特許権の効力

| コメント(1)

雑誌「発明」の11月号に、特許権の効力に関するいくつかの用語が説明されていたので、自分の知識の整理のために、メモしてみる。

その第1は、リサーチ・ツールである。リサーチ・ツールとは、ライフサイエンス分野の遺伝子改変マウス等の実験動物・実験装置・機器・スクリーニングの方法、データベース、ソフトウェア等のことであるが、リサーチ・ツールを利用した試験・研究の多くは、リサーチ・ツールそれ自体を研究範囲としないため、「特許法第69条 特許権の効力は、試験又は研究のためにする特許発明の実施には、及ばない。」に該当しない。従って、リサーチ・ツール自体に特許権が取られると、ライフサイエンス分野の試験を含む研究活動の阻害となることがある。

その第2は、NPEである。これは、Non-practicing entityの略であり、自らは製造ラインをもたず、専ら、他社から特許権を買い取ったりして権利行使する団体である。パテント・トロールとも呼ばれる。NPEが始末が悪いのは、製造ラインをもたないため、訴えられた会社が、反訴で特許権を行使したり、クロスライセンスを結ぶことが困難であることである。米国ではこのため、典型的には、eBay判決のように、NPEからの訴えになるべく差し止めを認めない方向にある。一方、パテント・トロールに対処するために、パテント・トロール対策会社というのもある。これは、一種の保険のようなもので、会費を払っておけば、パテント・トロールから訴えられたとき、その特許を買い取るなどして訴えを回避するものである。

とはいえ、そのようにパテント・トロール対策会社の会員になったとしても、特許侵害を完全に防ぐことは難しい。その理由は、1つの製品にも極めて多数の特許が関与し、それらについていちいちライセンスをとったり、侵害確認を行うことが難しいため、結局特許侵害訴訟のリスクを回避できない、ということがある。これを、特許の藪(patent thicket)とか、アンチコモンズの悲劇(tragedy of anti-commons)などと呼ぶようである。アンチコモンズの悲劇とは、コモンズの悲劇のもじりでもある。すなわち、コモンズの悲劇とは、共有地からみんなが資源を乱獲するため、共有地で資源が枯渇することをいう。アンチコモンズの悲劇とはこれとは逆に、特許権がデッドロックになって、誰も資源をうまく利用できない状態をいう。

特許権を制限するための規定として、裁定実施権制度が特許法の中に定められている。これは、発明の不実施、利用関係、公益上の必要性に応じて、特許権に実施権が裁定により設定される制度であるが、ほとんど利用されたという話を聞かない。

あとは、民法の権利濫用規定に拠るものがある。例えば、公共のインフラを提供するようなTCP/IPなどの通信プロトコルに特許権が取得され、それによって徒に訴えられると、社会の機能が停止してしまう。そこで公益上の必要性により裁定を行う手もあるが、あまり一般的ではない。そこで、民法の権利濫用規定を利用して、過度の権利行使を制限する方策もある。ただ、これが実際に適用された例はあまり知らない。そこで、特許法を改正して、特許権の効力が及ばない範囲として、特許法第69条に、公共のインフラに及ぶような特許権は行使できない、と規定する方法もあるが、ここの「公共のインフラ」の厳密な定義が難しいという問題がある。

その他には、独占禁止法との関係で、不当な特許権の行使を防止することである。これは、クアルコムに関連してメモした。その他、パテント・プールや、オープン・イノベーションとの関係など、書きたいことはいろいろあるが、まだ勉強不足なので、ある程度勉強したら、また書いてみることにする。

コメント(1)

Nice post! GA is also my biggest earning. However, it’s not a much.
thanks !! very helpful post!
amazing stuff thanx

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年12月 4日 07:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「妻を娶らば」です。

次のブログ記事は「島根死体遺棄事件の続報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。