二重被爆

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webに下記の記事があった。

広島、長崎それぞれで直接被爆し、「二重被爆者」として初の公式認定を受けた山口彊(やまぐち・つとむ)さん(長崎市在住)が4日午前5時38分、胃がんのため長崎市の病院で死去した。93歳だった。密葬は近親者で済ませた。

三菱重工業長崎造船所の設計技師だった山口さんは1945年8月6日、出張先の広島市(爆心地から3キロ地点)で被爆。列車で8日に長崎へ戻り、9日には再び爆心地から3キロ地点で被爆した。2回の被爆で左耳の聴力を失い、急性白血病や白内障などの原爆後遺症にも苦しめられた。

非核や平和の思いを伝えようと、02年には短歌集「人間筏(にんげんいかだ)」を自費出版。05年、生後6カ月で被爆した次男をがんのため59歳で亡くしたことをきっかけに、それまで以上に積極的に被爆体験を語り始めた。06年8月には、米ニューヨークの国連本部を訪れ、自身が出演した記録映画「二重被爆」を上映し、核兵器廃絶をアピール。09年3月、長崎市から広島での被爆事実の認定を受けた。

二重被爆者については、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館が05年、被爆者の体験記約10万点と死没者約1万7000人を調べ、広島、長崎の両方で直接被爆した記録が9件見つかったが、確定はしていない。【阿部弘賢】

調べてみたら、山口彊さんのことは、二重被爆として2年以上前に、既にブログに書いていた。ただ、その時点では私は、山口彊さんが、左耳の聴力を失い、急性白血病や白内障などの原爆後遺症にも苦しめられたことも、生後6カ月で被爆した次男をがんのため59歳で亡くしたことも知らなかった。

大変な苦労の人生だったと推察するが、生物はなぜ放射線に弱いのかでメモしたことに鑑みると、急性白血病になってもここまで生きたことは驚異的な生命力だといってよい。また、生後6カ月で被爆した次男をがんのため59歳で亡くしたということだが、「生後6カ月で被爆」というのは、若年者の放射能被爆なので、人体に対するインパクトはとても強く、それでも、59歳まで生きるというのは、遺伝的な放射能耐性の強さを推察させる。原爆の手記にも書いたように、直接被爆していないのに、あとで救助にきて残留放射能を浴びて、白血病などの放射能障害で死んでいく人も少なくない。ここでも、人間の著しい多様性をみるのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1651

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月16日 19:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大学の研究所」です。

次のブログ記事は「違法ダウンロード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。