大学の研究所

| コメント(0) | トラックバック(0)

大学付属の研究所といえば、北大の低温科学研究所や、広島大の原爆放射線医学研究所などが有名であるが、実は意外な大学に、意外な研究所があるので、いつくかピックアップしてみる。東大や京大、東工大などの有名大学はあえて外す。有名大学では、多すぎて網羅しにくいという意味もある。

まず、千葉工業大学 惑星探査研究センターは、東大から移ってきた、名物研究者の松井孝典氏が所長である。惑星探査機の開発・製作、惑星探査データの解析、及び惑星科学研究を行う。

愛媛大学宇宙進化研究センターは、「暗黒宇宙で銀河が生まれる」サイエンス・アイ新書の著者、谷口義明氏が所長である。以下のような研究部門がある。

  1. 宇宙大規模構造進化研究部門
  2. ブラックホール進化研究部門
  3. 宇宙プラズマ環境研究部門

以上は、名物研究者が赴任してきて出来たものである。研究は人なりの典型である。

到底枚挙できないが、他にも見てみる。

群馬大学生体調節研究所は、内分泌・代謝研究をミッションとする我が国で唯一の附置研究所で、文字通りユニークである。

新潟大学脳研究所は、わが国で最初の脳に関する国立大学附置研究所として作られたものだという。その目的は「脳及び脳疾患に関する学理及びその応用の研究」だそうである。

新潟大学と張り合うつもりなのか、玉川大学脳研究所というのもある。脳科学研究センター、知能ロボット研究センター、言語情報研究センターの3つの研究センターが組織的・継続的な研究活動を行っているという。どちらかというと、新潟大学よりも、情報科学、工学的側面が強いかもしれない。

金沢大学がん研究所は、文部科学省唯一のがん研究所であり、がん転移に関わるタンパク分解酵素の発見、がんの病態成立に密接に関与しているケモカイン・アポトーシス・血管新生因子の機能解明を始めとした基礎研究に大きな成果を挙げるとともに、新規の抗がん剤の開発にも力を注いできたという。

福井大学附属国際原子力工学研究所は、敦賀原発のお膝元に相応しい研究所である。

千葉大学 真菌医学研究センターは、真菌をメインに研究する点でユニークである。

長崎大学 熱帯医学研究所は、熱帯の疫病、ウイルスなどで独特の研究成果がある。

山梨大学 燃料電池ナノ材料研究センターは、今後、EVなどに使用されることになる燃料電池を研究する。

鳥取大学乾燥地研究センターは、砂丘の地に相応しい研究所である。

岡山大学資源生物科学研究所はなんとなく、地元の企業、林原研究所との関連を窺わせる。

熊本大学発生医学研究所は、「発生制御部門」「幹細胞部門」「器官構築部門」の3部門から構成され、特に、「幹細胞部門」は、時代の流行に沿っているように思われる。

琉球大学アメリカ研究センターは、長らくアメリカ合衆国に統治されてきた歴史を踏まえた研究所であろう。

以上のように、地方大学であっても、独自性のある魅力的な研究が期待できそうである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1650

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月16日 08:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「グーグル中国撤退」です。

次のブログ記事は「二重被爆」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。