風邪の効用

| コメント(2) | トラックバック(0)

中島みゆきの「世迷い言」という歌に、「変な癖だよ、男に振られたそのあとは、なぜだか決まって風邪を引く」という歌詞があるが、私はというと、仕事で頑張りすぎるとつい、風邪を引いたり、病気になってしまう。典型的には、4月の尿道炎、7月の顔面麻痺、そして、12月の風邪である。

管理職時代は、10年以上も病気らしい病気はしなかった。ただ、部下のことで悩んで、ノイローゼになりそうなことは、何度もあった。管理職を降りて、こんな頻度で病気をするとは、気持ちがたるんでいるのか、はたまた、歳をとったか。

今回の風邪は、喉にきて、なかなか治らない。嫌だなあと思っていると、ふと、風邪にもいいことがあるんだよ、ということを昔話に聞いたことを思い出した。

すなわち、ある人がいて、初期の癌が見つかったが、風邪を引いて治ったあともう一度医者に行って検査したら、癌が消失していた、というものである。そんな馬鹿なと思われるかもしれないが、風邪を引くことで体の免疫系が活性化される。その活性化された免疫系のとばっちりで、癌細胞がやっつけられる、というストーリーはいかにもありそうである。また、洟が出たり、くしゃみしたりと、体の老廃物を排出して、デトキシ効果もある。

ところで、キノコによるインフルエンザ予防に書いたように、キノコ自体にインフルエンザを予防する効果があるというよりもむしろ、キノコ自体が免疫細胞を活性化させる作用をもち、この活性化された免疫細胞がインフルエンザを予防する効果を奏する、ということなのであった。

そういう意味では、風邪ウィルスの方が、どんなキノコよりも、免疫細胞を活性化させる作用は強いだろう。なにしろ、本当に病気を引き起こすのだから。

すると、もしかして、風邪を引くことで、インフルエンザに罹りにくくなり、うまくいくと、癌細胞も消してくれるということになる。それなら皆さん大いに風邪を引きましょうと、寒い中、裸で冬風を受けたりする、という活動も意味があるのだろうか。そこまでいくと流石に狂気か。

それ以外の穏当な風邪の引き方は、少し寒いと感じる程度の薄い布団で寝ることである。普段の寝具で一枚だけ布団を減らすとか。あるいは、風邪を引いている人と同じ部屋にしばらくいるとか。

そういうcontrolled flu implantationみたいな治療方法は、成立しないのだろうか。下手をして、風邪は万病の元、に陥るのだろうか。なにしろ、風邪菌が脳に入って亡くなられた方を私は知っている。うまく、一病息災の方に誘導できればいいのだが。やはりまともな医者なら、こんなリスクの大きい治療方法は、採らないだろう。

ところで、あるインフルエンザ専門家の意見では、旧型インフルエンザに罹ると、免疫としては違うにも拘わらず、新型インフルエンザには罹りにくいのだそうである。それは疫学的にも当然であるとその専門家がテレビで発言したら、他の医師が、そんなことがある訳がないと反論し、で、専門家は再反論するかと思いきや、沈黙してしまったそうである。どうも学会の通説と異なることを主張することが妥当でないという空気があるようである。もしかして、インフルエンザ・ワクチンを提供する企業からのの圧力であろうか。すなわち、もし旧型インフルエンザに罹ると、新型インフルエンザにも罹りにくいとなると、旧型用ワクチンも新型に有効ということになって、新型用ワクチンが売れなくなる。このあたり、タミフルやコレステロールの薬のような不透明さを感じる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1629

コメント(2)

 あやたろうさん:
 あけましておめでとうございます。

>タミフルやコレステロールの薬
 コレステロールの方は知りませんが、
昨年の秋に「新型」に罹ったときには、
タミフルは、素晴らしく効きました。
 飲んで翌日には平熱に下がりました。

 昔だと、ヘタすると(強烈なストレス喰ってたりすると)、
1週間ぐらい熱が下がらなかったのに、
良い薬ができたモノです。

> タミフルは、素晴らしく効きました。

確かにタミフルは、一般的にはよく効くようで、私の周囲の人はそれで熱が下がったと言っていました。

ともかく、上記の理論によれば、小松たひさとんは、新型インフルエンザに罹ったことで、最早、旧型インフルエンザにも、風邪にもかかりにくいということになります。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月 2日 08:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「P≠NP」です。

次のブログ記事は「大東亜戦争の勝ち目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。