ルーマニア革命

| コメント(0) | トラックバック(0)

チャウシェスクについてブログにメモしたが、いわゆるルーマニア革命についてもう少し詳しく知りたくて、「この目で見た政権の崩壊」ルーマニア革命の7日間、ダン・チョバス、智片通博著、日本放送協会を読んでみた。以下、私なりのメモである。

ルーマニア革命の発端は、ルーマニア西部の中心都市、ティミショアラである。人口は30万人余り、ハンガリーとの国境に近い。事件の発端は、ラースロ・テケシュというハンガリー系牧師への、教会からの退去命令を政府が強制執行したことによる。

テケシュ牧師は、1989年7月、カナダのテレビ局のインタビューの中で、ルーマニアにおけるハンガリー系住民の窮状を訴えた。これが、ハンガリー国内で放送され、大きな反響を呼んだ。そのことは、ルーマニア当局を刺激することになった。そして政府はついに、テケシュ牧師に対して、ティミショアラから北部の教会に移るように退去命令が出された。

1989年12月15日が強制移住の期限だった。このテケシュ牧師を守ろうと、人々が教会を取り囲み、当局との間で小競り合いが生じた。12月16日も、その次の日も、人は増えるばかりだった。17日になると人々は、ルーマニア共産党の地方委員会の建物に乱入して、火をつけたりした。

これに対してチャウシェスクは、断固とした態度をとり、警察や治安部隊をティミショアラに派遣した。そこでチャウシェスクは、指示に従わない者には容赦なく発砲せよと命令、こうしてデモ隊の死者は1000人以上にものぼった。

国内は緊急事態だったが、チャウシェスクは予定に従い、イランに公式訪問した。その間も西側の報道機関は、ティミショアラでのデモ隊虐殺を報道し続けた。20日にチャウシェスクは帰国、そして深夜11時、緊急放送として、ティミショアラ事件の弁明をした。あれは、ならず者たちのデモであり、軍隊は辛抱強く耐えた。しかし、挑発に耐えかねてとうとう発砲したのだと。発砲した軍隊は愛国的行動をとったと。

チャウシェスクは、国民を沈静させようとこの緊急放送をしたが、まさに、空気を読めない行動で、国民の神経を逆撫でした。こうして次の日の反チャウシェスク・デモは却って人数が増えた。

チャウシェスクの空気を読めない行動は次の日も続く。次の日には、デモに反対派が多く含まれるのを目の当たりにして、まるで今の日本の民主党のように、家族手当の増額を説く。しかし、微々たるもので、それで買えるものなど、ルーマニアにはない。

このとき、群集は、チャウシェスク政権の崩壊を感じ取ったという。しかし、治安部隊は、威嚇射撃を繰り返す。そして威嚇射撃が次第に、本当にデモ隊を撃つ射撃に変化してきた。迫り来るデモ隊に耐え切れなくなったのだった。戦車や装甲車に轢かれる者もでてきた。怪我人は、1000人にも達した。

12月22日、国防大臣のミレア将軍が自殺したという。確実に何かが変わりつつある。後からの報道によると、ミレア将軍は自殺したのではなく、チャウシェスクの命令で殺されたのだという。さもありなん。

このときから、国軍が市民の側に就いた。戦車は白旗を上げた。チャウシェスクは確実に支持を失いつつあった。白旗を見て、市民たちは、共産党本部に駆けつけた。

ついに、チャウシェスク夫妻とその側近は、大統領専用ヘリで逃亡した。デモ隊たちは、軍隊がすっかり自分達の味方だと安心した。もう発砲はないものと思った。

チャウシェスク夫妻とその側近を乗せたヘリのパイロットは既に国軍に寝返っていた。わざと高く飛んで、国軍のレーダーに把捉された。パイロットはチャウシェスクに、レーダーに把捉されたので、撃墜されると伝えた。チャウシェスクはびっくりし、すぐに着陸しろと命令した。着陸すると、治安警察が待っていて、チャウシェスク夫妻とその側近を連れて車で去った。パイロットは、命からからがら、基地に戻った。

