真のワールドシリーズ

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞Webに、下記のニュースがあった。

【ニューヨーク=岡田卓史】日本プロ野球組織の加藤良三コミッショナーと大リーグ機構のバド・セリグ・コミッショナーらが5日、ウィスコンシン州ミルウォーキーで会談し、プロ野球と米大リーグの王者による世界一決定戦の実現に向けて検討を重ねていくことで一致した。

加藤コミッショナーが6日、ニューヨークで取材に応じ、「セリグさんから日米グローバル・ワールドシリーズを、夢ではなく現実に進めていきたいという話があった。私も全く同感だ」と話した。

日本選手が大リーグに移籍する際の紛争解決のシステム作りや、日本のアマ選手獲得を目指す大リーグスカウトの行動規範の必要性なども意見交換した。

これに対するコメントは、次のとおりである。

  1. 先ず、大リーグと日本のそれぞれのチャンピオンでは、まだ流石に、日本が大分、格負けしているのではないか。だから、ちょっと、盛り上がりに欠けるような気がする。
  2. 日本と米国のどちらで戦うのか。どちらにしても、フランチャイズの方が有利であるが。
  3. 実質世界チャンピオンは最早、韓国なのかもしれない。だから、韓国の優勝チームを無視して、米国と日本のチャンピオンで、世界一を競うというのは、本当は世界一ではない、という批判を浴びそうである。

ところで、どうでもいいけど、大リーグ機構のバド・セリグ・コミッショナーの名前は、「パとセリーグ」みたいだが、偶然か。もちろん、偶然に決まっている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1638

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月 8日 06:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「数論と幾何学」です。

次のブログ記事は「メンター賞」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。