2012

| コメント(2) | トラックバック(0)

つい先日、月の不思議について書いたところ、友人からメールで、コメントが来た。といっても、私の記事そのものではなくて、ISSEIさんがコメントで引いたThe HorizonというWebページについてであった。

すなわち、そのThe Horizonは、不思議な惑星の建造物をリストするのだけれども、私は、まあ不思議な建造物があるよね、偶然にしては出来すぎだ、と素朴に感じただけである。

しかし、その友人は、少なくとも一部は、NASAの偽造ではないか、と断じるのである。その理由は、月などに何億年も前の宇宙人の基地があっても不思議ではないにせよ、そこに不思議な建造物として移されているものが、いかにも地球の装置産業の残骸みたいである、というのである。

そうか、分かった、私はIT企業にいて、しかも書類作成のデスクワークなので、パソコンと書類しか目の当たりにしないといってよい。しかし、その友人はまさに、装置産業に勤務し、現場の工場にもしばしば訪れる。現場感覚が違うのである。

そう考えると、月や惑星の写真を、人工的な建造物を含むように合成加工するのはあまりにも容易であって、そのとき、人間が作業するので、つい地上感覚が入ってしまう。だから、地球の装置産業の残骸みたいになるのも、むべなるかな、である。

しかしなぜ、と問うたとき、茫然自失となった。なぜなら、NASAがあたかも月に行ったかのように擬装するのは理解できるが、宇宙人が存在するかのように偽造する意味が全く分からないからである。一方、そんなことで茫然自失になる自分も理解できない。

そこでしばし黙考して思い至ったのが、2012年である。2012年とは何か。Wikiによれば、

マヤ文明において用いられていた暦の一つ長期暦が、2012年12月21日から12月23日頃に一つの区切りを迎えるとされることから連想された終末論の一つである。
とある。

しかし、マヤ文明の終末論というのは多分、世間にはあまり膾炙していなくて、そこで寧ろ一般的に言われているのは、アセンションである。もっと分かりやすく言うと、人類の次元上昇及び意識変換であり、そのとき、宇宙人が人類に降臨する、という話がある。NASAは、それに先立って宇宙人の存在を世間に浸透させておきたいのではないだろか、というのが上記NASAの宇宙の建造物写真の紹介から私が読取るところなのだが、あまりにも迂遠だろうか。

ところで、2012年については、ヘミシンクで有名な坂本政道も、何か画期的な意識変化がおきると予想している。1999年のノストラダムスの大予言が空を切ったくらいなので、2012年のアセンションというのも大して期待できないところだが、ともかく、現世の物質的価値観が、少しでも精神的なものに置き換えられればいいと願う次第である。

その後調べてみたところ、2012年のアセンションでは、人類は、蛹のような仮死的状況を迎える、という。その後進化するための前準備らしいが、単に象徴的な意味なのか、何なのか、さっぱり不明である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1622

コメント(2)

引用されたWEBは、確かに不思議画像がありますが、あまりにも拡大し過ぎて、ブロックノイズに近いものもあります。
 しかし、人間が人間の思考回路で地球外生物がいるいないを論じるというのとても浅はかです。平均気温が何百度でも、最低気温が零下何百度でもいてもおかしくない。いや空気なんて不要、岩石の中で生きる岩石生物もいておかしくない。これらの写真を見ていると、己の想像の範疇を超えた何かがいることを信じさせてくれます。

> いや空気なんて不要、岩石の中で生きる岩石生物もいておかしくない。これらの写真を見ていると、己の想像の範疇を超えた何かがいることを信じさせてくれます。

また、シリコン生物の話を思い出しました。太陽光を受けて発電する機能と、それを充電する機能をもつ生物もいそうです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年12月28日 00:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「虚妄の?航空機テロ」です。

次のブログ記事は「妹尾堅一郎」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。