2010年1月アーカイブ

自発的均衡の破れ

| コメント(4) | トラックバック(0)

先日社内で、ある知り合いの女性管理職と話したとき、浮かぬ様子だった。理由を聞いてみると、ある遠隔の地の部門のマネジャが、事情があって転勤するのだが、そこのマネジャのなり手がいないので、兼任してくれ、と上位マネジメントから言われたのだという。

何しろ簡単には行けない遠方だし、様子は分からないし、実にやりたくない。そこにいる人達とも、通り一遍以上の知り合いでもない。しかし、と彼女はいう、自分はNOと言えないのだ、と。

そういえば、私も比較的、NOと言えない人間だった。しかし、なぜNOと言えないのだろう。その理由を書いてみる。

  1. 上司からの指示は、断われない。今後の信頼を失うかもしれないから。
  2. 仕事というものは基本的に、断るものではない、という信念がある。
  3. 無理なようでも、頑張ってやることで、スキルと忍耐力がつく。
  4. プライドが邪魔して、出来ないと言えない。
  5. 自分が断ると、この嫌な仕事が、誰か他に廻される。それは、申し訳ない。
  6. 普段お世話になっているあの人だから、断れない。
  7. 部門で、自分しかできないと思うと快哉である。
  8. ここを無理しても引き受けると、今後のつながりができて、こちらからも依頼しやすくなる。
  9. 仕事をやりすぎると、ランナーズ・ハイならぬ、ワーカーズ・ハイになって、気持ちが昂ぶる。

ところが、上記のような理由も実は、自分で勝手に意地を張っているだけで、案外軽がるしく断れる人は少なくない。誰に頼まれようと、出来ないものは出来ない、という次第である。

ともかく、上記のような性格により、仕事を請け始めると、あれよあれよと仕事は磁石に吸い寄せられるようにやってくる。というのは、断れない性格の人というのは、意外に奇特なのである。こうして次第に、パニック寸前の状態になる。

一方、平気で断れる人のところには、仕事は次第に行かなくなる。もちろん、あいつはやってくれないと、陰口を叩かれることがあるが、それがどうした、である。

このように、自然にワークロードの不均衡が生じてしまうことを私は、南部陽一郎の自発的対称性の破れをもじって、自発的均衡の破れと呼ぶ。

そうやって忙しくなった本人は夜会社で一人になったときふと呟くのである、あまりにも理不尽ではないか、と。そう、理不尽でない訳がない。もとはほんのちょっと、断るのが苦手か平気なのかの違いでしかないのである。

ここまで書いて新聞をみたら、パレートの法則というのが書かれていた。それは、全体の80%の仕事は、20%の人によってなされる、というものである。すると、断れない人達は、その20%に含まれるのか。そして、パレートの法則が成立する理由は、微妙な仕事の断りにくさなのか。などと、思案は巡る。

一方、全体の20%の仕事をする80%の人達というのもいる訳であるが、コスト・パフォーマンスという意味では、全体の80%の仕事をする20%の人になることは、実に呪うべきこととなる。なぜなら、会社というものの性質上、給与が劇的に違うということは、あまりない。逆に、全体の80%の仕事をする20%の人になると、自分を見失って、昇進を逃したり、家庭を壊したり、仕事をやりすぎて逆に恨まれたりと、得る物に対して、失う物があまりにも多い。割に合わないこと甚だしいのである。

それなら、全体の20%の仕事をする80%の人になって、全体の80%の仕事をする20%の人と大して変わらない変わらない給料をエンジョイするほうが、はるかに幸せである。そうやって安穏と生きていても、うまくいくと上司に取り入って望外の昇進ができるかもしれない。

では、それでよいのかというと、そうでもない。すなわち、この厳しい時代にあって、静的にパレートの法則に普通に従うような組織では、他の組織との競争に勝てない。強い組織では、ほぼ全員が、全体の80%の仕事をする20%の人になっている。これは数学的には明らかに矛盾する表現であるが、ニュアンスは分かってもらえるだろう。

おそらくであるが、マクドナルドでも、ニトリでも、サイゼリアでも、ユニクロでも、断れない人だけが苦労を背負わず、全員でうまくワークロードをシェアして頑張っていける風土になっているのではないか。すなわち、パレートの法則の分布に常に擾乱が与えられている。管理職として、自分なりに苦労してきた経験から、ふとそう思うのである。

糸谷哲郎

| コメント(4) | トラックバック(0)

先日のNHK杯戦の、糸谷哲郎五段対鈴木大介八段の将棋は、糸谷五段の対振飛車右玉戦法が圧巻で、途中の綾はあったものの、結果的に糸谷五段の圧勝であった。この一局に限れば、才能の差を見せ付けたといえる。糸谷五段は、この前のNHK杯戦で谷川九段に勝っているし、解説の片上五段も言っていたが、最早A級棋士に勝っても、誰もフロックとは呼ばない、押しも押されもしない大物である。ただ、いまいちムラがあるようで、順位戦はまだ、C級2組に留まっている。

ところで、解説の片上五段と糸谷五段は、森信雄門下の同門で、片上五段もそれなりに有望若手であるが、二人に共通するのは、一流国立大学に合格していることである。

片上五段は、プロ四段になる前に、プロ棋士修行しながら、既に東大法学部に合格していた。本人曰く、受験勉強はクイズを解くようで楽しかった、ちょっとチャレンジしてみたかっただけです、と軽く言う。そして、プロ四段になった後はそんなに真面目に授業には出なかったようであるが、それでもきっちり卒業している。なかなかできないことである。片上五段の偉いところは、某麻雀プロのように、「東大式○○」みたいに学歴をひけらかすことなく、淡々と棋士として励んでいることである。

一方の糸谷五段は、大阪大学文学部に在籍しているが、とてもユニークなのは、プロ棋士になってから大学受験し、しかも、一般の人が普通に受けても決して簡単ではない阪大に合格したことである。早稲田大学などの一芸入試を利用して受かった棋士は、丸山九段他数人の将棋棋士がいるが、プロ棋士として国立大学に受かったのは初めてだという。しかも、文学部では哲学、特に、難解をもって知られるハイデガーを研究したいというのだから恐れ入る。

それではハイデガーを研究することで、将棋の奥義を窮められるかというと、おそらく違うだろう。むしろ、故升田九段も指摘するように、あまり余計なことに頭を使うと、確実に将棋がおろそかになる。だから、升田も大山も、囲碁などの勝負事は趣味にしても、まともな教養事には取組まなかった。当時将棋界随一の教養人は、木村名人の息子で、早稲田の大学院を出た木村義徳だったが、一旦はA級八段までいったものの、木村義徳の将棋を評価する者はいない。

ただ、羽生名人などみていると、タイトル戦に向かう新幹線のなかで、遺伝子に関する本を読んだりしているそうである。羽生名人は明らかに、受験勉強の才能はなかったようで、大学に進学する気も全くなかったようであるが、それでも、一般教養に敬意を払うという姿勢では、糸谷五段と通底するものがある。

こうして、何も結論めいたことは言えないのだが、おそらく文学、哲学などの教養は、将棋に、何ほどか彩りと広がりを与える、ということはあるかもしれない。糸谷五段の将棋にはまだそれが見えてこないが、羽生名人の将棋には、分からないことを突き放す感じに教養を感じる。ただ、升田九段の影響なのか私は、どうしても教養は、将棋には邪魔としか思えない。例えば、将棋に対する努力のすさまじさで、糸谷五段は、宮田五段には及ばないだろう。なぜなら、糸谷五段が哲学書を読んでいる間に、宮田五段は将棋の研究をしている。糸谷五段は結局、宮田五段にも追いつけないのではないか。

しかし、羽生名人も、糸谷五段も、そんな将棋に邪魔になるとかならないとかどうでもいいのだ、将棋以外のことも考えたいから考えるのだ、というところだろう。開き直るという意識さえない。片上五段だって、東大に行くと将棋に差し障るかどうかなどとも多分考えていない。行ってみたいから行ってみた、というだけだろう。

ここまで書いてきてやっと分かったのだが、才能の有無云々以前に、私は、羽生名人や、糸谷五段、片上五段達が、下手に目先に捉われずやりたいようにやってきているように見えることが羨ましくてならないようである。俺は今まで一体、自分の何に拘って卑屈になっていたのだろう、と問い返してみる次第である。

選択集中とロングテール

| コメント(1) | トラックバック(0)

私のJAL倒産の記事に関して、私よりも旅行業に詳しい友人とメールでやりとりしていると、旅行会社のある方針について、次のように聞いた。

すなわち、少数の富裕層の顧客の売り上げが全体の大部分を占めるので、少数の富裕層に対して選択集中するマーケティングを行うのだという。例えば、格安チケットはネット販売のみにする、体面販売は、富裕層に絞る、ということである。そして、富裕層の顧客にはリソースを投入して、贅を尽くしてお金を投入してもらう、という次第である。

こういうやり方は、コストパフォーマンスとして、確かに有効であろう。少ない手間で、多く稼げるからである。しかし、果たして安定な解なのか、という疑問は残る。ただ、ちょっと思案しても、資本主義の世の中として、常にある割合で富裕層はいるので、風見鶏のように富裕層のみをターゲットとし続けることに何の疑問もないように思われる。

ところがである。インターネットとオープン・イノベーションが隆盛してくると、もの凄いものが只で手に入る。例えば、シミュレーション・モデリング・ツールのSciLabである。これは、MathWorks社のMATLAB/Simulinkと似たような機能を提供するのに、それ自体は、オープンソースである。一方、MATLAB/Simulinkは、1ライセンス1000万円程度もする。

これはほんの一例であるが、このように少し前まで富裕層にとって特権であったもののかなりの部分が、庶民にも手が届くようになったとすると、富裕層スペシャルみたいなアイテムの希少価値が下がる。こうなると、富裕層ターゲッティング・ビジネス・モデルは、どんどん痩せ細っていく運命になる。

うまく論理付けできないが、JALが落ちぶれたのも、このような富裕層ターゲッティング・ビジネス・モデルの没落と相関があるような気がする。

そうしてみると、現代の主要な勝ち組はみな、マックのマニュアルに書いたように、富裕層ターゲッティング・ビジネス・モデルとは真反対の、低価格とサービスにより、庶民を勧誘するモデルである。すなわち、ニトリサイゼリアユニクロ、餃子の王将、及びマックである。それをロングテールと呼んでも、大きな間違いではないだろう。手間をかけて、末端を相手にするのだから。

そして、なにしろ手間がかかるので、ワーク・ライフ・バランスなんて安易に言っていられない。ロングテールは、うんざりするほどしんどいのである。

大相撲改革

| コメント(0) | トラックバック(0)

相撲観戦に行ってからにわかに興味をもつようになった大相撲であるが、昨今、揺れている。貴乃花が、破門覚悟で日本相撲協会の理事選挙に出馬しようとしたり、暴力事件報道があった朝青龍が優勝して、横綱の品格を再度問われたり、などである。そんな中で、次のような報道があった。リアルライブからの引用:

大相撲に大きな変革期が訪れようとしている。貴乃花の"黒い交際"が写真週刊誌にスッパ抜かれたが、この記事は、日本相撲協会幹部の某が貴乃花潰しのために意図的にリークしたものといわれている。この某は、以前から闇権力との癒着が噂されていた人物であり、協会内の揉め事を収める役割を果たしているといわれてきた。

このリークにより、貴乃花の当選の可能性がなくなったといわれていたが、逆に露骨な貴乃花潰しに義憤を感じている若手親方衆が増えているという。つまり、圧力をかけることで、貴乃花に判官びいきの感情が協会内部で巻き起こっているのだ。

言い換えれば、若手や反対論者をスキャンダル暴露、闇の勢力を使った嫌がらせなどで潰してきた今までの協会の問題体質を、貴乃花は身をもって世間に知らしめたのである。協会の若手親方衆の中には、貴乃花のチケット販売方法の改善や升席の人数改善、ファンクラブ運営、力士の老後保障などに共感を示す者も多数出ており、貴乃花が逆転当選する可能性も出てきたのだ。

某一門が立会人によって、投票用紙をチェックするという暴挙に出る動きもあったが、所管省庁の指導により、チェックのない自由投票となる方向で固まりつつある。政府サイドも相撲界と闇権力の癒着は大いに注目しており、これを機会に一掃しようとしているともいわれている。

協会の古い考えに束縛された幹部たちが、貴乃花に圧力をかければかけるほど、相撲界の問題点が浮かび上がり、封建的な体質を露見することになる。幹部たちと貴乃花の戦いは、貴乃花が頭脳戦を駆使して、一歩リードする形になったようだ。この結果は、当然といえば当然である。賢妻・景子夫人という作戦参謀がついている貴乃花が、簡単に敗れるわけはないのだ。貴乃花の改革に日本中が注目している。

友人とのメールのやりとりに示唆されたのだが、この記事にコメントする前に、先ず、相撲は本当に国技か、と問う必要がある。すると、両横綱はモンゴル人だし、四人の大関と、二人の関脇の中にも、ブルガリア、モンゴル、エストニア出身の三人が含まれている。もし国技と言い立てるなら、三役のうち、せいぜい、横綱の一人と大関一人くらいが外国人で、他は日本人であるべきであろう。例えば、国技ではないが国民的スポーツと言えるプロ野球では、外国人枠が厳しく決められている。

大相撲でも、外国人枠を決めてもよいはずなのに、そうなっていないのは、おそらく次のような事情による。

  1. 野球やサッカーなどのスポーツの人気が相対的に高まった結果、相撲に入門しようとする若者が激減した。そもそも相撲は3Kであって、稽古はきついし、封建的だし、肥満体で裸で出場するし、スマートでない。
  2. ところが、一定数の弟子を確保する必要がある相撲部屋としては、モンゴルや東欧など、比較的貧しくて、日本に来たら相対的に稼げる子息が貴重な人材源となる。
  3. そういうところから来た子供達は、体力や運動神経で、平均的な日本人に優り、稽古によって上位に上る。

こうして、上位陣を外国人が占めて、国技としての誇りをもつ昔からのファンは悔しい思いをするが、なにしろ実力が建前なので、致し方ない。ただ、日本に生まれ育っていない外国人は、どうしても文化の微細な点で、相撲のルールを共有しにくい。だから、モンゴル人である朝青龍は、何度も横綱として品格を問われることになる。とはいえ、同様にモンゴル人である白鵬は、相対的に品行方正なので、人によるのであるが。

さて、日本相撲協会にまつわる人達は、国技という名前の下に、多くの特権を享受している。そこは恐るべき階層社会でまた、因習だらけの世界でもある。例えば、把瑠都の事件など、その典型である。それもまた、日本の伝統に根ざすものである。ところが、これだけ外国人力士が増えてくると、なかなか、日本古来の、ある意味陳腐化しかかっている価値観を押し付けにくい。

また、時代の移り変わりもある。フラッグシップ・カンパニーの誇り高きJALも倒産するような時代にあって、ひとり、日本相撲協会だけが国技という建前の下に、古い因習を引き摺り続けることが許されると考えるのは、甘すぎる。

だから、貴乃花がその妥当な人材なのかどうか私には疑問なしとしないが、ともかく、日本相撲協会に体質改善を主張する理事候補が現れてくることは、いささかでも組織が自浄作用をもつなら必然であり、それをさらに権謀術策をもって封殺しようとは、日本相撲協会は末期的様相を呈していないか。

ということで、私は、貴乃花に是非当選してほしいし、それをきっかけに、日本相撲協会の風土刷新の気風が盛り上がることを期待するものである。

郷田の不戦敗

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は、将棋連盟のWebページを見てプロの対戦結果を眺めるのが日課になっているが、先日の1月21日の結果をみて、怪訝に思った。竜王戦一組の対戦で、森内に対して、郷田が不戦敗になっているのである。こういうメジャーな棋戦での不戦敗というのは、ほとんど見たことがない。事故か病気か、とそのとき思った。すると、読売新聞Webに以下の記事があった。

第23期竜王戦(読売新聞社主催)の対局を寝坊で不戦敗となった郷田真隆九段(38)に対し、日本将棋連盟(米長邦雄会長)の理事会は27日、罰金として竜王戦関連の収入から50万円を返納するよう勧告、指導対局などのファンへの奉仕活動1日を科した。

郷田九段は勧告に従う。タイトル通算3期のトップ棋士に対する処分は異例。

不戦敗になったのは今月21日に予定していたランキング1組初戦、森内俊之九段(39)戦。郷田九段は前夜寝付けず、寝過ごして対局時間に間に合わなかった。観戦記は読売新聞に掲載される予定だった。

米長会長は「最上位の1組での不戦敗はファンの信頼を大きく裏切る行為。今後こうした事態が起きないよう全棋士に注意する」と話している。

なんと、郷田の寝坊だったとは驚きである。郷田は、クラスがA級であり、会社で言えば役員クラスの地位である。そして、竜王戦一組の対戦といえば、重要な役員会議に相当する。それを、忌引きでも事故でも病気でもなく、寝坊で不戦敗になるとは、言い訳はできない。米長会長が課す懲罰も、軽すぎるほどである。

郷田といえば、次のような「事件」もあった。それはたしか、2006年のA級順位戦で、久保相手に、時間内に指さなかったという疑惑を生じた。秒を読まれて、60秒になったのでは、ということである。ときの将棋連盟会長中原が間に入って、対局が一旦中断した。時間切れなのだから郷田は投げるべきだ、という意見もあった。しかし、結局指しついで、郷田が勝った。郷田は結局名人に挑戦した。どうしても味の悪さは残る。

また、2007年の名人戦第1局でも、郷田は、扇子の音事件を引き起こした。

だいたい、棋士というのは浮世離れしており、石田九段など笑ってしまう失敗が多い。その乗りで郷田九段だって、といいたいところだが、どうしても私には、郷田の失敗に無邪気さが感じられないのである。「時間切れ」事件などまさにそうで、微塵の潔さもない。だから、今回の寝坊で、郷田がどれくらい反省するのか、よくわからないでいる。一方で、そういうふてぶてしさが勝負師のとしての厚みになっているのは確かであるが、一流棋士性としては疑問をもたざるをえない。

計画と実行

| コメント(2) | トラックバック(0)

世の中は、考えてもよく分からないことが多いが、私にとって政治もその一つである。そんな私だが、最近の政治家が、選挙前にマニフェストなるものを掲げるのをみて、感心した。昔はこれを公約と言った。公約なんだから、公にする契約なんだろうけど、公約は大体破られるものだと相場が決まっていた。

ところが、マニフェストは、本当にこれを守るように努力するそうである。ほんとか、選挙対策に過ぎないのではないか、と昔から、空しい公約に慣れてきた私は思った。

民主党はそれでも、実際に政権を取ったら、本当にマニフェストを守るように行動し始めている。長妻厚生労働大臣など、それのいい例である。ただ、そうは言っても、なかなかマニフェストどおりにいかないことの方が実は多い。

それでも、約束は約束なんだから、石に齧りついても政治家はマニフェストを実行すべきである、という意見が一方にあり、他方では、国民の信頼に答えるために敢えて、マニフェストどおりやらないことが必要なこともある、という意見もある。どちらが正しいのだろうか。

この答えは実は決まっていて、後者が正解である。なぜなら、施政者を何らかの行動体と想定すると、それはある意味制御される機械と考えることができる。言い換えると、ある入力に基づき、ある目的を達成するためにある行動を採るのであるが、それは、単にある入力を入れると、それを実行すべき行動が出てくる関数のようなものではなくて、出てきた結果をフィードバックして、さらに結果を練り直す、いわゆる力学系または自動制御系のようなものでなくてはならない。そうしないと、刻々変化する実情に対応できない。

そう考えると実は、マニフェストなるものは、力学系または自動制御系に与える初期値のセットに過ぎないことが分かる。もしそうであるなら、マニフェストは決して墨守すべきものではなく、ある程度おおまかに決めておいて、次第に修正していけるようにすべき、ということになる。すると、より本質的なのは、マニフェスト自体よりも、現実を認識して、マニフェストを修正していける能力ということになる。

そうはいっても、どんな任意のマニフェストでもいい、ということはない。そもそもまず、マニフェストは、選挙の宣伝文句なのであるから、国民に受け入れやすいものでなくてはならない。その上で、それが、政治という自動制御系に与える初期値のセットであるなら、下手な局所解に陥らないように、ある程度注意深く選ばれなくてはならない。実際、最適化などのために探索システムを構築すると、低い局所解に陥ってしまう危険性が常にある。低い局所解に陥いると、制約条件を一旦緩めて、そこから脱出させなくてはならない。

実は、計画と実行というのは、古くて新しいテーマであって、物事をなすためには、きちんと計画を立てるというのは基本であり、それが無意味だとは普通思わない。しかし、実はもっと重要なのは、状況に適合して計画を修正する能力であって、そこがあまりにも地味なので、見落とされ勝ちになる。

また、これも以外に意識されていないのが、墨守される変更不可能な計画がいかに禍をもたらすか、である。一旦決めた計画を墨守することで、悲惨な状況に陥った例は、旧日本軍の戦略、旧ソ連の5ヵ年計画、中国の文化大革命など、と枚挙に暇がないのである。おそらく、「無計画は、硬直した計画に優る」、という命題は成立するだろう。

東芝の好調

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっと前の記事だが、東洋経済オンラインからの引用:

年末商戦も薄型テレビは人気だが、国内メーカーはまるで儲からない。2008年度、国内首位のシャープ、2位のパナソニックはともに営業赤字。世界2位のソニーに至ってはテレビ事業だけで、1300億円の営業赤字を計上した。

上位総崩れの中、唯一黒字を確保しているのが、事業規模で劣る東芝だ。実際、東芝のテレビ事業は絶好調。国内シェアは06年の1ケタから09年には20%目前と約3倍に上昇した。しかも一貫してシェアを伸ばしているのは東芝だけ。この同社だけのテレビ黒字を、業界通は"電機業界七不思議の一つ"と呼ぶ。

06年2月21日、東芝は薄型テレビの新ブランド「REGZA(レグザ)」を発表した。会場は前年末にオープンしたばかりの超高級ホテル、マンダリンオリエンタル東京。華々しさの裏側で、実は、東芝のテレビ事業は危機に瀕していた。

1990年代のブラウン管時代を経て、時代は薄型テレビへ入ったとき、東芝は大きく出遅れた。03年に液晶テレビに参入するも不振、国内シェアは1ケタ台に落ち込む。現場は「事業の危機を肌で感じていた」(映像グローバルマーケティング部の本村裕史氏)。起死回生を懸け、満を持して投入したのがレグザだ。

レグザの商品企画を担当する本村氏らは、どん底からはい上がるには小手先ではダメ、徹底的に商品性にこだわるしかない、と考えた。ブランドコンセプトを「本物のテレビを作る」とし、高級ホテルでの発表会は、「本物を作るという社内へのメッセージだった」(同氏)という。

確かに、東芝は、シャープやソニーに対して、テレビで出遅れた。2005年頃、液晶テレビを買おうと量販店に行ってみたところ、シャープとソニーがやはり目に付いて、結局、シャープのアクオスを買った。当時、東芝は地味で、顧客の目を引いていないようだった。

そこで、失地回復すべく、東芝が採った手段は、市場ニーズを注意深く読取ることと、機能のこだわりだった。

こだわりは、機能、画質、デザイン、あらゆる面に貫かれた。たとえば外部端子。コスト優先なら2系統、商品性を考えると3系統は欲しい。1端子分のコスト増は100円玉程度になる。猛烈な議論の末、3系統に決定した。画像用LSIでは、半導体設計者が大量の機能を詰め込み、「趣味で作るな」と批判が出たが、「本物を作る」と封じ込めた。

結果が出なければ、それは単なる自己満足と戦略ミス。だが、レグザは評判を上げ、大ヒットとなった。

厳しい環境下でこだわりを押し通すことができたのは、消費者行動の変化の読みに確信があったからだ。レグザ発表の06年当時、若者を中心にインターネット口コミ情報を参照して購入する形が定着していた。専門誌や評論家に、レグザのこだわりに着目、評価してもらうことで、一般への口コミパワーを期待した。

もともと04年から他社のパソコン用外付けHDD(ハードディスク駆動装置)を利用可能なモデルを出すなど、AV機器に詳しいユーザーの心をくすぐる努力をしてきた。それがレグザのこだわりと相まって、「(マイナーだが)画像がきれい」「外付けHDDを使えてお得」といった評価がネット上で定着した。

口コミサイト「価格.com」を運営するカカクコムの鎌田剛執行役員は、「サイトでの人気はシャープのアクオスが圧倒的だったが、06年秋ごろレグザが急上昇。08年には一番人気を確立した」と証言する。

これを見て改めて感じるのは、以下の点である。

  1. 一打逆転の意地
    東芝にとって、テレビは特に基幹の製品ではなかったが、昨今のAVの時代で、売れ筋になると読んで、一打逆転の意地を見せた。
  2. シーズ・オリエンテッドでなく、ニーズ・オリエンテッド
    東芝は、シャープの液晶のような特徴的な技術をもたないが、特許出願の引用/被引用インデックスがトップであることから分かるように、実は技術の総合力がとても高い会社である。しかし、技術の総合力が空を切らないように、とても慎重に、インターネット口コミ情報を参照してニーズを探った。こうして、レグザには、東芝の総合力が遺憾なく発揮されたと言える。
  3. 集中機能豪華主義
    そう、趣味的とも言える機能を詰め込んで、差別化を図った。こういうのを見ると、フリーを駆使するマクドナルドとは本質的に対応が異なるのである。高額高機能商品であるがゆえの戦略の違いか。
  4. パソコンとの親和性
    世界で最初にノート型パソコンを出した東芝ならではの、PCのノウハウをうまく駆使している。

ただ、本当のところ、東芝には成功するポテンシャルがあり、適切な戦略をもちいたせいで成功したといえるとしても、運の要素も相当なかったかどうか、というところはどうしても残る。そこは常に議論の対象である。

貞観政要

| コメント(0) | トラックバック(0)

行きつけの古書店で、山本七平の帝王学「貞観政要」の読み方、日本経済新聞社刊という本を購入した。昭和58年刊なので、随分古い本である。ただ、自分の関心分野の1つである組織論に関連がありそうなので、例によって感想を交えて、メモしてみる。

まず、貞観政要とはいかなる書なのかというと、中国の唐の時代に書かれた本である。唐の初代の皇帝は、高祖であるが、その子の太宗は、英明の誉れ高く、唐の中興の祖であった。その太宗の時代は、貞観と呼ばれた。

