つくられた共産国家

| コメント(0) | トラックバック(0)

前にも書いたが、米国の戦後の赤狩りのマッカーシー旋風で知られる、ジョセフ・マッカーシーの「共産中国はアメリカがつくった」成甲書房、副島隆彦監訳、という著書がある。この本は、主として、マーシャル・プランで知られる、ジョージ・カトレット・マーシャルの背信外交を暴くものである。以下、私なりのメモである。

マーシャルとはどんな人なのか。先ず端的に言うと、戦前から米国陸軍の軍人であったが、どうも、軍人としての能力は、いまいちだったようである。例えば、マーシャルがジョージア州スクレベン基地の第八連隊を指揮したとき、一年間で、第八連隊は最強連隊から最悪に転落した、と査察官は判断した。1930年代のことである。

しかし、無能な指揮官にありがちであるが、マーシャルは、出世欲だけは人一倍であった。そこで、マッカーサーに願い出て、特別な配慮を依頼した。しかし、それは功を奏さなかったようである。連隊司令官としての無能さは、覆うべくもなかった。

ところが何と、マーシャルは、1938年には、ルーズベルトによって、陸軍参謀総長に任命されるのである。その秘密の裏には、米国の折からの大不況があったようである。すなわち、ルーズベルトは、不況による雇用対策の一環として、失業者救済のための国家的ボランティア事業として、市民保全部隊を構想した。マーシャルは、市民保全部隊に関して、最優等の実績をあげ、陸軍トップではなく、ルーズベルト他、政界から注目されることになった。こうしてマーシャルは、周囲があっと驚く人事によって、軍人としての実績がほとんどないのに、ごぼう抜きで、陸軍参謀総長に就くのであった。

マーシャルが陸軍参謀総長に就いてから、参謀総長としての目だった実績はほとんどない。寧ろ目立つのは、軍隊内の共産主義者の保護と、活動記録の隠蔽である。マーシャルの意図は何なのか。それは次第に明らかにされるであろう。

マーシャルは、陸軍参謀総長として、米軍が日本軍の暗号を解読して、真珠湾を攻撃する意図があることを把握していた。しかし、知っていながらマーシャルは、日本軍による真珠湾攻撃をわざと無視して有効な対策を打たなかった節がある。なぜそうしたのか、という意図は、既に人口に膾炙されていてここで述べるまでもないだろう。

第2次大戦では、マーシャルは、陸軍参謀総長として、明らかに無謀な計画を何度も推し進めようとした。あるいは、予定の作戦に強行に反対しようとしてきた。その都度、ルーズベルトその他の人達によって抑えられてきた。それは、一つにはマーシャルの売名行為とも言えるが、果たしてそれだけなのだろうか。また1つ怪訝なのは、後に大統領になるアイゼンハワー将軍が、ほとんど常にマーシャルを支持し続けていることである。それは一体、どんな含みをもつのか。

マーシャルが一貫して主張し続ける方針とは、次のようなものである。すなわち、米英の勢力をフランス戦線に投入し、東ヨーロッパは、ロシアの蹂躙に任せるというものである。このような方針の主張は、米英の関係を悪化させた。そして、スターリンにとっての漁夫の利のごとく、連合国側が、スターリンの意向に従う羽目になってしまったのである。

こうしてすっかり親露となった米国の方針により、ロシアの幹部は、躊躇なく米軍の軍事機密を覗くことができた。終戦後も、スターリンとマーシャル/アイゼンハワーの親密な関係は続く。なんとアイゼンハワーは、終戦後、スターリンと相談して、連合軍をベルリンに駐在させないことを決定した。このことは、ベルリンの壁、そして東西ドイツの分離につながった。

舞台を中国に転じると、そこでは、マーシャルの部下スティルウエルが、蒋介石でなく、共産主義の一派に肩入れしていた。そしてなんとそこは、反米主義の巣窟でもあった。1945年の終戦後、マーシャルの提唱する方針は明らかであった。それは、米国は、中国の内戦に関与しないというものである。しかしそれは中立ではなかった。なぜなら、ロシア政府は明確に、中国の共産主義のグループを支援しているのである。米国の後ろ盾なく、蒋介石が勝てるはずはない。

話はヤルタ会談に遡る。そこで米国は、ロシアに対して、意味もなく大幅な譲歩をした。ぎりぎりのタイミングで日本に対する宣戦布告を許した。極東の地に、日本敗戦のタイミングで、十分な米軍を配置しておかなかった。それで、満州にいる日本軍は、米軍でなくロシア軍に降伏し、多くの兵士がシベリア抑留されて、多数の日本軍の兵士が死んだ。

中国では、蒋介石率いる国民党軍と、共産軍とが戦った。火力に優る国民党軍は、共産軍を追い詰めた。しかし、そのときマーシャルが採った手は、蒋介石に停戦を呼びかけるものだった。

剰え、マーシャルは、トルーマン大統領の信任厚く、国務長官に任命され、いわゆるマーシャル・プランを実施する。それは、第二次世界大戦で被災した欧州諸国のために、アメリカ合衆国が推進した復興援助計画なのであるが、結局、マーシャルの意図を隠蔽する効果があった。

以上が私なりのこの本の要約なのであるが、すると、中国における「つくられた共産国家」という意味は、マーシャル自身が共産国家の核となる人材を養成して国家運営を企画したというまでの意味はなくて、蒋介石の国民軍をあえて無視して、ロシアと中国国内の共産党勢力に加担したということである。

するとその意図はなにか、ということになるが、秘密結社にも書いた陰謀の一環とみなすことができる。すなわち、軍産複合体は常に、「死の商人」を続けるために仮想敵を必要とし、それが当時は、共産主義国家であった、ということになる。マーシャルは、その代理人であって、ある意味魂を売ることによって、さしたる軍歴なく、陸軍参謀総長に抜擢された、という次第である。それでは冷戦体制というのも、つくられた体制だったのかという問いかけもなされえる。

しかし、たとえ冷戦体制がつくられた体制であったとしても、一旦つくった体制は自律的に動くので、例えばキューバ危機がつくられたものであったとはいえない。ベルリンの壁の崩壊も、秘密結社の企図しない政治力学の解だったかもしれない。

こうして、秘密結社の影響力はそれほど大きくないのかもしれないが、歴史に随所に顔を出すのであって、ジョセフ・マッカーシーが指摘するように、ジョージ・カトレット・マーシャルがその代理人であることはほとんど確実であるように思われる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1632

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月 4日 06:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「完璧な特許明細書」です。

次のブログ記事は「アサヒビールの社員定着」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。