チャウシェスク

| コメント(0) | トラックバック(0)

ルーマニアと聞くと私は、コマネチと、ロマンス語の一派であるルーマニア語と、チャウシェスクくらいしか思いつかない。

ところで、12月22日は、チャウシェスク夫妻が処刑されたルーマニア革命の20周年の節目だという。そこで、毎日新聞が、革命後に「救国戦線評議会」議長を務めたイエリスク元大統領に会見した記事があったので、メモしてみる。

ルーマニア革命は、1989年11月9日のベルリンの壁崩壊に影響を受けたものであるが、直接的には、1989年12月16日に、西部ティミンショアラで、ハンガリー人の牧師が 国外追放処分になったことから、市民と軍が対立したことに端を発する。そこで軍の発砲により、市民の犠牲者が出て、混乱は全土に広がっていった。

1989年12月22日、チャウシェスク大統領とその妻エレナ夫人は、ブカレスト中心部の共産党本部からヘリコプターで脱出した。元共産党書記であったイエリスク氏は、「救国戦線評議会」を結成し、軍は救国戦線評議会に加勢した。チャウシェスクの旗下で市民を銃撃していた軍は、救国戦線評議会の下でも市民に発砲を続けた。このため、チャウシェスク崩壊後も1200人以上の市民が軍により殺害された。

それは、チャウシェスク直属の秘密警察の可能性もあるが、イエリスク氏でさえ、本当の実行犯は誰か分かっていないという。すると、チャウシェスク夫妻を処刑する必然性が分からない。しかし、緊張した場面で、イエリスク氏は、市民の犠牲を増やさないために、チャウシェスク夫妻を処刑するしかないと思ったそうである。

そこで、救国戦線評議会は、12月25日に、チャウシェスク夫妻の身柄を、ブカレストから北へ90km離れたテルゴビシテの軍事施設に移送し、そこでチャウシェスク夫妻の軍事裁判を行い、即決で銃殺刑を決めた。この処刑のニュースは世界中に報道された。すると、政権崩壊後の混乱は次第に収まったという。

チャウシェスク夫妻は、1971年、北朝鮮を訪問した。そこで、北朝鮮の統制ぶりを目の当たりにして、自国でも、その体制を真似た。そのことが、ルーマニアが独裁体制に突き進むきっかけとなった。

当時ルーマニア共産党の要職にあったイエリスク氏は、このとき北朝鮮に同行し、北朝鮮の体制を真似るのはよくないと直言したが、受け入れられず却って疎外され、地方へ左遷された。1989年当時は、技術出版社に勤務していた。

そういう意味でイエリスク氏は、チャウシェスク氏にいささかの私怨があった訳であるが、ルーマニア革命に際して、急いでチャウシェスク夫妻を処刑することの必然性はやはりよく分からない。あるいは、国外追放する手もあったと思われるが、流れを変えるためには、ある程度過激なこともせざるを得なかったという言い訳であるようである。

ともかく、チャウシェスク夫妻が1971年から、政権崩壊までの約18年間、どんな悪政を敷いたのか、別途調べてみる必要がありそうである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1627

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年12月31日 00:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「島根死体遺棄進展なし」です。

次のブログ記事は「P≠NP」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。