太宗は英明であったが、その後を継ぐ高宗は病弱で、皇后が政務を執るようになった。この皇后が、後世に悪名高き、則天武后である。高宗が死ぬと、その後に幼少の中宗が立てられたが、中宗は廃され、直ぐに叡宗が立てられた。しかし、叡宗も帝位から降ろされ、ついに、則天武后自身が皇帝を名乗るようになった。則天武后とその一族は、唐の中枢部を掌握し、権力を縦にしたが、元老たちは雌伏して、じっと様子を窺った。そして頃合いを見て、則天武后に退位を迫り、幽閉されていた中宗が、皇帝の位に就いた。中宗の幽閉はなんと、23年の長きに亘ったのであった。

その中宗の時代に、史官の呉競が、太宗の時代を偲んで編纂し、中宗に献じたのが、「貞観政要」である。貞観政要は、太宗と側近のやりとりを教訓風に纏めたものである。

本来は、「貞観政要」の原書やその注に当たりたいところであるが、専門的すぎて私の能力を超えるので、山本七平氏の解説を、さらに私なりに要約するという形をとる。

すると、先ず第一は、「兼聴」である。これはすなわち、太宗が、側近の諌言に真剣に耳を傾けた、という話である。実際、太宗は、魏徴という側近に恵まれた。魏徴の一番の長所は、太宗のためを思い、心から直言したことである。直言の中には本当に厳しいものもあり、厳しい皇帝なら、魏徴を打ち首にしたかもしれない。実際、魏徴は直言に命を懸けており、一度ならず、太宗が激怒したこともあった。しかし、太宗は一歩引いて、魏徴の言うことを理解し、結局従った。太宗の度量も半端ではない。

次は、身に着けるべき心得としての「十思」と「九徳」である。

「十思」とは、次のとおりである。

  1. 欲しいものがあるとき、足ることを知って自戒することを思う。
  2. 大事業をなさんとするときは、止まることを知って民の安楽を思う。
  3. 高ころびしそうなときは、謙虚に自制することを思う。
  4. 満ち溢れたいときは、満ち溢れる海は川よりも低いことを思う。
  5. 盤遊びしたい場合は、限度をわきまえ、一方に逃げ道を用意することを思う。
  6. 怠け心が起こる場合は、始めを慎重にして終わりを慎むことを思う。
  7. 自分の耳目がふさがれているのではないかと心配なら、虚心に部下の言うことを聴くことを思う。
  8. 中傷や讒言を恐れるなら、身を正して悪を退けることを思う。
  9. 恩恵を与えるときは、喜びによって賞を誤らないように思う。
  10. 罰を加えるときは、怒りによって重過ぎる罰にならないように思う。

「九徳」とは、次のとおりである。

  1. 寛大だが、しまりがある。
  2. 柔和だが、事が処理できる。
  3. 真面目だが、丁寧でつっけんどんでない。
  4. 事を治める能力があるが、慎み深い。
  5. おとなしいが、内は強い。
  6. 率直だが、柔和。
  7. 大まかだが、しっかりしている。
  8. 剛健だが、中身も充実している。
  9. 強くて勇ましいが、義(ただ)しい。

次は、「上書」で、全能感を捨てる、ということである。いいかえると、権力を振るえばなんでもできる、という思いをもたず、部下や民を思いやるということである。

次は、「六正・六邪」で、人材を見分ける方法である。

先ず、六正とは次のとおりである。

  1. まだ明らかでない兆候を見つけて、そこに存亡の危機を見出し、主人を導く。
  2. とらわれない心で善行を勤め、すぐれたはかりごとを主人に進言する。
  3. 朝は早く起き、夜は遅くまで働き、賢者の登用を進めることを怠らない。
  4. ことの失敗・成功を正確に予知し、早く危機を防いで調整する。
  5. 節度を守り、法を尊重し、生活は倹約する。
  6. 国家が混乱したときは、諂わずに敢えて直言する。

一方、六邪とは次のとおりである。

  1. 官職に安住して高給をむさぼるだけで、世俗に無批判に順応し、ただ周囲の状況を窺っている。
  2. 主人に迎合して、その行いをただ誉めそやし、後害を考えない。
  3. 本心は陰険なのに、外見は小心で謹厳、口が上手で一見柔和。他人の欠点を誇張して、失脚させる。
  4. 自分の非を誤魔化すに十分な知恵をもつ。
  5. 権勢によって自分に都合がよいように基準を定め、自分中心の派閥を作って自分を富ませ、勝手に主人の命令を枉げて、自分の地位を高める。
  6. 邪心をもって主人にへつらい、主人を不義に陥れる。

貞観政要では、六正を採り、六邪を拝するように人材登用を行うべしと説く。

次は、「実需」で、要するに、不要な虚栄心を捨てることを説く。例えば、皇帝だからと、無駄に華美にすることを諌める。

次は、「義」と「志」で、要するに、権力の腐敗や賄賂を排するということである。

次は、「自制」で、情実人事を排する、ということである。これは属人人事というよりもむしろ、縁故人事のことである。また、政治家は宗教や占いに凝るな、とも説く。

次は、「仁孝」で、後継者の条件を述べる。とはいえ、太宗その人も、そのお后も、真に立派な人物であったが、その子らは皆、優れた人物から遠く、太宗は悲嘆に暮れた。もし一人でも立派な息子がいれば、則天武后に出る幕は与えなかったかもしれない。

このような趣旨の、貞観政要という本は、創業よりもむしろ、守文に関する書物であった。守文とは、出来上がった組織の運営のことである。すなわち、会社でも革命でも、最初に興すところは勢いで実行される。それが簡単とは誰も言わないが、一旦出来上がった組織なり国家をどう運営するか、という守文は、創業よりも簡単であるとはいえない。

このような貞観政要は、日本に持ち込まれて、少なくとも源頼朝、北条政子、及び徳川家康が、親しんだ様子があるという。そして、貞観政要を吟読しそれなりに理解して、施策に活用した彼らは、確かに、一定以上の成功を収めたのである。

貞観政要の教えは、孫子と同様に、実際的な意味でも、現代での価値を失っていないと思われる。

先崎学

| コメント(2) | トラックバック(0)

先日のNHK杯戦、羽生名人対先崎八段戦は、きっと羽生の完勝なんだろうな、と思ったら、案の定、そうなった。しかも、ただの完勝ではない。羽生はただ、普通に指しているだけで、何も好手はない。先崎が勝手に暴れて、勝手に転んで、はっと気付くと、羽生の勝勢になっていた。私と羽生が平手で指しても、この程度の酷さには落ち着ける。いや、下手したら、私が羽生と指しても、あれ以上に接近した局面を作ることができるかもしれない。

それでは先崎が弱いか、というと、そんなことは全くなく、プロの中でも、先崎の将棋は、玄人受けする。手がよく見えるし、本格的なのである。また、将棋に明るく、よく将棋を知っている。将棋の解説をさせたら、なかなか先崎の右に出る者はいない。だから、B級2組でうろうろしている将棋ではない。A級を常に狙う位置をキープしていてもおかしくない。

そんな先崎であるが、羽生との対戦成績は、1勝14敗。一方的以上のものがある。純粋に実力差の戦いなら、せいぜい、5勝10敗くらいではないか。

では、なぜ羽生に一方的に負けているのか。その理由を示唆する、次のようなエピソードがある。すなわち、私の棋友が勤務している会社に、先崎が、指導棋士として訪れた。棋友は、先崎の強さを誉めそやす。いやあ、手合いによらず、圧倒的で全く勝てない、と。それはそうだろう。先崎は名うての手が見える棋士である。普通のアマチュアごとき、ノータイムでぶっとばすだろう。そこで、酒が入ったときなのか、先崎は、次のようにつぶやいたという。「僕は、アマチュアは馬鹿だと思う。」

なんと、アマチュアを愚弄するのか、と怒りたいところだが、先崎には単に本音だろう。子供の頃から内弟子でやってきた先崎にとって、なんのかんのといっても、将棋の強さ、という価値観は絶対である。それ以外の価値観は意味がない。

先崎と並んで、アマチュア向けによい解説をする棋士に、勝又清和がいる。勝又は、どうしても将棋では先崎に及ばない。しかし、間違っても、アマチュアは馬鹿だなどと口走ることはないだろう。それは大学の理学部で数学を学ぶなど、将棋以外の世界を広げているからである。

そういう意味では先崎は、相当な読書家らしいが、どうしても将棋中心主義から脱却できない。そういう将棋中心主義という価値観を強くもち、また、将棋に明るいという感性があると、羽生という棋才に出合ったとき、彼我の棋力差をとてつもないもののように感じてしまうのだろう。虫眼鏡で拡大してしまうのである。

そうやって立ちすくむと、到底堂々たる戦型を築くことができない。本来本格的な将棋なのに、羽生に対しては奇襲戦法を採ったり、無理して攻めたりと、余計に傷を深めてしまう。

私は実は先崎は、好きな棋士の一人であって、もし将棋で私が馬鹿にされても構わない。ただ、将棋の棋力に関して比較的一次元的価値観をもち、そのことが、超一流への道を塞いでいるとしたら、残念である。

と書いているうちに、(羽生+芹沢)÷2=先崎、という意味不明な方程式が浮かんだ次第である。

ソフトIP

| コメント(0) | トラックバック(0)

Law & Technologyという雑誌の2009年10月号に、ソフトIPの解説があったので、学習のためにメモしてみる。

どんな特許法の解説本にもあるように、そもそもが、知的財産権というのは物権的な排他権をベースとしている。それの最も強い権利行使は、差止請求権である。しかし、オープン・イノベーションなどと喧伝されている世の中になってくると、あまりに排他権の側面に拘りすぎると、公共の福祉、知的財産の取引と活用などに支障がみられるようになってきた。

このあたりの事情は、特許権の効力にも書いたが、ここでも補足すると、まずホールドアップ問題がある。これは、1つの製品に多数の特許が絡む、いわゆる「特許の藪」に起因して、製品に関与する特許すべて見つけることの困難、あるいは、そういう特許を見出して、それらをすべて迂回し、またはライセンスを得ることの困難がある。

製品を開発し、製造し、販売するということは相当のリソースを投入しているので、あまり本質的でない特許であっても、それに侵害しているということが分かると、回避しにくい。そこを特許権者に足許を見られて、法外なライセンス料を吹っかけられる可能性が生じる。そもそも、特許のライセンス料には、消費者金融のような、利率の法的な縛りがある訳ではない。

さらに、別の側面として、権利移転に伴う、ライセンスの失効がある。例えば、ある会社Aが、別の会社Bから、Cという特許のライセンスを得ていても、Bが他の会社に権利を移転してしまうと、他の会社と新たなライセンス契約を結ばないと、Aは最早その特許を使うことができなくなってしまう。それを防ぐには、予め、Aに、Bに対するCの通常実施権を特許庁に登録してもらうことである。しかし、これは、個々の特許に対して行わなくてはならず、しかもその手続きは非常に煩雑である。私の経験では、手続きに熟練する弁理士は非常に少ない。

このような問題に鑑みて、平成19年に、産業活力再生特別措置法の改正により、特許番号を特定することなく、包括的ライセンス契約毎に通常実施権を登録する制度が創設された。しかし、登録しないとライセンシーが対抗要件を具備しない、ということには変わりがない。

米国やドイツでは、ライセンス契約により保護されていたライセンシーは、権利移転後も、保護される。まさに、オープン・イノベーションの促進のためには、このようなライセンシーの保護こそが望ましい。

さらに技術標準との関係がある。すなわち、1つの技術標準には、一般的に多数の特許が関与し得るので、ここでも上述した、特許の藪及びホールドアップ問題が生じ得る。もし確立された技術標準を狙う、パテント・トロールなどの特許権者がいると、その影響は計り知れない。

技術標準については、パテント・トロール以外にも、多数の特許が関与することによる、累加したライセンス料の高騰という問題もある。一群の特許のライセンス料の徴収と金額の合理化のために、パテント・プールが組織されることが多い。それでも、パテント・プールへの加入は任意であって、パテント・プールに加入していない特許権者から、過大なライセンス料が課せられる可能性は常にある。

当該雑誌に記事において、ここで、裁判における権利の無効化問題が出てくるのであるが、私はこの文脈で、この問題が言及される意味が分からない。そう思って読んでみると、どうも、安易に差止請求を認めるので、訴えられた者が特許無効を主張して争うことになる。もし、差止請求を認める要件を厳しくすれば、無効より、そちらの要件の適合性で争うので、権利の安定化が図られるのでないか、ということらしいが、差止請求を認める要件を厳しくしたとしても、依然として、損害賠償の方は残っており、するとやはり、特許無効を主張するであろう。

さらに分からないのが、この文脈で、未利用特許問題が言及されていることである。この原稿を書かれているのは、経済産業省産業政策局の役人であるので、未利用特許を有効に活用することが、なにか資源のリサイクルのように有意義であると勘違いされているのではないだろうか。特許管理と特許実務をやってきた私は、未利用特許が多数発生するのは当然であって、特許出願というのは、可能性を見越して、あるいは防衛的にも多数出願される。すると、かなりのものは外れた宝くじのようになるのは、致し方ない、という意見である。その中で活用できるものがあるかもしれないが、多くないだろう。

さて、前置きが長くなってしまったが、いよいよ、ソフトIPとしての特許法改正の提言である。

  1. その第1は、信義則・権利濫用禁止の明文化であって、すなわち、「特許権に基づく差止請求権の行使は信義に従い誠実に行わなければならず、その濫用は許されない。」というものである。ただ、私の疑問は、このことは既に民法第一条に規定されており、もし条文で謳うとしたら、確認的な意味しかないのではないか、ということである。おそらく、eBay判決を意識しているのだろう。ただ、そうは言っても、実際に特許権者が特許を使用していないと差止請求権が請求できないとまで規定するのは行き過ぎであろう。ここはまだ、長い議論を要しそうである。
  2. その第2は、技術標準のための新型裁定制度である。すなわち、技術標準の利用者と、技術標準に組み込まれた必須特許の特許権者の間に、ライセンス契約を成立させ、当事者の間の協議が成立しないと、第三者機関がライセンス料を裁定する、というものである。これに対する疑問は、次のとおり:
    • 技術標準といっても、ISOやJISなどの公的なものならいいが、IEEEなどのデファクトの場合、どうなのだろう。改めて、政府が認定するのだろうか。デファクトの方が、昨今ではむしろ主流であるが。
    • 技術標準における必須特許の確認を安易に考えすぎていないか。技術標準でも、パテント・プールでも、何が必須特許なのか、というのはいつも議論になる。
    • 第三者機関は、どうやって認定するのだろうか。
  3. その第3は、技術標準のためのADR(裁判外紛争解決手続)前置主義である。これは頷けるし、こういうところが、ソフトIPというか、ソフトローの白眉であろう。
  4. その第4は、LOR(License of Right)制度の導入である。これは、あまり利用されていないが、今でもあるといえば、ある。ただ、今の提案は、LORの公示により、特許料を減免するなどの措置をとる、というものである。

記事によればさらに、特許2.0なるものが、提案される。今までに述べられたことのまとめのような意味がある。

  1. 差止請求に代えて、交渉請求権と、付加金請求権を特許権者に与える。すなわち、裁判所の認定により、特許権者は、特許侵害者を、ライセンス交渉の場に引き出すことができる。そして、もし交渉に応じないならば、特許権者は、侵害を先ず証明して、通常の損害賠償額以外に、付加金として、損害賠償額と同程度の額を請求できる。すなわち、二倍訴訟を許容する、ということである。
  2. また、特許2.0では、金銭救済がメインとなるので、金銭救済を充実させる。例えば、特許権者の研究開発費用も請求できる、などである。ただ、私の意見としては、あまり金銭救済を手厚くすると、結局、トロールに利するのではと懸念しないでもない。
  3. 侵害継続の防止としては、差止請求しないのだから、特許侵害者は侵害活動を継続可能である。そこで、新たに裁判を起こすことなく、将来に亘っても損害賠償できるような手当てをしておく。
  4. また、ライセンシーは、特許権の移転があっても、その実施権を保護されるものとする。ただ、それはもちろん、元のライセンス契約によるわけで、元のライセンス契約の規定する年限の範囲である。ただ、本当に要望されるのは、通常実施権登録などしなくても、債権的なライセンス契約だけで、第三者に対する通常実施権の対抗要件を与えるような米国的法制であるが、これは、日本の財産法の枠組みには適合しないのだろうか。
  5. 現在の特許法では、共有特許のライセンスについては、他の権利者の同意を必要とする。そこでこれを、他の権利者の同意なく、他社にライセンスできるとする。今でも、別途の覚書で、他の権利者の同意なく、他社にライセンスできると謳うことにより、その規定はoverrideできるが、別途の覚書を要すること自体、面倒である。
  6. 最後は職務発明の規定である。ある意味評判の悪い、特許法第35条を改訂して、職務発明の対価を、企業や組織の雇用契約などに従うようにする。現在のように、「相当の対価を受ける権利を有する」と、特許法で謳うと、相当の対価とは一体いくらかと、発明者が裁判に提訴し、中村修二氏のようなケースも発生しえる。それは一部の発明者には福音かもしれないが、企業側にとって、頭痛の種を増やすだけである。また、世界的にみても、このように発明者を手厚く保護するのは、ドイツと日本くらいである。今や、それを再考すべき時期にあると思われる。

以上から、ソフトIPは、次のように纏められる。

  1. 差止請求権を制限する。
  2. 代わりに、金銭的救済を充実化させる。
  3. 特許権の利用を促進する。ライセンスなどを活発化させるような制度にする。
  4. 企業活動の障害になるような発明者の補償権は制限する。
  5. 第三者仲裁機関をより有効に活用する。

会話の盛り下げ方

| コメント(2) | トラックバック(0)

CAREERzineのホームページに、会話を盛り下げるテクニックというのがあったが、面白いので、メモしてみる。これは、付き合いを断るには、有効である。

(1)シャイな人を装う
キーポイントは、無愛想でなく、シャイである。無愛想だと、社会性自体を疑われる。話を振られたらボソボソ、頭を掻きながら、俯き加減で話せばいい。

(2)弱音を吐かない
弱音を吐くということは、意図しなくても、先輩や異性の保護欲をくすぐることになる。

(3)興味を持たせるフックは取り去る
興味を持たせるフックとは、相手が飛びつくような意外性を話題に含める、ということである。例えば、「料理は好きですか」と聞かれて、「ええ、最近は、トマトを使ったイタリア料理に凝ってます。」などというと、沢山突っ込みどころを与える。ここはさらりと、「ええ、でも食べるのが専門です。」とか、「そうでもありません」とか、そっけなく答えるのがテクニックである。

(4)お酒をあまり飲まない
これは、お酒が好きな人には通用しないが、それでも、嫌な奴というのもいるので、あまり飲み会が好きだと標榜しないほうがいいかも。

(5)ミラーリングしないようにする
ミラーリングというのは、相手の行動や言動をまねることで、会話でも、復唱したり言い換えたりするような会話である。「寒いですね。」「ああ、本当に寒いですね。」など。これを言うと、親近感を高めてしまう。

(6)仕事の話だけをする
仕事以外の話に広げると、じゃ、仕事のオフのとき、付き合おうとかいう話に発展してしまうことがある。

(7)疑問形を使わない
疑問形を使うと、付き合いたい人は、喜んで答えてきて、会話が弾む。盛り下げるためには、会話を弾ませてはいけない。

(8)自慢話は流す
自慢話に相槌をうつと、延々と一人で盛り上がる人がいる。それでも、奢ってもらうという下心があるなら、それもあるかもしれないが、そうでないなら、「俺、こないだ地区の囲碁大会で優勝したんだぜ」と言われても、「ああ、そうですか」としれっと答えておけばいい。

(9)いちいち考えこんで会話のテンポをずらす
「趣味は?」と聞かれて、「ええと、ううん、特に・・・」とか考えながら、テンポを弾ませないと、「この人は悪い人ではないけど、特に面白い人ではないなぁ」と思われる。

よくネクラと言われる私だけど、これを全部実行する勇気はない。逆に、これを全部実行して、それでも、尊敬を失わないとしたら、きっと、ゲーテルやフォンノイマン並みの天才なんだと思う。

一方で、女性で、話していて、まさに上記のような対応で、私をかわそうとする人がいる。あまり嬉しくないといえばそうだが、だいだいが私は、女性に親しくしてもらったことが少ないので、そういうもんだとも思う。

また、それとなく観察していると、世間には、どうも本質的に社交的でない人というのが、男女を問わずいるようである。もし仮にそういう人が異性として魅力的であったとしても、この慌しい世の中では、いろいろなことが多すぎて、上記のような対応を続けると、次第に首尾よく埋没していける。でも、それで本当に満足なのか、と一見非社交的で実は寂しがりやの私には、理解できないでいる。

そう思っていたら、実家の父から電話があり、近所の人を集めて、新年からカラオケをするそうである。考えてみたら、私の実家は、昔から、暇さえあれば近所の人が訪ねてきて、酒を飲んだり、雑談したりという社交の場であった。酔っ払いが騒いだりして、子供ながらとてもそれがうっとおしいと思ったものだが、そういう喧騒がある意味バックグラウンド・ノイズとしてあるのが当然となって、静謐を好みつつも、そういう喧騒もどこか期待する性格になってしまったようである。そういう私はやはり、盛り下げ会話には徹することができない、ということが分かった次第である。

国家の人工性

| コメント(0) | トラックバック(0)

つくられた共産国家の記事を書きながら自然に浮かんだ概念は、「国家の人工性(artificiality of a state)」である。そこには何一つ、私のオリジナリティはない。以下のメモは、何一つオリジナルではないけれども、とりあえず浮かんできた、泡沫の概念を並べてみただけのものである。

それでは、国家の人工性とはどのようなものだろうか。思いつくままに列挙してみると、

  1. 先ず、つくられた共産国家の文脈では、他国の利害に基づき建設された国家ということになる。そういう意味で最も人工国家に相応しいのは、イスラエルである。といいつつ、バルフォア宣言のあたりの経緯を書きたいが、不勉強で何も書けない。あるいは、より人工国家と呼ばれるに相応しいのは、現代のイラク、アフガニスタンである。そこでは、米国の手配で選ばれた大統領が、国民からの少ない支持で、形式的に国を治めているにすぎない。
  2. さらに人工度が高いのは、傀儡政権である。典型的には、ナチス・ドイツによって作られたフランスのヴィシー政権、日中戦争で日本によって中国に作られた汪兆銘政権などである。そういう意味では、アフガニスタンのカルザイも、米国によって作られた傀儡政権といえるだろう。
  3. 建国の根幹でなく、選択肢に他国が関与するという意味の人工性もある。つくられた共産国家で述べた、共産主義中国がそうである。さらには、レーニンなどの一派がうち建てたソヴィエト連邦も、実は、ロスチャイルドなどの陰謀に支えられた人工国家である、という意見もある。実際、ベルリンの壁が崩壊するまでは、ソヴィエト連邦は、軍事大国であるアメリカ合衆国の最大の仮想敵国であったのであり、よくその役割を果たしたともいえる。
  4. 国家の施策が、国民の意図を無視して、独裁的に決定されるとしたら、やはり人工性を帯びてくる。現代の中国は、長い歴史に支えられていて人工性は低いようであるが、経済政策一つをとってみても、あまりにも恣意的で、いかにも危ない。これも、人工性が高いと言ってよいのではあるまいか。
  5. そういう他国の陰謀や独裁とは離れて、国家の若さ、伝統のなさは、そのまま人工性につながる。典型的にはアメリカ合衆国である。拠るべき伝統としてフランス革命、そして本国としてのイギリスからの継承はあるとはいえ、その伝統意識は希薄である。すると、どうしても常に人工性がついて廻る。

それでは、人工国家の特徴は何か。それは明らかであって、国家統一のために、強い幻想作成マシーンを必要とする、ということである。古来からある優れた幻想作成マシーンは、宗教である。おそらく、国家の人工性と、宗教性の強さは比例する。典型的には、アメリカ合衆国がそうで、急進的なまでのキリスト教国になっている。

幻想作成マシーンとしては、宗教以外にも、利害、仮想敵、神話がありえる。そのために、日本書紀のような、偽装に満ちた歴史書が書かれることもある。これはそもそも、中国での史書のスタイルの継承である。

人工性と宗教性の例として、イギリスがある。あるイギリスの知り合いに、クリスマスの近くになったとき、当然イギリスでもクリスマスを祝うんだよね、と聞いたら、いや、イギリスでは、あまりみんな祝わないよ、と笑っていた。イギリスのような人工性の乏しい国家では、宗教に強く依拠する必要がない。イギリスはスピリチュアリズムが一番盛んな国である。これはある意味、アンチ・キリスト教の最たるものである。

かつてのマルクス・レーニン主義も、間違いなく宗教であった。唯物論&無神論というのはまさに、神の陰画に過ぎない。

さて人工性が乏しいということは、国家が身軽に千変万化するということである。アメリカ合衆国で、仇花のように、金融資本主義、軍産複合体が発達しているのは、国家が伝統を欠くがゆえに、粘度が乏しいのである。

では日本はというと、間違いなく人工度は低い。国家の伝統という意味では、中国に相当後れをとるが、一貫性という意味では、世界に冠たるものがある。そういう文脈で、天皇制も評価されてよい。

上にも述べたが、人工度の低さは、社会の粘度の高さに比例する。すなわち、伝統が邪魔して、身軽に変化できないのである。それゆえに日本では、池田信夫氏が書いた「希望を捨てる勇気」などという本も売れる。私は、伝統ある国家に生きる者として、希望を捨て、従容と没落する誇りが必要だと思う。なに、人工国家など何度も言うが、仇花である。われわれは、頭を低くして知恵を絞れば、また活路も見えてくるだろう。それは、国家の表層だけでも人工性を装うことかもしれない。すると、必要なのは、人工国家の振る舞いをもっと研究することである。とはいえ、国家の人工性と、長い伝統のインターフェースをどうとるかは、永遠の課題である。

金正銀

| コメント(0) | トラックバック(0)

