ニッポンの経営者の名言

| コメント(2) | トラックバック(0)

週刊朝日に、ニッポンの経営者 名言11選というのがあったので、引用してみる。

「誰もやらないむずかしい事業をやるから人生は面白い」
豊田喜一郎(トヨタ自動車 1894~1952)

普通の人が言っても何の感慨もないが、豊田喜一郎が言うと重みがある。確かに、トヨタは、困難な道を敢えて選び、そこで成功してきた。ある意味、成功しすぎたともいえる。

「人間は知と行だけではダメである。そこには必ずだれにも負けないという信念が必要である」
五島慶太(東急グループ 1882~1959)

比較するのも変だが、将棋の郷田九段も似たようなことを言っていた。筋がよく定跡に明るいだけでは勝てないと。信念と執念がないとA級にはなれない。

「失敗は何にでもつきもんやで、恐れてては何もできまへん」
吉本せい(吉本興業 1889~1950)

これもまあ、そうである。特に芸能はみずものなので、失敗を恐れていたら、何も興行できないだろう。

「アイデアのいい人は世の中にたくさんいるが、いいと思ったアイデアを実行する勇気のある人は少ない」
盛田昭夫(ソニー 1921~99)

まるで評論家のような現代の若者に対するようである。もっとも、なんのアイデアのない人もいて、それは論外か。

「満塁ホームランを狙うな、一歩一歩でいい」
藤田 田(日本マクドナルド 1926~2004)

きっと、ファーストフードの場合、単品が安いので、そうなんだろう。

「人生に遅すぎるということはない。50歳でも60歳でも新しい出発はある」
安藤百福(日清食品 1910~2007)

これは、50を超えて60に近い私には嬉しい。チャレンジ精神を鼓吹しなくては。

「何でも時代のせいにしてりゃあ、そりゃあ楽だ」
田辺茂一(紀伊國屋書店1905~81)

ううん、金融恐慌のせいにもするな、ということか。厳しい。

「一生涯の目的を達成せんとするものは、終始一貫、最後の目的に突進することである」
石橋正二郎(ブリヂストン 1889~1976)

この人はもしかして、鳩山首相の母方の祖父にあたる人か。鳩山首相はもう、よれてきているぞ。

「成功したと思うこと、それがすなわちマンネリと保守化、形式化、慢心を生む源だ」
柳井 正(ファーストリテイリング 1949~)

うん。安住を許さないその気持ちやよしである。

「世の中の変化、お客様のニーズの変化こそが最大の競争相手なのです」
鈴木敏文(セブン&アイ・ホールディングス セブン-イレブン・ジャパン 1932~)

そうそう、セブンイレブンはまさに、時代を相手にしているといえる。そして互角以上に闘っている。

「世の中には困難なことが山ほどあるが、不可能なことは少ない」
孫 正義(ソフトバンク 1957~)

こういうために、孫 正義はちゃんと、定義域を注意深く選んでいるのだが、その定義域は、常人よりずっと広い。定義域において、不可能なことは、点在しているにすぎないのだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1648

コメント(2)

>何でも時代のせいにしてりゃあ、そりゃあ楽だ
「何でも『○×』のせいにしてりゃあ、そりゃあ楽だ」
 ↑の言葉において、自分が何を「○×」としているか時々反省する必要がありますよね。でも、何かのせいにして楽になるというのは間違いです。何かのせいにしている間は、その辛い状態がず~っと続くことになります。
 結局、J. Lennonみたいに、"I just believe in me"であるべきなのでしょう。
 そういえば、「田辺茂一」氏は、昔、よくラジオに出ていて、「狷介」という言葉がぴったんこの洒脱なじいさんでしたねぇ・・・

> 何かのせいにしている間は、その辛い状態がず~っと続くことになります。

確かにそうですね。最近私は、できないことがあると歳のせいにしたくなる誘惑に駆られます。でも、冷静に考えると私は若い頃から冴えていたわけではないので、年とって衰えたのではなく、もともとこんなもんだった、ということのようです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月14日 12:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中田芳子」です。

次のブログ記事は「グーグル中国撤退」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。