松本清張

| コメント(4) | トラックバック(0)

久々に、年末年始にかけて、松本清張の作品を読んだ。「夜光の階段」上・下、新潮文庫である。年末年始のテレビ番組があまりにも下らなくて、それなら、久々に松本清張の小説でも読もうと思った次第である。テレビ番組を馬鹿にするけど、実は、年末に松本清張原作のサスペンス・ドラマがテレビで放映されていて、思わず惹き込まれた、というのがきっかけだったりするので、勝手なものである。

ここで話は急に、私の中学・高校時代に遡る。私は、百島という孤島で生まれ育ち、本屋もろくにないし、当然に家にもほとんど本がないので、読書に親しむということが困難だった。実は学校の図書館には、世界文学全集があって、読もうと思えば読めたはずなのに、結局は当時は興味がもてなかったようで、一冊も読んだ記憶がない。すると、孤島だったから読書に親しむということが困難だった、というのが下手な言い訳であることがすぐ分かる。当時の私は博物少年で、読むといえば、昆虫図鑑、鉱物図鑑、植物図鑑と海岸動物図鑑で、ボロボロになるまで何度も読み返していた。ただ、まとまった文章を読むという訳ではないので、変な昆虫の名前には詳しかったかもしれないが、読解力も作文力もつかない。よって、国語力の乏しさは覆いがたいものがあった。

中学・高校時代も同様で、言い訳として卓球部の部活が忙しかったというのもあるが、やはり、ろくな本は読まなかった。それで、古文・漢文はおろか現代国語のテストもガタガタであった。高校の友人と話しても、彼らが話す有名な文学書の類はほとんど知らず、くやしいので、太宰治の「斜陽」を買ってもっていたら、おお、島の原住民が、そんなのを読むとは、と揶揄されたくらいである。

ともかく、最高に嫌だったけどラッキーで短くて済んだ受験勉強の期間をへて大学に入ると突然暇になった。どうしようかと思ったら、たまたま友人になった数学科のI君から、松本清張の作品を、「おもしろいき、読んでみ」と紹介された。I君は、大分の出身であった。小説なるものを耽読したことがなかったので、大して期待もせず松本清張の作品を買ってみた。忘れたけど、最初に読んだのは「ゼロの焦点」だったかもしれない。なんか細いプロットを強引につないで無理があると思ったけど、文章の読みやすさと、心理描写の巧みさ、叙情の豊かさに嵌ってしまい、学生生活の暇さにまかせて、松本清張の作品を次々と読破していった。

結局、2年くらいかけて、少なくとも新潮文庫で出ている松本清張の作品は、大抵読んだ。その頃からだろうか、少しだけ文章を書くことに違和感がなくなった。今書いている文体は、大体その頃完成されたようである。すなわち、沢山読むことが、書くための最大の修行ということのようで、そういう意味で、松本清張は私の作文の師匠なのであった。

ただ、久々に松本清張の作品を読んで感じたのは、その読みやすさの技法は半端でない、ということである。というのは、仕事柄、日々文章を書くのであるが、自分の文章は哀しいほどにゴタゴタしている。それはある意味、特許の文章なのだから仕方ないと言い訳もできるが、それにしても、文章を短くする、係り受けを明確にするなど、いくらでも松本清張から学ぶことはあるのに、活かされていない。

実は名作家がリーダブルであるとは限らない。例えば、大江健三郎など全然読みやすくない。そして、文章が難解な作家を挙げると枚挙に暇がない。

一方、松本清張と張り合うリーダブルな作家に、司馬遼太郎がいる。そして、毀誉褒貶はあっても、松本清張と司馬遼太郎の圧倒的存在感を無視できる人はいない。その圧倒的存在感は、作品の量と、リーダビリティで支えられている。もう一度、そのリーダビリティをきちんと考えなくさねば、と思った次第である。

それと、松本清張の作品に特徴的なのは、今回の「夜光の階段」や「砂の器」に通低する、貧しい過去から成り上がったヒーローである。松本清張自身が、長い下積みから、人生の後半でようやく芽が出た。そこから自身は、終生大家の名をほしいままにしたが、松本清張は、成り上り者を結局、悪役としておとしめてしまう。すなわち、ストーリー中の成り上り者に、自分の生涯を投影しないのである。この心理は何なのか、ちょっとよく分からない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1640

コメント(4)

>成り上り者
 世間一般でも「成り上がり者」と陰口を言うヒトが多いですよね?どんな事業にも「創業者」がいて、それが成功すれば「成功者」=「成り上がり者」ということになるんでしょう。
 今やトヨタ自動車の豊田家は一級の名家なんでしょうが、創業者の豊田佐吉氏は、農家の出身で小学校しか出ずに、大工を経て織機を発明したはずなので、ほとんど徒手空拳からスタートした「大成功者」ですよね。
 同様に、すべての「名家」の創始者は、全部「大成功者」ですよね。でも、悪く言うと「成り上がり者」となってしまうんですよねぇ。
 「創業者」より、その遺産の上で暮らしを成り立たせている子孫(「名家」)の方がよく言われてしまうのは、何か変ですよね。

>「創業者」より、その遺産の上で暮らしを成り立たせている子孫(「名家」)の方がよく言われてしまうのは、何か変ですよね。

日本人の悪い癖で、評価が確立した者しか認めない、ということではないでしょうか。単に、後継者の時点では、評価が確立しているというだけのことだと思います。

そういう意味では、ホリエモンも実は大した奴なのかな?どうしてもそうは思えないのですが。

>ホリエモンも実は大した奴なのかな?どうしてもそうは思えないのですが
 ホリエモンは?でも、ソフトバンクの孫正義さんとか、楽天の三木谷浩史さんとかは、素直に「大成功者」と呼んでよいのではないでしょうか?
 お二方とも、プロ野球球団のオーナーになるという男子の夢の極限を達成した方だと思いますけど。

> ホリエモンは?でも、ソフトバンクの孫正義さんとか、楽天の三木谷浩史さんとかは、素直に「大成功者」と呼んでよいのではないでしょうか?
>お二方とも、プロ野球球団のオーナーになるという男子の夢の極限を達成した方だと思いますけど。

確かにそうですね。しかし、孫正義さんとか三木谷浩史さんみたいな人が上司だと、私は、こき使われて過労死しそうです。成功するためには、頑張るしかないのですけど。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月 9日 00:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メンター賞」です。

次のブログ記事は「核廃絶」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。