金正雲に書いたように、金正日の後継者が金正雲で決まりそうであるとか、いやいやまだ揺れているとか、諸説紛々であったが、毎日新聞Webによると、いよいよ、金正日の後継者としての金正銀が明確になってきたようである。ちなみに、金正銀は、今まで、金正雲と書かれていたが、金正銀の方が正しいようである。ただ、金正恩が正しいという意見もあるようである。以下、引用:

北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記の三男で最有力後継候補の正銀(ジョンウン)氏が、今月8日の誕生日で26歳になったことが判明した。政権に近い関係者が正銀氏の生年月日を「1984年1月8日」と証言した。北朝鮮当局は正銀氏の生年月日を公表しておらず、これまで脱北者らの未確認情報で「83年生まれ」と伝えられてきたが、実際には1歳若いことが初めて確認された。北朝鮮指導部では正銀氏による後継体制を念頭に置いた神聖化作業が慎重に進められており、そのための国内経済の基盤強化に向けて今年は対外政策の転換が図られそうだ。【北京・西岡省二】

誕生日当日、朝鮮中央テレビが北朝鮮の女性ボーカルグループ「銀河水」の曲「祝杯を上げよう」を放送。朝鮮労働党機関紙「労働新聞」の論文でも、正銀氏をたたえる歌の題名と同じ「パルコルム(足音、歩みの意)」の文字が盛り込まれた。だが、いずれにも「正銀」という表現は使われなかった。

関係者によると、昨年は誕生日前日の1月7日に平壌で誕生祝賀会が開かれ、「25回目の誕生日を祝った」という。また、毎日新聞が新たに入手した軍関係の内部文書では「金正銀大将同志」と明記しつつ「新星将軍様」「20代将軍」などと強調しており、正銀氏を認知させる作業が継続している様子が浮き彫りになっている。

注目されるのは誕生日と年齢の扱いだ。北朝鮮では故金日成(キムイルソン)国家主席、金総書記とも誕生日は国家の祝日となっている。生年月日についても、かつて金総書記が後継者として公式の場に姿を見せたのを機に「1941年2月16日」から「42年2月16日」に変更されたという説が有力だ。「金主席(1912年生まれ)とちょうど30年違いの方が切りがいい」(北京の外交関係者)ため、金主席が70歳になるのに合わせ総書記も41歳から40歳に変更したことになる。

(以下、略)

これに関しての素朴な疑問は、次のとおりである。

  1. 金正日の後継者は、本当に金正銀で決まりなのか。私はまだ、どんでんがえしもありえるような気がする。
  2. 金正日はいつ、金正銀に実権を譲るのか。もしそれが10年後であるなら、金正銀は、待ちくたびれて、クーデターまがいのことをしでかしかねない。
  3. そもそもが世界的にみて、共産主義を標榜しつつ、同族的支配体制を確立しえたのは、北朝鮮と、ルーマニアしかないように思われる。ただ、ルーマニアのチャウシェスクは、当時の宗主国ソ連の意向とは合わず、おそらく、イエリスクなどのルーマニア国内のソ連派との呼応で、倒されてしまった。するとなぜ、北朝鮮の金王朝は、ルーマニアのようにクーデターに晒されないで、生き永らえているのか。それは、共産主義とは名ばかりで、古くからの儒教的価値観をうまく活かしたということか。あと、中国共産党の後ろ盾も大きい。チャウシェスクと違って、金日成も金正日も、一貫して中国共産党とは良好な関係を維持してきた。
  4. そもそもが、金王朝の体制は、これからもずっと続くのか。それが続くとしたら、実は、韓国も日本も、内心崩壊してほしくない、という本音にも依存している。崩壊すると、難民が多数発生し、特に韓国、そして日本は、対応に大童となる。

以上のような、素朴且つ粗い質問を書き並べて、様子をみることにする。

JALの再建策

| コメント(2) | トラックバック(0)

JAL倒産に関連して、JALの再建策をもっと具体的に知りたいと思っていたら、ダイヤモンド・オンラインに、町田徹氏が、JALの再建策について書いていらっしゃるので、その一部を引用させて戴く。

そこで、注目すべきがJALの再建策の真贋だ。これについては、先週の本コラムで報じた「Ivy再生の方向性」(「Ivy」は機構が付けたJALのコードネーム)とのタイトルが付いた原案が、ほぼそのまま、19日の会社更生法適用申請の際に記者会見場で発表になった「日本航空に対する支援について」に姿を変えた。

それによると、JALは現在、8676億円の債務超過状態に陥っているが、機構による3000億円の資本注入と、民間銀行や日本政策投資銀行が参加する総額7300億円の金融支援によって、1624億円の資産超過状態に生まれ変わらせるという。そして、機構の4000億円と政投銀の2000億円の合計6000億円のDIPファイナンス(事業再生融資)によって、当面の資金繰りを付けて、今年8月か9月に更生決定を得たいとしている。

だが、そこに盛り込まれた収支の改善見通しには甘さが目立つ。例えば、再建初年度と言うべき2010年度の連結営業収支は337億円の赤字と、前年度の2651億円の赤字から、いきなり赤字幅を2314億円も圧縮できるとしている。しかし、この1年間に売り上げは1430億円の減少が避けられないという。つまり、営業費用をわずか1年間に3744億円も削減することで、奇跡のような赤字幅圧縮を実現する計画なのである。いったい、どこに、そんなバラ色のコストカット策があるのだろうか。

ちなみに、JALのリストラクチャリング策は、(1)内外31の不採算路線からの撤退、

(2)燃費の悪い航空機(B747-400を37機、MD90を16機)をすべて退役させて、代わりに小型機33機、リージョナルジェット機17機を導入する、(3)5万1862人に及ぶグループの人員を3万6201人に減らす――などが柱である。だが、いずれも2012年度までの4年間をかけて行う計画だ。

先に必要性を指摘した、いきなり2010年度に3744億円のコストカットを達成できる施策ではないのである。それどころか、人員を削減するために、早期退職の募集などを強行すれば、短期的な費用はむしろ膨らむはずなのだ。ところが、その打開の方策の説明がどこにもない。結論を言えば、肝心のJAL再建策は「更生決定を得られないリスクや、2次破たんが懸念される」(前述の経済官庁幹部)ものである。

これを見る限り、JALの前途は、極めて多難なようである。そもそもが、「営業費用をわずか1年間に3744億円も削減する」ことなど、超絶的に困難であって、不可能と言い切ってよい。なぜなら、約1万5千人のリストラに、割増退職金を用意する必要があって、もしそれが一人1000万円だとしても、割増退職金は、1500億円かかる。また、小型機33機、リージョナルジェット機17機を導入するというが、その費用も、一機50億円として、2500億円。合計で4000億円である。これだけで、追加融資のほとんどを食いつぶしてしまう。

しかも、JALは、今回の破産や会社更生法の適用などですっかり信頼が失墜し、もともと減っている利用客が更に減少している、という。下手をすると、飛べば飛ぶほど、経費がかさんで、損失が増えるということが考えられる。これでは、赤字を埋めるのも前途多難である。

すると寧ろ、JALは、漸次的にアポトーシス(プログラム死)すべきなのではあるまいか。すなわち、追加融資は、ANAへの無理のない業務移転や、従業員の再雇用支援などに使うのである。そして、取引先への影響を緩和しつつ、着地点を見つける。下手にテイクオフしようとすると、傷を深めるばかりである。これはまさに、米国のフラッグ・キャリア航空会社であったパンナムと同じ途である。

最難関の国家試験

| コメント(7) | トラックバック(1)

「生命保険のカラクリ」岩瀬大輔著、文春文庫を読んでいたら、著者は東大法学部卒で、かつて司法試験の準備をしていたという。何かの事情があって司法試験は断念したようであるが、その後、ハーバード大学MBAを卒業して、今は、ライフネット生命保険という会社の副社長をしている。(コメントで指摘して戴いたのであるが、岩瀬氏は実は、在学中に司法試験に受かっている。でも、私が見落としたのかもしれないが、上記著書にはそのことは一切書かれていない。なんと奥ゆかしいのだろうと、今更感心する。)

それで著者が言うには、司法試験の準備をしていた頃は、司法試験が最難関の国家試験だと思っていたが、生命保険の仕事に関与するようになって、実は最難関の国家試験は、アクチュアリーであると知ったという。

アクチュアリーとは、保険数理・年金数理の専門家で、毎年の合格者は数十人だけで、有資格者の団体である日本アクチュアリー協会のメンバーは、1000人程度しかいないという。

では、アクチュアリーになるための試験はどんなものか? 日本アクチュアリー協会のホームページには次のようにある。

「アクチュアリーの仕事をしている人」を「アクチュアリー」と呼ぶこともありますが、普通、日本において「アクチュアリー」とは、日本アクチュアリー会の「正会員」を意味します。正会員資格取得のためには、日本アクチュアリー会が毎年実施している資格試験の全科目合格とプロフェッショナリズム研修の受講が必須の要件です。 資格試験を全科目合格するためには、基礎科目となる第1次試験5科目、専門科目となる第2次試験2科目の計7科目に合格する必要があり、全科目合格までには最低でも2年を必要とします。また、「実際にアクチュアリーとして働く」ことを前提としている点も、この資格の特徴です。実際、ほとんどの正会員は、企業でアクチュアリー業務に携わりながら勉強を続け、試験に合格して資格を取得しています。

基礎科目となる第1次試験5科目とは、「数学」、「生保数理」、「損保数理」、「年金数理」、「会計・経済・投資理論」である。

第2次試験2科目とは、次の3つのコースから1つを選択する。
 生保コース......「生保1」、「生保2」
 損保コース......「損保1」、「損保2」
 年金コース......「年金1」、「年金2」

必要とされる数学は、事象と確率、確率変数、確率分布、確率密度関数、分布関数、確率変数の平均値、分散、変数変換と和の分布、積率と積率母関数、確率母関数、特性関数、大数の法則と中心極限定理 、 統計的推定、区間推定、統計的検定、標本分布論と標本調査、最小2乗法と相関係数と回帰係数の推定、検定、回帰分析、時系列解析、確率過程、シミュレーション、線形計画法など、コテコテの応用数学である。当然か。

それ以外にも、生命保険数理学、損保数理学、年金数理学、経済学、会計学、投資理論など、私には発狂しそうになる科目ばかりである。

それで思ったのだが、もしアクチュアリー試験が本当に最難関の国家試験であるとしたら、それは、確立された教育コースが乏しいせいではないだろうか。というのは、例えば、大学の理学部数学科では、上記した数学の科目は相当傍流であって、代数、幾何、解析などの基礎的科目とは異なって、きちんと教えられているところは少ないと思われる。

それでいて、私が齧ってみた範囲では、確率論というのは独特で、決して普通の代数学や幾何学と比べて易しいわけではない。

ある意味もっと難物なのは、生命保険数理学、損保数理学、年金数理学で、これをきちんと教えている大学は寡聞にして知らない。それだけではなく、経済学、会計学、投資理論も必要だというなら、数学に軸足を置きつつ、文系科目にもクロスオーバーする必要がある。すると、アクチュアリー試験の難関性のある部分は、そのとっつきにくさにもありそうである。まともに資格試験の勉強したことがないのに適当なことを言うと、合格するために勉強しなくてはならない学習量自体は、司法試験の方が多いようである。ただ、アクチュアリー試験の方が、特定の科目を集中して深く勉強する程度が高いような気もする。

ではそうやって最難関のアクチュアリー試験に合格したとして、弁護士や弁理士のように、アクチュアリー事務所というのが開ける訳ではなく、仕事としては、生命保険会社や損保会社の一専門職として働くようである。そして、専門職である限り、一流大学の博士課程を卒業した研究員が企業の研究所で研究員として必ずしも大して高給にありつけないように、アクチュアリーも、役員クラスの高給が約束されるのでもないと思われる。すると、アクチュアリーを支えるのは、難関試験に合格し、日本にたった1000人しかいないというギルド的特権意識というかプライドか。

そのアクチュアリーであるが、「生命保険のカラクリ」によると、アクチュアリーが計算する生保標準死亡率は実際よりも20%も高く設定されているという。ということは、その数字に基づき、生保各社は、余分な利益を生むように保険料を設定している訳であり、その余分な利益は、死差益と呼ばれる。死の商人を思わせる、なんとも気味の悪い用語ではないか。しかし、5%ならともかく、死亡率を実際よりも20%も高く計算するとき、アクチュアリーのプライドとして内心忸怩たるものはないのか。

あと、これだけコンピュータのソフトウェアが発達すると、生命保険数理学、損保数理学、年金数理学などの基本的な公式は確立されているのだから、Excelの関数やマクロ、Perlのスクリプトなどで簡単に必要な計算ができそうなものであるが、おそらく、どんなにエンドユーザが増えても、OSは設計できないので、OSのアーキテクトが必要なように、保険計算のアーキテクトとしてのアクチュアリーは必要なのだろう。

嘉吉の乱

| コメント(0) | トラックバック(0)

もう2年くらい前に、もしかしたら私の祖先がその家臣だったかもしれない赤松満祐についてメモしたが、日本史暗殺100選、森川哲郎著、秋田書店に、赤松満祐による、足利義教暗殺の顛末が書かれていたので、自分なりに纏めてみる。

先ず、足利義教であるが、その峻烈な粛清政治で、恐れられていた。例えば、足利義教は、奥方の実家の裏松氏と折り合いが悪く、すなわち、奥方の兄、義資は、義教の不興を買って閉居していた。足利義教の奥方が子供を産んだとき、これは目出度いと、裏松氏に参賀する者が多かった。これは常識的には目出度いことなので、目くじらは立てないだろう。ところが、足利義教はとても心が狭く、不興を買っている家に参賀に行くとは何事と激怒し、裏松氏に参賀した者の領地を没収したりした。

これはほんの一例であって、そんなようなことが他でも多々あり、豪族も公卿も戦々恐々とし、中には神経衰弱になる者もあらわれた。庶民に対しては徳政令を禁止し、南都北嶺の僧徒を弾圧を加え、義教は悪御所と呼ばれるようになった。

義教は、一色、土岐の二大豪族を改易し、その施策は益々、峻烈の度を高めた。そして、土岐の次は赤松である、というのがもっぱらの噂となった。赤松満祐は長く義教に強い恨みをもってきたが、ここにきて、改易される前に先手を打って、義教を暗殺することを決意した。

ときに嘉吉元年(1441年)、義教は、宿敵である足利持氏の遺子、春王・安王を担いで抵抗した結城城をついに陥落させた。そこで義教はすっかり上機嫌になり、気が緩んだ。

それを見透かした赤松満祐は、「今年は鴨が沢山子を産み、連れ立って池を泳ぐのは見事な眺めでございます。また、足利持氏平定のお悦びも申し上げたく、是非とも、東洞院の我が屋敷にご来臨賜りたく」と義教を招待した。赤松満祐は播磨の大名であるが、京都の東洞院に屋敷をもっている。すっかりいい気になっている義教は、警戒することなく、招きに応じることにした。

劇画だと、ここで、赤松満祐の眼がキラリと光るところである。しめたと赤松満祐は、備前泰光に利刀、三千振りを作らせ、それを腕利きの家臣三千人に与えて、その日を待ち構えた。なんとも、大仰な準備である。

はたして義教は、三条実雅、斯波義廉、大内持世などの少数の部下だけを連れて、赤松邸を訪れた。なんの警戒もしていない様子である。その日の饗応は、華美を尽くした素晴らしいものであった。舞台には猿楽が舞っている。

酒を振舞われた義教一行は、素晴らしい宴に大満悦であった。ときに、酒宴のたけなわの夕方6時。満祐は、頃やよし、と合図すると、打ち合わせにより、一頭の荒馬が庭内に追い込まれた。満祐は、荒馬を逃がすな、門を閉じて早く捕らえよ、と命令した。門は閉ざされ、義教一行は何事かと慌てふためく。

と思った瞬間、武装した三千人の家臣が、いきなり斬り込んできた。立ち上がる義教の右手は満祐によって捕まれ、左手も、満祐の子教康によって捕まれ、そこを義教は一刀両断のもとに斬り殺された。三条実雅、斯波義廉、大内持世などの家臣は、命からがら垣を越えて逃げ延びた。三千人も武装した家臣がいるのだから、その気になれば、お供の家臣も斬ることはたやすかったはずである。おそらく、義教だけがターゲットだったのだろう。

義教暗殺の噂は、あっというまに京の街に広がった。ところが意外にも、赤松邸に押し寄せてくる大名がいない。世間は、あれほどのことをしでかすからには、赤松に呼応する大名は多いのだろうと警戒し、様子を窺っていたのである。

しかし、これほどまでにおおっぴらに用意して殺すのも、やはり暗殺なのだろうか。そういう日本語はないが、明殺とでも呼びたいくらいである。

ともかく、追手が来ないので、赤松満祐は、拍子抜けして播磨に戻った。

その後流石に、京都では、追討の軍が組織され、追討軍はてこずったが、嘉吉元年9月9日、赤松満祐はついに力尽きて自決した。そして、赤松満祐の家臣の一部は、逃げ延びて百島にたどり着いたはずなのであるが、それは歴史的には瑣末なことであるのか、この本には何も言及されていない。

赤松満祐が義教暗殺まで思いつめた理由については、諸説がある。

  1. 先ず、一つの説は、赤松一族の貞村という者についてである。貞村は大変な美男で、義教が寵愛し、愛童とした。そして、義教は、愛の証として、満祐の領地の一部を、貞村に与えようとした。それに憤慨した満祐が、義教暗殺まで思いつめた。
  2. 別の説は、義教が満祐を普段から大層軽蔑しており、ある酒宴で、猿をけしかけたり、犬をけしかけたりして、満祐を大層侮辱した、というものである。
  3. さらに別の説は、赤松一族で、満祐の家と、貞持の家が大層仲が悪く、前の将軍義持の頃から勢力争いして、貞持は、将軍義持に満祐の悪口を吹き込むなどしていた。貞持の次の代の貞村になると、将軍も義教になったが、貞村は一貫して義教に取り入り、信任を得た。嘉吉元年の前年の3月に、満祐の弟の義雅が、義教によって領地を没収され、それが貞村に与えられるに及んで、満祐の堪忍袋の緒が切れた、という次第である。

これらの理由は互いに排他的ではないので、すべて当てはまる可能性もある。

百島には、こういう赤松満祐の家臣の子孫が、今でも住んでいるが、特に血の気の多い者がいる、という訳でもない。寧ろ、喧嘩も刑事事件もなく、退屈極まりないところであると言える。ただ、嘉吉の乱の話を聞いて愉快がる島民はいないだろう。一方、そういう逆賊が祖先である可能性を知って、少しだけ血が躍る私には、もしかして武士の血が流れているのだろうかなどと呟いたら、きっと呆れられるだろう。なにしろ、生まれて一度も喧嘩で勝ったことがない弱虫なのだから。

AIDSの治療

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前に、HIVについてメモしたとき、AIDSの治療法についても触れたが、新聞にAIDSの治療に関する記事があったので、補足してみる。

記事によると、国内のHIV新規感染者は2008年で1126人、新規のAIDS患者は431人であった。

AIDSが不治の病とされたのは、1990年代前半までで、HIVの増殖を抑える複数の抗ウィルス剤を併用する、HAART療法が確立されてから、死者は劇的に減った。すなわち、HAART療法とは、HIVに書いたような、逆転写酵素阻止剤、プロテアーゼ阻止剤、インテグラーゼ阻止剤、ケモカインレセプター阻害剤などを組み合わせたものである。

1990年代前半まででは、例えば25歳でAIDSに感染した場合、平均7年しか生きられなかった。しかし、このような治療法により、いまや、25歳でAIDSに感染した場合、平均40年の余命が期待できる。これなら、普通の人とそれほど遜色がない。

ただ、HIVも然る者、最近では、薬剤耐性をもつものもあらわれてきた。そこで、2009年9月に、ダルナビルエタノール付加物が新たに治療薬として戦列に加わった。これは、プロテアーゼ阻止剤の一種であるが、副作用が少なく、一日一回の服用で済み、耐性ウィルスにも強い。

こうして、AIDSは、不治の病ではなくなったが、それでは、例えば癌はどうか。癌はAIDSと違って、細胞が成長する機能に本質的に関与しているので、AIDSのように、薬で簡単に治療するのは難しそうである。

英語力で1億円?

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞の新刊の広告を眺めるのが習慣になっているが、「英語力で1億円 外資系転職5回、英語屋猛者の英語指南」アイク田川著 、文芸社の広告をみて、ずっこけてしまった。

先ず、この本の一番いけないところは、英語力を、ものすごい有力なスキルであるように勘違いさせることである。しかし、ちょっと考えてみれば分かるように、普通の日本人がどんなに努力しても、ネイティブの英語話者の足許にも及ばない。間違いなく私の英語力は、この筆者には及ばないが、しかし、長年外資系の釜の飯を食って(ううん、なんという日本的表現)、そのあたりのことは流石に分かる。

もし英語力にそんなに威力があるなら、ネイティブの英語話者はみな、億万長者であるはずではないか。しかし、リーマンショック以降、ハーバードのMBA卒ですら、リストラの対象になってしまう。

ただ、外資系にあって、英語力が有力なスキルである、というのは間違いない。例えば、ある米国ベースの企業が日本に支社を作るとしよう。すると、現地である日本で人材を集めなくてはならないが、そこで採用する基準としてやはり英語力が重要になってくる。というのは、大抵の米国人は、日本語なんて理解する気は毛頭ないから、ともかく、英会話力がある人を採用しようとする。話が通じる、ということを重視するわけである。それはまあ当然であるといえる。

そこまではいいのだが、米国で優秀なエグゼクティブであっても、ともかく英語力というか英会話力を前面に出して、英語力があるだけで業務スキルもあるのだ、と平気で勘違いすることが多い。特にそうなりかちな場合が多いのは、エグゼクティブが滅多に日本に来ず、日本の責任者に任せてしまう場合である。そして、その接点が少なければ少ないほど、ともかく英語力があるから優秀なんだ、実務力もあるんだ、と任してしまうことになる。要するに現場重視でないのである。そうやって現場軽視の風潮をコインの表側だとすると、コインの裏側のように、属人主義が蔓延る。それで永続的に企業が繁栄すると考える楽観主義は、私の理解をはるかに超えている。

そういう現場軽視の風潮は、破綻したAIGにも、GMにも感じる。AIGの日本法人など、マネジメント層の人材の劣化がひどく、有為の人材は、どんどん辞めていったそうである。GMもそうであって、ある人に聞くと、今でもGMにはすばらしいスキルのエンジニアがひしめいているそうである。しかし、結局、マネジメントが駄目で、折角のスキルを活かすことがだできなかった。果たして、新生GMではどうなんだろうか。

また、「外資系転職5回」というのにも笑ってしまう。私が勤務している外資系の会社で、あるレベル以上のマネジメントで、3社以上転々と転職してきた人を知らない。それは考えてみるとわかる。あるレベル以上の企業だと、独特の文化があり、それをきちんと身に着けるには、普通、10年以上のキャリアを要する。そうした上で独自の工夫をしようとすると、転職魔のような人は結局、使い走り+αのような仕事しかできない。そういう転職回数をもって優秀度をあらわすという価値観を、米国の知り合いと話しても感じたことはない。単に転職自体を珍しいことと思わないだけである。

だから、筆者は本当に年収1億円なんだろうけど、それは本当に英語力だけによるのか、その他の業務知識と、幸運によるのではないか、あときょうび、年収を前面に出すのはベタすぎないか、などと素朴に感じる。

以上書いて、読み直してみて、ちょっと大人げない反応だったか、と反省している次第である。

西澤潤一

| コメント(7) | トラックバック(0)

本棚を整理していたら、西澤潤一の「独創は闘いにあり」プレジデント社、という本が出てきた。確か大分前に古書店の100円均一ワゴンにあったのをとりあえず買っておいたものである。今更この本を手に取ったのは、昨年のノーベル賞で、西澤潤一がニアミスというか、貰って当然のところを逃したのがまだ、気になっているのかもしれない。そこで、なんと20年以上前の本であるが、この本に基づき、例によってメモしてみる。実は私は、西澤潤一のことがほとんど分かっていないことに気付いたせいもある。

西澤潤一は、大正15年、宮城県仙台市に生まれた。そして、まだご健在であるが、どうも一生を、宮城県の土着で送られそうな感じである。なんとも、微笑ましいことである。南部陽一郎や小林昭七のように、日本を離れて、ほとんど米国に帰化したようになるもよし。どこに住もうと偉大さは関係ない。

ところで、子供の頃の西澤潤一は、まるで、亜天才だったようである。例えば、1+1=2がなぜ2なのかと、こんこんと考えるような子供だった。だから、簡単な計算もよく間違える。なぜか応用問題は比較的得意であった。しかし、総体的に成績はよくなく、そんな西澤潤一をみて、父はやきもきしていた。父は後に東北大の教授になるような立派な人で、弟もまた、なうての秀才だった。

勉強がいまいちだから、運動は得意のやんちゃ坊主だったかというと、そうでもない。運動も苦手で、体が弱く、学校を休みがちだった。そのあたり、私の幼少時と似ているが、私との決定的な違いは、物事を納得するまで追及する性格だった。そのあたりが、私のような凡人と、西澤潤一を分ける要因なのかもしれない。

そうはいっても、このままでは、旧制高校の入試に受からないと、先生に警告され、父からも強く叱られた。それで渋々であるが、苦手の計算問題を中心として、猛勉強を始めた。このあたりの踏み込みの深さは後年をしのばせる。

高校に進学すると、哲学、文学などあらゆる本を濫読した。西田幾多郎も読んだ。思春期の特有の厭世気分にも浸った。また、思春期独特の反抗期というか、親、特に父親に対する反発もあった。ただ、読書を通して、愛、それもエロスでなくアガペーというか、人類愛のようなものも感じるようになった。

大学では最初、理学部の物理や数学に進学しようと思っていた。すると、早速、父親から横槍が入った。お前の才能では、物理や数学では芽が出ない、すると潰しがきかないと。それで仕方なく、工学部の電気工学科に進んだ。父親の専門は、化学工学で、結晶をあつかうものだった。その影響で、電気工学科にあっても、結局は、結晶をあつかうデバイスを専門とすることになるのである。これも縁か。

やがて、在学時に終戦を迎えた。そのとき、この国を建て直すには、科学立国を目指すしかない、と心に誓った。工学で世の中を救うのである。すなわち、工学は、ヒューマニズムという次第である。

