英語力で1億円?

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞の新刊の広告を眺めるのが習慣になっているが、「英語力で1億円 外資系転職5回、英語屋猛者の英語指南」アイク田川著 、文芸社の広告をみて、ずっこけてしまった。

先ず、この本の一番いけないところは、英語力を、ものすごい有力なスキルであるように勘違いさせることである。しかし、ちょっと考えてみれば分かるように、普通の日本人がどんなに努力しても、ネイティブの英語話者の足許にも及ばない。間違いなく私の英語力は、この筆者には及ばないが、しかし、長年外資系の釜の飯を食って(ううん、なんという日本的表現)、そのあたりのことは流石に分かる。

もし英語力にそんなに威力があるなら、ネイティブの英語話者はみな、億万長者であるはずではないか。しかし、リーマンショック以降、ハーバードのMBA卒ですら、リストラの対象になってしまう。

ただ、外資系にあって、英語力が有力なスキルである、というのは間違いない。例えば、ある米国ベースの企業が日本に支社を作るとしよう。すると、現地である日本で人材を集めなくてはならないが、そこで採用する基準としてやはり英語力が重要になってくる。というのは、大抵の米国人は、日本語なんて理解する気は毛頭ないから、ともかく、英会話力がある人を採用しようとする。話が通じる、ということを重視するわけである。それはまあ当然であるといえる。

そこまではいいのだが、米国で優秀なエグゼクティブであっても、ともかく英語力というか英会話力を前面に出して、英語力があるだけで業務スキルもあるのだ、と平気で勘違いすることが多い。特にそうなりかちな場合が多いのは、エグゼクティブが滅多に日本に来ず、日本の責任者に任せてしまう場合である。そして、その接点が少なければ少ないほど、ともかく英語力があるから優秀なんだ、実務力もあるんだ、と任してしまうことになる。要するに現場重視でないのである。そうやって現場軽視の風潮をコインの表側だとすると、コインの裏側のように、属人主義が蔓延る。それで永続的に企業が繁栄すると考える楽観主義は、私の理解をはるかに超えている。

そういう現場軽視の風潮は、破綻したAIGにも、GMにも感じる。AIGの日本法人など、マネジメント層の人材の劣化がひどく、有為の人材は、どんどん辞めていったそうである。GMもそうであって、ある人に聞くと、今でもGMにはすばらしいスキルのエンジニアがひしめいているそうである。しかし、結局、マネジメントが駄目で、折角のスキルを活かすことがだできなかった。果たして、新生GMではどうなんだろうか。

また、「外資系転職5回」というのにも笑ってしまう。私が勤務している外資系の会社で、あるレベル以上のマネジメントで、3社以上転々と転職してきた人を知らない。それは考えてみるとわかる。あるレベル以上の企業だと、独特の文化があり、それをきちんと身に着けるには、普通、10年以上のキャリアを要する。そうした上で独自の工夫をしようとすると、転職魔のような人は結局、使い走り+αのような仕事しかできない。そういう転職回数をもって優秀度をあらわすという価値観を、米国の知り合いと話しても感じたことはない。単に転職自体を珍しいことと思わないだけである。

だから、筆者は本当に年収1億円なんだろうけど、それは本当に英語力だけによるのか、その他の業務知識と、幸運によるのではないか、あときょうび、年収を前面に出すのはベタすぎないか、などと素朴に感じる。

以上書いて、読み直してみて、ちょっと大人げない反応だったか、と反省している次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1658

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月21日 00:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「西澤潤一」です。

次のブログ記事は「AIDSの治療」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。