核廃絶

| コメント(0) | トラックバック(0)

どのテレビ局か忘れたが、ゴルバチョフ元大統領が出演して、核廃絶をテーマとした番組を観ていて、何か違和感を感じたので、コメントを書いてみる。

先ず、ゴルバチョフ元大統領は、任期にあったとき、まさに米国との冷戦の真っ最中だった。そのとき、ソ連のゴルバチョフ書記長(当時)は、1986年、アメリカのレーガン大統領と、アイスランドの首都であるレイキャビクで、冷戦終結に向けた会談を行った。

当時、米ソは、膨大な核兵器を保有し、一発触発の危機と言われた。また、核戦争になると、人類が滅亡するとも言われた。ゴルバチョフ書記長(当時)は、レイキャビクで、米ソは核兵器を使用しないという条約を締結した。それによって、人類滅亡の時計が、12時まであと5分であったのを、ゴルバチョフは、その針を14分も引き戻したと、褒め称えられた。

最大の核保有国が、核兵器不使用の条約を締結することが、よきことであることは誰も否定しない。しかし、ここでいう条約というのは単に国と国との間の取り決めにすぎず、核兵器そのものを廃棄する訳ではない。そういう単なる取り決めで針が14分も引き戻される人類滅亡の時計とは一体何なのか、という疑問が先ず生じる。

それから番組は、広島・長崎の被爆体験に移る。これが人類史上稀な悲惨な体験であることは間違いなく、ゴルバチョフ元大統領に同意してもらうまでもない。

ところが、番組のもともとの意図なのだろうが、話題が、私の思わぬ方に進んでいくのである。すなわち、人類滅亡の時計が再び、12時まであと5分と進められた、というのである。この核軍縮の時代にあってなぜ?と皆問うのではないだろうか。

そしてその理由が明かされる。なんとそれは、イランと北朝鮮の核開発疑惑なだそうである。ここにきて、この番組が、米国中心主義的価値観に染まっていることが明白になった。私は、イランや北朝鮮が尊敬に値する国だとは必ずしも思わない。しかし、その核の脅威のレベルは、旧ソ連のそれと到底比較にならない。

と思っていたら、私の意図を見透かすように、番組はこう付け加える。イランと北朝鮮の核開発により、テロリストに核兵器が渡される可能性が出てくる。それは、想像するだに恐ろしい、と。なるほど、そのことが人類滅亡の時計が再び、12時まであと5分と進められた理由なのか。しかし、君は知っているのか、CIAとアルカイーダとの結びつきを。また、もし本当にアルカイーダが真の反米で、米国に仇なすことを意図するなら、どうしてわざと失敗するテロを仕掛けるのか。あの犯人について、かなり前から警告が米国当局に通知されていたというではないか。それを、米国当局はわざと無視した様子があるらしいではないか。そういう一連の事柄に留意しないで、ただ、テロリストに核兵器が渡る脅威を言い立てるのは、あまりにもナイーブではないか。

そこでまた、唯一の被爆国である日本という話に戻る。番組はこう語る。唯一の被爆国である日本こそが、世界に向けて、核のない平和を訴えるに相応しい国である、と。ああなんと美しい言葉なのだろう、と思ってはいけない。これは実は、思考停止命題なのであって、こう問うと、その命題の内容のなさが分かる。すなわち、「唯一の被爆国である日本は、どうやって、核のない世界にするための枠組みを提案できるか」。そう問うと、実は、何を提案するかに窮するのではないか。実に難しいのである。もっと考えてみると、核廃絶を一番効率的に考えることができるのは寧ろ、世界随一の核保有国である米国である。その米国に、核縮小させようとするとき、米国が一方で、世界最大の軍産複合体の国家であることを認識する必要がある。

また、唯一の核対人使用国である米国が、広島・長崎の原爆投下を一体真剣に反省しているのか、ということを象徴するのは、ベトナム戦争で、軍部は真剣に、北ベトナムに原爆投下を検討した、という事実である。要するに、あまり反省の色はないということである。北ベトナムに原爆投下しなかった主要な理由は、基本的には、ソ連の核による報復を恐れた、ということである。はるか彼方のアジア人であるベトナム人に対する人権などほとんど話題にも上らない。

そういえば、ちょっと話題がそれるが、独身時代、仲のいい横浜出身の友人と、場末の酒場で呑んでいた。すると、広島出身という生真面目そうな青年がたまたま話しかけてきて、広島に関係して、なぜが原爆の話題になった。そこで、横浜出身の友人がちょっとふざけて、ピカドンがどうのことのと言い出したので、広島出身の青年が、「お前、広島県人に対して、その話題でからかうとは許せんぞ。」と怒り、一方、横浜出身の友人は、「たかが広島県人というだけで、原爆について特別分かっているようにいうのはおかしいぞ。そもそも、お前は、肉親を原爆で失ったのか。」と反撃して、私は必死で仲裁した。一応私は、広島県出身なので、その広島出身の青年の言うことは分かる。広島県に生まれ育つと、教育委員会の方針で、小学校のときから、原爆投下に関する授業がある。また、夏休みでも、8月6日は登校して、黙祷を捧げる。だから、長崎県以外の他県人に較べると、確かに原爆に対する意識は高いといえばそうなんだけど、突き詰めると、原爆に関して、特によく分かっているわけでもないのである。基本的には、広島出身の青年の言うことに共感しつつも、横浜出身の友人の言うことも、うんまあそうだよね、とあまり反論できない。

だから、単に日本人というだけで、唯一の被爆国であるというだけで、世界に対して、意味がある発言はできない、ということである。どうみても、日本人の平均は、広島県出身の私自身よりも原爆に対する知識や意識がうんと低いようなのだから。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1641

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月10日 00:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「松本清張」です。

次のブログ記事は「孫子の兵法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。