卒業研究では、放電破壊をテーマとした。そして、1948年、運命のごとく、半導体と出会うのである。当時は、ベル研が最先端であった。当時の半導体材料はゲルマニウムだった。ベル研のショットキーとモットのpn接合の論文を読んでいて、自分でも実験してみるが、どうもうまくいかない。権威ある論文でも盲信しない、自分で試してみないと納得しないというのが、当時から一貫する姿勢であった。そうして悩みながら実験しているうちに、pとnの間に、高比抵抗の絶縁層を挟む、というアイデアを思いつき、製作してみると、これが優れた整流特性を示したのである。1950年のことで、早速特許出願した。それを自ら、pinダイオードと呼んだ。

ところが、学会での評判は散々だった。なにしろ、ベル研の権威筋とは異なることを主張しているので、誰も相手にしない。相手にしないどころか、インチキ呼ばわりする。指導教官にも、怒鳴られる有様で、弱り果てた。

それでも研究の手綱は緩めない。一人でこつこつと実験しながら考えた。そして、1952年にはアバランシェ・フォト・ダイオード、1952年にはpinフォト・ダイオードと、着々と実績を重ねた。

すると、学会では全く注目されないのに、なぜか、27歳で、先輩の助手達をさしおいて、一気に東北大の助教授に登用された。実は、指導教官の厚意であった。密かに、業績を評価してくれていたのだった。

昭和30年代に入ると、半導体材料は、ゲルマニウムから、入手しやすいシリコンになった。しかし、高純度の結晶を作るのはチャレンジであった。そこで苦心して真空装置を購入したり、手作りで高周波発信装置を製作したりした。こうして、1958年には、2300V、100Aという大容量のpinダイオードを完成することができた。

pinダイオードの特性をみていると、光を放出する働きがあるし、一方で、光を電流に変える働きもある。これは光による通信に使えるはずだ、それによって、社会のインフラに貢献できるはずだ、という強い意志が沸いてきた。そして、pnipトランジスタ、アバランシェ・フォト・ダイオードのさらなる完成を誓った。

たまたま出席した米国での、IDEMという学会では、pinダイオードが評価された。GEなどの有力な研究者が質問に来るほどであった。しかし、一旦学内に戻ると、次第に西澤に対する軋轢が大きくなった。それは、独自の業績を進める姿勢に対する反発だったのか、あるいは、歯に衣をきせぬ直裁な発言が反感を買ったか。それで、昭和36年に、関係者と相談して財団法人として、東北大学付属で、半導体研究所を成立し、そこの教授に収まることになった。といっても、東北大学工学部の方も兼任である。半導体研究所は大した予算はないが、pinダイオード、pnipトランジスタ、アバランシェ・フォト・ダイオードなどの一連の特許がある。それらの特許から上がっているライセンス収入を、研究費のあてにした。

しかし、困ったことに日本の企業は、明らかに使っているはずの権利なのに、ライセンス料を渋った。海外の企業には払うのに、日本の研究者に対する偏見以外の何物でもなかった。

ちなみに、pinダイオードの特許出願は、GEからも出ていたが、西澤の方が数日出願が早かったので、結局、GEの特許は成立せず、日本の企業は、GEにライセンス料を払うことから免れた。しかし、そのことで一言も西澤に感謝してくれなかった。

一方、研究の方では、1957年に、半導体レーザを発明し、特許出願した。これは後年、IBMの研究者も世界初と認めてくれた。

こうなってくると、光通信として足らない役者は、伝送路である。その伝送路として、当時は気体の温度差を利用したガスレンズなども考えられていたが、到底実用になりそうもなかった。そこで西澤は、細いガラス、後世でいう光ファイバーが、光通信の伝送路として有望であると考えた。そして、グレードインデックスの光ファイバの特許出願をしたのが、1964年である。しかし例によって、学会からは哄笑で迎えられた。

そうやって多くの日本の研究者からは馬鹿にされるのに、ベル研のピアースなどの超一流の研究者がわざわざ、西澤に会いに来るのだった。やはり一流は一流を知るのだろうか。

ところが、グレードインデックスの光ファイバの特許出願は公告(許可通知)を得るも、異議で潰されてしまう。西澤は、特許庁が難癖をつけたと怒るが、特許実務屋の端くれとして私の意見を言うと、特許実務に対する疎さもあるのではないか。どうもあまりちゃんと弁理士に依頼しなかったようなのである。

そうしているうちに、1968年に、日本板硝子とNECが共同で、集束型光ファイバーの特許を成立させてしまった。そして、駄目押しのように、1970年、コーニング社がクラッド型の光ファイバのの開発に成功した。

こうして世間にはなかなか認めてもらえないが、西澤潤一は一人で光通信の三大要素である、光発信源、伝送路、受信器を全て発明したことは事実なのであって、その独創性は、疑い得ない。

光通信以外の業績としては、静電誘導トランジスタ(SIT)がある。ただ、西澤の業績はこれで尽きているとは思えないので、その特許一覧も含め、機会があったら纏めてみることにする。

ただ、将棋の升田幸三がそうであるように、また囲碁の藤沢秀行がそうであるように、西澤潤一はその歯に衣をきせない容赦ない態度で、作らなくてもいい敵を作ってしまうようである。もしかして、学会で、容赦なくやり込めたりするのではないだろうか。すると、西澤潤一のいかなる成果も、意地でも認めるか、ということになってしまう。

西澤潤一は、自分の研究室でも厳しく、それは鬼道場と呼ばれた。ただ他人に厳しい以上に自分に厳しく、通説を信じない、実学に徹する、権威を疑うことを貫いた。そのストイシズムは立派である。

また、昨年のノーベル賞にも書いたが、ノーベル賞を逃した西澤氏のコメントが淡々としていたのも、「独創は闘いにあり」を読むとあまり意外ではない。そこには、「ノーベル賞も結局、他人の評価に過ぎない。自分はそんなことには関係なく、研究をする。」という意味のことが書かれている。ただ、貰えるものなら素直に喜ぶと書いているのも、素直でいい。

そういえば、「独創は闘いにあり」の本を読んでいて面白いと思ったのは、奥さんのこと、家族のことなど、一切家族のことがでてこないのである。普通は、研究に熱心になるあまり、妻には面倒をかけた、くらいのことは書くものである。もしかして、グラハム・ベルがそうだったように、身近の人に対する愛情よりは、世界平和だの公共の福祉だの、そちらに関心が向くタイプなのだろうか。

しかし、西澤氏は既婚であって娘さんもいらっしゃる。今から15年以上も前、西澤氏がわざわざ、私が勤務している会社に講演でみえたことがあった。本人曰く、「娘を人質に取られているもんでね。」と照れ笑いしてした。そう、当時、私が勤務している会社に、西澤氏の娘さんが勤務していたのである。あれでなかなか、家では子煩悩なのかもしれない、とふと思った次第である。

突然死

| コメント(2) | トラックバック(0)

いかなる意味でも個人的な知り合いではないが、一世を風靡し、個人的にも印象深かった二人が、相次いで突然死した。

小林繁(毎日新聞Webから引用):

1970~80年代に巨人、阪神でエース格の投手として活躍した現日本ハム1軍投手コーチの小林繁さんが17日、57歳で急逝した。重心が低い独特の右サイドスローのフォームと、気迫あふれる投球でファンを魅了した「背番号19」が、突然、この世を去った。

浅川マキ(スポニチニュースから引用):

「アングラの女王」と呼ばれ、団塊の世代を中心に支持された歌手の浅川マキ(あさかわ・まき)さんが17日夜、公演のため滞在していた名古屋市内のホテルの浴室で死亡しているのが見つかった。67歳だった。愛知県警によると、死因は急性心不全。公演は15日から3日間で予定し、16日には「あしたのライブも頑張るよ」と張り切っていたという。葬儀は20日、故郷の石川県で親族のみで執り行う。

愛知県警中署によると17日午後7時45分ごろ、浅川さんが開演前になってもライブハウスに現れないため、事務所スタッフがホテルへ様子を見に行ったところ浴室で倒れていた。病院へ搬送されたが、既に心肺停止状態だったという。

この、一見何の関係もない二人の間に、シンクロニシティを想定してもよいし、しなくてもよい。ただ、私は、個人的に、昨年4月に亡くなった友人に想いを馳せる。

その友人は、浅川マキよりも、小林繁よりも若く、今からやっと50代になろうとしているところで、また、ようやく転職を果たして、今から頑張るぞ、と希望に燃えていた。彼の会社生活の苦悩の一部を私は知っているし、それだけに、次のキャリアへの期待の大きさも分かるので、さぞかし無念と思いきや、葬式で感じたのは、夏の夜に吹く、風鈴の音とともにあらわれるような、そよ風のようなさわやかさであった。いろいろ無念はあったよね、と気持ちを向けてみるのだが、彼はなぜか笑って、応えようとしなかった。少なくとも、そう感じた。

そこで了解したのは、突然死は、神の恩寵である、ということである。生活の連続性の原理から、突然死は、周囲にはとても悲劇に映ることがある。しかし、多分、古代ギリシャの時代から言い伝えられているように、やはり神の恩寵なのであって、限られた人だけが恩恵を浴することができる。

そして、次のような命題か成立する。「突然死に終る人生は、完成されたよき人生である。」なぜなら、現世的にも、死の痛みは最小限で、周囲を煩わせることも少ない。与えるのは、当惑であるが。

ということで、突然死した人々に対して、流石に祝福するという不謹慎をする勇気は私にはないが、よく生きましたね、いい人生でしたね、と呼びかけたいと思うのである。

JAL倒産

| コメント(2) | トラックバック(0)

日本航空と全日空日本航空再建で、JALの帰趨を眺めてきたが、ついにJALに会社更生法が適用されることになった。もともと時間の問題だったのかもしれない。

ただ、新聞を眺めても背景がよく分からないので、あまり期待もせず、週刊文春の1月21号を参照することにした。以下、その記事からのメモである。

JALは、グループの従業員が48000人、売上げ2兆円規模で、金融関係を除けば、最大の倒産になる。

そこで、政府の方針は、会社更生法適用前に、企業再生支援機構が、債権者と予め話し合う事前調査型を採用した。これは、突然債権者から差し押さえられて飛行機を飛ばすことができなくなるのを防ぐためである。

その内容は、金融機関に3500億円の債権放棄を要請し、その上で、企業再生支援機構による3000億円の出資を含めた、1兆円の税金を投入する。それらを使って8600億円を超えるJALの債務超過の穴埋めをする。

GMの場合と同様に、どうしてそこまでして税金で救済するのか、という意見は当然に出てくるだろう。私も同感である。ANAやその他の国内航空会社がカバーできないと考える合理的理由は、見出せない。それでも、強いて理由を考えると、あまたの債権者保護と、現実にJALの飛行機は飛ぶのだから、資金欠乏によって安全性が損なわれてはいけないというところだろう。

ところが、JALには、さらに神経を逆撫ですることがあった。それは、キックバックである。要するに、航空チケットの安売りなのであるが、例えば、東京-道東の運賃が9800円だとすると、そのちの旅行会社に対するキックバックが8000円で、JALの収入は、1800円に過ぎない。

航空チケットには、卸値の7%のコミッションの通常営業と、キックバック付きのものがあるが、キックバック付きは、JALがオリジナルに始めたものだった。これは度が過ぎるとダンピングにつながるが、特にリーマンショック後、JALは、減少した乗客の頭数を増やそうと、キックバックの比率を著しく高めた。このことは、利益の減少とキックバック支払いの増加に繋がった。昨年末の追加融資も、キックバックの処理に消えてしまったという可能性もあるという。だから今回の更正法適用で血相を変えるのは、旅行代理店である。なにしろ、予定していたキックバックをきちんと払ってもらえない可能性がありえる。

JALの経営の悪化の原因の一つとして、政府や議員への依存体質がある。すなわち、杜撰な経営をしても、フラグシップ企業として、金融機関は優先的に融資してくれたし、議員は利権を図ってくれたのである。また、驚くほど金の使い方に無駄があり、例えば、JALのCAは、ANAのCAよりも、10%以上も高給だし、支給される備品も贅沢だという。

そういう親方日の丸的な甘えの構造は、旧国鉄と同じものだが、果たしてそれだけなのか、それ以外にも、JAL特有の理由や失敗があったのかどうかは、別途適当な資料に当たることにする。

企業再生支援機構は、国内の主要な債権者はカバーしたかもしれないが、海外までは及ばない場合がある。こうしてJALの資金がショートしてくると、海外で給油しようとして応じてもらえないことがあり、すると、飛行自体が不可能になる。これをカバーしようと、ANAが対応策を考えている、という。

また、私的整理に拘った前原国土交通大臣の煮え切らない態度もまずい。そのため対応が遅れ、上記したキックバック過剰による資金の食いつぶしが進んだ。

JALの新会長に、京セラの稲盛会長が就くというが、問題は根本的な体質にあるので、改善はとても困難である。結局、引導を渡す役割になるのだろうか。

小室復帰

| コメント(2) | トラックバック(0)

日刊スポーツによると、下記のとおり、小室哲哉が、九州で復帰を図るという。

音楽プロデューサー小室哲哉(51)が来月、九州で単独コンサートを開催し、本格的に歌手復帰をすることが17日、分かった。復帰コンサートは来月18日に熊本、3月18日に福岡、同19日に鹿児島の3都市で開催される。

コンサートのタイトルは「小室哲哉コンサート ピアノ&トーク」。関係者によると、CDリリースもまだない中で、正常なツアーでもないが、ファンに対して早く音楽活動をしている姿を見せたいとの小室の強い思いで実現したという。

なぜ九州なのかは不明だが、奥さんの実家が大分だからなのか。あるいは、いきなり中央でコンサートするのは気が引けるので、地方で様子をみる、ということなのか。

ところが、罪と音楽に書いたように、小室の復帰について面倒をみたエイベックスが、不況で、1400人の社員のうち、300人もリストラするという。

リアルライブの記事によると、下記のとおりである。

現在は持株会社「エイベックス・グループ・ホールディングス」となっているが、同社は88年に現在同社の社長である松浦勝人氏らが設立。

設立当初はダンスミュージックを日本で流行らせ急成長。90年代は安室奈美恵、TRFら音楽プロデューサーの小室哲哉が手がけた「小室ファミリー」、その後、浜崎あゆみ、倖田來未、EXILEらが同社の主力アーティストとして活躍しているが、売り上げは右肩下がりだという。

「まず、CDが売れないのに加え、一時期映画事業に手を出し大失敗。株価は06年1月には3000円を超えていたのに、このところは770円から780円で推移している。現状を打開するため、NTTドコモの携帯専用のテレビ局『Bee TV』を立ち上げ、香港・台湾など東アジアのマーケットに進出しているが"焼け石に水"だった」(週刊誌記者)

違法ダウンロードの記事から見て取れるように、音楽は次第に、CDなどの媒体から、ネット配信の方に移行している。ネット配信には、フリーコピーされるというリスクはあるが、最早それも込みでビジネスの一環として理解すべき時期にある。そういう時代に、エイベックスは最早、時代のパラダイムに合わなくなってきたのではないだろうか。

そこで小室哲哉である。小室は、今でもエイベックスに大きく依存しているのであろうか。しかし、エイベックスにとって、最早小室はお荷物ではないのだろうか。なにしろ、どうしても元犯罪者のラベルは拭いがたい。また、前にも書いたが、小室哲哉に、桑田佳祐ほどの特異な才能はなく、イージーリスニングに留まっているとしたら、かつてのような栄光は望むべくもない、ということになる。

すると、小室哲哉がとりえるのは、かつての人気歌手が過去の栄光だけにすがって全国を廻るというドサ周りモデルである。実際、今でも舟木一夫のコンサートを地元でときどきみかけるが、年取った昔からのファンは、それなに詰め掛けているようである。すると、今回の九州ツアーは試金石であって、それなりに観客が来るなら、ドサ周りモデルで全国を行脚することにより、そこそこに食べていけるだろう。

問題は、過去のような栄華な生活を決して望まないことである。果たして、小室に修行僧のような生活ができるのだろうか。

酒巻少尉

| コメント(0) | トラックバック(0)

ものの本で、真珠湾攻撃で捕虜になった方がいるというのを知った。その方は米軍の下で捕虜として命永らえて、戦後、ブラジルトヨタの社長になったとも知った。そこで、この方のことを書いた本がないかと探してみたら、「遥かに祖国を語る」小野田寛郎・酒巻和男対談、時事通信社という本があるのを見つけ、早速購入してみた。以下、酒巻氏のところを、私なりにメモした内容である。

先ず、真珠湾攻撃で出撃した特殊潜行艇は、五隻あった。五隻とも未帰還で、その乗組員は、将校が五人、下士官が五人で合計十人のはずなのに、九軍神と言われた。その一人はどうなったか、と当然に噂でもちきりになり、どうも捕虜になったらしいということになった。

実際はどうだったかということを、当の酒巻さんが語るところによると、昭和16年の12月に、自分が乗る特殊潜行艇のジャイロ・コンバスが不調で修理したがどうしても直らなかった。初めはなんと、90度もずれて進んだ。敵の駆逐艦から爆雷を受けたり、座礁したりと、どうしても真珠湾の湾内の突撃がうまくいかず、焦っていると、いよいよ日本軍の空爆が始まった。それを見てまた潜航したが、浮上すると敵艦に見つかって爆破されるので、浮上できない。すると空気が悪化して判断力がどんどん低下する。そこで一旦後退して、成功のときは集合する予定だったライナ島に向けて出発した。ところが着いたのは、全然別の島だった。そこで座礁して、疲れきった体に鞭打って泳いで渡ったところで、精根尽き果てた。最後に朦朧と、銃をもった米軍兵士が見えたという。

その特殊潜行艇の任務を割り当てられたとき、当然に、酒巻さんは生還を期さなかった。しかし、当時の海軍では、機能としては、帰ってこれる機能がないと出撃してはいけないといわれていた。戦争後半の特攻とはそこで一線を画していた。そのため、酒巻さんは、ライナ島に帰還しようとした。

捕虜になったことが米軍から日本軍に伝わると、昭和18年に、少尉のまま予備役編入された。家族は最初戦死したと思っていたかもしれないが、生きているということがそれとなく、家族に伝わったらしい。それで結局、墓は作らなかったという。

酒巻さんは、捕虜収容所に入れられていたが、日本の敗戦が伝わると、絶望して自殺する者も少なくなかったという。当時の気風からは、それも当然の雰囲気があったが、酒巻さんは、もっと大きい大儀のために、もっと意義のある死に方をしなくてはならないと周囲の者に話したので、それらの者は無事、帰国したという。

すなわち、酒巻さんは、最初の捕虜ということもあって、捕虜の中で、スポースクマンというか指導的立場にあった。もっとも、そこまでの心理に落ち着くまでには、激しい葛藤があったのであるが。むべなるかな、である。

酒巻さんは言う、同僚の捕虜は直ぐに死ぬ死ぬという、しかし実は死ぬ方が易しいのであって、生きて大儀を果たすことの方が困難だのだ、と。普通はなかなかこういうことは言えないが、酒巻さんが言うと重みがある。

酒巻さんは、終戦後直ぐに日本に帰されて、先ず三浦半島の久里浜に着いた。そこから、海軍の復印省で相談して、故郷の徳島に帰った。そこで感じたのは、敗戦とともに、日本自体が巨大な捕虜収容所になった、ということである。すると、自分が捕虜として四年間、悩み考えたことも活きることもあるのではないかと思索した。

日本に帰ってきてから、酒巻さんは、多くの手紙を受け取った。7~8割は、ご苦労さんというモードであったが、当然にというべきか、腹を切って死ね、というものもあった。

酒巻さんは、帰国した次の年からトヨタに勤め始めた。自動車産業を伸ばさなくてはならないと考えた。しかし、ブラジル勤務になったのは、日本に居辛いから希望した訳ではなく、純粋に社命だという。

酒巻さんは、1999年に、81歳で亡くなられた。「遥かに祖国を語る」は、1977年の本であるから、今の私とそんなに違わない歳での頃ということになる。ともかく、もしかしてあっさり戦死した方が楽だったような大変な葛藤の中で、不本意ながら捕虜を生き延びられ、戦後は、トヨタの社員として、使命をもって立派に頑張られた酒巻さんは、神が与えた非常に難しい試練の人生という課題に対して、人間のなしうるベストに近い答えを出したのではあるまいか。

違法ダウンロード

| コメント(0) | トラックバック(0)

改正著作権法という記事に書いたように、今年から、音楽などの著作物を含むファイルを無断配信するサイトからの受信は違法となった。

日本レコード協会によると、2008年の携帯電話向けの受信件数は、許可サイトからは、3億2900万件であったのに対し、違法サイトは、4億714万件だったという。去年まででも、違法サイトの運営業者は、著作権法に従い、取り締まり可能や逮捕であったが、ダウンロードする側のユーザは、私的使用として、取り締まることができなかった。そこをカバーしたのが、今回の著作権法の法改正という次第である。

すなわち、許可を得たサイトからユーザがダウンロードすると、ユーザには一曲いくらとかで課金され、その一部が著作権者に払われるという仕組みである。

日本レコード協会の言い分は、無許可のサイトからユーザが只でダウンロードすると、歌手や作曲家に対する支払いが減って、歌手や作曲家がいい作品を作るインセンティブが減る、というものだが、これに対する反論は、池田信夫氏によるものなど、いろいろあり、その当否は難しい。

それでは、サイトが適法か違法かをどうやって見分けるのかというと、2008年2月から、Lマークが適法なサイトに付されているそうである。そこにあるように、Lマークは、日本レコード協会によって付されたものである。また、今の時代、不法なサイトが、Lマークを擬することも簡単にできそうである。もしそういう不法なサイトがあった場合、ユーザーは、知りませんでした、Lマークがあるので適法かと思っていました、という抗弁がどこまでできるのだうか。

あと、現行の著作権法では、個人の違法ダウンロードに罰則はない、となっているが、これは要するに、刑事罰がないという意味であって、大量に不法ダウンロードしたりすると、民法的に、故意または過失に従い、不法行為として、損害賠償を請求される、ということになる。

ただもちろん、不法ダウンロードの技術的トレーサビリティという問題は残るのであるが。

二重被爆

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webに下記の記事があった。

広島、長崎それぞれで直接被爆し、「二重被爆者」として初の公式認定を受けた山口彊(やまぐち・つとむ)さん(長崎市在住)が4日午前5時38分、胃がんのため長崎市の病院で死去した。93歳だった。密葬は近親者で済ませた。

三菱重工業長崎造船所の設計技師だった山口さんは1945年8月6日、出張先の広島市(爆心地から3キロ地点)で被爆。列車で8日に長崎へ戻り、9日には再び爆心地から3キロ地点で被爆した。2回の被爆で左耳の聴力を失い、急性白血病や白内障などの原爆後遺症にも苦しめられた。

非核や平和の思いを伝えようと、02年には短歌集「人間筏(にんげんいかだ)」を自費出版。05年、生後6カ月で被爆した次男をがんのため59歳で亡くしたことをきっかけに、それまで以上に積極的に被爆体験を語り始めた。06年8月には、米ニューヨークの国連本部を訪れ、自身が出演した記録映画「二重被爆」を上映し、核兵器廃絶をアピール。09年3月、長崎市から広島での被爆事実の認定を受けた。

二重被爆者については、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館が05年、被爆者の体験記約10万点と死没者約1万7000人を調べ、広島、長崎の両方で直接被爆した記録が9件見つかったが、確定はしていない。【阿部弘賢】

調べてみたら、山口彊さんのことは、二重被爆として2年以上前に、既にブログに書いていた。ただ、その時点では私は、山口彊さんが、左耳の聴力を失い、急性白血病や白内障などの原爆後遺症にも苦しめられたことも、生後6カ月で被爆した次男をがんのため59歳で亡くしたことも知らなかった。

大変な苦労の人生だったと推察するが、生物はなぜ放射線に弱いのかでメモしたことに鑑みると、急性白血病になってもここまで生きたことは驚異的な生命力だといってよい。また、生後6カ月で被爆した次男をがんのため59歳で亡くしたということだが、「生後6カ月で被爆」というのは、若年者の放射能被爆なので、人体に対するインパクトはとても強く、それでも、59歳まで生きるというのは、遺伝的な放射能耐性の強さを推察させる。原爆の手記にも書いたように、直接被爆していないのに、あとで救助にきて残留放射能を浴びて、白血病などの放射能障害で死んでいく人も少なくない。ここでも、人間の著しい多様性をみるのである。

大学の研究所

| コメント(0) | トラックバック(0)

大学付属の研究所といえば、北大の低温科学研究所や、広島大の原爆放射線医学研究所などが有名であるが、実は意外な大学に、意外な研究所があるので、いつくかピックアップしてみる。東大や京大、東工大などの有名大学はあえて外す。有名大学では、多すぎて網羅しにくいという意味もある。

まず、千葉工業大学 惑星探査研究センターは、東大から移ってきた、名物研究者の松井孝典氏が所長である。惑星探査機の開発・製作、惑星探査データの解析、及び惑星科学研究を行う。

愛媛大学宇宙進化研究センターは、「暗黒宇宙で銀河が生まれる」サイエンス・アイ新書の著者、谷口義明氏が所長である。以下のような研究部門がある。

  1. 宇宙大規模構造進化研究部門
  2. ブラックホール進化研究部門
  3. 宇宙プラズマ環境研究部門

以上は、名物研究者が赴任してきて出来たものである。研究は人なりの典型である。

到底枚挙できないが、他にも見てみる。

群馬大学生体調節研究所は、内分泌・代謝研究をミッションとする我が国で唯一の附置研究所で、文字通りユニークである。

新潟大学脳研究所は、わが国で最初の脳に関する国立大学附置研究所として作られたものだという。その目的は「脳及び脳疾患に関する学理及びその応用の研究」だそうである。

新潟大学と張り合うつもりなのか、玉川大学脳研究所というのもある。脳科学研究センター、知能ロボット研究センター、言語情報研究センターの3つの研究センターが組織的・継続的な研究活動を行っているという。どちらかというと、新潟大学よりも、情報科学、工学的側面が強いかもしれない。

金沢大学がん研究所は、文部科学省唯一のがん研究所であり、がん転移に関わるタンパク分解酵素の発見、がんの病態成立に密接に関与しているケモカイン・アポトーシス・血管新生因子の機能解明を始めとした基礎研究に大きな成果を挙げるとともに、新規の抗がん剤の開発にも力を注いできたという。

