孫子の兵法

| コメント(0) | トラックバック(0)

よく俗に、「孫子の兵法」といわれるけれども、私は「敵を知り己を知らば・・」のくだりくらいしか知らない。それでは、孫子の兵法を知っているとは言えないので、学習のために、「孫子を読む」浅野裕一著、講談社新書に従い、メモしてみる。すると、「孫子」は13篇からなるので、それを列挙しながら、内容をみていくこととする。

  1. 計篇 - 勝算はどちらにあるか
    要するに、戦う前に、自国と敵国の状況を詳しく比較し、どちらに勝算があるかを冷静に判断すべきである、ということである。言われてみれば当然であるが、なかなか難しい。孫子が優れているのは、これを、飽くまでも具体的に説くことである。すなわち、民衆の意思を君主に同化させる、気候も含む天への順応、地形の利用、将の智力、部下の信頼、軍隊の部署割りなどである。
  2. 作戦篇 - 用兵とはスピードである
    孫子の兵学では、戦いは常に、外国への出征として論じられる。すなわち、膨大な兵を遠征させるのであるから、そこに掛かる費用は半端ではない。ということは、長期戦は常に、戦時経済的に不利ということである。すると寧ろ、巧久よりも拙速が重んじられる。日本人は万事に慎重なので、拙速を嫌う。しかし、戦術的に拙速もやむなし、という場面は少なくない。孫子はここで兵站の重要性も説く。当然である。
  3. 謀攻篇 - 戦わずして勝つ
    以上のように、戦争はとてもコストがかかるので、戦わずして勝てるなら、それがベストである。すなわち、百戦百勝というのは決してベストではない。そもそもが、孫子によれば、戦争=戦闘ではない。また、孫子によれば、この文脈で、「兵は、彼を知り己を知らば、百戦して殆うからず。」が説かれる。
  4. 形篇 - 必勝の形をつくる
    ここで形というとき、戦闘の配備であるが、特に守備に力点が置かれる。というのは、攻撃のためには様々な戦闘手段を駆使しなくてはならないので、攻撃の方がコストがかかるからである。すなわち、守備より攻撃の方がコストがかかる。すると、硫黄島ペリリュー島で、圧倒的勢力にも拘わらず、攻撃側の米軍に予想い以上の被害が出たのも、守備体制の万全さ以外の本質的な要因もあった、ということである。
  5. 勢篇 - 全軍の勢いをあやつる
    ここは、戦闘は将兵個々の士気や資質よりもまず、勢いに乗るべし、ということを説く。すなわち、勢いを重んじ、勢いに乗じれると思ったら、そこに一気に兵力を投入する。一点突破である。なんとしても避けるべきは、兵力の遂次投入である。
  6. 虚実篇 - 無勢で多勢に勝つ方法
    これはすなわち、相手の強いところを避けて、弱いところを攻めるということである。それによって、寡兵能く、相手を打ち破れる、ということである。さらには、相手を、こちらにとって有利な場所におびき出す、という方法もある。
  7. 軍争篇 - 戦場にいかに先着するか
    これは、なんとしても、戦場に先着する方が有利ということである。そのために、敵軍より先に戦場に到着するように手段をとるべし、ということになる。
  8. 九変篇 - 指揮官はいかにあるべきか
    孫子によれば、指揮官は、臨機応変に対処しなくてはならない。それは当然で、戦争にあって、情勢は刻々と変化するのである。指揮官は、常に、攻め込んで落としても、そのを維持することに意味があるかどうかを問わなくてはならない。また、孫子が興味深いのは、無謀な君命は拒絶せよ、と述べていることである。戦争の現場を熟知する指揮官に、それを何もしらない君主の命令を拒否する権利があるのは、ある意味当然だろう。それが守られていれば、インパールの悲劇はなかった。
  9. 行軍篇 - 敵情を見抜く
    これは、孫子にあって、とても具体的な内容になっている。例えば、敵より常に高い位置にあるとか、右前方への攻撃力は弱い、などである。
  10. 地形篇 - 六種の地形をどう利用するか
    ここの六種の地形は、行軍しやすさ、退却しやすさ、隘路の存在などによって分類される。ここにも、とても孫子の具体性がみてとれる。
  11. 九地篇 - 脱兎の如く進攻せよ
    孫子はここで、軽地、重地、争地、囲地、死地、など九種類の戦場の類別をする。すると、指揮官たる者、九地のどこに該当するかを認識しなくてはならない。一旦、九地のどこに該当するかを認識すると、擬装して異なる九地であるかのように敵を騙すことも可能となる。例えば、本当は軽地なのに、重地と認識させる、などである。この文脈で、「始めは処女の如く、後は脱兎の如く」が説かれる。
  12. 用間篇 - スパイこそ最重要員
    孫子はスパイをとても重視し、次の五種類に分ける。すなわち、因間、内間、反間、死間、及び生間である。生間は、敵国に繰り返し潜入して、生還して情報をもたらす。内間は、敵国の官吏を手づるに諜報活動をさせる。因間は、敵国の民間人を手づるに諜報活動をさせる。反間は、敵国の間諜を手づるに諜報活動をさせる。死間は、虚偽の軍事計画を部外で実演してみせ、配下の間諜にその情報を告げさせておいて、敵国の出方を待つ。
  13. 火攻篇 -
    ここでは、火攻めの方法を説く。それは、火人、火積、火輜、火庫、火隧の五種類がある。火人は兵営に火を放つこと、火積は野外の集積庫に火を放つこと、火輜は輜重部隊を焼き討ちすること、火庫は屋内に物質を貯蔵する倉庫に火を放つこと、火隧は橋などの通路を焼き討ちすることである。

このように簡単なメモでも、「孫子」が、現代に通用する、実に豊富な内容を含むことがみてとれる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1642

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月10日 08:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「核廃絶」です。

次のブログ記事は「特許明細書のチェック法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。