのだから、普通の医薬品なら、もっと副作用が昂じるとしても意外ではない。例えば、風邪薬などである。典型的には、故中川昭一元財務相で、2009年2月14日にイタリアのローマで開催されたG7会合で、ろれつの回らない会見をして辞任に追い込まれたが、あれなどどうみても、ワインと風邪薬の相乗作用ではないか。

もうちょっと穏やかな例では、ビールと日本酒などの飲み合わせがある。ちゃんぽんともいわれる。俗にちゃんぽんで飲むと悪酔いしやすいといわれているが、医学博士が書いたものの本では、要するに、飲んだアルコールの量に比例するわけですから、ちゃんぽんだから特に悪酔いすることはありません、とある。しかし、経験的に、やはりちゃんぽんは悪酔いしやすい。ひとかどの酒飲みで、これを否定する人はいないだろう。それも、日本酒やビール、ワインなどに含まれる微妙な雑分の間の相互作用と考えると納得がいく。そういえば、体調がそんなに悪くないのに、また、大して飲んでいないのに、ひどく悪酔いした経験が何度かあるが、あれは、酒と、酒の肴に含まれている調味料その他の成分との微妙な相互作用だったのかもしれない。

味の素や風邪薬程度でもひどく悪酔いさせるのであるから、酒と麻薬や覚醒剤を併せて摂るというのがどれだけリスキーか、想像を超えていてる。きっと瞬間的には、気持ちを一気に昂進させてハイにさせるのだろう。そして、上記のニュースにあるように、酒に混ぜた覚醒剤で死に至るというのは、いかにもありそうなことである。

ゲーム開発の費用

| コメント(0) | トラックバック(0)

R25に、ゲーム開発の費用の話があったので、引用しつつコメントする。

ところでゲームソフトを1本作るのって、実際どれほどのお金や時間がかかるものなんでしょう? 『鉄拳シリーズ』を制作した、バンダイナムコゲームスの原田勝弘さんと米盛祐一さんに聞きました。

「開発予算、期間に関しては本当にピンキリですね。例えばDSのソフトですと数千万~1億円で作るものもありますが、PS3やXbox360のソフトでは、数億円単位の開発費がかかるのが当たり前の世界です。人数も、ファミコンのころは5~6人で作るゲームが多かったのですが、今では小さい開発チームでも20~30人、『鉄拳』チームの場合、常時40人いて、人手が必要な開発の最盛期になってくると、100人を超える体制になりますね」

『Grand Theft Auto IV』というソフトでは、開発費はなんと100億円を超えたともいわれています。日本でもかつて『シェンムー 一章 横須賀』というゲームでは「総制作費70億円!」と大々的に宣伝していましたね。さすがにそれらは例外だそうですが、それでも今ではゲーム1本の制作に数十億円かかるというのも珍しい話ではないそうです。

なんと、100億円とは、大作映画にも相当する。ゲーム1本の値段はせいぜい1万円程度なので、100億円の開発費を回収するには、少なくとも百万本を売らなくてはいけないが、本当にそんなに売れるのだろうか。ちょっと信じられない。映画の観客の場合、客単価は安いが、人数で稼ぐのは人気がでると比較的容易である。

でも、大作映画の場合、ロケやセット、俳優など費用がかかるのは理解できるが、どうしてゲームの開発でそのように費用がかかるのだろう。要するに、構想を練って、デザインを考えたりプログラムしたり、すべてコンピュータ上で済むことではないか。膨大な人海戦術のための人件費か、あるいは、高速なコンピュータ・ハードウェアを駆使するからか、開発ツールが特殊で高価なのか、それにしても、どうやったって100億円にはいかない。

「そのゲームのジャンルによっても開発費は変わってきますね。例えばパズルゲームではそんなに予算・期間はかからず、逆にRPGは予算も期間もたくさんかかります」

なるほど

「大変なのは、テストプレイを兼ねたデバッグ作業ですね。作業自体が単純でつらいということもあるのですが、反省点がいくつも見えてくる作業ですから。あと、最初に考えていた仕様をゲームに入れ込めず、泣く泣くゲームモードなどを切らなければいけない時も悔しいですね。そして家に帰れないこと! 昔、私は1カ月で1日しか家に帰らなかったこともあります(笑)。最近はそういった開発現場も少なくなってきていますが...。そうなると彼女や友達がいなくなるんですよね...(遠い目で)」

