メンター賞

| コメント(6) | トラックバック(0)

毎日新聞Webに、生物物理学者の大沢文夫さんが、英科学誌「ネイチャー」が創設した「メンター賞」を授与された、という記事があった。以下、引用:

才能を見いだし育てる達人を、中国の故事では伯楽、西洋ではメンターと呼ぶ。英科学誌「ネイチャー」が創設した「メンター賞」をこのほど受賞した。「みんなが支えてくれたおかげ」とはにかむ。

理屈っぽい少年だった。東京帝大で物理学を学んだが、"正統派ぶり"が肌に合わず、寺田寅彦の弟子、宮部直巳に師事して名古屋大へ。統計力学から生物学へと足場は変わったが「オリジナルな考え方で面白いと思える研究を続ける」という信念を貫いた。

分野や国籍を問わず研究者を受け入れ、弟子は数百人。自由な議論の中から、生物物理学など生命科学を牽引(けんいん)する新分野が育った。女性研究者が圧倒的少数だった60年代初め、研究室メンバーの3割は女性。のびやかで出入り自由な雰囲気から、「大沢牧場」と呼ばれた。

「生体を作る分子は柔らかな機械である」とし、あいまいさの多い生体現象を説明する「ルースカップリング」という概念を提唱した。その思想は飄々(ひょうひょう)とした生き方にも通じる。「研究は以心伝心。真剣な議論は1年間に3分でいい。独創性がなくなるし、照れるでしょ。師弟関係もルース(緩やか)で」と笑う。

人を育てるには「アイデアを大事にし、邪魔しないこと。仕事の速さで評価しない。面白さに対する感度があれば口を出さず本人に任せる」。探究心は衰えない。来年は新しいテーマで本を1冊書くという。【元村有希子】

これを見て、なるほど、「ネイチャー」は、いい線を突いていると思う。すなわち、科学において、よき後進を育てることは、非常に重要である。そこにスポットをあてて賞を授与するのは面白い。一方で、それを授与される大沢文夫さんもユニークである。

それで思い出すのは、私の名伯楽のメモである。そこに書いた木見金治郎、佐瀬勇次、高柳敏夫、藤内金吾、森信雄、所司和晴という将棋の名伯楽と大沢さんを比較して改めて共通点を書き出すと以下のとおりである。

  1. 自由な雰囲気で、権威ぶらない。あくまで民主的。
  2. 弟子とあまり真剣な議論をしない。フレンドリーがいいようである。
  3. 斯界の超一流ではない。そういう言い方は失礼かもしれないが、超一流になるためには、ある程度自己中心的でなくてはならない。それが、メンター性の阻害になる。
  4. いつまでたっても自由な発想と興味を失わない。これは、弟子の提案を柔軟に受け入れるために必要である。

では一方、将棋の名伯楽と、科学のメンターの違いは何か。

  1. 先ず言えることは、将棋の名伯楽の場合、来る者は拒まず、という訳でもない。寧ろ、ある程度才能で選別している。それは、将棋のプロという特殊性もあるかもしれない。
  2. 性別に、大沢文夫さんは拘らない。女性も沢山弟子にいる。華やかでいい。将棋の名伯楽の場合、あまり女性の弟子がいると聞かない。強いて言えば、高柳敏夫くらいか。清水市代は、高柳一門である。

ここで思い出したのが囲碁の秀行塾である。秀行塾は、以下のような雰囲気である。

  1. 囲碁が好きであるなら、来る者は拒まない。
  2. 秀行塾では、秀行先生は天皇陛下である。口応えできない。
  3. 打ち碁は、真剣な議論に晒される。秀行先生、その他のメンバーの容赦ない批判を受ける。
  4. メンターたる秀行先生は、囲碁に対する情熱と研究熱心で、誰にも負けない。

では、最後に、私が多少とも馴染みがある特許実務ではどうか。

  1. 来る者は選別する。使えない者が来ると困る。
  2. 秀行先生ほどではなくても、当面は、あまり口応えしないで言うことを聞く必要がある。特許実務は何しろルールが多い。
  3. 仕事は、真剣な議論に晒される。
  4. メンターたる先生は、秀行先生ほどではなくても、実務に対する十分な経験と情熱は必要だろう。
  5. あと、実務を教えるのは面倒で割に合わない仕事である。世話好きでないとやっていけない。

以上から、分野によらず、世話好きであり、その分野における情熱とスキルは必須要件であることがわかる。そこがあれば、来る者は拒む/拒まない、民主的/師範的、自由放任/厳密吟味というバリエーションのどれをとるかは、業種によるだろう。ある程度選別された人がくることと、そのキャリアについて責任を負わなくていいなら来る者は拒まないでいい。そうでないなら、来る者はある程度選別する必要がある。また、やることの自由度が高いなら自由放任でいい。そうでないなら、ある程度きちんと枠に入れる必要がある。例えば、科学の研究はかなり自由度が高く、囲碁・将棋や特許実務はどうしても、ある程度枠にはまる。そうした上で、民主的/師範的は、かなりどちらでもいいのかもしれない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1639