福井大学附属国際原子力工学研究所は、敦賀原発のお膝元に相応しい研究所である。

千葉大学 真菌医学研究センターは、真菌をメインに研究する点でユニークである。

長崎大学 熱帯医学研究所は、熱帯の疫病、ウイルスなどで独特の研究成果がある。

山梨大学 燃料電池ナノ材料研究センターは、今後、EVなどに使用されることになる燃料電池を研究する。

鳥取大学乾燥地研究センターは、砂丘の地に相応しい研究所である。

岡山大学資源生物科学研究所はなんとなく、地元の企業、林原研究所との関連を窺わせる。

熊本大学発生医学研究所は、「発生制御部門」「幹細胞部門」「器官構築部門」の3部門から構成され、特に、「幹細胞部門」は、時代の流行に沿っているように思われる。

琉球大学アメリカ研究センターは、長らくアメリカ合衆国に統治されてきた歴史を踏まえた研究所であろう。

以上のように、地方大学であっても、独自性のある魅力的な研究が期待できそうである。

グーグル中国撤退

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、中国国内での検閲に業を煮やして、グーグルが中国事業からの撤退の検討を発表したという。以下、引用:

【北京=佐伯聡士】中国の胡錦濤政権は、インターネット検索世界最大手の米グーグル社が12日、中国語サイトの検索結果の検閲受け入れを停止し、中国事業からの撤退の検討を発表したことに衝撃を受けている。

「巨大市場」を武器に外国の検索企業を検閲に従わせることに自信を深めてきたが、初の「抵抗」の影響が広がれば、政権の言論統制のほころびにつながるだけに、一層締め付けを強める構えだ。

胡政権はこれまで、共産党による情報独占を突き崩し、「社会の安定」を揺るがしかねない「有害情報」を発信するネットの統制に全力を挙げてきた。だが、世界最高水準の「網絡警察」(サイバー・ポリス)を抱える政権にとっても、チベットやウイグルなどの民族分裂や「台湾独立」、民主化要求など、一党独裁を脅かす恐れのある「有害情報」を根絶するのは容易でない。

このため、政権は、グーグルや中国の「百度」など、国内外の検索企業に対し、「協力」という名の下に監視と排除の責任を負わせてきた。

特に、影響力の大きいグーグル社に対しては、再三にわたり揺さぶりをかけてきた。昨年6月の外務省の定例会見でも、グーグルを使ったメールがつながらないとの外国メディアの指摘に対し、秦剛・副報道局長が、グーグルがポルノ情報を流しているとの前提に立ち、「当局の手法は法に基づくもので正当」とはねつけた。

それでも、今回のような事態が起きたことは、胡政権にとって衝撃だったのは間違いない。今後は、他の検索企業への影響を防ぐため、グーグル社を含む各社と個別の協議を重ねて、検閲への「協力」を改めて迫っていくものとみられる。

これを見て思うのは、胡錦濤は、グーグルを甘くみたのではないか、ということである。すなわち、巨大市場に参入できる、という見返りに、検閲を受け入れてくれるのではないか、と。実際、電機メーカも、コンピュータ・メーカも、自動車メーカも、郷に入れば郷に従えと、中国の頑なな法制度や習慣にも従ってきた。彼らが扱うのが物である以上、中国当局と折り合いをつけなければ、中国への輸出や、中国国内での工場建設もままならない。

それが今まで功を奏してきたので、グーグルにも同様の強硬な対応が通用すると思ったのだろう。しかし、グーグルは、名うての、つわものだった。多数の人の反対を押し切って、図書館の蔵書の電子化を押し進めたし、YouTubeの買収では、訴訟を覚悟して、莫大な資金を用意したし、ストリートビューでは、プライバシー関係の非難にもめげず、都市の映像化を進めている。これらは、グーグルの、情報による世界支配の野望の一環である。

そういう野望を知るならば、いかに胡錦濤がグーグルに対して、検閲への「協力」を改めて迫っていったとしても、グーグルにとっては、とんでもない、というところだろう。検閲つきの検索エンジンなんて、犬にでもくれてやる、という気分かもしれない。

それで中国からグーグルが撤退したとしても、中国には、国産の百度がある。でも、いいではないか、ということにはならない。なにしろ、Googleには日進月歩の新サービスがある。それ以外にも、Facebook、YouTube、Twitterが中国国内でのサービスを拒否されている。それが中国以外では使え、中国国内では使えないとなると、いわゆる、ディジタル・デバイドが起きてしまう。

それでは胡錦濤は、妥協して、グーグルに対する検閲を止めるか、というとそれは絶対にない。なぜなら、ウイグル自治区などの少数民族に対する中国化政策は、国民国家を目指す中国の生命線であり、グーグルに対する検閲を止めると、飛び交う情報で、周辺の少数民族の情報が横溢し、中国は収集がつかなくなってしまう。

もし中国が、グーグルに対する検閲を諦める日が来るとすればそれは、中国が国民国家を諦め、周辺国の独立を認める時である。しかし、それは国是に真っ向から違背することであり、クーデターでも起きないかぎり、実現しそうにない。

ただ、アメリカ合衆国の意向は、もう少し今の中国でいてほしいということだと思われる。その世界多極化政策においては、別のスーパーパワーが必要だからである。すると、アメリカ合衆国は、グーグルに言うことは、そう意地を張りなさんな、というところだろう。一方のグーグルは、社是として冗談じゃない、ということで、とりあえず、中国から撤退し、それでも他で稼げるからいいや、と物欲しそうに中国をみつめながら、商売を進めるということかもしれない。

一方の中国も、インフルエンザ菌のように制御困難な情報という怪物をいつまでもコントロールできるわけがない。情報そのものは、グーグルよりもっと手強い。こうして、中国の情報統制戦略が破綻するのも、時間の問題という訳である。

ニッポンの経営者の名言

| コメント(2) | トラックバック(0)

週刊朝日に、ニッポンの経営者 名言11選というのがあったので、引用してみる。

「誰もやらないむずかしい事業をやるから人生は面白い」
豊田喜一郎(トヨタ自動車 1894~1952)

普通の人が言っても何の感慨もないが、豊田喜一郎が言うと重みがある。確かに、トヨタは、困難な道を敢えて選び、そこで成功してきた。ある意味、成功しすぎたともいえる。

「人間は知と行だけではダメである。そこには必ずだれにも負けないという信念が必要である」
五島慶太(東急グループ 1882~1959)

比較するのも変だが、将棋の郷田九段も似たようなことを言っていた。筋がよく定跡に明るいだけでは勝てないと。信念と執念がないとA級にはなれない。

「失敗は何にでもつきもんやで、恐れてては何もできまへん」
吉本せい(吉本興業 1889~1950)

これもまあ、そうである。特に芸能はみずものなので、失敗を恐れていたら、何も興行できないだろう。

「アイデアのいい人は世の中にたくさんいるが、いいと思ったアイデアを実行する勇気のある人は少ない」
盛田昭夫(ソニー 1921~99)

まるで評論家のような現代の若者に対するようである。もっとも、なんのアイデアのない人もいて、それは論外か。

「満塁ホームランを狙うな、一歩一歩でいい」
藤田 田(日本マクドナルド 1926~2004)

きっと、ファーストフードの場合、単品が安いので、そうなんだろう。

「人生に遅すぎるということはない。50歳でも60歳でも新しい出発はある」
安藤百福(日清食品 1910~2007)

これは、50を超えて60に近い私には嬉しい。チャレンジ精神を鼓吹しなくては。

「何でも時代のせいにしてりゃあ、そりゃあ楽だ」
田辺茂一(紀伊國屋書店1905~81)

ううん、金融恐慌のせいにもするな、ということか。厳しい。

「一生涯の目的を達成せんとするものは、終始一貫、最後の目的に突進することである」
石橋正二郎(ブリヂストン 1889~1976)

この人はもしかして、鳩山首相の母方の祖父にあたる人か。鳩山首相はもう、よれてきているぞ。

「成功したと思うこと、それがすなわちマンネリと保守化、形式化、慢心を生む源だ」
柳井 正(ファーストリテイリング 1949~)

うん。安住を許さないその気持ちやよしである。

「世の中の変化、お客様のニーズの変化こそが最大の競争相手なのです」
鈴木敏文(セブン&アイ・ホールディングス セブン-イレブン・ジャパン 1932~)

そうそう、セブンイレブンはまさに、時代を相手にしているといえる。そして互角以上に闘っている。

「世の中には困難なことが山ほどあるが、不可能なことは少ない」
孫 正義(ソフトバンク 1957~)

こういうために、孫 正義はちゃんと、定義域を注意深く選んでいるのだが、その定義域は、常人よりずっと広い。定義域において、不可能なことは、点在しているにすぎないのだろう。

中田芳子

| コメント(4) | トラックバック(0)

NHKの番組を観るともなく観ていると、熱中人生最高という番組が放送されていた。そこで、縄文時代に魅せられた少年とかも出てきたが、一番印象に残ったのは、中田芳子さんという、かなり御歳を召されたご婦人であった。1931年生まれというから、私の母と同年齢である。

なぜ印象に残ったかというと、私の母と同年齢なのに、とても元気で多趣味なのである。先ず、回文の達人で、この道20年だという。それは序の口で、逆さ歌、すなわち、テープに録音して逆に流すとまともに聴こえるという、びっくりの歌である。次はヤマハの音楽講師、アマチュア人形劇団「野ばら座」主宰、ネット上連載短編小説を書き、詩集も出すという。

それだけだったら、ああ、なんでそんなに忙しく生きるのと、感心しつつ呆れて終わりかもしれないが、次の話に惹きこまれた。すなわち、中田さんは子供の頃、台湾に住んでいた。当時第2次大戦末期で、台湾にも特攻の基地があった。その基地には、志願兵が何人もいたのだが、無聊の日々を送っていた。というのは、特攻で飛び立とうにも、飛行機がない。そのため、内地から飛行機が到着するのを待っているという次第である。そこで、志願兵たちを慰問するために、中田さんたち少女が基地を訪れることになった。志願兵たちにとっても、華やかな少女たちが来てくれることは嬉しいことに違いない。

そうやって基地に通ううちに、中田さんも少女で、志願兵の中に心に留める人があらわれた。以心伝心で、相手も憎からず思っているようである。淡い恋心を抱きつつ、二人して語り合う日が続いた。ところが、楽しい日々にも終止符が打たれた。ついに内地から特攻用の飛行機が到着したのである。

志願兵たちが列車で出発する日の朝、ホームまで見送りに行った。すると、目指す彼氏が見つかった。列車の窓から手を握る。列車は出発する。しかし、握った手は離さない。列車とともに進んで、いよいよもう無理というところで手を離し、手を振って別れを告げた。数日後、彼は見事「散った」と聞いた。涙が止まらなかった。

それがいかに強烈な体験か、私は想像することができる。中田さんはその思いを50年以上も、衰えることなく心に抱き、散って行った人達の分まで濃密に生きようとした。それが、この歳になっても、かくのごとく濃い日々を送っている理由である。

そこでふと閃いたことがあった。以前書いた惚け防止の記事である。そこで私は、惚け脳ハード説を唱えた。それはいかなる意味でも間違いではない。しかし、片手落ちだったことに気付いた。惚け防止のもう一つの側面は、当然にメンタルなもので、しかも、超越的なものである。

ここで超越的というのは、単に自己の顕在意識にとどまらないという程度の意味である。あえて説明すると、ユンクの言う原意識、霊的なもの、集合意識の集積である。すなわち、中田さんは、散っていった特攻兵たちへの思いに支えられている。霊魂不滅説に立つなら、何かしら霊的支援を受けている。それが濃い日々の源流である。

さらに拡張すると、渡部昇一氏のいう、ワシの知性と駝鳥の知性につながる。人間をコンピュータに喩えると、駝鳥の知性は、ローカル・メモリと、ローカルCPUによって支えられている。だから、若いときは冴えていても、老化により次第に衰える。ところが、ワシの知性は、クラウドコンピューティングなのである。知識やパワーは、ネットワークを通じて、どこからともなくやってくる。だから、静謐にして、黄泉の世界に繋がるネットワーク・カードを働かせればよい。

だから、中田さんのように、この世にいる、あるいはいない人のために、クラウドコンピューティング的に濃く生きるというのは、最大の惚け防止のための秘訣なのである。支離滅裂な文章であるが、少しでも意図が伝われば幸いである。

円周率の新記録?

| コメント(6) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、パリ在住のフランス人が、なんと普通のパソコンで、円周率の新記録を達成したという。以下、引用:

【パリ=林路郎】パリ在住のフランス人デジタルテレビ関連技術者が、円周率を2兆6999億9999万けたまで計算し、世界記録の更新を宣言した。

筑波大学計算科学研究センターのスーパーコンピューターが昨年樹立した記録を塗り替えたことになる。

ホームページで新記録を公表したのはファブリス・ベラールさん。筑波大のスパコンが昨年樹立した世界記録は2兆5769億8037万けたで、ベラールさんはこれを約1230億けたも上回ったことになる。

また、ベラールさんが計算に使ったのはスパコンではなく、価格2000ユーロ(約26万円)以下の普通のデスクトップ型パソコン。2進法による計算に103日、検算に13日をかけたという。ベラールさんは、新たな記録をダウンロードするには、コンピューターのディスクに1137ギガ・バイトの空きスペースが必要だとしている。

私は、この記事が、どうしても信じられない。理由は、普通のパソコンのリソースの制約と、計算速度の2点である。

まず、円周率を2兆6999億9999万けたまで計算するために、その領域を主記憶に確保しようとすると、1桁1バイトとしても、270GBとなる。パソコンでそんな主記憶を確保するのは無理である。すると、ハードディスク上に計算領域を確保して、仮想記憶的にハードディスクと主記憶の間でデータを読み書きしなくてはならないが、すると計算速度は、著しく低下する。ディスクとの読み書きのコストが大きすぎるのである。

次に、計算速度である。πの計算に書いたように、パソコンで、ARCTANの一番簡単な公式を使って、10000桁くらいまでπを計算すると、だいたい3~10秒くらいかかる。楽観的に観測して、3秒かかったとする。すると、桁数に線形な計算アルゴリズムなんてありえないが、それでもそういう理想的なアルゴリズムがあるとして2兆6999億9999万まで計算するのに、簡単な計算で、8千100万秒かかる。それを日数に直すと、938日となる。ここで、計算に103日しかかからないというのが、既にありえないことになる。ここでは、すべての計算が主記憶上で行われると仮定してのことである。もし、仮想記憶的にハードディスクと主記憶の間でデータを読み書きするなら、その10倍は時間がかかることだろう。

さらに、上記の筑波大のスパコンが昨年樹立した世界記録の記事を再掲してみる。すると、そのシステムの主記憶は、13.5TBあったという。私の想定を遥かに上回る。そこの記事の一部を再掲すると、

プログラムは高橋氏が作成。2つのプログラムともシングルジョブ実行環境で実行し、648台の計算ノード(1ノード当たりの浮動小数点演算理論最大実行性能は1472GFLOPS。全体では95.4TFLOPS)のうち、640台を使用する並列計算として処理が行われた。

これの計算時間は、29時間5分49秒であった。上記単一のパソコンによる計算時間は、たったこれの85倍でしかない。648台の計算ノードで29時間5分49秒かかるものが、単一のパソコンで、たった103日しかかからないというのは、どうしても割りに合わない。

また、ファブリス・ベラールさんは、πの計算のどのアルゴリズムを使用したか明示していない。πの計算には、ガウス・ルジャンドルとか、ボールウェインの4次の収束アルゴリズムとか、古典的ARCTANなどがあるが、何にしてもかなり枯れた分野で、それほど画期的なアルゴリズムは最早期待できない。よって、ベラールさんが既存のアルゴリズムを使ったとすれば、上記の疑問に逢着するのである。

マックのマニュアル

| コメント(0) | トラックバック(0)

MONEYzineのWebに、「マックのマニュアル」という題の記事があった。職業柄?つい、マッキントッシュのことかと思ったが、実はマクドナルドのことらしい。以下、記事の引用:

外食業界では生き残りをかけ、競争激化が進む一方だ。マクドナルドがサービス面でも競合店との差別化を図るために採用しているマニュアルとは・・・。

無料コーヒーが大ブレイクし、昨年は1~9月期の連結決算で01年の上場以来最高を叩き出した日本マクドナルドホールディングスだが、今年もその勢いを維持することができるだろうか。

不況は今年も続くと見られており、外食業界では生き残りをかけ、競争激化が進む一方だ。マクドナルドもモスバーガーやロッテリアなどの同業者の他に、スターバックスなどのコーヒーチェーンとも客取り合戦が続く。

商品はもちろん、サービス面でも競合店との差別化を図りたい同社だが、以前発売された書籍『100円マックのホスピタリティ』(H&I)ではマクドナルドの現場で行われている競合店差別化のための以下の5つのサービスが紹介されている。

  1. 客や通行人から道を尋ねられたら快く対応する
  2. マクドナルドの店舗の住所録を用意しておく
  3. 「お冷をほしい」と言われたら差し上げる
  4. ハンバーガーを半分に切ってほしい(とくに子どもなど)と頼まれたら対応する
  5. 哺乳瓶にお湯がほしいと言われたら差し上げる

おお、そこまでやるか、というのが、素直な感想である。ファーストフードは、人件費を絞っているため、従業員の行動も合理化して、余計な客対応はさせない、というのが普通だろう。そこを敢えて、上記のようなホスピタリティをマクドナルドが示し、競合他社が、そこまで対応できないと、結局、お客は、マクドナルドに流れる。

これはある意味、最近流行の、フリー(只)を駆使したビジネス・モデルである。すなわち、一部只でサービスを提供してお客を勧誘する。只のサービスの欠損は、実際に来たお客の売上げで補う。なお、マクドナルドのサービスは、上記に留まらない。

これらに加えて驚くのが、客が他店のクーポン券を持ってきた場合の対応だ。客の中にはマクドナルドのものではないクーポン券を間違って持参することもあるが、同社ではその場合、「他店のクーポン券も受け付けよ」と指示されているという。

そのため、店員はまずクーポン券を持参してくれたことに対して感謝の意を表し、「これはマクドナルドのものではありませんが、特別にお引き換えしましょう」と応え、同等の商品を渡すことにしている。もちろん何回も間違える客や意図的に持参するケースには店長が対応するが、サービス面の差別化を図るためにここまでして取り組んでいるのだ。

他店のクーポン券など普通は相手にされないし、それを断ったからといって、サービスレベルを疑われることには普通、ならない。そこまでやるか、という感じである。これもまた、フリーを駆使したビジネス・モデルの一種か。すなわち、他店のクーポン券を受け付けることで、リピーターになってもらうことを狙う、という次第である。

まとめとして、不況に強いビジネス・モデルは、以下のようになるだろうか。

  1. 安さを基調としつつも、品揃えと品質で勝負するニトリ。特にサービスにはフォーカスしない。
  2. 品質を維持しつつも、安さで勝負するサイゼリア。特にサービスにはフォーカスしない。
  3. 安さと、製品のトレンディさで勝負するユニクロ。特にサービスにはフォーカスしない。
  4. 安さと、アメニティ、サービスで勝負するマクドナルド。
  5. 安さを基調としつつも、各店舗の個性を活かすオリジナル・メニューを用意し、自由と管理のバランスで売る餃子の王将。

欠点と才能

| コメント(2) | トラックバック(0)

もう既にブログにも書いたと思うが、私にとって、人間の生涯を規定するのが、長所よりも欠点である、というのはあまりにも当然である。

そんなとき、「天才はなぜ生まれるか」正高信男著、ちくま文庫という本に出会った。この本は要するに、歴史上の天才が実はいかに欠点に満ちているかということを記述したものであるが、天才の天才性がその欠点に依拠するということは、何度もいうが、私にはあまりにも当然である。なのにこの本は、例えばAmazonてで、思いのほか評価が低い。まあ、他人の思惑はともかく、この本の内容を簡単に要約してみる。

まず、最初に挙げられた天才は、エジソンである。エジソンの何よりの欠陥は、注意欠陥障害である。すなわち、適切に興味を切り替えられなくて、ある一つのことの興味に固着されてしまうので、小学校などで、いつもぼうっとしていて、先生に咎められてしまう。ここで、私事を述べさせて戴くと、私も、エジソンほどでなくても、小学校時代に、先生から何かを指示されて、その意図することが分からないで、「はぁ?」という反応なので、周囲の同僚から、変人と綽名されるに至った。

ただ、面白いのは、そういうエジソンが、長じて、とても強欲に振舞ったことである。例えば、炭素フィラメント電球の発明者スワンに対して、エジソンは容赦なく、特許侵害で訴えたりした。

また、電力の伝送方式についても、直流に拘るエジソンよりも、交流を提唱するテスラの方がはるかに優れていた。それを、持ち前の注意力の固着の性質により、一切テスラに妥協しなかった。

エジソンに関してよかったのは、結局小学校を三ヶ月でドロップアウトしたことである。小学校をまっとうすることが、エジソンの才能を潰したであろうことは想像に難くない。

次はアインシュタインである。アインシュタインが、小学校時代凡庸だったことは周知であるが、特に、他の子供と馴染まない、スポーツに関心を示さない、暗記が苦手、質問されても直ぐに答えない、という点で、私には安心をそそる。しかし、その成果はともかく、彼のみやすい才能は、異常な集中力しかなかった。アインシュタインの天才性については、世間にあまりにも普及しているので、ここでは屋上屋を架さない。

次は、レオナルド・ダ・ヴィンチである。彼は、歴史上紛うことなき万能の天才。何をあげつらうのか、ということになるが、実は、レオナルド・ダ・ヴィンチは、外国語が超苦手だったそうである。それを聞いて、どこか安心した。というのは、私は少なくとも、外国語及び方言習得能力で、世間の平均より少し上だからである。また、レオナルド・ダ・ヴィンチは、計算能力も相当低かったらしい。この点でも、計算能力で少なくとも平均の私は、レオナルド・ダ・ヴィンチより優れていることになる。しかし、ここまでである。そこからの創造力と造形力で、私はレオナルド・ダ・ヴィンチに到底太刀打ちできない。言うまでもないことであるが。

次はアンデルセン。この文学の権化のような人が実は、ラテン語に大変苦しんでいたことが分かった。アンデルセンの母語はデンマーク語。ある意味、ラテン語との距離は大きくない。しかし、それでもラテン語を全くマスターできなかった、そういえば、昔、古書店をうろついていたら、ラテン語、ギリシャ語、サンスクリットに熟練した医師が本を書いていた。それで、語学の才能ほど個人差があるものはない、と改めて認識した。

次は、電話の発明者、ベル。ベルは典型的なアスペルガー症候群で、周囲と打ち解けるのに大変苦労をした。それを聞くと、私は、アスペルガー傾向とはいえ、まだましなのか、と思う。ただ、私の「まし性」こそが、私の凡庸さである。とはいえ、ベルの対人的な共感を欠く性格は甚だしく、彼の妻は大変困惑した。しかし、ベルの場合、大域的な付き合いが得意で、サイエンスという科学雑誌を利害を度外視して育てたし、学会の秀才たちとの付き合いを重んじた。それでも、個人的に親しい人はとうとうあらわれなかった。このあたりのミクロの苦手さと、大域の得意というのが面白い。

次は、ウォルト・ディズニー。ディズニーの場合、明らかな多動性傾向があり、学校では問題児且つ劣等児だった。しかし、芸能的才能には富み、その点では学校で人気があった。ディズニーは、自らの多動性傾向を投影して、初期のミッキー・マウスのキャラクタを作った。ビジネスの才能に富み、ディズニー・ランドを作ると、容赦なく多動性傾向を発揮して、園内を動き回った。動き回るついでに、ゴミを拾い、これが、園内を掃除する係員のモデルになった。

このように、有名人は大抵、ある程度変わっており、偉大な欠点をもっている、といえる。上記の例を見ていて思ったのだが、科学的傾向が強いほど、欠点の許容度が大きい。ここには挙げなかったが、ゲーデルなど、その最たる者だろう。しかし一方、そうやって欠点を許容される身分になるのは、科学者の特権であって、半端なレベルでは許されない。逆に、ビジネス的傾向が強いと、経済的に保護されていないので、そこは欠点のある性格も妥協を強いられる。典型的には、ビル・ゲイツである。身勝手は発揮しても、結局、ビジネスの場では、自分を抑えざるをえない。

一方、自分自身を振り返ると、アスペルガー傾向ではあれ、その程度は強くない。寧ろ、ウォルト・ディズニーのような注意多動性傾向があり、一箇所に興味を固定できないというタイプであるようである。例えば、一番好きな番組はテレビの将棋対局であるが、それでも、手許に何冊かの本を置いておかないではいられない。あるいは、パソコンを手許に置いて、何かのプログラムを書くのである。そうやって「ながら」をしないと、気が落ち着かない。これでは、科学研究であれ、資格試験であれ、著しく不利である。例えば、このブログの発散的なトピックの広がりはそれの冷笑、いや例証である。本だっていつも、少なくとも四冊は手許において、順次眺めているような気がする。

そういう私の注意多動性傾向は、私を、科学研究者や弁理士などのきちんとした職業から遠ざけてしまったが、一方で、アスペルガー的「変さ」を緩和して、ある程度バランスをとってくれた。注意多動性傾向というのも「変さ」なのに、「変さ」が「変さ」を緩和するとはこれいかに、と訳が分からなくなる私は、紛れもなく変なのであった。

特許明細書のチェック法

| コメント(0) | トラックバック(0)

発明協会から、「特許明細書のチェック法」弁理士 橘 和之著、が発行された。仕事柄、特許明細書作成のノウハウの本は目に付いたら、買って少なくとも斜め読みすることにしているが、ほとんど感心したことはない。それで、この本にも大した期待を抱かず買ってみたが、意外な知見があって興味深かったので、メモしてみる。

この本によると、特許明細書の良否を見極めるために先ず注目すべきなのは、【発明が解決しようとする課題】、【課題を解決するための手段】、【発明の効果】なのだという。私がなるほどと思うのは、一般的に特許明細書において、この部分は、おざなりにされ勝ちであって、結構熟練した弁理士が書く特許明細書でも、【課題を解決するための手段】は、特許請求の範囲の引き写しであったりする。すなわち、「この発明の第一の側面によれば、」などと言いつつ、単に、請求項1がコピーされてきているだけという特許明細書があると、私はそれだけで失望する。

