東大ブランド

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっと俗かもしれないが、ゆかしメディアからの引用:

世の中の情勢がどうであろうとも、東京大学のブランド力は抜けているようだ。1位は昨年の調査と同様に今年も東大だった。支持率は20.8%とダントツで、2位慶応大の15.2%、3位京都大の9.0%を大きく引き離していた。

◆わが子を入れたい大学
順位 大学名   (%)
1位 東京大  20.8
2位 慶応大  15.2
3位 京都大   9.0
4位 早稲田大  5.6
5位 一橋大   5.1
6位 ハーバード 3.7
7位 大阪大   2.5
7位 北海道大  2.5
7位 上智大   2.5
10位 名古屋大 2.2
10位 同志社大 2.2

なるほど、あまりにもナイーブな世間の親の気持ちであるが、分からないではない。この不況だから東大ブランドがより映えるというのも分かる。ただ、細かくみていくと、なぜここに東京工大が入っていないのかとか、なぜ東北大や九大が入っていなくて北海道大が入っているのか、とか半分僻みのようなことも感じるが、まあ、北海道大は、時計台などブランドイメージがいいのだろう。

また、一時、東大よりもハーバードなどといわれたこともあるが、いまいちハーバードが上位にないのはおそらく、日本では意外にハーバード・ブランドが通用しないということと、海外居住の費用も含めて、学費が半端でない、ということがあるのだろう。ハーバードだと、総費用で、年間450万円はかかる。また、前にも書いたが、東大自身の努力もあるのかもしれないが、冷静にみると、大学の質という意味でも、東大は米国の有名大学とそんなに遜色はないようである。

一方、わが子を入れたい会社は、次のとおりだという。

◆わが子を入れたい会社
順位 企業名     (%)
1位 三菱商事   10.1
2位 トヨタ自動車  6.7
3位 三菱東京UFJ 5.6
4位 三井物産    3.7
5位 ソニー     3.1
5位 全日本空輸   3.1
5位 グーグル    3.1
8位 本田技研工業  2.8
9位 任天堂     2.5
9位 NTTドコモ  2.5
9位 マッキンゼー  2.5

これを見てもやはり何も意外ではない。ただ、日立、富士通、NEC、日本アイビーエムなどの伝統的なIT企業がリストから外れているのは時代の流れか。また、憧れの会社の常連だったJALが入っていないのは、今の状況では当然である。また、グーグルが入ってきているのも時代の流れであるが、もしかしてこの中で一番入社しにくいのはグーグルではないか。

このアンケートをみて、それでは、わが子が東大から三菱商事に入ってくれれば万々歳か安泰と思うかと問うと、大抵の親は苦笑いして答えず、しかし、否定しないだろう。このあたりの微妙さは私もわかるだけに、いまいちコメントしにくい。

また、東大ブランド指向が特に気をつけなくはならないのは、その時代の、旬の頂点にある、あるいは少し翳り始めた企業に入ってしまう傾向があることである。例えば、かつて、優秀な東大生が石炭会社に競って入社したことがあった。その次は、製鉄会社である。また、JALだったりした。すなわち、東大ブランドであるがゆえに、より一層、時代の流行にビルトインされてしまうということがあるのは、良し悪しである。

だから、昔から格に入って格を出る、みたいに言われるが、東大ブランドも、東大に入り、卒業したら、そんなの知らないよ、みたいに振舞うのが粋なのだろう。本当に実力があり、学歴を誇示せず、噂で、あいつ東大らしいぜ、そうかやっぱり違うよな、みたいな感じである。そういう人、結構いると思うのだが、どうなんだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1600

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年12月13日 18:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中国のパクリ」です。

次のブログ記事は「タイガー・ウッズの帰趨」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。