月の不思議

| コメント(2) | トラックバック(0)

一般的に、神秘的なものは物理的、心理的に遠くにあるものであり、宇宙だと、アンドロメダ大星雲であったり、ダークマターであったり、というところだろうか。そういう宇宙の観点からは、月ほど身近なものはない。宇宙的規模でいうと、月は、近所づきあいしているお隣さん、といったところである。

お隣さんだと、そこのご主人はどんな会社に勤務しているとか、奥さんの趣味はとかある程度分かるもので、そういう意味で、アンドロメダ大星雲と比べて月は、かなり解明されている天体、といいたいところだが、一概にそうでもないようである。

月に関して、人類月面着陸問題や、月の水など一連を疑問を含む記事を書いてきたが、しかし、なんといっても月に関する最大の疑問は次のものである。すなわち:

地球の衛星としての月は、どうやってできたか

これに対して、私が子供の頃習った説明は、月は、地球が分裂して出来た、というものであった。しかし、最早まともな学者でこれを信じる者はほとんどいない。類似する別の説明は、太陽系が出来て、地球が宇宙塵の集まりから形成されたときに、同様に宇宙塵から月も形成され、地球の周りを周回するようになった、というものもある。

前者の説明はともかくとして、後者の説明は妥当であろように思われる。しかし、これらの命題には重大な欠陥があるのであって、それは、惑星科学者の分析によって、月の岩石の年齢が、地球よりずっと古いと分析されたという事実がある。地球の年齢は約45億年と言われているが、ある学者の分析では、月の石には、50億年~70億年の年齢のものがあるという。70億年の年齢というと、下手したら太陽系よりも古い。

すると、どうしても月は、もしかして、われわれの太陽系以外の別の太陽系から飛来してきて、地球の軌道に乗って今に至る、という説明になる。ああそうだ、それでいいではないか、と安易に納得しないでほしい。ニュートン力学の応用である天体力学の初歩を学ぶだけで、遠方から飛来した彗星あるいはその類似物が、惑星の安定した軌道にのる可能性は極めて小さいことが理解される。例えば、日々地球に到来する隕石を思い起こしてほしい。多くのものは近づいて遠方に飛び去り、あるいは地球に激突し、あるいは大気圏で燃え尽きてしまう。地球の衛星の軌道に乗るものは、ほとんどない。

ましてや月は、そこらへんの隕石や彗星と一緒にしてはいけない。なんと、地球の1/4の半径をもつという巨大さである。その巨大さだと、地球との間の引力も半端ではない。すると、天体力学的には、遠方から飛来してきて、ある程度の距離に近づくが、また無限の遠方に飛び去ってしまうか、あるいは、地球に激突する以外の解はありえない。月が地球に激突するというストーリーは、いかなる想像力も超えてしまう。おそらく、地球は分裂してしまい、細菌やウイルス以外のいかなる生物も生存は許されないであろう。

では、どうやって、月が地球の衛星になったのか。「月の先住者」ドン・ウィルソン著、大島和子訳、たま出版によると、月は、宇宙人が作った基地なのだという。どんなトンデモに慣れた私も流石にこれにはびっくりである。しかし、沢山の傍証がある。すなわち、ガリレオ以来、月が望遠鏡で観測されるようになってから、いろいろと理解できないものが月表面で観察されている。例えば、閃光、色の変化、突起物、建造物、1000マイル平方もの巨大な物体の移動などである。また、月に航行する途中、あるいは月面でのアポロ宇宙船の写真には多くのUFOが写っていた、というのも有名な話である。

別の観点からというと、月は大きさの割りに軽すぎる。どうみても中空でないとおかしいという。また、月の石の成分は、チタニウムなどの耐熱金属が多く含まれている。これも地球上の石とはあまりにも成分が異なる。

極めつけは、月の軌道である。なにしろ、アンバランスなほど大きい衛星であるし、衛星として距離が遠すぎる。また、ケプラーの法則を知る者にとって怪訝すぎるのは、月の軌道はほぼ円なのである。普通の天体の動きとしては、それは、かなり偏った楕円でしかありえない。そうして、楕円の焦点に、母星としての惑星が位置する。もっと言うと、月は、ある一定の側しか地球に見せないように周回していてる。

これらのことに鑑みると、月は、巧妙に作られた宇宙人の基地であり、巨大宇宙船で、その精妙な航行技術で、遠方から飛来して、地球の周回軌道に乗った。月の中には、多くのエイリアンが棲んでいる。ただ、何の意図で地球を周回しているのか、誰も知らない。また、どの時期に地球に飛来したかも分からない。それは恐竜が滅びた後かもしれないのである。なぜなら、恐竜には、歴史記述もなく天文観測の記録もない。月がどうであったかは分からない。哺乳類を栄えさせるために、月人が大型恐竜を滅びさせたというストーリーもありえる。

そもそもが、月程度の大きさのものを、外太陽系から運転して、地球の衛星として、きっちり円形の軌道に乗せるとしたら、おそるべき制御の技術である。しかも一体どんな原理で動いているのだろう。私が聞いたこともない重力エンジンを備えているのかもしれない。

さらに困難なのは、月程度の大きさの飛行船を作る技術である。これは、既存の小惑星を捕まえてきて、くり貫いて加工するのだろうか。それとも、スクラッチで一から作り出すのだろうか。どうも前者のような気がする。

また、これも私の推測であるが、もしかして、エホヴァだの、イエスキリストは実は、月由来の宇宙人ではないか。そういう一連の地球に対する教化のため、月がやってきたという次第である。かぐや姫も、そういう月人の昔話なのかもしれない。

ただ、スペインに基地があると言われている、宇宙人ユミットのように、亜空間を通じて遠方からやってくる、アンドロイド型宇宙人もいるようである。これとの月人の関係は全く不明である。それは当然であって、月人すら、何者かも全く分かっていないのであるから。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1607

コメント(2)

ここに不思議が一杯あります
http://www.t-xxx.com/tuki001/tukimenu.htm

> ここに不思議が一杯あります

このサイト、よくまとまっています。なるほど、です。謎は深まるばかりですが。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年12月17日 09:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オヤジの心に灯った小さな火」です。

次のブログ記事は「弁護士バー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。