チャウシェスクが抜けた共産党本部には、イエリスクなど要人が集まった。イエリスクは、ロシアのゴルバチョフが、ルーマニアの指導者にしたがっていたという噂がある。すると、このルーマニア革命も、ある程度、ロシアの仕組んでいたことなのだろうか。

そうしているうちに、共産党本部に、チャウシェスク夫妻が逮捕されたという情報がもたらされた。ところが、秘密警察らしき一味が、旧共和国宮殿に潜んで発砲しているらしい。

ところで、国軍のグシュ参謀総長が市民側に就いているのはいいとしても、治安警察の責任者、ヴラッド副長官も市民側に寝返っていることを怪訝に思うものは多かった。それなのに、秘密警察は勝手に発砲している。ということは、ヴラッドの指揮下にないということである。それで、旧共和国宮殿に潜んでいる一味の素性が一層不気味になってきた。

そして、秘密警察の責任者ポステルニクが逮捕され、ヴラッドも結局逮捕された。銃撃している秘密警察はいよいよ、指揮系統を失った。一方で、ハンガリー軍の支援がきただの、ソ連に支援が要請されただの、混乱を招く情報も飛び交った。

12月25日、チャウシェスク夫妻が裁判にかけられ、処刑された。国家権力の破壊、経済の破壊、国民虐殺の罪であった。しかし、処刑されたチャウシェスク夫妻の姿がテレビに映し出されたのは、12月26日午後のことだった。そのとき、執拗だったチャウシェスク派の抵抗も下火になった。

新政権を率いるのは、イエリスクをリーダーとする救国戦線評議会だった。国民はしかし、救国戦線評議会を信用しなかった。結局、共産党が復活するのではないかと恐れた。チャウシェスクによって一旦は左遷されたとはいえ、イエリスクは一時は、押しも押されもせぬチャウシェスクの側近だったのである。国民に不信感が広がるのもやむを得ない。

チャウシェスクのやり方は、本人が北朝鮮のやり方を真似ていると言っているくらいで、実際によく似ていた。それは、側近と共産党で富を独占し、国民には窮乏を強いる方針だった。何しろ、国内で生産したほとんどのものは輸出に回し、その売上げを共産党が占めるのである。国民には富はほとんど回らない。文化も生活も強い制限を課し、個人崇拝を煽る、国民から見たら馬鹿馬鹿しい内容のテレビ放送しか許さなかった。

そんな中で、イエリスク他、親ロシアのメンバーは、ソ連との結びつきを深めていたようである。特にゴルバチョフの時代になってから、イエリスクらはペレストロイカの影響を受け、シンパを増やしていったが、チャウシェスクは一貫して嫌ロシアで、どうしても相容れることができなかった。

それで結局、ティミショアラの事件の頃はイエリスクらは、国軍を掌握し、「クーデター」の準備ができていたものと思われる。そうでないと、ティミショアラの事件からわずか1週間で即決で政権を奪うことにはならない。そう考えると、ティミショアラの事件もある程度扇動されたものだった可能性もある。

ともかく、ブログに書いたように、イエリスク氏は、大統領として任期をまっとうし、少なくとも個人崇拝でない政治体制は確保できたようであり、2007年1月1日に欧州連合に加盟が許された。加盟に際しては、改革が不十分であるとして欧州理事会によって再審査されたというので、改革はまだ日暮れて道遠しのようである。

ブカレストでのチャウシェスク派による銃撃事件で多数の市民が殺され、救国戦線評議会は犯人を特定しようとしたが、結局、今に至るまで、きちんとなされていない。もしクーデターだったとすると、救国戦線評議会としても蒸し返したくない一面があるのかも、と勘ぐりたくなるところでもある。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1636

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月 7日 06:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「魂の邂逅」です。

次のブログ記事は「数論と幾何学」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。