欠点と才能

| コメント(2) | トラックバック(0)

もう既にブログにも書いたと思うが、私にとって、人間の生涯を規定するのが、長所よりも欠点である、というのはあまりにも当然である。

そんなとき、「天才はなぜ生まれるか」正高信男著、ちくま文庫という本に出会った。この本は要するに、歴史上の天才が実はいかに欠点に満ちているかということを記述したものであるが、天才の天才性がその欠点に依拠するということは、何度もいうが、私にはあまりにも当然である。なのにこの本は、例えばAmazonてで、思いのほか評価が低い。まあ、他人の思惑はともかく、この本の内容を簡単に要約してみる。

まず、最初に挙げられた天才は、エジソンである。エジソンの何よりの欠陥は、注意欠陥障害である。すなわち、適切に興味を切り替えられなくて、ある一つのことの興味に固着されてしまうので、小学校などで、いつもぼうっとしていて、先生に咎められてしまう。ここで、私事を述べさせて戴くと、私も、エジソンほどでなくても、小学校時代に、先生から何かを指示されて、その意図することが分からないで、「はぁ?」という反応なので、周囲の同僚から、変人と綽名されるに至った。

ただ、面白いのは、そういうエジソンが、長じて、とても強欲に振舞ったことである。例えば、炭素フィラメント電球の発明者スワンに対して、エジソンは容赦なく、特許侵害で訴えたりした。

また、電力の伝送方式についても、直流に拘るエジソンよりも、交流を提唱するテスラの方がはるかに優れていた。それを、持ち前の注意力の固着の性質により、一切テスラに妥協しなかった。

エジソンに関してよかったのは、結局小学校を三ヶ月でドロップアウトしたことである。小学校をまっとうすることが、エジソンの才能を潰したであろうことは想像に難くない。

次はアインシュタインである。アインシュタインが、小学校時代凡庸だったことは周知であるが、特に、他の子供と馴染まない、スポーツに関心を示さない、暗記が苦手、質問されても直ぐに答えない、という点で、私には安心をそそる。しかし、その成果はともかく、彼のみやすい才能は、異常な集中力しかなかった。アインシュタインの天才性については、世間にあまりにも普及しているので、ここでは屋上屋を架さない。

次は、レオナルド・ダ・ヴィンチである。彼は、歴史上紛うことなき万能の天才。何をあげつらうのか、ということになるが、実は、レオナルド・ダ・ヴィンチは、外国語が超苦手だったそうである。それを聞いて、どこか安心した。というのは、私は少なくとも、外国語及び方言習得能力で、世間の平均より少し上だからである。また、レオナルド・ダ・ヴィンチは、計算能力も相当低かったらしい。この点でも、計算能力で少なくとも平均の私は、レオナルド・ダ・ヴィンチより優れていることになる。しかし、ここまでである。そこからの創造力と造形力で、私はレオナルド・ダ・ヴィンチに到底太刀打ちできない。言うまでもないことであるが。

次はアンデルセン。この文学の権化のような人が実は、ラテン語に大変苦しんでいたことが分かった。アンデルセンの母語はデンマーク語。ある意味、ラテン語との距離は大きくない。しかし、それでもラテン語を全くマスターできなかった、そういえば、昔、古書店をうろついていたら、ラテン語、ギリシャ語、サンスクリットに熟練した医師が本を書いていた。それで、語学の才能ほど個人差があるものはない、と改めて認識した。

次は、電話の発明者、ベル。ベルは典型的なアスペルガー症候群で、周囲と打ち解けるのに大変苦労をした。それを聞くと、私は、アスペルガー傾向とはいえ、まだましなのか、と思う。ただ、私の「まし性」こそが、私の凡庸さである。とはいえ、ベルの対人的な共感を欠く性格は甚だしく、彼の妻は大変困惑した。しかし、ベルの場合、大域的な付き合いが得意で、サイエンスという科学雑誌を利害を度外視して育てたし、学会の秀才たちとの付き合いを重んじた。それでも、個人的に親しい人はとうとうあらわれなかった。このあたりのミクロの苦手さと、大域の得意というのが面白い。

