中田芳子

| コメント(4) | トラックバック(0)

NHKの番組を観るともなく観ていると、熱中人生最高という番組が放送されていた。そこで、縄文時代に魅せられた少年とかも出てきたが、一番印象に残ったのは、中田芳子さんという、かなり御歳を召されたご婦人であった。1931年生まれというから、私の母と同年齢である。

なぜ印象に残ったかというと、私の母と同年齢なのに、とても元気で多趣味なのである。先ず、回文の達人で、この道20年だという。それは序の口で、逆さ歌、すなわち、テープに録音して逆に流すとまともに聴こえるという、びっくりの歌である。次はヤマハの音楽講師、アマチュア人形劇団「野ばら座」主宰、ネット上連載短編小説を書き、詩集も出すという。

それだけだったら、ああ、なんでそんなに忙しく生きるのと、感心しつつ呆れて終わりかもしれないが、次の話に惹きこまれた。すなわち、中田さんは子供の頃、台湾に住んでいた。当時第2次大戦末期で、台湾にも特攻の基地があった。その基地には、志願兵が何人もいたのだが、無聊の日々を送っていた。というのは、特攻で飛び立とうにも、飛行機がない。そのため、内地から飛行機が到着するのを待っているという次第である。そこで、志願兵たちを慰問するために、中田さんたち少女が基地を訪れることになった。志願兵たちにとっても、華やかな少女たちが来てくれることは嬉しいことに違いない。

そうやって基地に通ううちに、中田さんも少女で、志願兵の中に心に留める人があらわれた。以心伝心で、相手も憎からず思っているようである。淡い恋心を抱きつつ、二人して語り合う日が続いた。ところが、楽しい日々にも終止符が打たれた。ついに内地から特攻用の飛行機が到着したのである。

志願兵たちが列車で出発する日の朝、ホームまで見送りに行った。すると、目指す彼氏が見つかった。列車の窓から手を握る。列車は出発する。しかし、握った手は離さない。列車とともに進んで、いよいよもう無理というところで手を離し、手を振って別れを告げた。数日後、彼は見事「散った」と聞いた。涙が止まらなかった。

それがいかに強烈な体験か、私は想像することができる。中田さんはその思いを50年以上も、衰えることなく心に抱き、散って行った人達の分まで濃密に生きようとした。それが、この歳になっても、かくのごとく濃い日々を送っている理由である。

そこでふと閃いたことがあった。以前書いた惚け防止の記事である。そこで私は、惚け脳ハード説を唱えた。それはいかなる意味でも間違いではない。しかし、片手落ちだったことに気付いた。惚け防止のもう一つの側面は、当然にメンタルなもので、しかも、超越的なものである。

ここで超越的というのは、単に自己の顕在意識にとどまらないという程度の意味である。あえて説明すると、ユンクの言う原意識、霊的なもの、集合意識の集積である。すなわち、中田さんは、散っていった特攻兵たちへの思いに支えられている。霊魂不滅説に立つなら、何かしら霊的支援を受けている。それが濃い日々の源流である。

さらに拡張すると、渡部昇一氏のいう、ワシの知性と駝鳥の知性につながる。人間をコンピュータに喩えると、駝鳥の知性は、ローカル・メモリと、ローカルCPUによって支えられている。だから、若いときは冴えていても、老化により次第に衰える。ところが、ワシの知性は、クラウドコンピューティングなのである。知識やパワーは、ネットワークを通じて、どこからともなくやってくる。だから、静謐にして、黄泉の世界に繋がるネットワーク・カードを働かせればよい。

だから、中田さんのように、この世にいる、あるいはいない人のために、クラウドコンピューティング的に濃く生きるというのは、最大の惚け防止のための秘訣なのである。支離滅裂な文章であるが、少しでも意図が伝われば幸いである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1647

コメント(4)

偶然、私のことを書いて下さっているこのブログに出会いました。私中田芳子が、どうしてこんなにも多岐な生き方をするのか、自分自身でも、今までずっと解らずにいました。それがやっとわかり、納得!と同時に心にずっしりと響く何かを感じました。
ほんとうにありがとうございます!!心から感謝いたしております。前のテレビも見て下さったそうですが、今度(2010年8月14日、)夜10時から1時間、私のことを描いてくださった、BSジャパンのドキュメンタリー番組が放映されます、タイトルは「どうしても伝えておきたい一枚の写真」です。見て頂けると嬉しいです!!

中田芳子様

このような弱小ブログをよくぞ見つけて下さいました。まさかご本人に読んで戴けるとは想像もしていませんでしたが、私の勝手な感想で書いたことゆえ、誤解や失礼な記述がありましたら、ご寛容のほどお願いいたします。(2010年8月14日、)夜10時から1時間の番組は是非とも拝見させて戴きます。今後とも、ご活躍されることを願っています。

中田芳子様

BSジャパンの番組を拝見しました。終戦記念日が近いせいなのか、特攻隊の思い出がメインでしたが、なるほどそうだったのかと、初めて知ったことが沢山ありました。亡くなられたご主人も元特攻だったのですね。初恋の人とデートして憲兵に咎められたというシーン、面白かったです。あと、過去を過去のこととして封印するのでなく、現在に射影して、今のこととして行動していることが若さの秘訣なのかもと思いました。
あと、このブログをみていることもそうなのかもしれないですが、コンピュータも全く苦にされないのですね。コンピュータ会社に勤務しているのに最近ちょっと新しいプログラムに引いている私は恥ずかしいです。
ということで、今後の一層のご活躍を蔭ながら応援させて戴きます。

以前、中田芳子のことを取り上げていただいたまま、ずっと見ないでいました。
久々に辿っていって、失礼申し上げていたことを知り、恐縮しています。
申し訳ありませんでした!
相変わらず逆さ歌にのめっております。
ごく最近、YouTubeにもUPしました。

これからもよろしくお願い申し上げます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月14日 08:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「円周率の新記録?」です。

次のブログ記事は「ニッポンの経営者の名言」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。