アサヒビールの社員定着

| コメント(3) | トラックバック(0)

プレジデント・オンラインによると、アサヒビールは、社員定着率が非常に高いという。以下、引用:

「働きがいのある会社」全国5位、年間退職率はたったの0.9%――。誠実で熱い人間が集まり、集団で力を発揮する同社の会社と社員の信頼関係、社員同士の一体感の築き方に迫った。

私は社長を男にしたいと思っています

愛社精神はどうやってつくられるのか――。バブル崩壊以降、日本企業は終身雇用、年功型賃金、手厚い福利厚生といった愛社精神を支えてきた仕組みをことごとく捨ててきた。加えて会社と社員はイコールパートナーであり、意に染まなければ辞めてもいいと広言する経営者もいた。

その結果、社員の離反を招いた反省もあるのか、最近では揺り戻しによる"社員大事"経営が流行っている。しかし、いったん失われた愛社精神を一朝一夕に取り戻せるものではない。

その中にあって、今でも旺盛な愛社精神を維持しているのがアサヒビールである。それを象徴するエピソードがある。同社は昨年GPTWジャパン(Great Place to Work Institute Japan)が調査した日本における「働きがいのある会社」の5位に選ばれた。同調査はアンケートによる社員の生の声を分析して評価するもので、米国では経済誌「フォーチュン」が毎年1月に「ベスト100」を発表する著名なものだ。

そのGPTWの共同創設者のロバート・レベリング氏がアサヒビールを訪問したときのこと。現場の営業マンに会いたいという要請を受け、通訳付きのインタビューが始まった。

レベリング氏が「あなたのモチベーションとは何ですか」と質問をすると、ある営業マンは「私は社長を男にしたいと思っています」と発言。咄嗟には通訳も訳せず、なんとか説明して意味を理解したという。「社長を男にしたい」とは、まさに経営者と社員の信頼関係を象徴する日本的表現である。入賞したベスト25社の中でもとりわけ同社の社員が認識しているステートメントは「この会社で働いていることを、胸を張って人に言える」だった。

「私は社長を男にしたいと思っています」とは、なんと「くさい」文句か、と笑ってしまう。しかし、笑いつつも、典型的日本人としては、そう言ってみたい気持ちも分かる。ところで、「私は社長を男にしたいと思っています」は私だったら、どう英語で表現するか。

I want to help the president make a great success. というのが直ぐに思いつくが、ちょっとインパクトが弱すぎるか。もうちょっと捻って、 I want to make the president a charismatic executive officer. あるいは、 I want to make the president a legend. やっぱりしっくりこない。

アサヒビールで社員の定着率が高い理由は、会社と経営者に対する信頼感が図抜けて高いせいだという。社員が、経営者が社員を大事にしてくれていると感じることができるというのである。そこから、「私は社長を男にしたいと思っています」という文句も出てくる。

アサヒビールでは、福利厚生も充実しているが、やはり、愛社精神を育むのは、先輩と後輩の"熱い紐帯"を醸成する「ブラザー(シスター)制度」だという。すなわち、アサヒビールの新入社員は4月の導入研修後に現場に仮配属され、9月の正式配属までにOJTを受ける。以下、再び引用:

その間に新入社員1人に先般社員1人が「ブラザー」として張り付き、公私にわたり面倒を見る。ブラザーになる社員は公募で選ばれ、仮配属までの期間にリスニングなど新入社員対応プログラムを学習して臨む。もちろん、ブラザーも自分の仕事を抱えながら面倒を見ることになるが、応募者は多いという。

「ブラザー自身も先輩に教えられ、勇気づけられた経験を持っており、やりがいを感じて応募します。期間中はブラザーが責任を持って研修の手配も行い、自分の教え子なのでしっかり教えてくれとブラザーが窓口となって他の部門に依頼します。新入社員がいつもどんな状況にあるか日誌なども全部見て常にチェックし、何でも聞ける兄貴的存在になります」(丸山人事部長)

確かに、会社でも、どんな組織でも、定着率に貢献するのは、人間関係のつながり、とはよく言われる。とはいえ、今の時代、そういうのは、自らすすんで、社畜になることなのでは、という疑問も湧く。

一方、社畜であれ何であれ、一つの組織で、愛社精神をもって、人間関係で信頼し、されつつ生きていれるなら、立派なものではないか、という気もする。

そこで私の纏めのコメント:

  1. 社会には、時代が移り変わっても比較的安定した会社というものは存在する。例えば、酒を製造する会社はその一例かもしれない。というのは、人類が酒をたしなまない時代というのはなかなかこない。また、酒というものは、IT機器や車などの耐久財と違って、確実に消費され、よって確実に売れる。これは、景気に作用されにくい。こういう会社では、会社が社員を信頼し、社員が会社を信頼するような仕組みがつくりやすいといえるのではないか。
  2. 人間には、安定志向の人間と、移り変わり志向の人間がいる。安定志向の人間は、ビール会社に入って愛社精神を育み、よし社畜と呼ばれてもいいではないか。何を恥じることがあろう。いささかも、人倫に悖るものではない。
  3. どうしても移り変わり志向であるなら、自分で事業を興すもよし、リストラされやすいIT企業に勤めるもよしである。それもまた、自己責任であろう。
  4. 特にIT企業で、これからは全て自己責任で、いつ放り出されてもいいように自己研鑽を怠らないように、のように言う管理職がいるが、それが現実であるとしても、威張って言うようなことではあるまい。会社の側がむしろ、社員の雇用に対して、責任放棄している面もある。
  5. ただ、アサヒビールのような会社でも、遠い将来はどうなるか分からない。そこで、社畜に甘んじつつも、自己独立の精神をどこかでもつべし、ということになるだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1633

コメント(3)

>私は社長を男にしたいと思っています
 I want to do my best for performing outstanding contribution for the president that I respect.
 英語では、こんな感じではいかがでしょうか?

>>私は社長を男にしたいと思っています
> I want to do my best for performing outstanding contribution for the president that I respect.
> 英語では、こんな感じではいかがでしょうか?

そうですね、これほど直訳が意味ない例もないので、そうやって修飾を補う必要があるでしょうね。ただ、考えてみると、基本的に、社長を成功させるために頑張るみいたな概念が、欧米にあるのだろうか、これは儒教的価値観なのか、とも思います。

小松さんを男にしたいと思います、と部下が言ったら、小松さんは当惑しそうですね。

>小松さんを男にしたいと思います
 英語で"be a man"と言ったら「男らしくしろ」なんで、「おまえに言われたかねえ」と答えるべきなんでしょうね。
 日本語で「男にしたい」と男性から言われたら、なにやら昔の「スポ根漫画」とか、あの伝説の漫画「魁・男塾」なんかを想起させるので、ホモセクシュアルな感じがして嫌ですね。当然、当惑します。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月 4日 23:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「つくられた共産国家」です。

次のブログ記事は「アセンション」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。