酒巻少尉

| コメント(0) | トラックバック(0)

ものの本で、真珠湾攻撃で捕虜になった方がいるというのを知った。その方は米軍の下で捕虜として命永らえて、戦後、ブラジルトヨタの社長になったとも知った。そこで、この方のことを書いた本がないかと探してみたら、「遥かに祖国を語る」小野田寛郎・酒巻和男対談、時事通信社という本があるのを見つけ、早速購入してみた。以下、酒巻氏のところを、私なりにメモした内容である。

先ず、真珠湾攻撃で出撃した特殊潜行艇は、五隻あった。五隻とも未帰還で、その乗組員は、将校が五人、下士官が五人で合計十人のはずなのに、九軍神と言われた。その一人はどうなったか、と当然に噂でもちきりになり、どうも捕虜になったらしいということになった。

実際はどうだったかということを、当の酒巻さんが語るところによると、昭和16年の12月に、自分が乗る特殊潜行艇のジャイロ・コンバスが不調で修理したがどうしても直らなかった。初めはなんと、90度もずれて進んだ。敵の駆逐艦から爆雷を受けたり、座礁したりと、どうしても真珠湾の湾内の突撃がうまくいかず、焦っていると、いよいよ日本軍の空爆が始まった。それを見てまた潜航したが、浮上すると敵艦に見つかって爆破されるので、浮上できない。すると空気が悪化して判断力がどんどん低下する。そこで一旦後退して、成功のときは集合する予定だったライナ島に向けて出発した。ところが着いたのは、全然別の島だった。そこで座礁して、疲れきった体に鞭打って泳いで渡ったところで、精根尽き果てた。最後に朦朧と、銃をもった米軍兵士が見えたという。

その特殊潜行艇の任務を割り当てられたとき、当然に、酒巻さんは生還を期さなかった。しかし、当時の海軍では、機能としては、帰ってこれる機能がないと出撃してはいけないといわれていた。戦争後半の特攻とはそこで一線を画していた。そのため、酒巻さんは、ライナ島に帰還しようとした。

捕虜になったことが米軍から日本軍に伝わると、昭和18年に、少尉のまま予備役編入された。家族は最初戦死したと思っていたかもしれないが、生きているということがそれとなく、家族に伝わったらしい。それで結局、墓は作らなかったという。

酒巻さんは、捕虜収容所に入れられていたが、日本の敗戦が伝わると、絶望して自殺する者も少なくなかったという。当時の気風からは、それも当然の雰囲気があったが、酒巻さんは、もっと大きい大儀のために、もっと意義のある死に方をしなくてはならないと周囲の者に話したので、それらの者は無事、帰国したという。

すなわち、酒巻さんは、最初の捕虜ということもあって、捕虜の中で、スポースクマンというか指導的立場にあった。もっとも、そこまでの心理に落ち着くまでには、激しい葛藤があったのであるが。むべなるかな、である。

酒巻さんは言う、同僚の捕虜は直ぐに死ぬ死ぬという、しかし実は死ぬ方が易しいのであって、生きて大儀を果たすことの方が困難だのだ、と。普通はなかなかこういうことは言えないが、酒巻さんが言うと重みがある。

酒巻さんは、終戦後直ぐに日本に帰されて、先ず三浦半島の久里浜に着いた。そこから、海軍の復印省で相談して、故郷の徳島に帰った。そこで感じたのは、敗戦とともに、日本自体が巨大な捕虜収容所になった、ということである。すると、自分が捕虜として四年間、悩み考えたことも活きることもあるのではないかと思索した。

日本に帰ってきてから、酒巻さんは、多くの手紙を受け取った。7~8割は、ご苦労さんというモードであったが、当然にというべきか、腹を切って死ね、というものもあった。

酒巻さんは、帰国した次の年からトヨタに勤め始めた。自動車産業を伸ばさなくてはならないと考えた。しかし、ブラジル勤務になったのは、日本に居辛いから希望した訳ではなく、純粋に社命だという。

酒巻さんは、1999年に、81歳で亡くなられた。「遥かに祖国を語る」は、1977年の本であるから、今の私とそんなに違わない歳での頃ということになる。ともかく、もしかしてあっさり戦死した方が楽だったような大変な葛藤の中で、不本意ながら捕虜を生き延びられ、戦後は、トヨタの社員として、使命をもって立派に頑張られた酒巻さんは、神が与えた非常に難しい試練の人生という課題に対して、人間のなしうるベストに近い答えを出したのではあるまいか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1653

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月18日 06:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「違法ダウンロード」です。

次のブログ記事は「小室復帰」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。