グーグル中国撤退

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、中国国内での検閲に業を煮やして、グーグルが中国事業からの撤退の検討を発表したという。以下、引用:

【北京=佐伯聡士】中国の胡錦濤政権は、インターネット検索世界最大手の米グーグル社が12日、中国語サイトの検索結果の検閲受け入れを停止し、中国事業からの撤退の検討を発表したことに衝撃を受けている。

「巨大市場」を武器に外国の検索企業を検閲に従わせることに自信を深めてきたが、初の「抵抗」の影響が広がれば、政権の言論統制のほころびにつながるだけに、一層締め付けを強める構えだ。

胡政権はこれまで、共産党による情報独占を突き崩し、「社会の安定」を揺るがしかねない「有害情報」を発信するネットの統制に全力を挙げてきた。だが、世界最高水準の「網絡警察」(サイバー・ポリス)を抱える政権にとっても、チベットやウイグルなどの民族分裂や「台湾独立」、民主化要求など、一党独裁を脅かす恐れのある「有害情報」を根絶するのは容易でない。

このため、政権は、グーグルや中国の「百度」など、国内外の検索企業に対し、「協力」という名の下に監視と排除の責任を負わせてきた。

特に、影響力の大きいグーグル社に対しては、再三にわたり揺さぶりをかけてきた。昨年6月の外務省の定例会見でも、グーグルを使ったメールがつながらないとの外国メディアの指摘に対し、秦剛・副報道局長が、グーグルがポルノ情報を流しているとの前提に立ち、「当局の手法は法に基づくもので正当」とはねつけた。

それでも、今回のような事態が起きたことは、胡政権にとって衝撃だったのは間違いない。今後は、他の検索企業への影響を防ぐため、グーグル社を含む各社と個別の協議を重ねて、検閲への「協力」を改めて迫っていくものとみられる。

これを見て思うのは、胡錦濤は、グーグルを甘くみたのではないか、ということである。すなわち、巨大市場に参入できる、という見返りに、検閲を受け入れてくれるのではないか、と。実際、電機メーカも、コンピュータ・メーカも、自動車メーカも、郷に入れば郷に従えと、中国の頑なな法制度や習慣にも従ってきた。彼らが扱うのが物である以上、中国当局と折り合いをつけなければ、中国への輸出や、中国国内での工場建設もままならない。

それが今まで功を奏してきたので、グーグルにも同様の強硬な対応が通用すると思ったのだろう。しかし、グーグルは、名うての、つわものだった。多数の人の反対を押し切って、図書館の蔵書の電子化を押し進めたし、YouTubeの買収では、訴訟を覚悟して、莫大な資金を用意したし、ストリートビューでは、プライバシー関係の非難にもめげず、都市の映像化を進めている。これらは、グーグルの、情報による世界支配の野望の一環である。

そういう野望を知るならば、いかに胡錦濤がグーグルに対して、検閲への「協力」を改めて迫っていったとしても、グーグルにとっては、とんでもない、というところだろう。検閲つきの検索エンジンなんて、犬にでもくれてやる、という気分かもしれない。

それで中国からグーグルが撤退したとしても、中国には、国産の百度がある。でも、いいではないか、ということにはならない。なにしろ、Googleには日進月歩の新サービスがある。それ以外にも、Facebook、YouTube、Twitterが中国国内でのサービスを拒否されている。それが中国以外では使え、中国国内では使えないとなると、いわゆる、ディジタル・デバイドが起きてしまう。

それでは胡錦濤は、妥協して、グーグルに対する検閲を止めるか、というとそれは絶対にない。なぜなら、ウイグル自治区などの少数民族に対する中国化政策は、国民国家を目指す中国の生命線であり、グーグルに対する検閲を止めると、飛び交う情報で、周辺の少数民族の情報が横溢し、中国は収集がつかなくなってしまう。

もし中国が、グーグルに対する検閲を諦める日が来るとすればそれは、中国が国民国家を諦め、周辺国の独立を認める時である。しかし、それは国是に真っ向から違背することであり、クーデターでも起きないかぎり、実現しそうにない。

ただ、アメリカ合衆国の意向は、もう少し今の中国でいてほしいということだと思われる。その世界多極化政策においては、別のスーパーパワーが必要だからである。すると、アメリカ合衆国は、グーグルに言うことは、そう意地を張りなさんな、というところだろう。一方のグーグルは、社是として冗談じゃない、ということで、とりあえず、中国から撤退し、それでも他で稼げるからいいや、と物欲しそうに中国をみつめながら、商売を進めるということかもしれない。

一方の中国も、インフルエンザ菌のように制御困難な情報という怪物をいつまでもコントロールできるわけがない。情報そのものは、グーグルよりもっと手強い。こうして、中国の情報統制戦略が破綻するのも、時間の問題という訳である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1649

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月15日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニッポンの経営者の名言」です。

次のブログ記事は「大学の研究所」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。