特許請求の範囲の引き写しでまずい理由は、一般的に、特許請求の範囲は、【課題を解決するための手段】としては抽象度が高すぎる。言い換えると、【課題を解決するための手段】は、実施例から特許請求の範囲に発明の記述を抽象化している際の中間段階の具体度であるべきということかもしれない。

それで、自分が特許明細書を書くときは、なるべく発明の要旨を自分なりに理解にして、発明者の説明ではなく、自分の言葉で書こうと努力する。しかし、技術的な理解が十分でない場合など、どうしても、発明者の説明の引き写しになりやすい。だから、ここで自分の言葉できちんと、発明の要旨を書けているかどうかが判断基準になる、というのは納得である。

橘弁理士は、【発明の効果】の記載も、一貫した技術的思想を明確にするという意味で、重要である、という。同感である。私は最初に、かなり古典的な特許実務家に特許明細書の書き方を教わったので、効果が重要というのはしっくりくる。実際、意見書を書いていても、こういう構成による、こういう効果があり、それは引用文献の技術からは得られないということを言うと、特許査定がもらえることが多いが、そのためには、出願当初から、【発明の効果】がきちんと書いてあってほしいと思うものである。ところが、特に外内の特許明細書で、何が効果だかよくわからないというものもある。そもそも、米国特許明細書には、"Advantage of the invention"みたいな項目はない。

橘弁理士について、ちょっと苦笑いするのは、作用の記載も重要である、というくだりである。ここの苦笑いというのは、必ずしも否定的なトーンではない。というのは、私の指導者であった古典的な特許実務家は、実施例の説明で、構成を書いたら、その作用を書きなさいと口をうるさかった。作用というのは、業界用語で(といっても、若い人は知らないかもしれないが)、動作のことである。特に機械ものだと、ここにギヤがあります、シャフトがあります、と構成を書いても、ではどう連携して動くんだという作用を書かないと、説明がしっくりこない。これが機械でなく、ソフトウェアの発明だと、ハードウェアの構成と、動作のフローチャートで、一応の説明は間に合うが、私は、作用を書けと教わった名残で、ハードウェアの構成だけでなく、機能構成、あるいはソフトウェア・モジュールのブロック図を必ず描き、それから、作用としての動作のフローチャートに繋ぐようにしている。よって、古典的な特許明細書というのは、何のことはない、あまりスマートでないが実直で、「兄弟船」の乗りで、「型は古いが、拒絶につよい」特許明細書だと私は勝手に思っている。そんな戯言に耳を貸す若手実務家はあまりいないが。

さらに橘弁理士に同意するのは、従来技術と課題の間には因果関係があるので、それを明らかにするという点で、【背景技術】の説明も重要である、という点である。そういえば、従来技術をきちんと書きなさいというのも、古典的な特許明細書の特徴だった。

ところで、あまりにも当然すぎて橘弁理士が述べていないことを補足すると、結局は、特許明細書を書く人は、その分野の技術の背景技術をきちんと理解していることが重要である、ということである。そんなの当然ではないかと言うかもしれないが、技術を中途半端に理解して書かれている特許明細書がいかに多いことか。なぜ技術知識が重要かというと、発明者はその分野の専門家なので、技術のエッセンスしか書いていないことが多い。すると、それを明細書に落とす際に、明細書作成者が行間を埋めなくてはならない。そうしないと、分かりやすい明細書にはならないことが多い。だから私は、特許明特許明細書をチェックする際、特許明細書作成者が、発明者が書いた生硬な表現をそのまま使用して、技術的に行間を埋めていないと失望する。ただ、これは、言うは易くで、私は、特許明細書作成者として、少しでも技術的な行間を埋めようと、毎月何ほどかの技術書を買って読んでいるのだが、難解でどうしてもしっくりこないことが多い。ともかく、私のチェック・ポイントの重要な点の一つに、技術的な行間の扱いと、その努力がある、ということはいえる。

孫子の兵法

| コメント(0) | トラックバック(0)

よく俗に、「孫子の兵法」といわれるけれども、私は「敵を知り己を知らば・・」のくだりくらいしか知らない。それでは、孫子の兵法を知っているとは言えないので、学習のために、「孫子を読む」浅野裕一著、講談社新書に従い、メモしてみる。すると、「孫子」は13篇からなるので、それを列挙しながら、内容をみていくこととする。

  1. 計篇 - 勝算はどちらにあるか
    要するに、戦う前に、自国と敵国の状況を詳しく比較し、どちらに勝算があるかを冷静に判断すべきである、ということである。言われてみれば当然であるが、なかなか難しい。孫子が優れているのは、これを、飽くまでも具体的に説くことである。すなわち、民衆の意思を君主に同化させる、気候も含む天への順応、地形の利用、将の智力、部下の信頼、軍隊の部署割りなどである。
  2. 作戦篇 - 用兵とはスピードである
    孫子の兵学では、戦いは常に、外国への出征として論じられる。すなわち、膨大な兵を遠征させるのであるから、そこに掛かる費用は半端ではない。ということは、長期戦は常に、戦時経済的に不利ということである。すると寧ろ、巧久よりも拙速が重んじられる。日本人は万事に慎重なので、拙速を嫌う。しかし、戦術的に拙速もやむなし、という場面は少なくない。孫子はここで兵站の重要性も説く。当然である。
  3. 謀攻篇 - 戦わずして勝つ
    以上のように、戦争はとてもコストがかかるので、戦わずして勝てるなら、それがベストである。すなわち、百戦百勝というのは決してベストではない。そもそもが、孫子によれば、戦争=戦闘ではない。また、孫子によれば、この文脈で、「兵は、彼を知り己を知らば、百戦して殆うからず。」が説かれる。
  4. 形篇 - 必勝の形をつくる
    ここで形というとき、戦闘の配備であるが、特に守備に力点が置かれる。というのは、攻撃のためには様々な戦闘手段を駆使しなくてはならないので、攻撃の方がコストがかかるからである。すなわち、守備より攻撃の方がコストがかかる。すると、硫黄島ペリリュー島で、圧倒的勢力にも拘わらず、攻撃側の米軍に予想い以上の被害が出たのも、守備体制の万全さ以外の本質的な要因もあった、ということである。
  5. 勢篇 - 全軍の勢いをあやつる
    ここは、戦闘は将兵個々の士気や資質よりもまず、勢いに乗るべし、ということを説く。すなわち、勢いを重んじ、勢いに乗じれると思ったら、そこに一気に兵力を投入する。一点突破である。なんとしても避けるべきは、兵力の遂次投入である。
  6. 虚実篇 - 無勢で多勢に勝つ方法
    これはすなわち、相手の強いところを避けて、弱いところを攻めるということである。それによって、寡兵能く、相手を打ち破れる、ということである。さらには、相手を、こちらにとって有利な場所におびき出す、という方法もある。
  7. 軍争篇 - 戦場にいかに先着するか
    これは、なんとしても、戦場に先着する方が有利ということである。そのために、敵軍より先に戦場に到着するように手段をとるべし、ということになる。
  8. 九変篇 - 指揮官はいかにあるべきか
    孫子によれば、指揮官は、臨機応変に対処しなくてはならない。それは当然で、戦争にあって、情勢は刻々と変化するのである。指揮官は、常に、攻め込んで落としても、そのを維持することに意味があるかどうかを問わなくてはならない。また、孫子が興味深いのは、無謀な君命は拒絶せよ、と述べていることである。戦争の現場を熟知する指揮官に、それを何もしらない君主の命令を拒否する権利があるのは、ある意味当然だろう。それが守られていれば、インパールの悲劇はなかった。
  9. 行軍篇 - 敵情を見抜く
    これは、孫子にあって、とても具体的な内容になっている。例えば、敵より常に高い位置にあるとか、右前方への攻撃力は弱い、などである。
  10. 地形篇 - 六種の地形をどう利用するか
    ここの六種の地形は、行軍しやすさ、退却しやすさ、隘路の存在などによって分類される。ここにも、とても孫子の具体性がみてとれる。
  11. 九地篇 - 脱兎の如く進攻せよ
    孫子はここで、軽地、重地、争地、囲地、死地、など九種類の戦場の類別をする。すると、指揮官たる者、九地のどこに該当するかを認識しなくてはならない。一旦、九地のどこに該当するかを認識すると、擬装して異なる九地であるかのように敵を騙すことも可能となる。例えば、本当は軽地なのに、重地と認識させる、などである。この文脈で、「始めは処女の如く、後は脱兎の如く」が説かれる。
  12. 用間篇 - スパイこそ最重要員
    孫子はスパイをとても重視し、次の五種類に分ける。すなわち、因間、内間、反間、死間、及び生間である。生間は、敵国に繰り返し潜入して、生還して情報をもたらす。内間は、敵国の官吏を手づるに諜報活動をさせる。因間は、敵国の民間人を手づるに諜報活動をさせる。反間は、敵国の間諜を手づるに諜報活動をさせる。死間は、虚偽の軍事計画を部外で実演してみせ、配下の間諜にその情報を告げさせておいて、敵国の出方を待つ。
  13. 火攻篇 -
    ここでは、火攻めの方法を説く。それは、火人、火積、火輜、火庫、火隧の五種類がある。火人は兵営に火を放つこと、火積は野外の集積庫に火を放つこと、火輜は輜重部隊を焼き討ちすること、火庫は屋内に物質を貯蔵する倉庫に火を放つこと、火隧は橋などの通路を焼き討ちすることである。

このように簡単なメモでも、「孫子」が、現代に通用する、実に豊富な内容を含むことがみてとれる。

核廃絶

| コメント(0) | トラックバック(0)

どのテレビ局か忘れたが、ゴルバチョフ元大統領が出演して、核廃絶をテーマとした番組を観ていて、何か違和感を感じたので、コメントを書いてみる。

先ず、ゴルバチョフ元大統領は、任期にあったとき、まさに米国との冷戦の真っ最中だった。そのとき、ソ連のゴルバチョフ書記長(当時)は、1986年、アメリカのレーガン大統領と、アイスランドの首都であるレイキャビクで、冷戦終結に向けた会談を行った。

当時、米ソは、膨大な核兵器を保有し、一発触発の危機と言われた。また、核戦争になると、人類が滅亡するとも言われた。ゴルバチョフ書記長(当時)は、レイキャビクで、米ソは核兵器を使用しないという条約を締結した。それによって、人類滅亡の時計が、12時まであと5分であったのを、ゴルバチョフは、その針を14分も引き戻したと、褒め称えられた。

最大の核保有国が、核兵器不使用の条約を締結することが、よきことであることは誰も否定しない。しかし、ここでいう条約というのは単に国と国との間の取り決めにすぎず、核兵器そのものを廃棄する訳ではない。そういう単なる取り決めで針が14分も引き戻される人類滅亡の時計とは一体何なのか、という疑問が先ず生じる。

それから番組は、広島・長崎の被爆体験に移る。これが人類史上稀な悲惨な体験であることは間違いなく、ゴルバチョフ元大統領に同意してもらうまでもない。

ところが、番組のもともとの意図なのだろうが、話題が、私の思わぬ方に進んでいくのである。すなわち、人類滅亡の時計が再び、12時まであと5分と進められた、というのである。この核軍縮の時代にあってなぜ?と皆問うのではないだろうか。

そしてその理由が明かされる。なんとそれは、イランと北朝鮮の核開発疑惑なだそうである。ここにきて、この番組が、米国中心主義的価値観に染まっていることが明白になった。私は、イランや北朝鮮が尊敬に値する国だとは必ずしも思わない。しかし、その核の脅威のレベルは、旧ソ連のそれと到底比較にならない。

と思っていたら、私の意図を見透かすように、番組はこう付け加える。イランと北朝鮮の核開発により、テロリストに核兵器が渡される可能性が出てくる。それは、想像するだに恐ろしい、と。なるほど、そのことが人類滅亡の時計が再び、12時まであと5分と進められた理由なのか。しかし、君は知っているのか、CIAとアルカイーダとの結びつきを。また、もし本当にアルカイーダが真の反米で、米国に仇なすことを意図するなら、どうしてわざと失敗するテロを仕掛けるのか。あの犯人について、かなり前から警告が米国当局に通知されていたというではないか。それを、米国当局はわざと無視した様子があるらしいではないか。そういう一連の事柄に留意しないで、ただ、テロリストに核兵器が渡る脅威を言い立てるのは、あまりにもナイーブではないか。

そこでまた、唯一の被爆国である日本という話に戻る。番組はこう語る。唯一の被爆国である日本こそが、世界に向けて、核のない平和を訴えるに相応しい国である、と。ああなんと美しい言葉なのだろう、と思ってはいけない。これは実は、思考停止命題なのであって、こう問うと、その命題の内容のなさが分かる。すなわち、「唯一の被爆国である日本は、どうやって、核のない世界にするための枠組みを提案できるか」。そう問うと、実は、何を提案するかに窮するのではないか。実に難しいのである。もっと考えてみると、核廃絶を一番効率的に考えることができるのは寧ろ、世界随一の核保有国である米国である。その米国に、核縮小させようとするとき、米国が一方で、世界最大の軍産複合体の国家であることを認識する必要がある。

また、唯一の核対人使用国である米国が、広島・長崎の原爆投下を一体真剣に反省しているのか、ということを象徴するのは、ベトナム戦争で、軍部は真剣に、北ベトナムに原爆投下を検討した、という事実である。要するに、あまり反省の色はないということである。北ベトナムに原爆投下しなかった主要な理由は、基本的には、ソ連の核による報復を恐れた、ということである。はるか彼方のアジア人であるベトナム人に対する人権などほとんど話題にも上らない。

そういえば、ちょっと話題がそれるが、独身時代、仲のいい横浜出身の友人と、場末の酒場で呑んでいた。すると、広島出身という生真面目そうな青年がたまたま話しかけてきて、広島に関係して、なぜが原爆の話題になった。そこで、横浜出身の友人がちょっとふざけて、ピカドンがどうのことのと言い出したので、広島出身の青年が、「お前、広島県人に対して、その話題でからかうとは許せんぞ。」と怒り、一方、横浜出身の友人は、「たかが広島県人というだけで、原爆について特別分かっているようにいうのはおかしいぞ。そもそも、お前は、肉親を原爆で失ったのか。」と反撃して、私は必死で仲裁した。一応私は、広島県出身なので、その広島出身の青年の言うことは分かる。広島県に生まれ育つと、教育委員会の方針で、小学校のときから、原爆投下に関する授業がある。また、夏休みでも、8月6日は登校して、黙祷を捧げる。だから、長崎県以外の他県人に較べると、確かに原爆に対する意識は高いといえばそうなんだけど、突き詰めると、原爆に関して、特によく分かっているわけでもないのである。基本的には、広島出身の青年の言うことに共感しつつも、横浜出身の友人の言うことも、うんまあそうだよね、とあまり反論できない。

だから、単に日本人というだけで、唯一の被爆国であるというだけで、世界に対して、意味がある発言はできない、ということである。どうみても、日本人の平均は、広島県出身の私自身よりも原爆に対する知識や意識がうんと低いようなのだから。

松本清張

| コメント(4) | トラックバック(0)

久々に、年末年始にかけて、松本清張の作品を読んだ。「夜光の階段」上・下、新潮文庫である。年末年始のテレビ番組があまりにも下らなくて、それなら、久々に松本清張の小説でも読もうと思った次第である。テレビ番組を馬鹿にするけど、実は、年末に松本清張原作のサスペンス・ドラマがテレビで放映されていて、思わず惹き込まれた、というのがきっかけだったりするので、勝手なものである。

ここで話は急に、私の中学・高校時代に遡る。私は、百島という孤島で生まれ育ち、本屋もろくにないし、当然に家にもほとんど本がないので、読書に親しむということが困難だった。実は学校の図書館には、世界文学全集があって、読もうと思えば読めたはずなのに、結局は当時は興味がもてなかったようで、一冊も読んだ記憶がない。すると、孤島だったから読書に親しむということが困難だった、というのが下手な言い訳であることがすぐ分かる。当時の私は博物少年で、読むといえば、昆虫図鑑、鉱物図鑑、植物図鑑と海岸動物図鑑で、ボロボロになるまで何度も読み返していた。ただ、まとまった文章を読むという訳ではないので、変な昆虫の名前には詳しかったかもしれないが、読解力も作文力もつかない。よって、国語力の乏しさは覆いがたいものがあった。

中学・高校時代も同様で、言い訳として卓球部の部活が忙しかったというのもあるが、やはり、ろくな本は読まなかった。それで、古文・漢文はおろか現代国語のテストもガタガタであった。高校の友人と話しても、彼らが話す有名な文学書の類はほとんど知らず、くやしいので、太宰治の「斜陽」を買ってもっていたら、おお、島の原住民が、そんなのを読むとは、と揶揄されたくらいである。

ともかく、最高に嫌だったけどラッキーで短くて済んだ受験勉強の期間をへて大学に入ると突然暇になった。どうしようかと思ったら、たまたま友人になった数学科のI君から、松本清張の作品を、「おもしろいき、読んでみ」と紹介された。I君は、大分の出身であった。小説なるものを耽読したことがなかったので、大して期待もせず松本清張の作品を買ってみた。忘れたけど、最初に読んだのは「ゼロの焦点」だったかもしれない。なんか細いプロットを強引につないで無理があると思ったけど、文章の読みやすさと、心理描写の巧みさ、叙情の豊かさに嵌ってしまい、学生生活の暇さにまかせて、松本清張の作品を次々と読破していった。

結局、2年くらいかけて、少なくとも新潮文庫で出ている松本清張の作品は、大抵読んだ。その頃からだろうか、少しだけ文章を書くことに違和感がなくなった。今書いている文体は、大体その頃完成されたようである。すなわち、沢山読むことが、書くための最大の修行ということのようで、そういう意味で、松本清張は私の作文の師匠なのであった。

ただ、久々に松本清張の作品を読んで感じたのは、その読みやすさの技法は半端でない、ということである。というのは、仕事柄、日々文章を書くのであるが、自分の文章は哀しいほどにゴタゴタしている。それはある意味、特許の文章なのだから仕方ないと言い訳もできるが、それにしても、文章を短くする、係り受けを明確にするなど、いくらでも松本清張から学ぶことはあるのに、活かされていない。

実は名作家がリーダブルであるとは限らない。例えば、大江健三郎など全然読みやすくない。そして、文章が難解な作家を挙げると枚挙に暇がない。

一方、松本清張と張り合うリーダブルな作家に、司馬遼太郎がいる。そして、毀誉褒貶はあっても、松本清張と司馬遼太郎の圧倒的存在感を無視できる人はいない。その圧倒的存在感は、作品の量と、リーダビリティで支えられている。もう一度、そのリーダビリティをきちんと考えなくさねば、と思った次第である。

それと、松本清張の作品に特徴的なのは、今回の「夜光の階段」や「砂の器」に通低する、貧しい過去から成り上がったヒーローである。松本清張自身が、長い下積みから、人生の後半でようやく芽が出た。そこから自身は、終生大家の名をほしいままにしたが、松本清張は、成り上り者を結局、悪役としておとしめてしまう。すなわち、ストーリー中の成り上り者に、自分の生涯を投影しないのである。この心理は何なのか、ちょっとよく分からない。

メンター賞

| コメント(6) | トラックバック(0)

毎日新聞Webに、生物物理学者の大沢文夫さんが、英科学誌「ネイチャー」が創設した「メンター賞」を授与された、という記事があった。以下、引用:

才能を見いだし育てる達人を、中国の故事では伯楽、西洋ではメンターと呼ぶ。英科学誌「ネイチャー」が創設した「メンター賞」をこのほど受賞した。「みんなが支えてくれたおかげ」とはにかむ。

理屈っぽい少年だった。東京帝大で物理学を学んだが、"正統派ぶり"が肌に合わず、寺田寅彦の弟子、宮部直巳に師事して名古屋大へ。統計力学から生物学へと足場は変わったが「オリジナルな考え方で面白いと思える研究を続ける」という信念を貫いた。

分野や国籍を問わず研究者を受け入れ、弟子は数百人。自由な議論の中から、生物物理学など生命科学を牽引(けんいん)する新分野が育った。女性研究者が圧倒的少数だった60年代初め、研究室メンバーの3割は女性。のびやかで出入り自由な雰囲気から、「大沢牧場」と呼ばれた。

「生体を作る分子は柔らかな機械である」とし、あいまいさの多い生体現象を説明する「ルースカップリング」という概念を提唱した。その思想は飄々(ひょうひょう)とした生き方にも通じる。「研究は以心伝心。真剣な議論は1年間に3分でいい。独創性がなくなるし、照れるでしょ。師弟関係もルース(緩やか)で」と笑う。

人を育てるには「アイデアを大事にし、邪魔しないこと。仕事の速さで評価しない。面白さに対する感度があれば口を出さず本人に任せる」。探究心は衰えない。来年は新しいテーマで本を1冊書くという。【元村有希子】

これを見て、なるほど、「ネイチャー」は、いい線を突いていると思う。すなわち、科学において、よき後進を育てることは、非常に重要である。そこにスポットをあてて賞を授与するのは面白い。一方で、それを授与される大沢文夫さんもユニークである。

それで思い出すのは、私の名伯楽のメモである。そこに書いた木見金治郎、佐瀬勇次、高柳敏夫、藤内金吾、森信雄、所司和晴という将棋の名伯楽と大沢さんを比較して改めて共通点を書き出すと以下のとおりである。

  1. 自由な雰囲気で、権威ぶらない。あくまで民主的。
  2. 弟子とあまり真剣な議論をしない。フレンドリーがいいようである。
  3. 斯界の超一流ではない。そういう言い方は失礼かもしれないが、超一流になるためには、ある程度自己中心的でなくてはならない。それが、メンター性の阻害になる。
  4. いつまでたっても自由な発想と興味を失わない。これは、弟子の提案を柔軟に受け入れるために必要である。

では一方、将棋の名伯楽と、科学のメンターの違いは何か。

  1. 先ず言えることは、将棋の名伯楽の場合、来る者は拒まず、という訳でもない。寧ろ、ある程度才能で選別している。それは、将棋のプロという特殊性もあるかもしれない。
  2. 性別に、大沢文夫さんは拘らない。女性も沢山弟子にいる。華やかでいい。将棋の名伯楽の場合、あまり女性の弟子がいると聞かない。強いて言えば、高柳敏夫くらいか。清水市代は、高柳一門である。

ここで思い出したのが囲碁の秀行塾である。秀行塾は、以下のような雰囲気である。

  1. 囲碁が好きであるなら、来る者は拒まない。
  2. 秀行塾では、秀行先生は天皇陛下である。口応えできない。
  3. 打ち碁は、真剣な議論に晒される。秀行先生、その他のメンバーの容赦ない批判を受ける。
  4. メンターたる秀行先生は、囲碁に対する情熱と研究熱心で、誰にも負けない。

では、最後に、私が多少とも馴染みがある特許実務ではどうか。

  1. 来る者は選別する。使えない者が来ると困る。
  2. 秀行先生ほどではなくても、当面は、あまり口応えしないで言うことを聞く必要がある。特許実務は何しろルールが多い。
  3. 仕事は、真剣な議論に晒される。
  4. メンターたる先生は、秀行先生ほどではなくても、実務に対する十分な経験と情熱は必要だろう。
  5. あと、実務を教えるのは面倒で割に合わない仕事である。世話好きでないとやっていけない。

以上から、分野によらず、世話好きであり、その分野における情熱とスキルは必須要件であることがわかる。そこがあれば、来る者は拒む/拒まない、民主的/師範的、自由放任/厳密吟味というバリエーションのどれをとるかは、業種によるだろう。ある程度選別された人がくることと、そのキャリアについて責任を負わなくていいなら来る者は拒まないでいい。そうでないなら、来る者はある程度選別する必要がある。また、やることの自由度が高いなら自由放任でいい。そうでないなら、ある程度きちんと枠に入れる必要がある。例えば、科学の研究はかなり自由度が高く、囲碁・将棋や特許実務はどうしても、ある程度枠にはまる。そうした上で、民主的/師範的は、かなりどちらでもいいのかもしれない。

真のワールドシリーズ

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞Webに、下記のニュースがあった。

【ニューヨーク=岡田卓史】日本プロ野球組織の加藤良三コミッショナーと大リーグ機構のバド・セリグ・コミッショナーらが5日、ウィスコンシン州ミルウォーキーで会談し、プロ野球と米大リーグの王者による世界一決定戦の実現に向けて検討を重ねていくことで一致した。

加藤コミッショナーが6日、ニューヨークで取材に応じ、「セリグさんから日米グローバル・ワールドシリーズを、夢ではなく現実に進めていきたいという話があった。私も全く同感だ」と話した。

日本選手が大リーグに移籍する際の紛争解決のシステム作りや、日本のアマ選手獲得を目指す大リーグスカウトの行動規範の必要性なども意見交換した。

これに対するコメントは、次のとおりである。

  1. 先ず、大リーグと日本のそれぞれのチャンピオンでは、まだ流石に、日本が大分、格負けしているのではないか。だから、ちょっと、盛り上がりに欠けるような気がする。
  2. 日本と米国のどちらで戦うのか。どちらにしても、フランチャイズの方が有利であるが。
  3. 実質世界チャンピオンは最早、韓国なのかもしれない。だから、韓国の優勝チームを無視して、米国と日本のチャンピオンで、世界一を競うというのは、本当は世界一ではない、という批判を浴びそうである。

ところで、どうでもいいけど、大リーグ機構のバド・セリグ・コミッショナーの名前は、「パとセリーグ」みたいだが、偶然か。もちろん、偶然に決まっている。

数論と幾何学

| コメント(0) | トラックバック(0)

よく、囲碁と将棋はどちらが深いかという議論になる。すると、犬と猫で議論したように、人間は犬も猫も同じように好きだという人はいなくて、同様に、囲碁も将棋も同じくらい好きだ、という人も実はなかなかいない。勝負事など論外だという人はさておいて、大抵、どちらかに偏る。

それは何なのかという議論を、今まで何万人の人がしてきただろう。それをここでも繰り返すと、結局、囲碁は相対性と広さを基調として、その上に部分の深さがあり、将棋は、絶対性と深さを基調として、その上に広さがある。だから囲碁では先ず、全体を眺めて、そこから部分の深さに入っていく必要があり、一方将棋では、部分の深い読みの総体が広さである。これを数学に喩えると、将棋は数論であり、囲碁は幾何学である。よって、囲碁と将棋のどちらが好きかとい議論は、幾何学と数論のどちらが好きかという議論と等価である。ううん、全く分かりやすくなっていない。

