大人げない

| コメント(0) | トラックバック(0)

あまり期待もしないで、成毛眞氏の「大人げない大人になれ!」ダイヤモンド社を買ってみたが、軽い乗りで、一気に通読できた。それでつい、ああ自分もすっかり大事なものを忘れてしまっていたよなあ、と思った次第である。

普段、会社の人と話していて、大抵の場合、「あの人は子供っぽい。」というのは、否定的な意味で使う。要するに、我侭で、他人に対する気遣いができず、自分の好きなようにしかできない成熟してない奴だ、という意図である。

ところが私は、そういう会話を聞くとつい、黙ってしまう。なぜなら、私にとって、「あの人は子供っぽい。」というのはもしかして褒め言葉かもしれないからである。なんで「子供っぽい」を否定的な意味で使うんだ、という軽い抗議の意図がある。

成毛眞氏のこの本は、まさに私のそういう気持ちを代弁してくれた。では、成毛眞氏のいう「大人げない」は、どういう意味だろうか。まず、周囲にあまり気にしないで、好きなことに夢中になることである。成毛眞氏の場合、それはプラ模型をつくることである。ホリエモンはなぜか、ロケットを作って飛ばす夢があるそうである。

それを聞いて私に少しだけスイッチが入った。ああ、やりたいこと封印ルーチンをもう少し緩めなくては、ということである。人生、もしかしてそんなに先が長くないかもしれない。仮に長かったとしても、感性が鈍磨してしまうかもしれない。

成毛眞氏のアドバイスは続く。やりたいようにやればいい。我慢はしなくていい。あるがままでいい。自分は変えなくていい。プランなんか立てなくていい。好奇心をもて。変化もおそれることない。空気なんて読まなくていい。ビル・ゲイツも、物理学者のリチャード・ファインマンも、子供っぽい大人だった。ノーベル賞受賞者の二人に一人はそうである。

実際、大人げなく純粋にやらないと、突き抜けることができない。だいいち、子供っぽい異性は魅力的ではないか。

ああ、そうだ、私は、大人なのに子供っぽい女性が好きだ。童顔の女性も好きだ。別にロリコンではないが。そういえば、私はどちらかというと、いい歳をして童顔である。じゃ、もてるか? いいや。ま、そんなことはどうでもいいのである。

産経新聞Webに下記の記事があった。これなどいかにも子供っぽい政治家のことを書いている。

民主党の小沢一郎幹事長が17日、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との特例会見を「天皇陛下の政治利用」にあたると懸念を表明した羽毛田信吾宮内庁長官を改めて激しく批判したことが明らかになった。

小沢氏は同日、羽毛田氏について「あいつこそどうかしている。天皇の権威を笠(かさ)に着ている」と批判した。国会内で関係者に語った。

そう、小沢一郎も子供っぽい。だから却って政治の世界でインパクトがある。小泉純一郎もそうだった。ただ、これは付け加えておく必要がある。それは、いくら子供っぽくてもいいし、寧ろ子供っぽい感性は重要だが、社会的責任を負うところで大人でなくてはならないということである。そんなの当たり前すぎるので、成毛眞氏はそのことには何も言及していない。

でも、と私は更に思う。結婚してからもう十分過ぎるくらい分別臭く生きてきた。そうだ、スイッチを入れるんだ、軽くでいいから、「僕の野生」に。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1620

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年12月27日 06:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インクカートリッジ訴訟」です。

次のブログ記事は「虚妄の?航空機テロ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。