次は、ウォルト・ディズニー。ディズニーの場合、明らかな多動性傾向があり、学校では問題児且つ劣等児だった。しかし、芸能的才能には富み、その点では学校で人気があった。ディズニーは、自らの多動性傾向を投影して、初期のミッキー・マウスのキャラクタを作った。ビジネスの才能に富み、ディズニー・ランドを作ると、容赦なく多動性傾向を発揮して、園内を動き回った。動き回るついでに、ゴミを拾い、これが、園内を掃除する係員のモデルになった。

このように、有名人は大抵、ある程度変わっており、偉大な欠点をもっている、といえる。上記の例を見ていて思ったのだが、科学的傾向が強いほど、欠点の許容度が大きい。ここには挙げなかったが、ゲーデルなど、その最たる者だろう。しかし一方、そうやって欠点を許容される身分になるのは、科学者の特権であって、半端なレベルでは許されない。逆に、ビジネス的傾向が強いと、経済的に保護されていないので、そこは欠点のある性格も妥協を強いられる。典型的には、ビル・ゲイツである。身勝手は発揮しても、結局、ビジネスの場では、自分を抑えざるをえない。

一方、自分自身を振り返ると、アスペルガー傾向ではあれ、その程度は強くない。寧ろ、ウォルト・ディズニーのような注意多動性傾向があり、一箇所に興味を固定できないというタイプであるようである。例えば、一番好きな番組はテレビの将棋対局であるが、それでも、手許に何冊かの本を置いておかないではいられない。あるいは、パソコンを手許に置いて、何かのプログラムを書くのである。そうやって「ながら」をしないと、気が落ち着かない。これでは、科学研究であれ、資格試験であれ、著しく不利である。例えば、このブログの発散的なトピックの広がりはそれの冷笑、いや例証である。本だっていつも、少なくとも四冊は手許において、順次眺めているような気がする。

そういう私の注意多動性傾向は、私を、科学研究者や弁理士などのきちんとした職業から遠ざけてしまったが、一方で、アスペルガー的「変さ」を緩和して、ある程度バランスをとってくれた。注意多動性傾向というのも「変さ」なのに、「変さ」が「変さ」を緩和するとはこれいかに、と訳が分からなくなる私は、紛れもなく変なのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1644

コメント(2)

初めまして、それと、こんにちは。

わたしは、西澤祐美(にしざわ ゆみ)と言います。

今のお話を聴いていて、
実は、わたしは、天才ではありませんが、
精神構造や、傾向、性質などが、
ほとんど天才に当てはまっています。

でも、周りは、理解できず、
ただ、狂人扱いしてくるだけです。

中学生の時に、精神科に入院しました。
あと、学校では、問題児扱いされていました。

あと、万人が理解できなくて、天才に値することが異常なくらいあります。
普通の人の知能、知識では理解できないし、狂人に思われたらいやなので、ここでは挙げません。目立ちたくないですし……。

わたしは、
天才になろうとは思っていませんが、
天才らしい精神構造をしています。

天才になって、社会から認められても、虚しいだけなので、自分らしく生きています。

よろしければ、わたしのサイトから、わたしのことを探ってくだされば、分かると思います。

西澤さん、

> わたしは、
> 天才になろうとは思っていませんが、
> 天才らしい精神構造をしています。

なるほど、おっしゃっていることはなんとなく理解できます。

> 天才になって、社会から認められても、虚しいだけなので、自分らしく生きています。

確かに社会から認められることを志向しなくていいですが、ただ、生きていくための生活手段として、お金を稼ぐ必要があり、そのために天才性の一部が活用されるなら幸いなのではないでしょうか。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月11日 19:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「特許明細書のチェック法」です。

次のブログ記事は「マックのマニュアル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。