当然だが、ゲームといえども、コンピュータ・ソフトウェアの一種なので、デバッグ作業という意味でも大変さは同じである。ただ、ゲームの場合、目に見える部分の動作のデバッグがより大きいかもしれない。キャラクタの移動とか。

ところで、『Grand Theft Auto IV』というソフトで、開発費が100億円を超えるというなら、例えば、Windows 7の開発費用はどれくらいかかるのだろう。当然に、Windows XPやWindows Vistaのコードを流用しているので全てをスクラッチで書くのではないにしても、もしかして1000億円はかかるだろうか、マイクロソフトに聞いてみたいところである、教えてくれないだろうが。

イノベーションは語れない

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近、オープン・イノベーションなどとも絡んで、イノベーションについて語られることが多い。私も仕事柄、発明を扱っているので、イノベーションとは何だろうと考える。というのは、確かにイノベーションの一部は、特許で保護される発明につながるからである。

そういう文脈で私も、オープン・イノベーションなどの雑文を書いてみた。こういうトピックは時流にあっていて、丁度私が学生の頃、マルクス主義について語ることが流行であったように、今の流行で、トレンディである、という次第である。

ところが、道を歩いていてふと、「イノベーションは語れない」というメッセージが浮かんできた。これはタイプ理論的論理矛盾であって、私は散々イノベーションについて語っている。分かったようなことも言う。で、「イノベーションは語れない」とはどういうことなんだろう、と考えてみた。

先ず、イノベーションを一番声高に語っているのは誰だろうか。様子を見ていると、どうも経営学者のようである。すなわち、新しいビジネス・モデルを作り出すための知恵としてのイノベーションであったり、MOT的な意味での技術経営としてのイノベーションであったりする。

次にイノベーションを口にするのは、経済学者である。それは端的に言えば、シュンペータ的な意味である。すなわち、創造的破壊が経済発展の原動力ということで、それこそがイノベーションである。また、経済学者は、民主党的バラマキは功を奏さない、イノベーションによって新しい技術や産業を創生しないと日本の将来はない、という言い方をする。

次にイノベーションに言及するのは、知的財産関係者である。特許実務屋として、私もここに含まれる。知的財産関係者は、知的財産的に保護しえるもの、保護しないもの、という観点で、アンチコモンズだの、特許の藪だのと、イノベーションの成果物である知的財産権について語る。

こうやって連綿とイノベーションについて語っている私はそろそろ、どうして「イノベーションは語れない」かについて述べる必要がある。それはもう、多くの人にネタバレしているように、いくらイノベーションについて語っても学んでも、イノベーションを引き起こす力は、びた一文つかないということである。経営学者は、お得意のイノベーションの成功事例を並べて解説する。将棋で、フリークラスにいるようなプロ棋士であっても、羽生の棋譜を分かったように解説することはできる。しかし、百万回解説しても、羽生に勝てるようにはならない。

それは将棋の新手にもあてはまる。棋譜を並べて、これが新手だと感得することはできる。しかし、「新手を見つける方法」という本は寡聞にして知らない。おそらく書かれることはないだろう。それは、「2008年のプロの新手10」などという本とは、根本的に異なる。

知的財産関係者がいかに沢山のイノベーションを目の当たりにして、その中から特許のネタを見つけて特許明細書を書いたとしても、イノベーションの産み出し方が身につくことはない。もちろん、特許明細書を書くとき、私程度の中級者でさえ、なんらかの工夫を加える。そうしないと、なかなか特許明細書の体をなさない。それは場合によっては、新規な発明の一歩手前に至ることがある。しかし、それはやはり、イノベーションの成果物と呼ばれるまでにはいかないだろう。

私が上記したことは、誰もが分かっているはずである。すなわち、イノベーションを創り出す方法は語れない。なのに、意図的かうっかりか、単なるイノベーションの解説者に過ぎない人達が、イノベーションを創り出せるように語るのをときどき聞くことがあり、そこにとても味の悪いものを感じるがゆえにこの一文を書いた次第である。本当の意味のイノベーションの創出者である、研究者、開発担当者、ビジネスの現場担当者などは、だいたいにおいてイノベーションを創り出す方法に関して寡黙である。なぜなら、それは一側面ではトレードシークレットであったりするからであるが、実は何よりも、暗黙知であるからであろう。

