管理職の大変さ

| コメント(4) | トラックバック(0)

管理職を降りて、専門職に戻ってもう3年以上になるが、また管理職に戻りたいと思ったことは一度もない。私にとってあれは、超越的に忙しい時間であり、よくもあんな余裕のない日々を、ブレークダウンすることなく、10年以上も過ごしたものだと思う。

といいながら、普段はともかく、土日に仕事する時間は寧ろ、管理職のときよりも増えている。理由は、研究所関係の発明を扱っているからである。発明の特質として、以前と全く同じものが出てくることはあまりない。それどころか、いままで聞いたこともない技術が目白押しである。それで、発明者に例によって沢山質問したり、空しく関連する本を沢山買い込んでなんとか凌いできた。

管理職だと、とりあえず、部下に振ることで、細部までの理解をしなくて済む。ともかく、次々といろいろな案件が押し寄せるので、聞いた人に応答したり、部下にアサインして、どんどん廻す。ところが、専門職だと、どんな難しい案件でも、ともかく遂行しなくてはならない。後がないので、逃げられない。それで専門書を読み、あるいは何日もじっくり考えて仕事の構想を練る必要があったりする。ただそれは対人の仕事ではないので、会社にいなくてもいいし、電車に乗っているとき考えてもいい。自宅でぼうっとしながらメモしてもいい。専門職のよさは、その時間的適当さである。

だから、逆に言うと、管理職の大変さは、その専門性になくて、対人の仕事の細切れ的頻度の対応と、責任と、調整である。例えば、仕事のプランを建てるために、部下の一人一人と話さなくてはならないという仕事もあるが、部下が10人もいると、数日を要することがある。また、素直な部下だけではない。面倒な要求を突きつけられて、回答に困ることがある。

もっと大変なのは責任である。すなわち、私は高々課長レベルであったが、部下からみれば、会社の上層部に対するインターフェースである。だから、原則としてどんな苦情も私に来る。それをさらに人事や関係部署に廻して回答を得る必要がある。責任の別の面として、他部門に対する顔でもある。すなわち、実際は部下が他部門に要求を出すのだが、少なくともマネジャとして私がメッセージの送り手にならなくてはならない。

責任の別の面として、私は長く、予算管理の責任者であった。すなわち、購買の承認権限が私であることは小気味よかったが、非常に大変なのは、経費を予算の範囲にフィットさせることである。外資系だと、予算が為替の変動の影響を受ける。例えば、1ドル110円が、1ドル100円になることはしょっちゅうであるが、する、予算が1割減と同じになる。するとなんの仕事を削減するかであるが、そこは流石に私が独断では決められないので、上司と相談して、緻密に計算しながら、プランを立て直す。これがなかなか大変な作業なのである。そうやって、削減プランが決まると、外注管理も私の責任だったので、各外部ベンダに連絡して、ある仕事の停止を依頼する。途中まで着手されていたらどうするか、それもその都度私が決める。なにしろ決めないと進まないので、細かいことはあまり躊躇していられない。

しかし、一番大変なのは、部下間、及び他部門との調節であった。すなわち、仕事を部下に振っていると、どうしてもワークロードに偏りが生じる。均等化するわけがない。また、能力も経験も違うし、もっというと、やっていることも各々の部下で異なる。すると、均一なワークロードなんて考えることもできないので、とりあえず振って、苦情があったら調節するということを繰り返すしかないが、それがまたなかなか、部下の納得が得られず、仕方なく自分で引き取ってやる、ということもあった。しかし、どうしても部下に振らなくてはないこともあり、不満は抑えきれない。また女性の部下特有の軋轢もある。このあたりの事情は、お局様にも書いた。

さらに私を忙しくしたのは、私が、事務業務と、予算と、外注管理だけでなく、シス担でもあったことである。例えば、誰かのPCに不具合があると、私が直接対応したりしたが、なにしろ、それだけで数時間がとられたりすることがザラであった。

こうしてほとんど休暇もとらず連日、夜10時、11時の日々だったが、営業部門や開発部門はもっと忙しいようで、私が帰る時間でも、開発部門は、灯りが煌々としていた。

ただ私が楽だと思ったのは、営業部門でもなく、独立事業主でもないので、仕事を取ってくるという必要がなかったことである。仕事に関しては、海外の本社部門、あるいは研究開発部門から自然に舞い込んできたので、それを限られた予算の範囲でどう処理するかが勝負であった。ということで、雑用係、シス担から、外注管理、予算管理と、部門長兼用務員のような幅広い仕事ができたことは、人間の幅を広げるのには有用であった。

寂しいのは、管理職を降りて、元部下の人に、ボクはそんな悪い管理職でもなかったよね、と頼み込むように聞いても、誰も、「ええ、あやたろうさんはいい管理職でしたよ。」と言ってくれないことである。ただ、黙ってしまうのである。お世辞でもいいから、いやあいい上司でしたよ、と言ってくれてもいいと思うのに、やっぱりどうも、結構うっとおしい上司だったようで、会社生活は、人生は、難しい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1603

コメント(4)

あやたろう様は大変な苦労をされたのですね。文面を見る限りにおいては多くの仕事をされていたと思いますが、回りにこれほど仕事をしている管理職を見ないのはどういうわけでしょう。たぶん人が好くて仕事を頼まれやすかったのではないでしょうか。その辺り人格というものも垣間見えます。しかし元上司が自分から「俺は良い管理職だったよなぁ?」って聞かれたら内心違っても「そうですね」と相槌うつか「まぁ」と濁すのが普通で「いゆあほんとうに良い管理職でした」なんて言うのは少ないでしょうね。

> 元上司が自分から「俺は良い管理職だったよなぁ?」って聞かれたら内心違っても「そうですね」と相槌うつか「まぁ」と濁すのが普通で「いゆあほんとうに良い管理職でした」なんて言うのは少ないでしょうね。

まあ、聞くのも野暮でしたね。いや、どうしようもない駄目な上司でした、と言われたら、しばらく立ち直れませんが。ともかくやることはやったという自負はあります。

>俺は良い管理職だったよなぁ?
 一生懸命、部下に仕事を教えているつもりでいたら、パワハラととられて辞められました(泣+怒)
 全く、「お金になるのですねのポーズ」をするしか正気を保てません・・・とほほ・・・
 

> 全く、「お金になるのですねのポーズ」をするしか正気を保てません・・・とほほ・・・

お察しします、アーメンじゃなかった、南無阿弥陀仏

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年12月15日 10:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネット広告詐欺」です。

次のブログ記事は「タイガー・ウッズやっぱり離婚?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。