違法ダウンロード

| コメント(0) | トラックバック(0)

改正著作権法という記事に書いたように、今年から、音楽などの著作物を含むファイルを無断配信するサイトからの受信は違法となった。

日本レコード協会によると、2008年の携帯電話向けの受信件数は、許可サイトからは、3億2900万件であったのに対し、違法サイトは、4億714万件だったという。去年まででも、違法サイトの運営業者は、著作権法に従い、取り締まり可能や逮捕であったが、ダウンロードする側のユーザは、私的使用として、取り締まることができなかった。そこをカバーしたのが、今回の著作権法の法改正という次第である。

すなわち、許可を得たサイトからユーザがダウンロードすると、ユーザには一曲いくらとかで課金され、その一部が著作権者に払われるという仕組みである。

日本レコード協会の言い分は、無許可のサイトからユーザが只でダウンロードすると、歌手や作曲家に対する支払いが減って、歌手や作曲家がいい作品を作るインセンティブが減る、というものだが、これに対する反論は、池田信夫氏によるものなど、いろいろあり、その当否は難しい。

それでは、サイトが適法か違法かをどうやって見分けるのかというと、2008年2月から、Lマークが適法なサイトに付されているそうである。そこにあるように、Lマークは、日本レコード協会によって付されたものである。また、今の時代、不法なサイトが、Lマークを擬することも簡単にできそうである。もしそういう不法なサイトがあった場合、ユーザーは、知りませんでした、Lマークがあるので適法かと思っていました、という抗弁がどこまでできるのだうか。

あと、現行の著作権法では、個人の違法ダウンロードに罰則はない、となっているが、これは要するに、刑事罰がないという意味であって、大量に不法ダウンロードしたりすると、民法的に、故意または過失に従い、不法行為として、損害賠償を請求される、ということになる。

ただもちろん、不法ダウンロードの技術的トレーサビリティという問題は残るのであるが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1652

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月17日 09:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「二重被爆」です。

次のブログ記事は「酒巻少尉」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。