完璧な特許明細書

| コメント(2) | トラックバック(0)

世の中に、完璧な仕事というのはありえるだろうか。そこでダイコトミーを適用すると、完璧な仕事はありえる、というグループと、完璧な仕事なんてありえない、というグループに分かれる。

なぜそんなことを言うかというと、私が管理職で、外部特許事務所管理も担当していたときのある「事件」を思い出したからである。

その外部特許事務所の弁理士を私は、尊敬していた。今にして思えば、ちょっと買い被りすぎだったかもしれない。しかしともかく、その弁理士は、職人肌で、技術的にしっかりしたとてもよい特許明細書を書くということは確実だと思われた。そこで、部内の担当者から、比較的込み入った技術の特許明細書の外注を相談されると、その弁理士に仕事を依頼することが多かった。

その弁理士の仕事は、確かにそこそこ評判はいいのだが、いつも期限ぎりぎりになるのが玉に瑕だった。そのことで多少苦情を受けることはあったが、私は、それも職人肌の裏返しであろうと、なんとか好意的に庇ってきた。当時の私は、元特許専門職であったとはいえ、管理職として実務を離れて5年以上経っていたので、かなり他人の特許実務の結果に対する鑑識眼が曇っていた。だから、反省としては、いまいちその弁理士の仕事自体も、きちんと見ていなかったかもしれない。

ところが、流石の私も庇っていられない事態が発生した。ある比較的期限が余裕のある発明について、その弁理士に、だいたい三ヶ月くらいの期限で特許明細書の作成を依頼したところ、期限になってもまったく原稿が上がってこない。どうしたんですか、と電話してみたところ、ちょっと体調を崩していて今書けないのです、待って下さいといわれて、困った。しかし、期限に厳密な案件ではないので、様子をみると、更に三ヶ月経ってもまだ原稿は上がってこなかった。もともとの依頼者は怒るし、私の管理責任にもなる。そこで、会社に呼びつけて事情を聞くことにした。

会社に来てもらうと、その弁理士は当然ながら随分恐縮している。私が推察するに、きっと鬱病の類かと思った。それなら、仕事をすべて引き上げるしかないと思いつつ、特許明細書を書けない理由を聞いてみた。すると、それはとても意外な内容だった。すなわち、その弁理士が言うには、われわれ以外のクライアントと、あるプロジェクトを試行してみたのだという。それは、弁理士と、発明者と、企業の特許担当者が協働して、完璧な特許明細書を作成しようと研究を重ねたところ、完璧な特許明細書の輪郭が仄かに見えてきた時点で、バタッと特許明細書が書けなくなってしまった、というのであった。

私はそれはそうだよね、と思った。完璧な特許明細書なんて多分存在しない。しかし、完璧な特許明細書でないと書かないということになると、何も書けなくなるのは、ある意味論理的に正しい。しかし、一体どうしてそんな袋小路に入り込んでしまうのか、私は言葉をなくしてただ絶句していた。

完璧な特許明細書はさておいて、完璧な将棋の棋譜というのはあるのか。羽生は、将棋の神様がいたら、角落では勝てるが、香落では歯が立たないと言っているので、羽生にしても、そういう仮想的に将棋の神様が同士が指す完璧な将棋の棋譜というのを想起することはできるのだろう。そして、神の手に一歩でも近づきたいとは思っているのだろう。ただ、羽生にとってもそれは努力目標であって、完璧でないからこんな手は指さない、という思い入れまでには至らないだろう。

ましてや、特許明細書の作成というのは、それがゲームであるとしたら、麻雀とは違う意味で、不完全情報ゲームなのである。そもそもが、発明者から手渡される資料が発明を完璧に記述しているとは考えられないし、その技術分野に100%熟練している訳でもない弁理士がその資料を完璧に理解できることもない。また、従来技術を100%見透かすこともできないのだから、100%完璧な特許請求の範囲も書ける訳がない。

だから、完璧な特許明細書を目指すプロジェクトというのがあったとしたら、それは単に努力目標に留めるべきである。そもそもが、完璧な特許明細書を、価値の高い発明の瑕疵のない特許明細書と一見妥当に定義してみても、「価値の高い発明」とは何かは未だ暗中模索の途上にある。一方、「瑕疵のない特許明細書」というのは、特許法36条を満たすようにする、ということで、それなら、そこそこ納得のいく基準が作れるかもしれないが。

管理職を降りて、専門職として特許明細書を再び書き始めた私は、「完璧な特許明細書」をアンチテーゼとした。多分無意識のうちに、彼のように書けなくなるのを恐れたのだと思う。そこで私が採った方策は、積み上げ法である。すなわち、どんな不完全な形でもまず、特許明細書の構想を描いてみる。そして、足らないところをしつこく発明者に聞く、あるいは自分で専門書にあたって学習する。そうやって次第に中身を充実させるが、有限の期限で完成させなくてはならないので、その期限と私のスキルで達成できる品質に甘んじるという、とても現実的な方策である。そう書くと、私の特許明細書がとても杜撰な内容であるように誤解されるかもしれない。そういうニュアンスではないということを説明するのはとても難しい。

ただ、最初から「完璧な特許明細書」なんてあるものかと、全くそれを目指さない自分の現金さにちょっと呆れている面もなくはない。もちろん私だって委細は尽くしていると今更言っても、取って付けたようかもしれない。

ところで、「完璧な特許明細書」を目指した上記の弁理士は結局、われわれの仕事から撤退し、いまは別のクライアントの仕事をしている。今は、「完璧な特許明細書」とどう折り合いをつけているのだろう。もしこのブログをたまたま読んだら苦笑いするかもしれないが、きっと彼の目には入らないだろうと、なぜか開き直っている次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1631

コメント(2)

>完璧な仕事
 会社によっては、分厚いマニュアルを作成して下請けに出して、「この通りにせよ」という会社がありますけどね。そのマニュアルなしに作れない特殊な部品を作るのでもなければ、これは止めた方がよいと思いますよ。
 マニュアルが足かせになって、却って仕事に支障が出たり、質が下がったり・・・以下、「お察しください」↓
http://ansaikuropedia.org/wiki/%E3%81%8A%E5%AF%9F%E3%81%97%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84

> マニュアルが足かせになって、却って仕事に支障が出たり、質が下がったり・・・

全く同感です。私が管理責任者であったときは、外部特許事務所のスキルを信頼しつつ、臨機応変に対応してきましたが、私の後任から、細かいマニュアルを作って従わせる方式になり、いろいろな意味で窮屈になりました。それでいて、特に質は上がっていません。むしろ、下がっているかも。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月 3日 10:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大東亜戦争の勝ち目」です。

次のブログ記事は「つくられた共産国家」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。