相性の理論

| コメント(4) | トラックバック(0)

人間の相性、特に夫婦の間の相性をみていて、どうしてこんなに仲のよい夫婦というのは少ないのだろう、と嘆息することがときどきある。それは実体験に根ざしているので、いかなる意味でも空想ではない。

そこでふと、夫婦の間の相性の理論というのを考えてみた。世間でみてこんな発想が新規である訳もないが、一応、マイオリジナルではある。

まず、人間のタイプをディスクリートないくつかのタイプに分ける。本当にディスクリートなタイプに分けられるのかという議論は今は措く。また、タイプも、仮に、A、B、C、D、E、F、Gの7タイプとする。とりあえずである。ここで、#(A)を、Aである人数または割合であるとすると、現実的に、#(A) = #(B) = #(C) = #(D) = #(E) = #(F) = #(G)である訳はないが、粗い近似としてそう仮定する。

すると、夫婦の間の相性のパターンは、7×7=49とおりあることになる。さらに、次のような仮定を置く。

仮定1:原則的に相性のよいのは同タイプである。これは長年の観察に基づく。私は若い頃は、異なるタイプ同士が相補的によい夫婦を築くのだと思っていた。そういう面はもちろんなくはないが、長い時間があっても安定しているのは、同タイプであると、今は信じる。

仮定2:どんなタイプともうまくいかないタイプが存在する。短くいうと、EQ低すぎのタイプがいる。人格障害というわけでもないが、誰と付き合っても喧嘩する。それを仮にFタイプとしておく。こじつけると、Fault typeか。

仮定3:どんなタイプとも、そこそこやっていけるタイプが存在する。それを仮にGタイプとしておく。Generous typeという次第。もちろん、Gタイプも、Fタイプとはうまくいかない。

以上の仮定に基づくと、それなりにうまくやっていける夫婦というのは、次のように数え上げられる。1.同タイプ:AA、BB、CC、DD、EE、FF、GGのうちから、FFを除いた6つの組み合せ。
2.Gを含む組み合せ、但しFは含まない:AG、BG、CG、DG、EGの5つの組み合せ。

すると、ベストではないが、それなりに崩壊しないでなんとかやっていける夫婦というのは、11/49=22%である。これを低すぎると感じるであろうか。私は、多くない親戚や友人を眺めていても、まあこんなもんだと思う。

成功率22%の投資があったとして、果たして普通乗るだろうか。それは、投資成功の暁には、元本の10倍などの期待値があるなら、確率論的にも、投資に乗る人はいるだろう。しかし、結婚というのは、何か元本があって、うまくいくとそれが10倍になるようなものだろうか。違うような気がする。そもそも、ここで元本って何?ということになる。

すると人類が冷静だと、その22%しか結婚しないことになる。それで人類は種族を維持できるのだろうか。少ない夫婦が多くの子供を産んで育てる。多くの人は独身のままだと、人類は危機を迎えそうである。

そこで登場するのが、アニマル・スピリットである。これは、今私が読みつつある、アカロフとシラー著、山形浩生訳の同名の本から借りた言い方であるが、もっと卑近な意味で使っている。すなわち、物質的欲望に染まった精神、という意味である。

すなわち、本来人間は、原子核の周りに存在する電子のように所定の準位にある。結婚も本来なら、where possibleであるが、同準位上でしか生じない。パウリの排他律の逆である。ところが、アニマル・スピリットは、エネルギをもったフォトンのように、電子を叩き出す。そこで出会った電子同士で、お付き合いが始まり、ある確率で、結婚という結びつきが生じる。

アニマル・スピリットとは何か、説明の要もないだろうが、強いて書くと、容姿、学歴、資産、地位などである。ああ、フェロモンというのもあろう。

一方、上記したA、B、C、D、E、F、Gというタイプ分けは、かなりメンタルあるいはスピリチュアルなものである。ソウル・タイプと言ってもよい。だから悲劇は、本質的にソウル・タイプとの相性であるべき結婚が、ほとんど須らく、アニマル・スピリットから出発するということである。アニマル・スピリットから出発した出会いは、ほとんど至るところで、悲劇に落ち着くであろう。なにしろ、正解はあまりに遠いのである、いや、意外な解なのである。あなたの最適な配偶者は、駅の売り子をしているバイトの高校生だったのかもしれない。欧米か、いやゲーデルか、と頭を叩かれるか。

それが問題なのだろうか、というとそうではない。そうやって苦労するのが人生ということで、アニマル・スピリットも、ソウル・タイプ分けも人生にビルトインされている。ただ、結婚なんてなかなかうまくいかないということを改めて屁理屈で理論付けしておきたかった次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1612

コメント(4)

>仮定1:原則的に相性のよいのは同タイプである。
これは安定性と定義されていますが、免疫系からいえば異なる方が強いという考え方があります。女性は自分とは型が異なる男性の匂いを好む傾向にあるそうです。

http://blog.goo.ne.jp/senses1123/e/3a1924e4e982a25254d4aee8aba988c5

「お父さんあっちいってよ~」ガクツ・・・

> これは安定性と定義されていますが、免疫系からいえば異なる方が強いという考え方があります。

ううん、そこは議論が分かれるところですね。物理的というか肉体的には異なるもの同士が結びつくようですが、精神的には同タイプが惹き合うという私の仮定です。

>人類が冷静だと、その22%しか結婚しないことになる
 これこそ人類が冷静でも理性的でもない生物であることの証みたいなものです。
 それから、観察するに、
-子供がいなくて長持ちしている夫婦は仲がよい、
-子供がいれば仲良くない夫婦も何とか一緒にいられる
(要は私の所みたいな夫婦、「子はかすがいの甘納豆」と言うことですね)

> 子供がいれば仲良くない夫婦も何とか一緒にいられる

そうですね、逃げた女房には未練はないが~お乳欲しがるこの子が可愛い♪という歌を思い出して、そうなるのも悲惨なので、頑張ってきました、この私も。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年12月21日 09:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クリーンな水爆」です。

次のブログ記事は「究極の努力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。