アセンション

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日書いた2012で、ちらっとアセンションについて触れたが、もうちょっと詳しく知りたいと思い、「超入門アセンション&2012」エハン・デラヴィ著、五次元文庫、徳間書店を買ってみた。以下私なりの要約とコメントである。

先ず、2012年が節目であるというのは、2012にも書いたように、マヤ暦による。多分マヤ暦以外に、2012年を節目にしている暦はない。ちなみにマヤ暦は、1年を365.2674・・日と正確に計算している。どうやって計算できたのか、全く不明である。ともかく、そういうマヤ暦が、2012年以降は暦がないというのだから、そこに重大な意味があるに違いないと判断するのである。

2012年をアセンションと結びつけて喧伝して始めたのは寧ろ、スピリチュアリストたちだった。ちなみにアセンションとは、もともとはキリスト教的概念である。イエス・キリストが復活後数週間して、神の許に帰ることをいうようである。スピリチュアリストは、アセンションを「次元上昇」とも訳したりする。金星人などの惑星人とも関連する。すなわち、金星は地球よりもはるかに高い意識の星で、次元上昇している、ということである。

さて、ティヤール・ド・シャルダンは、北京原人やジャワ原人が突然進化して、現人類になったと説く。すなわち、現人類が北京原人やジャワ原人の後に現れて、北京原人やジャワ原人を駆逐したというのではない。北京原人やジャワ原人が突然変異して、現人類になったのである。それもまた、アセンションである。すると、2012年には、現人類から新人類に変わるためのアセンションが行われるというのである。

現人類と新人類の違いはなにか。それは例えば、新人類は、テレポーテーションなどの超能力が使えることである。自然霊はまさにテレポーテーションを駆使するのであって、例えば、宝石を平気で隠したりする。新人類は、自然霊の能力を一部もつ、ということになる。

新人類といえば、遺伝子的に、チンパンジーと人間はよく似ている。それでいて、チンパンジーの方が人間よりも遺伝子の情報量が多い。実は、現人類は、23万年前、チンパンジーまたは北京原人やジャワ原人に対して遺伝子操作をほどこすことに生まれたという説がある。では誰が遺伝子操作したかというと、宇宙人らしい。どこから来た宇宙人なのか。私は月人も有力なような気がするが、とりあえず、どの宇宙人かは特定されない。宇宙人の遺伝子操作により生まれた人は最初は1000年くらい生きたらしい。このことは、旧約聖書の記載とも一致する。そうやって最初に出来た人類は、自己生殖機能を有し長命であったが、単為生殖できなくなってから100年程度の短命になったという。

すると、2012年は、宇宙人が降臨して、人類をアセンションさせるのだろうか。そのとき、覚醒した人類は選ばれ、そうでない人類は滅びるのだろうか。いよいよ聖書の最後の審判に似てくる。

では、その宇宙人とは何か。それは、宇宙人アヌンナキで、ニビル星を故郷とする、という。ニビル星とは太陽系の惑星の一つで、木星と同じ程度の大きさ、3600年という長い周期で太陽の周りを回るというが、まだ未発見である。なお、宇宙人アヌンナキやニビル星については、宇宙人に係る人類の起源と使命を適宜参照されたい。

宇宙人アヌンナキについては、人類最古の文明シュメールの粘土板に記述があるという。すなわち、シュメール人は、宇宙人アヌンナキから文明を教わったという次第である。そして、シュメール→アッカド→バビロニアと文明は伝承される。

その他、2012年には、太陽風が活発化するという。すなわち、地球は太陽の周りを回るというが、太陽自体が、銀河の中を相対的に移動している。すると、宇宙塵の豊富なところを通過することもある。それによって太陽風が変化する。人類は明らかに、太陽風によって影響を受ける。

結局、2012年のアセンションとは、宇宙人の降臨、人類の次元上昇、宇宙環境の変動の組み合せらしいが、ノストラダムスの大予言と異なるのは、一体何が起こるのかあまりにも抽象的である、ということである。なにか想像を絶する苦難が待ち受けていて、それを克服することで人類が進化する、と考えることもできるが、ノストラダムスの大予言がそうだったように、何もおきないかもしれない。あるいは、意識の相転移が起きても、誰も気付かないかもしれない。

あと、どうしても気になるのは月人である。それとニビル星とはどういう関係にあるのか。全く無関係なのか。ニビル星の前衛基地が月なのか、など想像は広がる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1634

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月 5日 00:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アサヒビールの社員定着」です。

次のブログ記事は「魂の邂逅」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。