魂の邂逅

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、相性の理論で、夫婦間の相性を粗く論じたが、あれは制御系のナイキスト条件のように、とりあえず関係が崩壊しない安定な範囲を推定したものであった。

そういう単なる安定性を超えた魂の邂逅ともいうべき男女の出会いもあるとは思っていたが、先日、オノ・ヨーコの特集番組をみたとき、ああ、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの出会いはまさに、魂の邂逅と呼んでいいのだ、と感じた次第である。

オノ・ヨーコは、安田財閥に連なる名門の家庭に生まれ育った。一方のジョン・レノンは、リバプールで、ほとんど夫婦関係が崩壊した家庭で精神的にも貧しく育てられ、不幸な生い立ちであった。

オノ・ヨーコとジョン・レノンの出会いは、劇的ではない、何気ないものだった。オノ・ヨーコは、前衛芸術家で既婚、娘が一人いた。ジョン・レノンも結婚しており、息子が一人いた。

仕事のあいまにジョン・レノンがたまたま、オノ・ヨーコの個展に出かけたが、最初は、ジョン・レノンは、オノ・ヨーコの気を引かなかった。寧ろ、変な人と思った程度。そう、相性の理論に書いたように、どんな魂の出会いも最初は物質の衣を着ている。

ところが何回か会ううちに、二人は離れられない関係となった。一緒に暮らすために、各々の配偶者と離婚、同棲を始める。そして何年かたって、ついに結婚した。そのことがマスコミに発表されると、世界は騒然となった。なにしろ、ビートルズのスーパースターであるジョン・レノンが、得体の知れない東洋の魔女のような容貌の女性と結婚するのである。嫌がらせのレターも山ほどきた。

それでも、山あり谷ありだったが、二人は、ジョン・レノンが悲劇の銃弾に倒れるまで、仲睦まじく暮らした。

ジョンとヨーコが結婚したとき、私は確か、まだ大学生だった。そして友達と、あんな妖怪みたいな女のどこがいいんだろう、と品のないことを友人と話し合ったものである。そのときはまだ、魂の邂逅なるものを知らなかった。

そう、魂の邂逅は、生い立ちも、国籍も、財産も、年の差も、容姿も、完全に超越している。なにしろ、中国で、20台の男性が、70台の女性に求婚したことがある。男性はイケメン、しかし、女性は、外見は失礼ながら単なる梅干婆である。それでも、魂の吸引力は絶大で、二人は人里離れて同棲し始める。

もっと身近には、野村監督の例がある。野村監督は今でも沙知代夫人にぞっこんで、絶対服従を貫いている。楽天の監督から降りるときも、球団の代わりはいくらでもあるけど、女房の代わりはない、みたいな発言をして、奥さんの意向に従うことを示唆した。私だったら、つい逆のことを言いそうである。どう逆なのかは、あえて説明しない。

その沙知代夫人からして、私から見ると、やっぱり妖怪のようなのである。だいたいがマスコミからバッシング受けるほど無神経に振舞ったりしたこともあった。

以上から、なんの必然性もなく、連続体仮説ならぬ、魂の邂逅仮説を立ててみる。以下のとおりである。

  1. どんな人にも、魂の邂逅といえる異性がいる(ホモセクシュアルな人なら、同性)。
  2. その相手は、生い立ち、国籍、財産、年の差、容姿、知能など、凡そ魂の属性でない要件には全く関わらない。
  3. 魂の邂逅は、一生のうちに起こる可能性は低い。それは下記のような理由による:
    • 魂の邂逅の相手は、物理的に遠いかもしれない。例えば、相手がチベットの山奥にいたら、まず一生会わない。
    • 物理的に近づいても、物質的な要因で、結局、互いに退けてしまうかもしれない。典型的には、容姿に拘る、資産に拘る、国籍に拘るなどである。
  4. 魂の邂逅のカップルは、紆余曲折の後、一生添い遂げる場合が多い。ただ、なぜか一方が早死することも少なくない。運命の嫉妬か。
  5. 生まれてくるとき人間は、魂の邂逅オプションをつけることができるようである。今回どうしますか、まあ、今回はいいよ、自分で探す、とか言う。ええっ?誰に頼むんだろう。魂の邂逅オプションをつけると、ひょんなところで、出会いがセットされる。ジョンとヨーコのように。

という、何の根拠もない考察であった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1635

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月 6日 05:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アセンション」です。

次のブログ記事は「ルーマニア革命」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。