惚け防止

| コメント(7) | トラックバック(0)

巷には、こうすれば惚けが防げる、ということを書いた本がある。これだけ高齢化社会になると、そういう本の需要があるのは、理解できる。私もそういう本何冊か眺めたことがあるが、次のような基本的な疑問は消えないままである。すなわち、惚けというのが器質由来なのか、あるいは、精神的なものか、ということである。少し別の観点からみると、先天的なものか、後天的なものか、という問いもある。

最近、80歳になる田舎の父と電話で話した。父が言うには、自分のほぼ同年齢でかなりに割合で惚けている人がいるという。症状としては、話しかけてもうつろで、反応がない。もう20年近く前に亡くなった祖母のことを、まだ元気ですかと平然と聞く。自他の持ち物の区別がつかない、などである。

そこでさらに父に聞いてみると、惚けるというのは多分、学歴や教養とはあまり関係ない、という。それは学歴も教養もない父のやっかみかもしれないが、しかし、父より2歳年上で、島で唯一T大卒で県庁でエリートだった人も、今では、話しかけても何の反応もないという。

父はかろうじて惚けてないと思うのだが、その理由は、父の自己分析では、異性好きと、歌好きである。実際、私にとって少し悔しいのは、父はいまでも微妙にもてる。ばかばかしいほどの話術であるが、確かに面白いと思うことがある。また、歌は、年取って声が伸びなくなったが、今でも演歌の新曲を、5回くらい聴けばだいたい節回しが分かって、カラオケで歌える、という。私だったら、カラオケで歌うためには最低20回は聞かなくては調子がつかめない。

それが父が惚けてない理由なのかと思うと、一方、母のことがある。実は、母も相当弱ったが多分惚けていない。というのは、たまに電話で話しても、話の脈絡の論理が一応通っている。息子が言っているので、ちょっと割り引いて評価すべきかもしれない。また、父がいうには、何人もの電話番号を記憶していて、メモをみないで電話がかけられるという。私にはそういう能力はない。そういう母も、学歴や教養が乏しいこと、父に劣らない。父よりまずいと思うのは、異性どころか、すっかり世間に対する関心を失っていることである。それでも、どうみても惚けていない。

こうして私は、惚け器質説に傾くのである。ある意味、惚け先天説でもある。ところが、会社を眺めていると、それほどの年齢でもないのに、どう考えても惚けているとしか考えられない人達がいる。症状は、以下のとおりである。

  • 簡単なことでも忘れやすい。つい先日のことでも、覚えていなかったりして、あっけにとられたりする。
  • 平気で論理矛盾のあることをいう。
  • 仕事の優先順位が、すっかり分からなくなっている。大事なことを放置して、どうでもいいことを必死でやっている。
  • 簡単なことでも、判断できない。必死で判断しない理由を探したりする。
  • 相手の立場に立って考えられない。
  • 感情の起伏が乏しい。かと思うと、突然怒り出す。
  • 感情にしなやかさがなくなっている。感情にふくらみがない。ユーモアがない。
  • 思考が硬直し、いろいろな選択肢を多様に考えることができない。
  • いつまでも過去の栄光にこだわる。
  • つまらないミスをしても反省しない。寧ろ、隠蔽しようとする。
  • 新しいことに興味をもたない。しかし、後れてはいけないと、表面的なキーワードだけは駆使し、ギャップが痛々しい。
  • やたら、学歴だの資格だの地位に拘る。これは、その学歴や資格、地位をひけらかすというのだけではない。逆に、それがないことに必要以上にルサンチマンを抱いているパターンも同様てある。

するとどうも、惚けには、脳などの器質由来(ハードウェア)と、精神や習慣由来(ソフトウェア)の要因があるらしい。

ハードウェアのところは、もしかして、ある種の脳内物質や神経伝達の異常が原因なのかもしれない。そういう原因の惚けは、どんな人も避けられない。しかし、先天的にかなり差異があるようである。ここのところは学歴も教養も生活習慣も関係ない。ここが最低限維持できれば、とりあえず惚けないで済むというのが、私が母をみていて思うことである。よって、惚けの主原因は、器質由来であり、惚け防止の本もあまり役に立たない、と一応結論付けることができる。