老人の仕事

| コメント(6) | トラックバック(0)

私はまだというべきか、もうというべきか、55歳になったばかりである。テレビを見ていたら、浮浪者が殺されていたとかいうニュースがときどき報道されるが、するとつい年齢は?と確認する。それで、56歳?なんだもう十分生きたではないか、と変に興味を失うのであるが、そのとき、自分も同等の年齢であることを、意図的かもしれないが、瞬間的に忘れている。

そんな私でも、ある意味人生が終盤に差し掛かっていることは嫌でも意識せざるを得ない。それがどう意識に影響を与えているかというと、例えば、上昇意識の翳りである。いまから10年くらいまでは、頑張って上に行こうと思っていた。その上とは、昇進という意味なのか、もっとスキルをつけることなのか、収入を増やすことなのか、あるいはそれらの総合なのかよく分からないが、ニューヨークの本社に出張に行った際には、なんとか田舎から東京に出てきて、ここまで成り上がったぞ、とプチ豊臣秀吉のような驕りも抱いていた。いまから考えるとほとんど漫画である。

とはいえ、将棋でも、終盤を意識すると、手の価値が変わってくる。典型的には、駒の損得よりも速度、などである。ここでいう駒の損得というのが昇進などの世俗的価値であることは確かであるが、将棋でいう速度が人生における何に対応するのかわからない。そもそも、将棋の格言をそのまま人生に当てはめることには無理がある。

ともかく、人生の終盤であることを意識すると、そこでまた生き方の方針の再構築に迫られる。そこでいろいろ考えてみた私の方針は、次のとおりである。

  1. 最早、物質的な欲望にあまり拘泥しない。すなわち、結局、大した昇進もしなかったが、それでよかったとか悪かったとか、今更反省もしない。

  2. 仕事の実務能力については、まだ会社の若いもんには負けないという自負はある。自負だけかもしれないが。ただ、そうであっても、なるべくでしゃばらないで、若い人に活路を与えたい。ある地位を占め続けて、若い人たちが前に進むための障害になってはいけない。

  3. すると、私の仕事の方針は、あまり若い人がやりたがらないような地味な仕事によりフォーカスすることである。そこで、培った退屈力を駆使して、自分なりの仕事をしていきたい。これはある意味賢明なのであって、こうすることで、若い人と競合しないで地道に食べていける。

  4. 本当は、自分のスキルを後輩に伝えたい。自分で勝手にそう思っているだけかもしれないが、教えるのはそんなに下手ではない。突き放すというよりも、細かくサポートするタイプである。よって、初心者向きかもしれない。ただ、これもあまりでしゃばるのは止そう。請われたときだけ、メンターの役割を果たすことにする。

  5. もともと友人は多くないが、それでもなお、これ以上友人を増やす努力はしない。すると、不和、音信不通、病気などの理由で、友人の数は漸減するが、それをあえて甘受する。

  6. 健康に必要以上に留意しない。私は人生に飽和感がある。もう十分生きた。ただ、神から与えられた寿命なので、暴飲したり必要以上に危険にさらしたりはしない。淡々と生きて、誰かを助けられるなら、淡々とヘルプする。死に至る病にかかるなら、それを神の恵みと理解して、従容とそれを受け入れる。ただ、癌などの痛みが強いなら、鎮痛の処方はできれば受けたい。

  7. そういう意味では、いつ死ぬかわからないという意味で、毎日の読みきり小説のように生きたい。少なくとも、長い寿命を前提にするような事業には手を染めない。ただ、どこか、永遠に生きるような錯覚を、心の一部に持ち続けたい。

  8. それでも、ゲーテではないが、まかり間違って老いらくのロマンのようなことがあるなら、敢えて避けない。私のことだからきっと、困惑したように、それに対処するだろう。大丈夫、そんな心配は無用。私に限ってそんな出来事は起きないから。

島根死体遺棄事件の続報

| コメント(0) | トラックバック(0)

しばらく報道が途絶えていた島根死体遺棄事件であるが、久々に続報があった。以下、47NEWSからの引用:

広島県北広島町の臥竜山で島根県立大1年平岡都さん(19)=同県浜田市=の遺体の一部が見つかった事件で、平岡さんのものとみられる靴が発見されたのは深さ約40センチ、幅約30センチの比較的浅い側溝だったことが1日、両県警の合同捜査本部への取材で分かった。

