特許明細書のチェック法

| コメント(0) | トラックバック(0)

発明協会から、「特許明細書のチェック法」弁理士 橘 和之著、が発行された。仕事柄、特許明細書作成のノウハウの本は目に付いたら、買って少なくとも斜め読みすることにしているが、ほとんど感心したことはない。それで、この本にも大した期待を抱かず買ってみたが、意外な知見があって興味深かったので、メモしてみる。

この本によると、特許明細書の良否を見極めるために先ず注目すべきなのは、【発明が解決しようとする課題】、【課題を解決するための手段】、【発明の効果】なのだという。私がなるほどと思うのは、一般的に特許明細書において、この部分は、おざなりにされ勝ちであって、結構熟練した弁理士が書く特許明細書でも、【課題を解決するための手段】は、特許請求の範囲の引き写しであったりする。すなわち、「この発明の第一の側面によれば、」などと言いつつ、単に、請求項1がコピーされてきているだけという特許明細書があると、私はそれだけで失望する。

特許請求の範囲の引き写しでまずい理由は、一般的に、特許請求の範囲は、【課題を解決するための手段】としては抽象度が高すぎる。言い換えると、【課題を解決するための手段】は、実施例から特許請求の範囲に発明の記述を抽象化している際の中間段階の具体度であるべきということかもしれない。

それで、自分が特許明細書を書くときは、なるべく発明の要旨を自分なりに理解にして、発明者の説明ではなく、自分の言葉で書こうと努力する。しかし、技術的な理解が十分でない場合など、どうしても、発明者の説明の引き写しになりやすい。だから、ここで自分の言葉できちんと、発明の要旨を書けているかどうかが判断基準になる、というのは納得である。

橘弁理士は、【発明の効果】の記載も、一貫した技術的思想を明確にするという意味で、重要である、という。同感である。私は最初に、かなり古典的な特許実務家に特許明細書の書き方を教わったので、効果が重要というのはしっくりくる。実際、意見書を書いていても、こういう構成による、こういう効果があり、それは引用文献の技術からは得られないということを言うと、特許査定がもらえることが多いが、そのためには、出願当初から、【発明の効果】がきちんと書いてあってほしいと思うものである。ところが、特に外内の特許明細書で、何が効果だかよくわからないというものもある。そもそも、米国特許明細書には、"Advantage of the invention"みたいな項目はない。

橘弁理士について、ちょっと苦笑いするのは、作用の記載も重要である、というくだりである。ここの苦笑いというのは、必ずしも否定的なトーンではない。というのは、私の指導者であった古典的な特許実務家は、実施例の説明で、構成を書いたら、その作用を書きなさいと口をうるさかった。作用というのは、業界用語で(といっても、若い人は知らないかもしれないが)、動作のことである。特に機械ものだと、ここにギヤがあります、シャフトがあります、と構成を書いても、ではどう連携して動くんだという作用を書かないと、説明がしっくりこない。これが機械でなく、ソフトウェアの発明だと、ハードウェアの構成と、動作のフローチャートで、一応の説明は間に合うが、私は、作用を書けと教わった名残で、ハードウェアの構成だけでなく、機能構成、あるいはソフトウェア・モジュールのブロック図を必ず描き、それから、作用としての動作のフローチャートに繋ぐようにしている。よって、古典的な特許明細書というのは、何のことはない、あまりスマートでないが実直で、「兄弟船」の乗りで、「型は古いが、拒絶につよい」特許明細書だと私は勝手に思っている。そんな戯言に耳を貸す若手実務家はあまりいないが。

さらに橘弁理士に同意するのは、従来技術と課題の間には因果関係があるので、それを明らかにするという点で、【背景技術】の説明も重要である、という点である。そういえば、従来技術をきちんと書きなさいというのも、古典的な特許明細書の特徴だった。

ところで、あまりにも当然すぎて橘弁理士が述べていないことを補足すると、結局は、特許明細書を書く人は、その分野の技術の背景技術をきちんと理解していることが重要である、ということである。そんなの当然ではないかと言うかもしれないが、技術を中途半端に理解して書かれている特許明細書がいかに多いことか。なぜ技術知識が重要かというと、発明者はその分野の専門家なので、技術のエッセンスしか書いていないことが多い。すると、それを明細書に落とす際に、明細書作成者が行間を埋めなくてはならない。そうしないと、分かりやすい明細書にはならないことが多い。だから私は、特許明特許明細書をチェックする際、特許明細書作成者が、発明者が書いた生硬な表現をそのまま使用して、技術的に行間を埋めていないと失望する。ただ、これは、言うは易くで、私は、特許明細書作成者として、少しでも技術的な行間を埋めようと、毎月何ほどかの技術書を買って読んでいるのだが、難解でどうしてもしっくりこないことが多い。ともかく、私のチェック・ポイントの重要な点の一つに、技術的な行間の扱いと、その努力がある、ということはいえる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1643

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月11日 03:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「孫子の兵法」です。

次のブログ記事は「欠点と才能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。