虚妄の?航空機テロ

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、米国で航空機テロ未遂事件があったという。

【ワシントン草野和彦、カイロ和田浩明】米メディアによると、25日のデトロイト上空の米旅客機テロ未遂事件で、アブドルムタラブ容疑者(23)=ナイジェリア国籍=は、イエメンで活動する国際テロ組織アルカイダから爆発物を受け取ったなどと供述した。イエメンでは最近、アルカイダの勢力が浸透し、イエメン軍は掃討作戦を強化。オバマ政権も米本土へのテロの脅威になるとして警戒を強めている。

同容疑者は、ロンドンの大学でエンジニアリングを専攻。事件前にイエメンに渡航し、アルカイダから爆発物の使用方法を習ったと供述し、米当局が裏付けを進めている。

イエメン軍は24日、中部シャブワ州でアルカイダの隠れ家を空爆し、外国人を含む約30人の関係者を殺害した。標的は、イエメンのアルカイダを率いるナシール・ワシヒ指導者(06年に脱獄)ら幹部の集会が行われていた場所とされた。イエメン政府はこれに先立ち、アルカイダ関係者を支援しないよう国民に警告していた。

米国もこうした掃討作戦を支援しているとされ、昨年はゼロだったイエメンへのテロ対策軍事支援に今年、7000万ドルを投じた。

米テキサス州の陸軍基地で11月、銃を乱射し13人を殺害した少佐も、イエメンに潜伏していた米国生まれの過激なイスラム導師と電子メールで連絡を取っていたとされる。イエメンでは政府軍と反政府武装勢力の戦闘が激化。それに乗じたアルカイダの動きが活発化している。オバマ大統領は今月1日にアフガニスタン新戦略を発表した際、アルカイダが足場を築こうとしている国の一つとして、イエメンを挙げた。

アルカイダにとっては「アフガン、パキスタン、サウジアラビアなどの代替拠点」(イエメン戦略研究所のアハマド・サイフ所長)になりつつあると見る専門家は少なくない。

これに先立つニュースでは、アブドルムタラブ容疑者が機内で爆竹のようなものに火を付けて、他の乗客に取り押さえられた、というものである。おっ、久々に航空機テロかと思うのが普通であるが、私はどうしても、この事件はやらせとしか思えない。それは、9・11疑惑での一連の疑問を経たからであるが、それを措いておいても、以下の理由があるからである。

  1. 先ず第一に、これ見よがしに機内で爆竹のようなものに火をつける間抜けなテロリストがいるだろうか。北朝鮮による大韓航空爆破事件をみればいい。テロリストというものは、いかに密やかに爆弾を仕掛けるかに腐心する。目立つように機内で爆竹のようなものに火をつけるとは、まるで学芸会の出し物ではないか。
  2. しかも、容疑者はあっさりアルカイダだと出所を明らかにするだろうか。飽くまでも秘匿し、あるいは、大韓航空爆破事件の金勝一のように、自らの口封じのために、自殺を図るものである。
  3. 剰え茶番なのは、アルカイダを名乗るだけでなくて、「イエメンで活動する国際テロ組織アルカイダ」と、わざわざ、「イエメン」というキーワードを開示していることである。いよいよテロリストの風上にもおけない。これはなんとしてもイエメンでのテロ取締り活動を強化したい、米国の意向を反映していると思われる。おそらく、イエメンに米国の影響力の楔を打ち込みたいのだろう。苦戦しているアフガリニタン戦線を側面から補強したいのかもしれない。

しかし、テロ活動のストーリーを描くシナリオ・ライターが誰なのか知らないが、どうしていつも、わざと馬脚をみせるようなストーリーを描くのだろうか。私程度が疑問に思うくらいであるから、逆の意味で9・11疑惑で不信感を募らせた米国民は、いよい疑心暗鬼なのではないだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1621

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年12月27日 14:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大人げない」です。

次のブログ記事は「2012」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。