鉄製の柵に囲われた深さ約1メートルの深い側溝とのちょうど境目だったことも判明。隠ぺい目的なら深い側溝に捨てる可能性が高く、少なくとも隠す意図はなかったとみられる。

捜査本部は1日午後も、靴が見つかった現場周辺の捜索を続行。2日は約600メートル離れた大学や学生寮周辺の山林なども対象に加え、遺留品の捜索を進める。

捜査本部によると、浅い側溝にふたはなく、中に草が生え、落ち葉が積もっていた。靴は隠れておらず、現場付近を歩いていた捜査員が偶然見つけた。目で確認できたという。

また、日テレのページには、下記の記事があった。

島根・浜田市の島根県立大学1年・平岡都さん(19)が切断された遺体で見つかった事件で、先月30日に平岡さんが行方不明当時に履いていたと思われる靴が発見された現場付近で、不審車が目撃されていたことがわかった。不審車は靴が発見された前日に目撃され、4輪駆動で色はベージュ。フロント部分にグリルガード(カンガルーバー)が付いていた。

目撃現場は、平岡さんが住んでいる女子寮から約1キロ離れた国道9号バイパスの側道で、普段、車が通行することはめったになく、不審車が目撃された翌日、不審車があったポイントから50メートル手前で、平岡さんのものとみられる靴が見つかった。

このような、犯人のものと思われる挙動は、臥竜山山中でのバラバラの死体遺棄と一貫性を有する。すなわち、犯人に犯罪隠蔽の意図はもとよりなく、むしろ、犯罪の証拠を小出しにして、警察や世間の反応をみて楽しんでいる風がある。それにしても、あまり車が停車しないところに、フロント部分にグリルガードがあるベージュの4輪駆動車を停車したり、被害者の靴を目立つところに捨てるなどというのは、どう考えても証拠の露出しすぎである。被害者の靴そのものは新たな手掛かりは与えないものの、被害者の靴を目立つところに捨てることで犯人であることの示唆を決定付け、また、ベージュの4輪駆動車という車種を検索キーにすれば、陸運局で車の持ち主を割り出すことも困難ではない。一体犯人は、少なくとも深層心理で、逮捕されたがっているのだろうか。

こういう愉快犯的手口は、酒鬼薔薇の事件を想起させる。ここで酒鬼薔薇を持ち出すことが単なる比喩でないのは、酒鬼薔薇聖斗は既に出所して、広島県呉市のあたりで働いている、という記事をみたことがあるからである。とはいえ、流石にかの酒鬼薔薇がこの事件の犯人であるとはとても考えにくい。なぜなら、神戸出身の酒鬼薔薇が、広島県北広島町に土地鑑をもつとは思えないからである。

するとより妥当なのは、酒鬼薔薇聖斗に起きたであろう、悪魔性の発露が、この事件の犯人にも起こったということである。すると、一見愉快犯的証拠露出行動は、悪魔性の裏側にある正常心理が、なんとか逮捕してくれ、と牢獄の奥底から助けを求めるような二重人格的行動と解釈することはできないだろうか。流石にそれは穿ちすぎだろうか。

特許権の効力

| コメント(1)

雑誌「発明」の11月号に、特許権の効力に関するいくつかの用語が説明されていたので、自分の知識の整理のために、メモしてみる。

その第1は、リサーチ・ツールである。リサーチ・ツールとは、ライフサイエンス分野の遺伝子改変マウス等の実験動物・実験装置・機器・スクリーニングの方法、データベース、ソフトウェア等のことであるが、リサーチ・ツールを利用した試験・研究の多くは、リサーチ・ツールそれ自体を研究範囲としないため、「特許法第69条 特許権の効力は、試験又は研究のためにする特許発明の実施には、及ばない。」に該当しない。従って、リサーチ・ツール自体に特許権が取られると、ライフサイエンス分野の試験を含む研究活動の阻害となることがある。

