秘密結社

| コメント(2) | トラックバック(0)

多極化陰謀説にも書いたが、世界の一部が、ある組織の陰謀で動かされていることは確かであろうと思う。

例えば、ベンジャミン・フルフォード氏のページによると、世界を操ろうしている主要な秘密結社として、イルミナティと、フリーメーソンがあり、イルミナティがロスチャイルド系で、フリーメーソンがロックフェラー系である、という。

また、イルミナティは、フランス革命、ロシア革命に深く関与していたという。さらには、"共産中国はアメリカがつくった" ジョセフ・マカーシーという本もある。そう考えると、キューバであれ、北朝鮮であれ、凡そ共産主義国家の成立にも、いろいろ裏があるかもしれない。

で、私は到底歴史を深く考えてみた訳ではないのだが、歴史の随所に、秘密結社による介入があることは確実だと思う。

一方で、最近個人的に、統計数学だの、機械学習だの、シミュレーションだのを勉強してみて、たかだかロボット・システムのようなものでも、期待どおり制御したり、位置を予測したりするのがとても難しいと感じる。

そういう意味で、ベンジャミン・フルフォード氏がいかに強調しようとも、また、秘密結社がいかな豊富なリソースを駆使しようとも、世界の制御可能性は低いと思わざるをえない。

ところがである、例えば囲碁で、あの広い局面が、手筋一発で決まってしまうことがある。そのためには、前もって、厚みを築いたり、切り一本を入れたり、いろいな下拵えをしておく必要がある。当然に、秘密結社も、諜報戦術で下拵えをするのであるが、一番有効なのは、天変地異や偶発事件などで生じた民衆の不満をうまく利用することである。すなわち、世界の臨界性が高まる瞬間があり、秘密結社はそのような瞬間を見逃さないように、注意深く、世界のあらゆる情報を収集しなくてはならない。また、当然に、世界史に対する深い理解をもたなくてはならない。特に、古くから歴史に関与したというイルミナティにとって、それは、過去の偉大なる実戦集であったりする。ともかく、陰謀学なるものがあったとしたら、それは巨大な学際的な総合学である。

ただ、私は秘密結社なるものを聞いてどうしても禁じえない感情がある。それは、その幼児性である。もしかしたら秘密結社は、膨大な資産と、世界第一級の知能の人材と、世界にまたがる情報網をもっているのだろう。するとそれは、一介の幼児の対極にある。それでも私は、秘密結社に、自我の肥大した幼児の心理との準同型写像をみてとるのである。それを仮定することによって、秘密結社のナイーブな残虐性も説明できる。

ともかく、このような素朴な考察から、世界史を考え直すのも意義なしとしないだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1582

コメント(2)

>世界の一部が、ある組織の陰謀で動かされている
 ショッカーが抜けてます!(笑
 特定の組織の陰謀で世界が動かされている・・・私には本当かどうか分かりません。

 どうも、「陰謀」というのが、
・一般には到底、受け入れられないその組織固有の非常に偏向した目的を持っていたり(「Ω」とか「『鳩』の弟さんの友達の友達の方が属する組織」とか、いにしえの「国家社会主義ドイツ労働者党」とか、ホントは「S」も書きたいんだけど、「S」とは何かはお察しください→http://ansaikuropedia.org/wiki/%E3%81%8A%E5%AF%9F%E3%81%97%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84);
・悪意を持って世界を悪い方向に誘導したり、世界征服したりしようとするとか(「ショッカー」とか)
 するというニュアンスがあると思うので、
「陰謀で動かされている」というのはSF的すぎるというか、何というか・・・本当にそうだったらとっても困ったことです。

 「陰謀」を「指向性」とかに置き換えると、米国政府などに大きい影響力を持つ特定の組織・個人の指向が、世界の動向に大きい影響を与えているというのは事実ですよね。

> 「陰謀」を「指向性」とかに置き換えると、米国政府などに大きい影響力を持つ特定の組織・個人の指向が、世界の動向に大きい影響を与えているというのは事実ですよね。

はい、私もその意味で言っています。国際金融化とか、グローバリズムは要するに、世界を操りやすくする以外の意味はないと思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年12月 2日 06:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「研究開発投資」です。

次のブログ記事は「神経細胞の太さ制御」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。