ただ、私が期待しているのは、脳の可塑性である。すなわち、脳には多くの細胞があり、一日に10万個が死滅するにせよ、寿命の間にあまり使われないで残るものが沢山残るというのは確かだと思う。すると、なるべく使っていないところに常に焦点を当てるように脳を使えば、うまくいくと、ハードウェアに影響を与えられるかと思うが、ここのところをあまり期待してはいけない。やはり器質自体の特性が圧倒的なのだから。

そういう意味で、脳内物質や神経伝達の異常を解消することで惚けを治癒できる薬品の研究が最近なされているようなので、そちらに期待したい。私はやはり、誰一人惚けず、一生自分のことは自分で面倒がみれて、最後は枯れ木が倒れるような死に方をする世の中になるのを期待するのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1598

コメント(7)

 たしかに、あやたろうさんが列記されたようなことをする方々には困らされますよね。
 でも、あえて、一般社会に生きていたら仕方ないと思えることを書き出してみました。

>平気で論理矛盾のあることをいう。
 論理矛盾がどの程度なのかが問題かもしれませんが、論理というのは科学にしか通用しないような気がしませんか?
 極端な話、↓の2つの記事は両方とも正しくて、しかも矛盾してます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/DHMO
http://ansaikuropedia.org/wiki/DHMO
 一般的な3段論法になると、もっとひどいです。
 たとえば、命題A,Bそれぞれが正しい確率0.7で、一般に正しいと考えられると、A,Bから導き出されるCの正しさは50%を切ります。

>相手の立場に立って考えられない。
 これは、マネージメント経験のあるあやたろうさんなら、ときに仕方がないことはご存じの通りです。相手の立場を分かっていながら、あえて考えられないこともあります。

>感情の起伏が乏しい。かと思うと、突然怒り出す。
 「感情の起伏が乏しい」というのは、感情を押し殺しているからかもしれません。突然怒り出すというのは、その結果、そう見えるだけかも。

>感情にしなやかさがなくなっている。感情にふくらみがない。ユーモアがない。
 同上です。

>つまらないミスをしても反省しない。寧ろ、隠蔽しようとする。
 隠蔽はけしからんですが、新しいことに挑戦しようとするとミスはつきものです。「つまらないミス」は程度もんだいでしょうが・・・

 要するに、上記の事象については、仕方ないかもしれないし、程度問題かもしれないし、渡世のつらさなのかもしれません。そういうときには、例の「金になればよいのですね」のポーズをとるしかありません。

> 要するに、上記の事象については、仕方ないかもしれないし、程度問題かもしれないし、渡世のつらさなのかもしれません。そういうときには、例の「金になればよいのですね」のポーズをとるしかありません。

私の文章を表現力のなさを痛感します。ご指摘は、ご尤もなのですが、私は、どうも言いたいことの半分も表現できていないようです。そういえば、美輪明宏が、気持ちが切羽詰ったら、南無妙法蓮華経と何度も唱えなさいと言ってました。「金になればよいのですね」のポーズと似たような意味なのでしょうね。

>私の文章を表現力のなさを痛感します
 すみません。私の読解力が極端に少ないんです・・・

文章全体を読み直しましたが、上記項目を全部備えたがいたとしたら、惚けというよりは、経度の統合失調か、躁かを疑いたくなりますね。私は専門家じゃありませんが、どちらも休養と適切な投薬とで治ると思いますけど。

> どちらも休養と適切な投薬とで治ると思いますけど。

代官様、それは昔から、お医者様でも草津の湯でもと言うではごさんせんか。あ、それは恋の病か。

 軽度の統合失調とか躁とかが、適切な処置で治るのに、一番困るのは、胃潰瘍とかと違って、この手の病気は自分に病識がないので、医者に行かないことなんだそうです。始終鬱気味なんで、この分野の一般的な本を読んでいたら、そんなことが書いてありました。

> この手の病気は自分に病識がないので、医者に行かないことなんだそうです。

そういえば、昔管理職のときに、精神的に不安定な部下に、「君、ちょっと精神科か心療内科に行って、カウンセリングとか受けた方がいいよ。」と親切にアドバイスしたら、おかしいのはそっちだろう、お前こそ行け、みたいに言われて、何もいえなくなりました。本当に肉体的でない病気は難しいです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年12月12日 07:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新型インフルエンザの死者」です。

次のブログ記事は「中国のパクリ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。