ともかく、囲碁は幾何学であり、ほとんど至るところで素直な多様体になっている。だから、感覚だけで打っても、そこそこの手が打てる。これこそが、一様連続な多様体の性質である。従って、囲碁に馴染むということは、一様連続性としての形に熟練することである。ところが、局面が緊迫してくると、局所非可換性が顕現してきて、将棋的な深い読みが必要になる。で、思ったのだが、日本が韓国や中国に負けているのは、囲碁の将棋性においてではないだろうか。これはもちろん、囲碁棋士が将棋に熟練すればいいという話ではない。絶対を指向する将棋的な読みを囲碁に取り入れるという意味であるが、私程度の囲碁の棋力の者がいうと、ほとんど戯言だろう。

一方、将棋の数論性は、局面の離散性による。ある局面を妥当に導く手の稀少性である。数論の希少性は、典型的には、フェルマの定理の解のなさにあらわれる。将棋ではこういう絶対性を追求するがゆえに、囲碁よりも戦いが厳しくなることが多い。しかし、将棋の最強者は、最も深く戦う者ではない。深さを措いておいて、全体を見渡す感覚をうまく導入できた者が最強者となる。それを、囲碁の例の双対として、将棋における囲碁性と呼ぶ。フェルマの定理を証明するために、クンマーは、イデアルという概念を構築して、数論的に迫っていった。しかし、ぎりぎりのところで難攻不落であった。ところが、救世主は意外なところからあらわれた。数論から溢れ出したリーマンのゼータ関数から谷山・志村予想があらわれ、リーマン予想を横目で睨みながら、フェルマ予想に斬り込んでいったのである。

トピックが次第に将棋から離れてしまったので引き戻すと、最近の将棋戦法の百花繚乱性を見ていると、これは将棋の数論性というよりも幾何性というか、なんだか谷山・志村予想のような多様性ジェネレータがあって、幾何学化しつつあるようにも見える。

この散漫且つ支離滅裂な文章も、そろそろ締めくくらなくてはならない。すなわち、囲碁は将棋性を取り入れ、将棋は囲碁性を取り入れ、発展していくことができ、その際、片言でもいいので数学の概念を取り入れてみると、面白く思考できることもあるのではないか、という浅はかな試論であった。

ルーマニア革命

| コメント(0) | トラックバック(0)

チャウシェスクについてブログにメモしたが、いわゆるルーマニア革命についてもう少し詳しく知りたくて、「この目で見た政権の崩壊」ルーマニア革命の7日間、ダン・チョバス、智片通博著、日本放送協会を読んでみた。以下、私なりのメモである。

ルーマニア革命の発端は、ルーマニア西部の中心都市、ティミショアラである。人口は30万人余り、ハンガリーとの国境に近い。事件の発端は、ラースロ・テケシュというハンガリー系牧師への、教会からの退去命令を政府が強制執行したことによる。

テケシュ牧師は、1989年7月、カナダのテレビ局のインタビューの中で、ルーマニアにおけるハンガリー系住民の窮状を訴えた。これが、ハンガリー国内で放送され、大きな反響を呼んだ。そのことは、ルーマニア当局を刺激することになった。そして政府はついに、テケシュ牧師に対して、ティミショアラから北部の教会に移るように退去命令が出された。

1989年12月15日が強制移住の期限だった。このテケシュ牧師を守ろうと、人々が教会を取り囲み、当局との間で小競り合いが生じた。12月16日も、その次の日も、人は増えるばかりだった。17日になると人々は、ルーマニア共産党の地方委員会の建物に乱入して、火をつけたりした。

これに対してチャウシェスクは、断固とした態度をとり、警察や治安部隊をティミショアラに派遣した。そこでチャウシェスクは、指示に従わない者には容赦なく発砲せよと命令、こうしてデモ隊の死者は1000人以上にものぼった。

国内は緊急事態だったが、チャウシェスクは予定に従い、イランに公式訪問した。その間も西側の報道機関は、ティミショアラでのデモ隊虐殺を報道し続けた。20日にチャウシェスクは帰国、そして深夜11時、緊急放送として、ティミショアラ事件の弁明をした。あれは、ならず者たちのデモであり、軍隊は辛抱強く耐えた。しかし、挑発に耐えかねてとうとう発砲したのだと。発砲した軍隊は愛国的行動をとったと。

チャウシェスクは、国民を沈静させようとこの緊急放送をしたが、まさに、空気を読めない行動で、国民の神経を逆撫でした。こうして次の日の反チャウシェスク・デモは却って人数が増えた。

チャウシェスクの空気を読めない行動は次の日も続く。次の日には、デモに反対派が多く含まれるのを目の当たりにして、まるで今の日本の民主党のように、家族手当の増額を説く。しかし、微々たるもので、それで買えるものなど、ルーマニアにはない。

このとき、群集は、チャウシェスク政権の崩壊を感じ取ったという。しかし、治安部隊は、威嚇射撃を繰り返す。そして威嚇射撃が次第に、本当にデモ隊を撃つ射撃に変化してきた。迫り来るデモ隊に耐え切れなくなったのだった。戦車や装甲車に轢かれる者もでてきた。怪我人は、1000人にも達した。

12月22日、国防大臣のミレア将軍が自殺したという。確実に何かが変わりつつある。後からの報道によると、ミレア将軍は自殺したのではなく、チャウシェスクの命令で殺されたのだという。さもありなん。

このときから、国軍が市民の側に就いた。戦車は白旗を上げた。チャウシェスクは確実に支持を失いつつあった。白旗を見て、市民たちは、共産党本部に駆けつけた。

ついに、チャウシェスク夫妻とその側近は、大統領専用ヘリで逃亡した。デモ隊たちは、軍隊がすっかり自分達の味方だと安心した。もう発砲はないものと思った。

チャウシェスク夫妻とその側近を乗せたヘリのパイロットは既に国軍に寝返っていた。わざと高く飛んで、国軍のレーダーに把捉された。パイロットはチャウシェスクに、レーダーに把捉されたので、撃墜されると伝えた。チャウシェスクはびっくりし、すぐに着陸しろと命令した。着陸すると、治安警察が待っていて、チャウシェスク夫妻とその側近を連れて車で去った。パイロットは、命からからがら、基地に戻った。

チャウシェスクが抜けた共産党本部には、イエリスクなど要人が集まった。イエリスクは、ロシアのゴルバチョフが、ルーマニアの指導者にしたがっていたという噂がある。すると、このルーマニア革命も、ある程度、ロシアの仕組んでいたことなのだろうか。

そうしているうちに、共産党本部に、チャウシェスク夫妻が逮捕されたという情報がもたらされた。ところが、秘密警察らしき一味が、旧共和国宮殿に潜んで発砲しているらしい。

ところで、国軍のグシュ参謀総長が市民側に就いているのはいいとしても、治安警察の責任者、ヴラッド副長官も市民側に寝返っていることを怪訝に思うものは多かった。それなのに、秘密警察は勝手に発砲している。ということは、ヴラッドの指揮下にないということである。それで、旧共和国宮殿に潜んでいる一味の素性が一層不気味になってきた。

そして、秘密警察の責任者ポステルニクが逮捕され、ヴラッドも結局逮捕された。銃撃している秘密警察はいよいよ、指揮系統を失った。一方で、ハンガリー軍の支援がきただの、ソ連に支援が要請されただの、混乱を招く情報も飛び交った。

12月25日、チャウシェスク夫妻が裁判にかけられ、処刑された。国家権力の破壊、経済の破壊、国民虐殺の罪であった。しかし、処刑されたチャウシェスク夫妻の姿がテレビに映し出されたのは、12月26日午後のことだった。そのとき、執拗だったチャウシェスク派の抵抗も下火になった。

新政権を率いるのは、イエリスクをリーダーとする救国戦線評議会だった。国民はしかし、救国戦線評議会を信用しなかった。結局、共産党が復活するのではないかと恐れた。チャウシェスクによって一旦は左遷されたとはいえ、イエリスクは一時は、押しも押されもせぬチャウシェスクの側近だったのである。国民に不信感が広がるのもやむを得ない。

チャウシェスクのやり方は、本人が北朝鮮のやり方を真似ていると言っているくらいで、実際によく似ていた。それは、側近と共産党で富を独占し、国民には窮乏を強いる方針だった。何しろ、国内で生産したほとんどのものは輸出に回し、その売上げを共産党が占めるのである。国民には富はほとんど回らない。文化も生活も強い制限を課し、個人崇拝を煽る、国民から見たら馬鹿馬鹿しい内容のテレビ放送しか許さなかった。

そんな中で、イエリスク他、親ロシアのメンバーは、ソ連との結びつきを深めていたようである。特にゴルバチョフの時代になってから、イエリスクらはペレストロイカの影響を受け、シンパを増やしていったが、チャウシェスクは一貫して嫌ロシアで、どうしても相容れることができなかった。

それで結局、ティミショアラの事件の頃はイエリスクらは、国軍を掌握し、「クーデター」の準備ができていたものと思われる。そうでないと、ティミショアラの事件からわずか1週間で即決で政権を奪うことにはならない。そう考えると、ティミショアラの事件もある程度扇動されたものだった可能性もある。

ともかく、ブログに書いたように、イエリスク氏は、大統領として任期をまっとうし、少なくとも個人崇拝でない政治体制は確保できたようであり、2007年1月1日に欧州連合に加盟が許された。加盟に際しては、改革が不十分であるとして欧州理事会によって再審査されたというので、改革はまだ日暮れて道遠しのようである。

ブカレストでのチャウシェスク派による銃撃事件で多数の市民が殺され、救国戦線評議会は犯人を特定しようとしたが、結局、今に至るまで、きちんとなされていない。もしクーデターだったとすると、救国戦線評議会としても蒸し返したくない一面があるのかも、と勘ぐりたくなるところでもある。

魂の邂逅

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、相性の理論で、夫婦間の相性を粗く論じたが、あれは制御系のナイキスト条件のように、とりあえず関係が崩壊しない安定な範囲を推定したものであった。

そういう単なる安定性を超えた魂の邂逅ともいうべき男女の出会いもあるとは思っていたが、先日、オノ・ヨーコの特集番組をみたとき、ああ、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの出会いはまさに、魂の邂逅と呼んでいいのだ、と感じた次第である。

オノ・ヨーコは、安田財閥に連なる名門の家庭に生まれ育った。一方のジョン・レノンは、リバプールで、ほとんど夫婦関係が崩壊した家庭で精神的にも貧しく育てられ、不幸な生い立ちであった。

オノ・ヨーコとジョン・レノンの出会いは、劇的ではない、何気ないものだった。オノ・ヨーコは、前衛芸術家で既婚、娘が一人いた。ジョン・レノンも結婚しており、息子が一人いた。

仕事のあいまにジョン・レノンがたまたま、オノ・ヨーコの個展に出かけたが、最初は、ジョン・レノンは、オノ・ヨーコの気を引かなかった。寧ろ、変な人と思った程度。そう、相性の理論に書いたように、どんな魂の出会いも最初は物質の衣を着ている。

ところが何回か会ううちに、二人は離れられない関係となった。一緒に暮らすために、各々の配偶者と離婚、同棲を始める。そして何年かたって、ついに結婚した。そのことがマスコミに発表されると、世界は騒然となった。なにしろ、ビートルズのスーパースターであるジョン・レノンが、得体の知れない東洋の魔女のような容貌の女性と結婚するのである。嫌がらせのレターも山ほどきた。

それでも、山あり谷ありだったが、二人は、ジョン・レノンが悲劇の銃弾に倒れるまで、仲睦まじく暮らした。

ジョンとヨーコが結婚したとき、私は確か、まだ大学生だった。そして友達と、あんな妖怪みたいな女のどこがいいんだろう、と品のないことを友人と話し合ったものである。そのときはまだ、魂の邂逅なるものを知らなかった。

そう、魂の邂逅は、生い立ちも、国籍も、財産も、年の差も、容姿も、完全に超越している。なにしろ、中国で、20台の男性が、70台の女性に求婚したことがある。男性はイケメン、しかし、女性は、外見は失礼ながら単なる梅干婆である。それでも、魂の吸引力は絶大で、二人は人里離れて同棲し始める。

もっと身近には、野村監督の例がある。野村監督は今でも沙知代夫人にぞっこんで、絶対服従を貫いている。楽天の監督から降りるときも、球団の代わりはいくらでもあるけど、女房の代わりはない、みたいな発言をして、奥さんの意向に従うことを示唆した。私だったら、つい逆のことを言いそうである。どう逆なのかは、あえて説明しない。

その沙知代夫人からして、私から見ると、やっぱり妖怪のようなのである。だいたいがマスコミからバッシング受けるほど無神経に振舞ったりしたこともあった。

以上から、なんの必然性もなく、連続体仮説ならぬ、魂の邂逅仮説を立ててみる。以下のとおりである。

  1. どんな人にも、魂の邂逅といえる異性がいる(ホモセクシュアルな人なら、同性)。
  2. その相手は、生い立ち、国籍、財産、年の差、容姿、知能など、凡そ魂の属性でない要件には全く関わらない。
  3. 魂の邂逅は、一生のうちに起こる可能性は低い。それは下記のような理由による:
    • 魂の邂逅の相手は、物理的に遠いかもしれない。例えば、相手がチベットの山奥にいたら、まず一生会わない。
    • 物理的に近づいても、物質的な要因で、結局、互いに退けてしまうかもしれない。典型的には、容姿に拘る、資産に拘る、国籍に拘るなどである。
  4. 魂の邂逅のカップルは、紆余曲折の後、一生添い遂げる場合が多い。ただ、なぜか一方が早死することも少なくない。運命の嫉妬か。
  5. 生まれてくるとき人間は、魂の邂逅オプションをつけることができるようである。今回どうしますか、まあ、今回はいいよ、自分で探す、とか言う。ええっ?誰に頼むんだろう。魂の邂逅オプションをつけると、ひょんなところで、出会いがセットされる。ジョンとヨーコのように。

という、何の根拠もない考察であった。

アセンション

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日書いた2012で、ちらっとアセンションについて触れたが、もうちょっと詳しく知りたいと思い、「超入門アセンション&2012」エハン・デラヴィ著、五次元文庫、徳間書店を買ってみた。以下私なりの要約とコメントである。

先ず、2012年が節目であるというのは、2012にも書いたように、マヤ暦による。多分マヤ暦以外に、2012年を節目にしている暦はない。ちなみにマヤ暦は、1年を365.2674・・日と正確に計算している。どうやって計算できたのか、全く不明である。ともかく、そういうマヤ暦が、2012年以降は暦がないというのだから、そこに重大な意味があるに違いないと判断するのである。

2012年をアセンションと結びつけて喧伝して始めたのは寧ろ、スピリチュアリストたちだった。ちなみにアセンションとは、もともとはキリスト教的概念である。イエス・キリストが復活後数週間して、神の許に帰ることをいうようである。スピリチュアリストは、アセンションを「次元上昇」とも訳したりする。金星人などの惑星人とも関連する。すなわち、金星は地球よりもはるかに高い意識の星で、次元上昇している、ということである。

さて、ティヤール・ド・シャルダンは、北京原人やジャワ原人が突然進化して、現人類になったと説く。すなわち、現人類が北京原人やジャワ原人の後に現れて、北京原人やジャワ原人を駆逐したというのではない。北京原人やジャワ原人が突然変異して、現人類になったのである。それもまた、アセンションである。すると、2012年には、現人類から新人類に変わるためのアセンションが行われるというのである。

現人類と新人類の違いはなにか。それは例えば、新人類は、テレポーテーションなどの超能力が使えることである。自然霊はまさにテレポーテーションを駆使するのであって、例えば、宝石を平気で隠したりする。新人類は、自然霊の能力を一部もつ、ということになる。

新人類といえば、遺伝子的に、チンパンジーと人間はよく似ている。それでいて、チンパンジーの方が人間よりも遺伝子の情報量が多い。実は、現人類は、23万年前、チンパンジーまたは北京原人やジャワ原人に対して遺伝子操作をほどこすことに生まれたという説がある。では誰が遺伝子操作したかというと、宇宙人らしい。どこから来た宇宙人なのか。私は月人も有力なような気がするが、とりあえず、どの宇宙人かは特定されない。宇宙人の遺伝子操作により生まれた人は最初は1000年くらい生きたらしい。このことは、旧約聖書の記載とも一致する。そうやって最初に出来た人類は、自己生殖機能を有し長命であったが、単為生殖できなくなってから100年程度の短命になったという。

すると、2012年は、宇宙人が降臨して、人類をアセンションさせるのだろうか。そのとき、覚醒した人類は選ばれ、そうでない人類は滅びるのだろうか。いよいよ聖書の最後の審判に似てくる。

では、その宇宙人とは何か。それは、宇宙人アヌンナキで、ニビル星を故郷とする、という。ニビル星とは太陽系の惑星の一つで、木星と同じ程度の大きさ、3600年という長い周期で太陽の周りを回るというが、まだ未発見である。なお、宇宙人アヌンナキやニビル星については、宇宙人に係る人類の起源と使命を適宜参照されたい。

宇宙人アヌンナキについては、人類最古の文明シュメールの粘土板に記述があるという。すなわち、シュメール人は、宇宙人アヌンナキから文明を教わったという次第である。そして、シュメール→アッカド→バビロニアと文明は伝承される。

その他、2012年には、太陽風が活発化するという。すなわち、地球は太陽の周りを回るというが、太陽自体が、銀河の中を相対的に移動している。すると、宇宙塵の豊富なところを通過することもある。それによって太陽風が変化する。人類は明らかに、太陽風によって影響を受ける。

結局、2012年のアセンションとは、宇宙人の降臨、人類の次元上昇、宇宙環境の変動の組み合せらしいが、ノストラダムスの大予言と異なるのは、一体何が起こるのかあまりにも抽象的である、ということである。なにか想像を絶する苦難が待ち受けていて、それを克服することで人類が進化する、と考えることもできるが、ノストラダムスの大予言がそうだったように、何もおきないかもしれない。あるいは、意識の相転移が起きても、誰も気付かないかもしれない。

あと、どうしても気になるのは月人である。それとニビル星とはどういう関係にあるのか。全く無関係なのか。ニビル星の前衛基地が月なのか、など想像は広がる。

アサヒビールの社員定着

| コメント(3) | トラックバック(0)

プレジデント・オンラインによると、アサヒビールは、社員定着率が非常に高いという。以下、引用:

「働きがいのある会社」全国5位、年間退職率はたったの0.9%――。誠実で熱い人間が集まり、集団で力を発揮する同社の会社と社員の信頼関係、社員同士の一体感の築き方に迫った。

私は社長を男にしたいと思っています

愛社精神はどうやってつくられるのか――。バブル崩壊以降、日本企業は終身雇用、年功型賃金、手厚い福利厚生といった愛社精神を支えてきた仕組みをことごとく捨ててきた。加えて会社と社員はイコールパートナーであり、意に染まなければ辞めてもいいと広言する経営者もいた。

その結果、社員の離反を招いた反省もあるのか、最近では揺り戻しによる"社員大事"経営が流行っている。しかし、いったん失われた愛社精神を一朝一夕に取り戻せるものではない。

その中にあって、今でも旺盛な愛社精神を維持しているのがアサヒビールである。それを象徴するエピソードがある。同社は昨年GPTWジャパン(Great Place to Work Institute Japan)が調査した日本における「働きがいのある会社」の5位に選ばれた。同調査はアンケートによる社員の生の声を分析して評価するもので、米国では経済誌「フォーチュン」が毎年1月に「ベスト100」を発表する著名なものだ。

そのGPTWの共同創設者のロバート・レベリング氏がアサヒビールを訪問したときのこと。現場の営業マンに会いたいという要請を受け、通訳付きのインタビューが始まった。

レベリング氏が「あなたのモチベーションとは何ですか」と質問をすると、ある営業マンは「私は社長を男にしたいと思っています」と発言。咄嗟には通訳も訳せず、なんとか説明して意味を理解したという。「社長を男にしたい」とは、まさに経営者と社員の信頼関係を象徴する日本的表現である。入賞したベスト25社の中でもとりわけ同社の社員が認識しているステートメントは「この会社で働いていることを、胸を張って人に言える」だった。

「私は社長を男にしたいと思っています」とは、なんと「くさい」文句か、と笑ってしまう。しかし、笑いつつも、典型的日本人としては、そう言ってみたい気持ちも分かる。ところで、「私は社長を男にしたいと思っています」は私だったら、どう英語で表現するか。

I want to help the president make a great success. というのが直ぐに思いつくが、ちょっとインパクトが弱すぎるか。もうちょっと捻って、 I want to make the president a charismatic executive officer. あるいは、 I want to make the president a legend. やっぱりしっくりこない。

アサヒビールで社員の定着率が高い理由は、会社と経営者に対する信頼感が図抜けて高いせいだという。社員が、経営者が社員を大事にしてくれていると感じることができるというのである。そこから、「私は社長を男にしたいと思っています」という文句も出てくる。

アサヒビールでは、福利厚生も充実しているが、やはり、愛社精神を育むのは、先輩と後輩の"熱い紐帯"を醸成する「ブラザー(シスター)制度」だという。すなわち、アサヒビールの新入社員は4月の導入研修後に現場に仮配属され、9月の正式配属までにOJTを受ける。以下、再び引用:

その間に新入社員1人に先般社員1人が「ブラザー」として張り付き、公私にわたり面倒を見る。ブラザーになる社員は公募で選ばれ、仮配属までの期間にリスニングなど新入社員対応プログラムを学習して臨む。もちろん、ブラザーも自分の仕事を抱えながら面倒を見ることになるが、応募者は多いという。

「ブラザー自身も先輩に教えられ、勇気づけられた経験を持っており、やりがいを感じて応募します。期間中はブラザーが責任を持って研修の手配も行い、自分の教え子なのでしっかり教えてくれとブラザーが窓口となって他の部門に依頼します。新入社員がいつもどんな状況にあるか日誌なども全部見て常にチェックし、何でも聞ける兄貴的存在になります」(丸山人事部長)

確かに、会社でも、どんな組織でも、定着率に貢献するのは、人間関係のつながり、とはよく言われる。とはいえ、今の時代、そういうのは、自らすすんで、社畜になることなのでは、という疑問も湧く。

一方、社畜であれ何であれ、一つの組織で、愛社精神をもって、人間関係で信頼し、されつつ生きていれるなら、立派なものではないか、という気もする。

そこで私の纏めのコメント:

  1. 社会には、時代が移り変わっても比較的安定した会社というものは存在する。例えば、酒を製造する会社はその一例かもしれない。というのは、人類が酒をたしなまない時代というのはなかなかこない。また、酒というものは、IT機器や車などの耐久財と違って、確実に消費され、よって確実に売れる。これは、景気に作用されにくい。こういう会社では、会社が社員を信頼し、社員が会社を信頼するような仕組みがつくりやすいといえるのではないか。
  2. 人間には、安定志向の人間と、移り変わり志向の人間がいる。安定志向の人間は、ビール会社に入って愛社精神を育み、よし社畜と呼ばれてもいいではないか。何を恥じることがあろう。いささかも、人倫に悖るものではない。
  3. どうしても移り変わり志向であるなら、自分で事業を興すもよし、リストラされやすいIT企業に勤めるもよしである。それもまた、自己責任であろう。
  4. 特にIT企業で、これからは全て自己責任で、いつ放り出されてもいいように自己研鑽を怠らないように、のように言う管理職がいるが、それが現実であるとしても、威張って言うようなことではあるまい。会社の側がむしろ、社員の雇用に対して、責任放棄している面もある。
  5. ただ、アサヒビールのような会社でも、遠い将来はどうなるか分からない。そこで、社畜に甘んじつつも、自己独立の精神をどこかでもつべし、ということになるだろうか。

つくられた共産国家

| コメント(0) | トラックバック(0)

前にも書いたが、米国の戦後の赤狩りのマッカーシー旋風で知られる、ジョセフ・マッカーシーの「共産中国はアメリカがつくった」成甲書房、副島隆彦監訳、という著書がある。この本は、主として、マーシャル・プランで知られる、ジョージ・カトレット・マーシャルの背信外交を暴くものである。以下、私なりのメモである。

マーシャルとはどんな人なのか。先ず端的に言うと、戦前から米国陸軍の軍人であったが、どうも、軍人としての能力は、いまいちだったようである。例えば、マーシャルがジョージア州スクレベン基地の第八連隊を指揮したとき、一年間で、第八連隊は最強連隊から最悪に転落した、と査察官は判断した。1930年代のことである。

しかし、無能な指揮官にありがちであるが、マーシャルは、出世欲だけは人一倍であった。そこで、マッカーサーに願い出て、特別な配慮を依頼した。しかし、それは功を奏さなかったようである。連隊司令官としての無能さは、覆うべくもなかった。

ところが何と、マーシャルは、1938年には、ルーズベルトによって、陸軍参謀総長に任命されるのである。その秘密の裏には、米国の折からの大不況があったようである。すなわち、ルーズベルトは、不況による雇用対策の一環として、失業者救済のための国家的ボランティア事業として、市民保全部隊を構想した。マーシャルは、市民保全部隊に関して、最優等の実績をあげ、陸軍トップではなく、ルーズベルト他、政界から注目されることになった。こうしてマーシャルは、周囲があっと驚く人事によって、軍人としての実績がほとんどないのに、ごぼう抜きで、陸軍参謀総長に就くのであった。

マーシャルが陸軍参謀総長に就いてから、参謀総長としての目だった実績はほとんどない。寧ろ目立つのは、軍隊内の共産主義者の保護と、活動記録の隠蔽である。マーシャルの意図は何なのか。それは次第に明らかにされるであろう。

マーシャルは、陸軍参謀総長として、米軍が日本軍の暗号を解読して、真珠湾を攻撃する意図があることを把握していた。しかし、知っていながらマーシャルは、日本軍による真珠湾攻撃をわざと無視して有効な対策を打たなかった節がある。なぜそうしたのか、という意図は、既に人口に膾炙されていてここで述べるまでもないだろう。