その第2は、NPEである。これは、Non-practicing entityの略であり、自らは製造ラインをもたず、専ら、他社から特許権を買い取ったりして権利行使する団体である。パテント・トロールとも呼ばれる。NPEが始末が悪いのは、製造ラインをもたないため、訴えられた会社が、反訴で特許権を行使したり、クロスライセンスを結ぶことが困難であることである。米国ではこのため、典型的には、eBay判決のように、NPEからの訴えになるべく差し止めを認めない方向にある。一方、パテント・トロールに対処するために、パテント・トロール対策会社というのもある。これは、一種の保険のようなもので、会費を払っておけば、パテント・トロールから訴えられたとき、その特許を買い取るなどして訴えを回避するものである。

とはいえ、そのようにパテント・トロール対策会社の会員になったとしても、特許侵害を完全に防ぐことは難しい。その理由は、1つの製品にも極めて多数の特許が関与し、それらについていちいちライセンスをとったり、侵害確認を行うことが難しいため、結局特許侵害訴訟のリスクを回避できない、ということがある。これを、特許の藪(patent thicket)とか、アンチコモンズの悲劇(tragedy of anti-commons)などと呼ぶようである。アンチコモンズの悲劇とは、コモンズの悲劇のもじりでもある。すなわち、コモンズの悲劇とは、共有地からみんなが資源を乱獲するため、共有地で資源が枯渇することをいう。アンチコモンズの悲劇とはこれとは逆に、特許権がデッドロックになって、誰も資源をうまく利用できない状態をいう。

特許権を制限するための規定として、裁定実施権制度が特許法の中に定められている。これは、発明の不実施、利用関係、公益上の必要性に応じて、特許権に実施権が裁定により設定される制度であるが、ほとんど利用されたという話を聞かない。

あとは、民法の権利濫用規定に拠るものがある。例えば、公共のインフラを提供するようなTCP/IPなどの通信プロトコルに特許権が取得され、それによって徒に訴えられると、社会の機能が停止してしまう。そこで公益上の必要性により裁定を行う手もあるが、あまり一般的ではない。そこで、民法の権利濫用規定を利用して、過度の権利行使を制限する方策もある。ただ、これが実際に適用された例はあまり知らない。そこで、特許法を改正して、特許権の効力が及ばない範囲として、特許法第69条に、公共のインフラに及ぶような特許権は行使できない、と規定する方法もあるが、ここの「公共のインフラ」の厳密な定義が難しいという問題がある。

その他には、独占禁止法との関係で、不当な特許権の行使を防止することである。これは、クアルコムに関連してメモした。その他、パテント・プールや、オープン・イノベーションとの関係など、書きたいことはいろいろあるが、まだ勉強不足なので、ある程度勉強したら、また書いてみることにする。

妻を娶らば

| コメント(3) | トラックバック(0)

会社でも、スポーツマンでも、棋士でも、ある一時期の隆盛というのは、結構訪れたりするものである。そして、運や実力により、隆盛がさらに維持され、大発展を遂げることもあるし、一時は飛ぶ鳥を落とす勢いでも、運がなく、時流から外れ、あるいはもともと実力がなくて、次第に落ちぶれていくのが、普通の流れである。

そうして、一旦落ちぶれるとなかなか這い上がることができない蟻地獄、というのがまた、世間の一般の趨勢である。なぜなら、後から後から、若い勢力が陸続と押し寄せてきて、老兵の出る幕がいよいよなくなるからである。

そういうことだから私は、今年、将棋のAクラスで、高橋九段が今期4勝1敗と健闘していることに目を瞠っている次第である。彼はもう40台後半で、棋士としてはとっくに盛りを過ぎている。なにしろ、無敵を誇った木村義雄が引退した歳でもある。ましてや、前回の数年前のAクラスを、高橋はたしか全敗で陥落した。

そういう思いを抱いていると、ふと、高橋九段が実は離婚していた、と小耳に挟んだ。ネットでも調べてみたら、本人も雑誌などでカミングアウトしている、ということで、ここに書くことにした。その理由はなんでも、子供の学校行事と、将棋の研究会の予定が重なって、将棋の研究会の予定を優先する亭主に奥さんが愛想をつかしたというか、勝負師の事情を理解してくれない妻に高橋九段が切れたというところだろうか。

家庭をもち私なりに苦労している身としては、どちらの言い分も理解できる。例えば、子供としては、家庭参観など、できれば親に来てほしいものである。妻も同様であろう。私なら、そういう妻子の要望に対して、おそらくノーと言わないだろう。それは、デスクワークで比較的都合があわせやすい職種である、ということもある。