コメント(6)

 あやたろうさんのご高説、とても参考になります。
 私は学生時代、人を教えることに向いてなくて、家庭教師などやった日には、生徒にそっぽを向かれて困ったモノでした。
 今いる職場でも、初めは、部下を育てることができるか、非常に不安だったのですが、不思議と上手くいってます(今のところは)。教える相手も大人だし、金払って教えているんだし、私自身も丸くなったからなのかも知れませんね。

> 今いる職場でも、初めは、部下を育てることができるか、非常に不安だったのですが、不思議と上手くいってます(今のところは)。教える相手も大人だし、金払って教えているんだし、私自身も丸くなったからなのかも知れませんね。

学生時代の小松さんはまだ人生の経験が浅かったけど、いまや、言い知れぬ苦労を重ねて、人間的に厚みを増したのだと思います。

そこいくと、私なんぞまだ、ガキのように勝手なこと言ってます。苦労が足りないのかな。

日本の哲学の世界では、大森荘蔵(1921-1997)という大変すばらしいメンターがいました。野矢茂樹さんが書いた『大森荘蔵-哲学の見本』(講談社)のあとがきにこんな逸話がでています。

「あるとき、酒席であったと思うが、ある人が私が坐禅などをやっていることに触れ、「大森先生のお弟子さんも多彩ですね」というようなことを言われた。大森先生はそれに対して「いや、弟子なんかじゃありません。金をもらって教えてるだけです」と答えた。それはただ私についてそう言ったのではなく、すべての教え子についてそう述べたのである(と思う)。「弟子」という言葉に感じられる囲い込むような雰囲気は、大森先生にはまったくなかった。むしろ「放し飼い」を自認され、われわれものびのびと放牧されるがままになっていた。」(引用終わり)

今の日本の哲学界を牽引する研究者の多くが、大森さんと接点をもっています。

大森荘蔵は、名前だけ存じ上げていて、まだ著書は読んだことがありませんが、メンターだったとは知りませんでした。『大森荘蔵-哲学の見本』講談社は、是非読んでみようと思います。池田信夫氏のブログでは、廣松渉の哲学の講義で、廣松渉と大森荘蔵が、毎回、濃密な議論をしていた、とありました。

ともかく、貴重なコメント、ありがとうございました。今更のように、大森荘蔵がキーパーソンだと認識しました。ちょっと勉強してみます。

大沢文夫さんの文章を読んでいましたら、学部のときのゼミに、大森荘蔵さんと一緒にでていたという記述がでてきて、びっくりしました。大森さんは、学部は物理だったのですが、そのときに大沢さんと一緒だったのですね。あやたろうさんの記事に触発されて大森さんのことを思い出しただけなのに、とても不思議です。シンクロニシティでしょうか?
(以下引用)
こんな事情で統計力学に惹かれたので僕は大学の後期に小谷正雄先生(東京大学及び東京理科大学名誉教授・故人)のゼミに参加しました。そこでは合金の秩序無秩序転移の総説を読みました。ゼミの開始時間は決まっていなかったので、ゼミ仲間の4人が玄関口にある用務員さんの部屋で小谷先生の帰りを待ったものです。たいていは、待ちくたびれた夕方に小谷先生がやってきて、ゼミが始まります。学生が読み進めなくても、先生はうんともすんともおっしゃらないので、よく長い沈黙が続きました。それでも先生が「今日はここまでにしましょう」とは言われない。たいていは、ゼミで僕とペアを組んでいた大森荘蔵くん(哲学者・東京大学名誉教授・故人)が「じゃ、やめよう」って言いましたね。物理が面白く感じられるようになったのは、ゼミに入ってからです。統計力学の本を片っ端から読みましたし、ゼミに関係する原著論文も全部読みました。

http://www.brh.co.jp/s_library/j_site/scientistweb/no49/

> とても不思議です。シンクロニシティでしょうか?

本当に不思議ですね。大沢文夫さんが、大森荘蔵さんと接点があったとは、全く知りませんでした。だいいち、私が大沢文夫さんの名前を聞いたのも、わずか数週間前が初めてですし。

あと、シンクロニシティというのとは違いますが、私のブログをかなりの数の知り合いに紹介したのですが、コメントはおろか、見てくれている人もほとんどいないようです。こういう地味なブログにコメント書いて下さるというだけでも、何かの縁だと思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月 8日 06:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「真のワールドシリーズ」です。

次のブログ記事は「松本清張」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。