第2次大戦では、マーシャルは、陸軍参謀総長として、明らかに無謀な計画を何度も推し進めようとした。あるいは、予定の作戦に強行に反対しようとしてきた。その都度、ルーズベルトその他の人達によって抑えられてきた。それは、一つにはマーシャルの売名行為とも言えるが、果たしてそれだけなのだろうか。また1つ怪訝なのは、後に大統領になるアイゼンハワー将軍が、ほとんど常にマーシャルを支持し続けていることである。それは一体、どんな含みをもつのか。

マーシャルが一貫して主張し続ける方針とは、次のようなものである。すなわち、米英の勢力をフランス戦線に投入し、東ヨーロッパは、ロシアの蹂躙に任せるというものである。このような方針の主張は、米英の関係を悪化させた。そして、スターリンにとっての漁夫の利のごとく、連合国側が、スターリンの意向に従う羽目になってしまったのである。

こうしてすっかり親露となった米国の方針により、ロシアの幹部は、躊躇なく米軍の軍事機密を覗くことができた。終戦後も、スターリンとマーシャル/アイゼンハワーの親密な関係は続く。なんとアイゼンハワーは、終戦後、スターリンと相談して、連合軍をベルリンに駐在させないことを決定した。このことは、ベルリンの壁、そして東西ドイツの分離につながった。

舞台を中国に転じると、そこでは、マーシャルの部下スティルウエルが、蒋介石でなく、共産主義の一派に肩入れしていた。そしてなんとそこは、反米主義の巣窟でもあった。1945年の終戦後、マーシャルの提唱する方針は明らかであった。それは、米国は、中国の内戦に関与しないというものである。しかしそれは中立ではなかった。なぜなら、ロシア政府は明確に、中国の共産主義のグループを支援しているのである。米国の後ろ盾なく、蒋介石が勝てるはずはない。

話はヤルタ会談に遡る。そこで米国は、ロシアに対して、意味もなく大幅な譲歩をした。ぎりぎりのタイミングで日本に対する宣戦布告を許した。極東の地に、日本敗戦のタイミングで、十分な米軍を配置しておかなかった。それで、満州にいる日本軍は、米軍でなくロシア軍に降伏し、多くの兵士がシベリア抑留されて、多数の日本軍の兵士が死んだ。

中国では、蒋介石率いる国民党軍と、共産軍とが戦った。火力に優る国民党軍は、共産軍を追い詰めた。しかし、そのときマーシャルが採った手は、蒋介石に停戦を呼びかけるものだった。

剰え、マーシャルは、トルーマン大統領の信任厚く、国務長官に任命され、いわゆるマーシャル・プランを実施する。それは、第二次世界大戦で被災した欧州諸国のために、アメリカ合衆国が推進した復興援助計画なのであるが、結局、マーシャルの意図を隠蔽する効果があった。

以上が私なりのこの本の要約なのであるが、すると、中国における「つくられた共産国家」という意味は、マーシャル自身が共産国家の核となる人材を養成して国家運営を企画したというまでの意味はなくて、蒋介石の国民軍をあえて無視して、ロシアと中国国内の共産党勢力に加担したということである。

するとその意図はなにか、ということになるが、秘密結社にも書いた陰謀の一環とみなすことができる。すなわち、軍産複合体は常に、「死の商人」を続けるために仮想敵を必要とし、それが当時は、共産主義国家であった、ということになる。マーシャルは、その代理人であって、ある意味魂を売ることによって、さしたる軍歴なく、陸軍参謀総長に抜擢された、という次第である。それでは冷戦体制というのも、つくられた体制だったのかという問いかけもなされえる。

しかし、たとえ冷戦体制がつくられた体制であったとしても、一旦つくった体制は自律的に動くので、例えばキューバ危機がつくられたものであったとはいえない。ベルリンの壁の崩壊も、秘密結社の企図しない政治力学の解だったかもしれない。

こうして、秘密結社の影響力はそれほど大きくないのかもしれないが、歴史に随所に顔を出すのであって、ジョセフ・マッカーシーが指摘するように、ジョージ・カトレット・マーシャルがその代理人であることはほとんど確実であるように思われる。

完璧な特許明細書

| コメント(2) | トラックバック(0)

世の中に、完璧な仕事というのはありえるだろうか。そこでダイコトミーを適用すると、完璧な仕事はありえる、というグループと、完璧な仕事なんてありえない、というグループに分かれる。

なぜそんなことを言うかというと、私が管理職で、外部特許事務所管理も担当していたときのある「事件」を思い出したからである。

その外部特許事務所の弁理士を私は、尊敬していた。今にして思えば、ちょっと買い被りすぎだったかもしれない。しかしともかく、その弁理士は、職人肌で、技術的にしっかりしたとてもよい特許明細書を書くということは確実だと思われた。そこで、部内の担当者から、比較的込み入った技術の特許明細書の外注を相談されると、その弁理士に仕事を依頼することが多かった。

その弁理士の仕事は、確かにそこそこ評判はいいのだが、いつも期限ぎりぎりになるのが玉に瑕だった。そのことで多少苦情を受けることはあったが、私は、それも職人肌の裏返しであろうと、なんとか好意的に庇ってきた。当時の私は、元特許専門職であったとはいえ、管理職として実務を離れて5年以上経っていたので、かなり他人の特許実務の結果に対する鑑識眼が曇っていた。だから、反省としては、いまいちその弁理士の仕事自体も、きちんと見ていなかったかもしれない。

ところが、流石の私も庇っていられない事態が発生した。ある比較的期限が余裕のある発明について、その弁理士に、だいたい三ヶ月くらいの期限で特許明細書の作成を依頼したところ、期限になってもまったく原稿が上がってこない。どうしたんですか、と電話してみたところ、ちょっと体調を崩していて今書けないのです、待って下さいといわれて、困った。しかし、期限に厳密な案件ではないので、様子をみると、更に三ヶ月経ってもまだ原稿は上がってこなかった。もともとの依頼者は怒るし、私の管理責任にもなる。そこで、会社に呼びつけて事情を聞くことにした。

会社に来てもらうと、その弁理士は当然ながら随分恐縮している。私が推察するに、きっと鬱病の類かと思った。それなら、仕事をすべて引き上げるしかないと思いつつ、特許明細書を書けない理由を聞いてみた。すると、それはとても意外な内容だった。すなわち、その弁理士が言うには、われわれ以外のクライアントと、あるプロジェクトを試行してみたのだという。それは、弁理士と、発明者と、企業の特許担当者が協働して、完璧な特許明細書を作成しようと研究を重ねたところ、完璧な特許明細書の輪郭が仄かに見えてきた時点で、バタッと特許明細書が書けなくなってしまった、というのであった。

私はそれはそうだよね、と思った。完璧な特許明細書なんて多分存在しない。しかし、完璧な特許明細書でないと書かないということになると、何も書けなくなるのは、ある意味論理的に正しい。しかし、一体どうしてそんな袋小路に入り込んでしまうのか、私は言葉をなくしてただ絶句していた。

完璧な特許明細書はさておいて、完璧な将棋の棋譜というのはあるのか。羽生は、将棋の神様がいたら、角落では勝てるが、香落では歯が立たないと言っているので、羽生にしても、そういう仮想的に将棋の神様が同士が指す完璧な将棋の棋譜というのを想起することはできるのだろう。そして、神の手に一歩でも近づきたいとは思っているのだろう。ただ、羽生にとってもそれは努力目標であって、完璧でないからこんな手は指さない、という思い入れまでには至らないだろう。

ましてや、特許明細書の作成というのは、それがゲームであるとしたら、麻雀とは違う意味で、不完全情報ゲームなのである。そもそもが、発明者から手渡される資料が発明を完璧に記述しているとは考えられないし、その技術分野に100%熟練している訳でもない弁理士がその資料を完璧に理解できることもない。また、従来技術を100%見透かすこともできないのだから、100%完璧な特許請求の範囲も書ける訳がない。

だから、完璧な特許明細書を目指すプロジェクトというのがあったとしたら、それは単に努力目標に留めるべきである。そもそもが、完璧な特許明細書を、価値の高い発明の瑕疵のない特許明細書と一見妥当に定義してみても、「価値の高い発明」とは何かは未だ暗中模索の途上にある。一方、「瑕疵のない特許明細書」というのは、特許法36条を満たすようにする、ということで、それなら、そこそこ納得のいく基準が作れるかもしれないが。

管理職を降りて、専門職として特許明細書を再び書き始めた私は、「完璧な特許明細書」をアンチテーゼとした。多分無意識のうちに、彼のように書けなくなるのを恐れたのだと思う。そこで私が採った方策は、積み上げ法である。すなわち、どんな不完全な形でもまず、特許明細書の構想を描いてみる。そして、足らないところをしつこく発明者に聞く、あるいは自分で専門書にあたって学習する。そうやって次第に中身を充実させるが、有限の期限で完成させなくてはならないので、その期限と私のスキルで達成できる品質に甘んじるという、とても現実的な方策である。そう書くと、私の特許明細書がとても杜撰な内容であるように誤解されるかもしれない。そういうニュアンスではないということを説明するのはとても難しい。

ただ、最初から「完璧な特許明細書」なんてあるものかと、全くそれを目指さない自分の現金さにちょっと呆れている面もなくはない。もちろん私だって委細は尽くしていると今更言っても、取って付けたようかもしれない。

ところで、「完璧な特許明細書」を目指した上記の弁理士は結局、われわれの仕事から撤退し、いまは別のクライアントの仕事をしている。今は、「完璧な特許明細書」とどう折り合いをつけているのだろう。もしこのブログをたまたま読んだら苦笑いするかもしれないが、きっと彼の目には入らないだろうと、なぜか開き直っている次第である。

大東亜戦争の勝ち目

| コメント(0) | トラックバック(0)

久々に小室直樹氏の著書を読んだ。といっても新刊ではない。1995年刊であるから、もう14年も前の本である。題名は、「大東亜戦争ここに甦る」。私が勝手に言っているのは、数学の本と戦争の本は古くなることがない、というもので、この本も、読んでみると、なかなかの名著なのであった。そこで、例によってこの本に従ってメモしてみる。

先ず軍国日本は、明治維新から始まる。ご存知のように、明治維新になって日本は、科学技術において欧米に猛烈にキャッチアップするのであるが、特に目覚しいのは、軍艦建造能力であった。また、ドイツや英国から、軍事技術を学び、兵隊の訓練を行うことにより、日本はぐんぐん力をつけていった。

そうして、朝鮮の動向を巡り、清国と軍事的に対立し、ついに開戦となった。しかし、士気に劣る清軍は、振興日本の軍門に下った。意気上がる日本。

そしてついに、ロシアとも衝突する。しかし、ロシアは流石に難敵だった。それでも、多数の犠牲を重ねて旅順を攻略し、日本海海戦では、帝国海軍は、神業ともいえるパーフェクト・ゲームを演じた。その段階でも、ロシアはまだ余力を秘めていた。しかし、ロシアは、宿敵ドイツとの対抗上、日本をあまり相手にしていられなかった。そこで、渋々日本と講和したが、日本は、ロシアに勝ったと欣喜雀躍、思い上がってしまった。実は、日本海海戦は、物凄い天佑に支えられて成立した千載一遇の勝利であった。しかし、その偶然性に誰も思い至らず、そのことが後々までに尾を引く先例となってしまった。具体的に言うと、決戦思想と艦隊保全主義の並立である。実際、日本海海戦では確かに、艦隊の損害を最小限に留めて決戦できた。しかし、そんなことが普通可能なばすはないのである。だから、日本は、日清戦争と日露戦争の勝因を研究して、そこから教訓を引き出すべきであった。すなわち、勝者敗因を秘める、敗者勝因を秘める、である。この無反省傾向はいつまでも日本軍に続き、日本軍の宿痾となった。また、第二次大戦の敗戦によっても解消されなかった。

ともかくも、日本は、日露戦争の後も、英国の指導よろしく軍艦を作り続けた。そこには、造船の天才、平賀博士の存在も大きい。こうして、日本軍のハードウェアは整備されていく。これをみて、日本の強大化を恐れた欧米列強は、ロンドン条約で、対米6割の制限を日本に押し付けてきた。外交下手、交渉下手の日本は、これに抗することができず、涙を呑んで制限を受け入れた。しかし、小室氏によれば、対米6割の制限には抜け穴があった。すなわち、小型潜水艦は制限の対象外で、1万トン以下の空母も対象外であった。そこの抜け穴のところで、建造を進めればいい。しかし、冷静を欠いた日本は、その抜け穴に気付かなかった。

次に日本を決定的に不利にしたのは、日中戦争だった。もともと中国は、日本の強さは認めていた。満州を日本が治めるのも仕方ないと思っていた。よって、きちんと日中戦争を設計し推し進めれば、日中戦争を短期で切り上げて、欧米との戦いに全力を懸けることができたはずなのである。どうするかというと、実質的首都である南京に一点集中して、そこを占領する。そして、次の講和条件で講和を申し出る。すなわち、(1) 満州国の承認を要求しない。(2) 北支の支配権を中国に対して認める。(3) 不平等条約の解消に尽力する。である。一点集中で勝って、鷹揚な講和条件で講和するのは、ビスマルクの手法でもあった、それを日本は戦争設計戦略を欠いた。なんのために中国で戦っているか、全く分からなかった。また、南京を攻めても、一層峻烈な講和条件を提示して、中国を激怒させた。

さらなる悪手は、真珠湾攻撃である。これは、恐ろしく成功の確率が低い、無謀な奇襲作戦で、もし前もって敵にみつかると、連合艦隊が一気に殲滅され、日本は即降伏となる、という類のものであった。だいたい、ここ一番で、万が一ばれなければ甚大な被害を与えられるという可能性はあることはあるが、成功率は低く、ばれたら即投了という奇襲戦法を採る棋士はいない。

ところが、当時の黛大佐によると、何もそんな確率の低い奇襲作戦は、全く採る必要がなかった。黛大佐の合理的計算では、普通に戦っても、日本海軍は、米国海軍に十分勝ち目がある。なにしろ、大砲の威力が大きく、命中率が米国海軍よりはるかにいい。だから、実は、真珠湾攻撃で暴れられるだけ暴れてみせるが、という山本五十六は、実は「必敗の信念」をもってしまっていた、ということになるのかもしれない。

逆に不幸だったのは、真珠湾攻撃とそのあとのマレー沖海戦で、信じられないようなラッキーの勝利を収めてしまったことである。どちらも、正確に応接されると必敗だったかもしれない戦いである。一気に投了しなくてはならかったかもしれない。それなのに、たまたまうまくいったので、日本軍は、そこで微塵だに反省しなかった。反省して、その後の戦いにその教訓を活かせば、また様相も変わったかもしれない。それどころか逆に勝って兜の緒が緩みっぱなしになり、思い上がりが甚だしくなったのであった。

そもそもが、英米を相手にせず、オランダだけを攻めて石油を確保だけしておく、という手もあったのである。すると、反戦の気風に満ちた米国民は、到底日本に対する参戦に同意するはずもなく、ルーズベルトは苦渋したはずである。

このように、日本は、何のために戦うか、どこに資源を投入するか、どこで戦争を切り上げるか、相手国の歴史と文化はどのようか、という戦争設計の技術があまりにもお粗末であった。少なくとも大東亜戦争の前半では、飛行機と軍艦というハードウェアで優ったのに、戦争設計というソフトウェアで後れをとった。

その他、兵站思想の欠如、硬直的なハンモック・ナンバー主義など、柔軟な対応を阻止する要因はあまりにも多い。

さらに言うと、決戦思想と艦隊保全主義の並立は、真珠湾攻撃でも、ソロモン海戦でも、相手のリソースを絶つための追撃を欠いた。追撃により、艦隊を失う可能性が増えるのである。しかし、真珠湾攻撃で決定的に燃料タンクなどを破壊しておけば、ミッドウェーの戦いそのものがありえなかったかもしれないし、ソロモン海戦でも相手の補給船を撃破しておけば、ガダルカナルの米軍は物資不足に陥り、あるいは、日本軍が陥せたかもしれないのである。

こうして、外交と、戦争設計と、戦術をもう少し研究し工夫しておけば、随分と大東亜戦争は有利に戦えたに違いないのである。そして、ドイツとうまく連携すれば、有利な条件で、連合軍と講和できたという可能性もある。ただ、それが果たして安定な解かと問うと、あの狡知に長ける米英が、手を拱いて放置しておくわけがない、ともいえるが。

風邪の効用

| コメント(2) | トラックバック(0)

中島みゆきの「世迷い言」という歌に、「変な癖だよ、男に振られたそのあとは、なぜだか決まって風邪を引く」という歌詞があるが、私はというと、仕事で頑張りすぎるとつい、風邪を引いたり、病気になってしまう。典型的には、4月の尿道炎、7月の顔面麻痺、そして、12月の風邪である。

管理職時代は、10年以上も病気らしい病気はしなかった。ただ、部下のことで悩んで、ノイローゼになりそうなことは、何度もあった。管理職を降りて、こんな頻度で病気をするとは、気持ちがたるんでいるのか、はたまた、歳をとったか。

今回の風邪は、喉にきて、なかなか治らない。嫌だなあと思っていると、ふと、風邪にもいいことがあるんだよ、ということを昔話に聞いたことを思い出した。

すなわち、ある人がいて、初期の癌が見つかったが、風邪を引いて治ったあともう一度医者に行って検査したら、癌が消失していた、というものである。そんな馬鹿なと思われるかもしれないが、風邪を引くことで体の免疫系が活性化される。その活性化された免疫系のとばっちりで、癌細胞がやっつけられる、というストーリーはいかにもありそうである。また、洟が出たり、くしゃみしたりと、体の老廃物を排出して、デトキシ効果もある。

ところで、キノコによるインフルエンザ予防に書いたように、キノコ自体にインフルエンザを予防する効果があるというよりもむしろ、キノコ自体が免疫細胞を活性化させる作用をもち、この活性化された免疫細胞がインフルエンザを予防する効果を奏する、ということなのであった。

そういう意味では、風邪ウィルスの方が、どんなキノコよりも、免疫細胞を活性化させる作用は強いだろう。なにしろ、本当に病気を引き起こすのだから。

すると、もしかして、風邪を引くことで、インフルエンザに罹りにくくなり、うまくいくと、癌細胞も消してくれるということになる。それなら皆さん大いに風邪を引きましょうと、寒い中、裸で冬風を受けたりする、という活動も意味があるのだろうか。そこまでいくと流石に狂気か。

それ以外の穏当な風邪の引き方は、少し寒いと感じる程度の薄い布団で寝ることである。普段の寝具で一枚だけ布団を減らすとか。あるいは、風邪を引いている人と同じ部屋にしばらくいるとか。

そういうcontrolled flu implantationみたいな治療方法は、成立しないのだろうか。下手をして、風邪は万病の元、に陥るのだろうか。なにしろ、風邪菌が脳に入って亡くなられた方を私は知っている。うまく、一病息災の方に誘導できればいいのだが。やはりまともな医者なら、こんなリスクの大きい治療方法は、採らないだろう。

ところで、あるインフルエンザ専門家の意見では、旧型インフルエンザに罹ると、免疫としては違うにも拘わらず、新型インフルエンザには罹りにくいのだそうである。それは疫学的にも当然であるとその専門家がテレビで発言したら、他の医師が、そんなことがある訳がないと反論し、で、専門家は再反論するかと思いきや、沈黙してしまったそうである。どうも学会の通説と異なることを主張することが妥当でないという空気があるようである。もしかして、インフルエンザ・ワクチンを提供する企業からのの圧力であろうか。すなわち、もし旧型インフルエンザに罹ると、新型インフルエンザにも罹りにくいとなると、旧型用ワクチンも新型に有効ということになって、新型用ワクチンが売れなくなる。このあたり、タミフルやコレステロールの薬のような不透明さを感じる。

P≠NP

| コメント(0) | トラックバック(0)

私が勤務している会社はIT企業で、そこの研究所の人と付き合うということは、情報処理科学の専門家と付き合うということである。で、ある程度親しくなった研究員に、情報処理の分野で最大の難問は何かと聞いてみた。すると、即答で、P≠NPだろうという。あれが解けたら一発でチューリング賞だよね、とも言う。

それに対して私はああやっぱりそうですか、と答えて、それ以上突っ込まなかった。突っ込まなかった理由は明らかで、P≠NPの意味をよく理解していなかったからである。突っ込んだら一発でボロが出る。

と思っていたら、数学セミナー12月号が「計算量の現在」の特集ということで、まさにP≠NPのことを解説している。こういうのを、渡りに船というのだろう。そこで、数学セミナー12月号の解説をベースにコメントしつつ、メモしてみる。

まず、Pとはなんぞやと問うと、それは、計算量が高々多項式レベルであらわされるアルゴリズムである、ということである。例えば、n個のリストにおいて、線形探索によりあるエントリを探すアルゴリズムの計算量は、O(n)であり、n個のリストをソートするアルゴリズムは、n・log(n)で、これはn2より小さいので、計算量は、O(n2)より小さいといえる。いずれにしても、これらの計算量は、高々多項式レベルであるので、Pである。それでは、O(n1000)みたいなアルゴリズムがあったとして、これは、計算機で計算する分には大変そうであるが、Pであることには変わりない。よって、計算量の理論というのは、実用というよりもむしろ、次第に理論的側面に傾く。

では、NPとは何ぞやというと、計算量を高々多項式レベルであらわすことができないアルゴリズムということで、典型的には、r>1として、O(rn)なるような場合である。 すなわち、(∃m∈N)nmがあったとして、これと、rn)とを比較すると、nを十分大きくとると、nm<rnになってしまう。言い換えると、指数は結局、多項式に勝ってしまうのである。よって、計算量を高々多項式レベルとしてあらわすことができない、すなわち、指数だと、計算量の爆発が速いといえる。計算量が高々多項式レベルでありさえすれば計算機で手に負えるというわけでもないので、手に負えるかどうかを分かれ目にすることはできないが、ともかく、P≠NPは、例えば、計算量が指数レベルのアルゴリズムで、それを高々多項式レベルに帰着させられないアルゴリズムが存在するという、とてもつつましやかな命題を述べているにすぎない。フェルマーの定理などと較べてもあまりにもおしとやかである。何がそんなに難しいのだろう。

では、NPアルゴリズムには、どんなものがあるのだろう。例えば、次のようなブール方程式を考える。A(B1,B2,...,Bn) = 1 A()は、B1,B2,...,Bnの多項式関数であるとする。すると、上記の式に解があるかどうかは、素朴には、B1,B2,...,Bnに、0と1を順番に入れ替えて代入してみるよりなく、その計算量は、最大で2nである。これが多項式レベルのアルゴリズムに帰着できることもあるかもしれないが、一般にそれが出来るとは限らないのではないか。

そして、P≠NPの予想の解決が一見簡単そうに見えてしまうのは、なにかNPアルゴリズムをもってきて、それがPアルゴリズムに帰着できないことを示せばいいという点にある。NPアルゴリズムには、ハミルトン閉路問題、ナップザック問題など無数にあって、その中で適当な問題が選べそうなものである。しかし、Pアルゴリズムに帰着できない、という証明はやはり難しいか。

そこで、多項式時間変換可能という概念が導入される。それは、問題の集合Qがあって、f(Q)→Pという関数fがあり、∀q∈Q and q = true ⇒そのときに限って f(q) = trueであり、fは多項式時間で計算できるとき、問題Qは、問題Pに多項式時間変換可能と呼ぶ。

一旦、多項式時間変換可能という概念が導入されると、あるNP問題があって、すべてのNP問題がそのNP問題に多項式時間変換可能であるとき、そのNP問題を、NP完全問題と呼ぶことにする。この定式化は、トロント大学のStephen Cookにより与えられた。すなわち、そのNP問題は、NP問題中のNP問題、すなわち、最も難しいNP問題である、という次第である。

そんなNP完全問題など見つかるのかと、誰だって怪訝に思うのだが、Richard Karpは、3SAT問題、ハミルトン閉路問題、ナップザック問題、グラフ彩色問題など、いろいろなNP問題がNP完全問題であることを示した。すると、P≠NPはもう証明されてしまっているのではないか、なぜ、P≠NPが未解決などと世間はまだ言うのだろうか。

例えば、アルゴリズムを合理化する方法として、動的計画法、分割統治法、近傍探索、量子計算などさまざまな技法が存在する。また、NP完全問題の1つである3SAT問題に対して、O(2n)を、O(1.32n)程度まで減らすことが研究成果として出ている。しかし、既存のどんな方法を使っても、多項式時間にはならない。そこではなにか画期的なアルゴリズム合理化方法が案出されて、NP完全問題の双対としての、アルゴリズム合理化完全方法というのがあらわれ、NP完全問題にアルゴリズム合理化完全方法を適用してもPにならなかった、ということが示されれば、初めてP≠NPが証明されるのだろうか。しかしそもそもが、アルゴリズム合理化完全方法を案出するのが、とてつもなく難しそうである。こうしてようやく、P≠NPという予想の困難さが浮き彫りにされる。

実は、P≠NPの予想には、数学基礎論的側面があって、多項式時間で計算可能な問題の集合Pと、指数時間で計算可能な問題の集合EXPとが異なることが、対角線論法を使って証明できる。あれれ、するとP≠NPの予想はここで既に否定的に解決されているのではと思われるが、問題はそれで終わらない。というのは、チューリング機械のような仮想的な計算機をもちいた相対化という概念では、集合論的あるいは数学基礎論的手法では、矛盾が生じてしまう。これを克服するため回路計算量の概念が導入され、功を奏するかに思われたところ、NOTゲートが使われると突然、P≠NPの証明が破綻することが分かった。次に考えられた算術化の技法も壁にぶつかった。このように次々に手法が破綻していく様は、ポアンカレ予想の場合とよく似ている。ここまでで分かったのは、「相対化されず」、「自然な証明でなく」、「代数化できない」手法が有望である、ということだそうである。ある計算機科学者は、数学の華、代数幾何学にその解決策を見出そうとするが、途はあまりに遠いそうである。もしかして、数論幾何とか、非可換幾何などもタッピングされるのだろうか。こうして、P≠NPの予想には、一向に解決策が見えないようである。

ともかくも、訳もわからずメモしていくうちに、P≠NPの予想の証明の大変さだけは微かに感じられてきた。いずれにしても、P≠NPは、フェルマーの定理、ポアンカレの定理、リーマン予想のどれと較べても、素人受けしないこと甚だしいのである。

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。