大東亜戦争の勝ち目

| コメント(0) | トラックバック(0)

久々に小室直樹氏の著書を読んだ。といっても新刊ではない。1995年刊であるから、もう14年も前の本である。題名は、「大東亜戦争ここに甦る」。私が勝手に言っているのは、数学の本と戦争の本は古くなることがない、というもので、この本も、読んでみると、なかなかの名著なのであった。そこで、例によってこの本に従ってメモしてみる。

先ず軍国日本は、明治維新から始まる。ご存知のように、明治維新になって日本は、科学技術において欧米に猛烈にキャッチアップするのであるが、特に目覚しいのは、軍艦建造能力であった。また、ドイツや英国から、軍事技術を学び、兵隊の訓練を行うことにより、日本はぐんぐん力をつけていった。

そうして、朝鮮の動向を巡り、清国と軍事的に対立し、ついに開戦となった。しかし、士気に劣る清軍は、振興日本の軍門に下った。意気上がる日本。

そしてついに、ロシアとも衝突する。しかし、ロシアは流石に難敵だった。それでも、多数の犠牲を重ねて旅順を攻略し、日本海海戦では、帝国海軍は、神業ともいえるパーフェクト・ゲームを演じた。その段階でも、ロシアはまだ余力を秘めていた。しかし、ロシアは、宿敵ドイツとの対抗上、日本をあまり相手にしていられなかった。そこで、渋々日本と講和したが、日本は、ロシアに勝ったと欣喜雀躍、思い上がってしまった。実は、日本海海戦は、物凄い天佑に支えられて成立した千載一遇の勝利であった。しかし、その偶然性に誰も思い至らず、そのことが後々までに尾を引く先例となってしまった。具体的に言うと、決戦思想と艦隊保全主義の並立である。実際、日本海海戦では確かに、艦隊の損害を最小限に留めて決戦できた。しかし、そんなことが普通可能なばすはないのである。だから、日本は、日清戦争と日露戦争の勝因を研究して、そこから教訓を引き出すべきであった。すなわち、勝者敗因を秘める、敗者勝因を秘める、である。この無反省傾向はいつまでも日本軍に続き、日本軍の宿痾となった。また、第二次大戦の敗戦によっても解消されなかった。

ともかくも、日本は、日露戦争の後も、英国の指導よろしく軍艦を作り続けた。そこには、造船の天才、平賀博士の存在も大きい。こうして、日本軍のハードウェアは整備されていく。これをみて、日本の強大化を恐れた欧米列強は、ロンドン条約で、対米6割の制限を日本に押し付けてきた。外交下手、交渉下手の日本は、これに抗することができず、涙を呑んで制限を受け入れた。しかし、小室氏によれば、対米6割の制限には抜け穴があった。すなわち、小型潜水艦は制限の対象外で、1万トン以下の空母も対象外であった。そこの抜け穴のところで、建造を進めればいい。しかし、冷静を欠いた日本は、その抜け穴に気付かなかった。

次に日本を決定的に不利にしたのは、日中戦争だった。もともと中国は、日本の強さは認めていた。満州を日本が治めるのも仕方ないと思っていた。よって、きちんと日中戦争を設計し推し進めれば、日中戦争を短期で切り上げて、欧米との戦いに全力を懸けることができたはずなのである。どうするかというと、実質的首都である南京に一点集中して、そこを占領する。そして、次の講和条件で講和を申し出る。すなわち、(1) 満州国の承認を要求しない。(2) 北支の支配権を中国に対して認める。(3) 不平等条約の解消に尽力する。である。一点集中で勝って、鷹揚な講和条件で講和するのは、ビスマルクの手法でもあった、それを日本は戦争設計戦略を欠いた。なんのために中国で戦っているか、全く分からなかった。また、南京を攻めても、一層峻烈な講和条件を提示して、中国を激怒させた。

さらなる悪手は、真珠湾攻撃である。これは、恐ろしく成功の確率が低い、無謀な奇襲作戦で、もし前もって敵にみつかると、連合艦隊が一気に殲滅され、日本は即降伏となる、という類のものであった。だいたい、ここ一番で、万が一ばれなければ甚大な被害を与えられるという可能性はあることはあるが、成功率は低く、ばれたら即投了という奇襲戦法を採る棋士はいない。

ところが、当時の黛大佐によると、何もそんな確率の低い奇襲作戦は、全く採る必要がなかった。黛大佐の合理的計算では、普通に戦っても、日本海軍は、米国海軍に十分勝ち目がある。なにしろ、大砲の威力が大きく、命中率が米国海軍よりはるかにいい。だから、実は、真珠湾攻撃で暴れられるだけ暴れてみせるが、という山本五十六は、実は「必敗の信念」をもってしまっていた、ということになるのかもしれない。

逆に不幸だったのは、真珠湾攻撃とそのあとのマレー沖海戦で、信じられないようなラッキーの勝利を収めてしまったことである。どちらも、正確に応接されると必敗だったかもしれない戦いである。一気に投了しなくてはならかったかもしれない。それなのに、たまたまうまくいったので、日本軍は、そこで微塵だに反省しなかった。反省して、その後の戦いにその教訓を活かせば、また様相も変わったかもしれない。それどころか逆に勝って兜の緒が緩みっぱなしになり、思い上がりが甚だしくなったのであった。

そもそもが、英米を相手にせず、オランダだけを攻めて石油を確保だけしておく、という手もあったのである。すると、反戦の気風に満ちた米国民は、到底日本に対する参戦に同意するはずもなく、ルーズベルトは苦渋したはずである。

このように、日本は、何のために戦うか、どこに資源を投入するか、どこで戦争を切り上げるか、相手国の歴史と文化はどのようか、という戦争設計の技術があまりにもお粗末であった。少なくとも大東亜戦争の前半では、飛行機と軍艦というハードウェアで優ったのに、戦争設計というソフトウェアで後れをとった。

その他、兵站思想の欠如、硬直的なハンモック・ナンバー主義など、柔軟な対応を阻止する要因はあまりにも多い。

さらに言うと、決戦思想と艦隊保全主義の並立は、真珠湾攻撃でも、ソロモン海戦でも、相手のリソースを絶つための追撃を欠いた。追撃により、艦隊を失う可能性が増えるのである。しかし、真珠湾攻撃で決定的に燃料タンクなどを破壊しておけば、ミッドウェーの戦いそのものがありえなかったかもしれないし、ソロモン海戦でも相手の補給船を撃破しておけば、ガダルカナルの米軍は物資不足に陥り、あるいは、日本軍が陥せたかもしれないのである。

こうして、外交と、戦争設計と、戦術をもう少し研究し工夫しておけば、随分と大東亜戦争は有利に戦えたに違いないのである。そして、ドイツとうまく連携すれば、有利な条件で、連合軍と講和できたという可能性もある。ただ、それが果たして安定な解かと問うと、あの狡知に長ける米英が、手を拱いて放置しておくわけがない、ともいえるが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1630

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月 3日 07:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「風邪の効用」です。

次のブログ記事は「完璧な特許明細書」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。