一方で、高橋九段は将棋のプロなのである。私とて、いまの仕事で給料をもらっているという意味では、いまの仕事のブロではある。また、いささかの仕事の専門知識もなくはない。そのいくばくかの専門知識を欠いては、今の仕事が成立しないことも確かである。

一介のアマチュア将棋指しとして、プロ将棋の深みというのは全貌を窺い知ることは、私の棋力では無理である。ただ、長年の努力の積み重ねで、プロ将棋の深みは想像できる。少なくとも、想像できると錯覚すること程度はできる。そう考えると、能力を維持するという点で、私の仕事と将棋のプロでは、段違いあることもまた、想像の範囲であると錯覚すること程度は可能である。

そんなとき、将棋の研究会なんて、たまの子供の行事にあわせてキャンセルしてもいいではないか、ということになるのかどうか、次第に微妙になってくる。普通のサラリーマンである私とは違うんです、という福田元首相とは逆の意味で言っている。

そこで私の性急な拙論はやはり、棋士の妻は、棋士の事情を理解すべし、ということである。その棋力なるものがいかに腐りやすく、鮮度を保つために膨大な努力を要するかを、である。

もちろん、高橋九段の強さだと、どんなに遊んでいても、角落ちで私には常に勝つ程度の力は維持できるだろう。しかしプロ同士ではそうはいかない。いつもミクロの戦いなのである。1ミクロンの読みの誤差が、直ちに奈落につながる。

そういう事情を理解できなくても、棋士の妻たる者、ううん、そういう事情もあるのかもと惻隠できなくてはならない。

こう書きながら私は絶望的な思いに駆られてきた。そんな女性がいまどき、なかなかいる訳がないのである。いまの個性の時代で、自分の個性を主張することは常に善である。亭主の職業がなんであれ、どうして必要以上に亭主に歩み寄らなければいけないのか、といわれたら、私は返す言葉がない。

だから私は、結婚式のスピーチで、口が裂けても、拷問されても(されるわけないが)、「妻を娶らば才長けて」なんで言わない。結婚は、個性に対する、専門性に対する、重大なチャレンジなのである、そう言いたくで、いえなくて、つまらない親父ギャグで顰蹙を買いながら、挨拶を終えるのである。

神経細胞の太さ制御

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、神経細胞の太さを制御するたんぱく質を、京都大の西英一郎准教授らが発見したという。以下、引用:

京都大の西英一郎准教授(循環器内科学)と大学院生の大野美紀子さんのグループがマウスを使った実験で、神経細胞から伸びる「情報の通り道」の太さをコントロールするたんぱく質を見つけた。これを欠損させると通り道が細くなり、認知症の初期に似た短期的記憶の低下が見られた。認知症の治療法開発の手がかりになることが期待され、23日の米科学誌ネイチャー・ニューロサイエンス(電子版)に掲載される。

神経細胞からの情報の通り道は「軸索」と呼ばれる長い突起とその表面を覆う「髄鞘(ずいしょう)」という絶縁体から成り、神経細胞同士を結んでいる。太いほど情報伝達が速いとされる。【朝日弘行】

地味なようでも、この研究は、脳神経などの生理学や認知症などの治療に重要であると思われる。ところで、この記事は、以前書いたアルツハイマーの予測における、「アルツハイマー病を発症する数年前から脳内で増加するたんぱく質」、あるいはベータアミロイドというたんぱく質とも関連を窺わせる。すなわち、もしかしたら、西英一郎准教授らの発見したたんぱく質は、アルツハイマーの予測で述べられているようなたんぱく質と、相補的な機能をもつのだろうか。

ともかく、このような研究が進むと、認知症に対する薬理的治療が可能になり、介護で苦闘している人々には大いなる福音になると期待する次第である。ただ、惚けてのんびりしたいのにそれが許されない社会というのも、相当に窮屈そうではあるが。

秘密結社

| コメント(2) | トラックバック(0)

多極化陰謀説にも書いたが、世界の一部が、ある組織の陰謀で動かされていることは確かであろうと思う。

例えば、ベンジャミン・フルフォード氏のページによると、世界を操ろうしている主要な秘密結社として、イルミナティと、フリーメーソンがあり、イルミナティがロスチャイルド系で、フリーメーソンがロックフェラー系である、という。

