犬と猫

| コメント(4) | トラックバック(0)

前にも書いたが、私はひょんなことから、猫を飼っている。別に犬でもよかったのだが、これも縁か。ただ、周囲を見渡すと、犬派と猫派に分かれ、それは何かの性格因子によると思うのだけれども、いくら観察しても、その因子が何か、分からないでいる。

ところで、dog actuallyのページに、犬と猫の比較があったので、コメントしつつメモしてみる。

1.脳
 体重に対する脳の重さの割合は、わずかに猫の方が優るという。また、脳の皮質に存在する神経細胞数を比較してみると、猫3億に対して犬は1億6千万だという。ううん。猫の方が賢いとも思えないが。

2. 人とともに暮らした歴史
 犬は、1万6000年から5万年前ほど前から、一方の猫は、5000年ほど前。それでも、猫は、古代エジプトの象徴だった。一方の犬は、縄文時代に、きちんと墓を作ってもらえるほど大事にされていた。

3. 人との結びつき
それはまあ、犬だろう。なによりも人の言うことを聞く。猫は、餌をもらうときと、遊んでもらうとき以外は、一人で勝手にやっている。

4. 世界での飼育頭数
 これは当然に犬の方が多いと思ったら、猫を飼っている国トップ10の頭数を合計すると、およそ2億400万頭。一方犬飼育トップ10の国の頭数を合計すると、およそ1億7300万頭。あれ、猫が多い? 確か、米国では犬の方が多かったと思うが。

5. 理解力
 それは、きちんと調教されるという意味で、文句なく犬である。猫も独特の知性はあると思うのだが、それは暗黙知?

6. 問題解決能力
 文句なく犬である。警察犬はいても、警察猫はいない。

7. 声の種類
 これは、実は猫の方が豊富。猫は、鳥が囀るような擬声も発する。ああやって、鳥狩をしていた時代があるのだろうか。

8. 訓練のしやすさ
 文句なく、犬。猫の訓練なんて聞いたことがない。

9. 嗅覚・視覚・聴覚
 嗅覚というと象徴的なのは犬だが、匂いを感じる受容体の数の平均は猫の方が多いそうで、実は猫の嗅覚も半端ではない。人と比べて、猫は6倍、犬は5倍少ない光の中でも物が見える。聴覚については、犬が67-45,000ヘルツの音を聞けるのに対し、猫は45-64,000ヘルツの音が聞こえる、ということで、物理的感覚は猫の勝ちである。これはおそらく、単独で狩をすることから、神経が研ぎ澄まされたのかも。じっと視野を凝らして見るのも、猫である。犬は、あまり見渡すことはしない・

ということで、犬に較べて地味な猫も、なかなか隅に置けないのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1618

コメント(4)

>神経細胞数を比較してみると、猫3億に対して犬は1億6千万
 Wikipediaによると、「ネアンデルタール人の脳容量は現生人類より大きく、男性の平均が1600cc」あったようですから、脳の神経細胞の数は知能とあまり関係ないと思いますよ。
 人間の脳は、言葉の発達や文字の発達で、かえって脳容量をへらしたようです。同様に、猫は単独で生き、犬は集団で生きるので、猫の方が多くの脳神経細胞を必要としているのではないでしょうか??

> 猫は単独で生き、犬は集団で生きるので、猫の方が多くの脳神経細胞を必要としている

私も同様のことを感じました。ただ、猫を飼っている身贔屓でいうと、猫に微かに、犬にはない哲学的なものを感じます。そういうところに脳神経細胞が寄与しているのかもと思うことはあります。すると、ネアンデルタール人には、現人類にない能力があったのか、それは何なのか、ということにもなります。

>ネアンデルタール人には、現人類にない能力があったのか
 それはいろいろと。嵐などの災厄を事前に予想する能力とか、他の動物に襲われたなどの危険があったときのとっさの行動を正しくやる能力とか、道に迷っても正しく家に帰る能力とか。
 現人類が武器で他の動物を駆逐する前、しかも、言葉や文字が充分に発達する前に必要とされる能力一般を持っていたのではないでしょうか?
 ネアンデルタール人は、たぶん、現人類と違って平和なヒトビトだったのではなかったでしょうか?だから彼らはあまり生息域を広げず、身体能力では現人類に大きく勝るにもかかわらず、駆逐されてしまったのでしょう。

> ネアンデルタール人は、たぶん、現人類と違って平和なヒトビトだったのではなかったでしょうか?

そこがキーポイントですね。現人類にあって、大脳前頭葉は、結局、災厄なのかもしれません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年12月26日 01:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トンデモと非トンデモ」です。

次のブログ記事は「インクカートリッジ訴訟」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。