また、イルミナティは、フランス革命、ロシア革命に深く関与していたという。さらには、"共産中国はアメリカがつくった" ジョセフ・マカーシーという本もある。そう考えると、キューバであれ、北朝鮮であれ、凡そ共産主義国家の成立にも、いろいろ裏があるかもしれない。

で、私は到底歴史を深く考えてみた訳ではないのだが、歴史の随所に、秘密結社による介入があることは確実だと思う。

一方で、最近個人的に、統計数学だの、機械学習だの、シミュレーションだのを勉強してみて、たかだかロボット・システムのようなものでも、期待どおり制御したり、位置を予測したりするのがとても難しいと感じる。

そういう意味で、ベンジャミン・フルフォード氏がいかに強調しようとも、また、秘密結社がいかな豊富なリソースを駆使しようとも、世界の制御可能性は低いと思わざるをえない。

ところがである、例えば囲碁で、あの広い局面が、手筋一発で決まってしまうことがある。そのためには、前もって、厚みを築いたり、切り一本を入れたり、いろいな下拵えをしておく必要がある。当然に、秘密結社も、諜報戦術で下拵えをするのであるが、一番有効なのは、天変地異や偶発事件などで生じた民衆の不満をうまく利用することである。すなわち、世界の臨界性が高まる瞬間があり、秘密結社はそのような瞬間を見逃さないように、注意深く、世界のあらゆる情報を収集しなくてはならない。また、当然に、世界史に対する深い理解をもたなくてはならない。特に、古くから歴史に関与したというイルミナティにとって、それは、過去の偉大なる実戦集であったりする。ともかく、陰謀学なるものがあったとしたら、それは巨大な学際的な総合学である。

ただ、私は秘密結社なるものを聞いてどうしても禁じえない感情がある。それは、その幼児性である。もしかしたら秘密結社は、膨大な資産と、世界第一級の知能の人材と、世界にまたがる情報網をもっているのだろう。するとそれは、一介の幼児の対極にある。それでも私は、秘密結社に、自我の肥大した幼児の心理との準同型写像をみてとるのである。それを仮定することによって、秘密結社のナイーブな残虐性も説明できる。

ともかく、このような素朴な考察から、世界史を考え直すのも意義なしとしないだろう。

研究開発投資

| コメント(0) | トラックバック(0)

MONEYzineの記事によると、2008年年度の研究開発投資の世界一は、トヨタなのだという。以下、引用:

トヨタ自動車が2008年の研究開発投資額で世界一となったことが欧州連合(EU)の欧州委員会の調査で明らかになった。

2008年度(2009年3月期)決算では、59年ぶりの最終赤字に転落したトヨタ自動車だが、08年の研究開発(R&D)投資額で世界一となったことが欧州連合(EU)の欧州委員会の調査で明らかになった。

不況になると多くの企業ではコスト削減せざるを得ないが、研究開発は将来への投資であると同時に経営危機から脱出するひとつの手段でもある。07年に4位だったトヨタは、同年首位だった米マイクロソフトを抜きトップに躍り出たことは今後の同社の経営にどのような結果をもたらすのだろうか。

トヨタが研究開発投資額で世界一と聞いても、あまり意外ではないが、しかしこれは、2008年だから、という気もする。なぜなら、トヨタは、社内の識者も懸念を示すくらい、イケイケで設備投資を拡充していったという。その名残であるとしか思えない。今年度は流石に違うのではないだろうか。あれだけ赤字を出したのだから。

なお、その他の会社も含む研究開発投資ランキングは、以下のとおりである。金額の単位は、百万ユーロである。

 

順位 会社名 投資額
1 トヨタ自動車 7610
2 マイクロソフト 6482
3 フォルクスワーゲン 5962
4 ロシュ 5883
5 GM 5755
6 ファイザー 5715
7 ジョンソン&ジョンソン 5451
8 ノキア 5321
9 フォード 5251
10 ノバルティス 5194
11 ホンダ 4666
12 パナソニック 4401
13 ソニー 4131

 

これを見て思うのは、技術革新のコアは最早、自動車である、ということである。次は、医薬品。コンピュータ自体は最早総体的には枯れた技術であり、ソフトウェアで寡占のマイクロソフトは例外といっていい。それでも、パナソニックやソニーの姿があるのは、家電やゲームにまだ技術革新がありえる、ということである。おっと、携帯のノキアが気を吐いていた。

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。