小室復帰

| コメント(2) | トラックバック(0)

日刊スポーツによると、下記のとおり、小室哲哉が、九州で復帰を図るという。

音楽プロデューサー小室哲哉(51)が来月、九州で単独コンサートを開催し、本格的に歌手復帰をすることが17日、分かった。復帰コンサートは来月18日に熊本、3月18日に福岡、同19日に鹿児島の3都市で開催される。

コンサートのタイトルは「小室哲哉コンサート ピアノ&トーク」。関係者によると、CDリリースもまだない中で、正常なツアーでもないが、ファンに対して早く音楽活動をしている姿を見せたいとの小室の強い思いで実現したという。

なぜ九州なのかは不明だが、奥さんの実家が大分だからなのか。あるいは、いきなり中央でコンサートするのは気が引けるので、地方で様子をみる、ということなのか。

ところが、罪と音楽に書いたように、小室の復帰について面倒をみたエイベックスが、不況で、1400人の社員のうち、300人もリストラするという。

リアルライブの記事によると、下記のとおりである。

現在は持株会社「エイベックス・グループ・ホールディングス」となっているが、同社は88年に現在同社の社長である松浦勝人氏らが設立。

設立当初はダンスミュージックを日本で流行らせ急成長。90年代は安室奈美恵、TRFら音楽プロデューサーの小室哲哉が手がけた「小室ファミリー」、その後、浜崎あゆみ、倖田來未、EXILEらが同社の主力アーティストとして活躍しているが、売り上げは右肩下がりだという。

「まず、CDが売れないのに加え、一時期映画事業に手を出し大失敗。株価は06年1月には3000円を超えていたのに、このところは770円から780円で推移している。現状を打開するため、NTTドコモの携帯専用のテレビ局『Bee TV』を立ち上げ、香港・台湾など東アジアのマーケットに進出しているが"焼け石に水"だった」(週刊誌記者)

違法ダウンロードの記事から見て取れるように、音楽は次第に、CDなどの媒体から、ネット配信の方に移行している。ネット配信には、フリーコピーされるというリスクはあるが、最早それも込みでビジネスの一環として理解すべき時期にある。そういう時代に、エイベックスは最早、時代のパラダイムに合わなくなってきたのではないだろうか。

そこで小室哲哉である。小室は、今でもエイベックスに大きく依存しているのであろうか。しかし、エイベックスにとって、最早小室はお荷物ではないのだろうか。なにしろ、どうしても元犯罪者のラベルは拭いがたい。また、前にも書いたが、小室哲哉に、桑田佳祐ほどの特異な才能はなく、イージーリスニングに留まっているとしたら、かつてのような栄光は望むべくもない、ということになる。

すると、小室哲哉がとりえるのは、かつての人気歌手が過去の栄光だけにすがって全国を廻るというドサ周りモデルである。実際、今でも舟木一夫のコンサートを地元でときどきみかけるが、年取った昔からのファンは、それなに詰め掛けているようである。すると、今回の九州ツアーは試金石であって、それなりに観客が来るなら、ドサ周りモデルで全国を行脚することにより、そこそこに食べていけるだろう。

問題は、過去のような栄華な生活を決して望まないことである。果たして、小室に修行僧のような生活ができるのだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1654

コメント(2)

>ドサ周りモデル
 全くの私の個人的な趣味の問題なんですが、「コムロ」さんとか「エイベックス」所属のタレントは
 「オレさまたちの音楽は(程度が低くて聴けたモンぢゃないけど、小便臭いガキに)売れてるから、俺たちは(安っぽいゲーノー人としてバブリーに)すごい」
 とでも言いたげに見えてしまうので、一種の「ダサさ」を感じてしまい、これまで全く興味持ったことないんです(あちらさんも私に「ダサい」とか言われたくないでしょうが・・・)。
 でも、ラジオで20年前の「コムロさん」作曲の歌など聴くと、何とも懐かしかったり、当時を思い出してしまったりするので、このモデルは正解かも。私みたいな新規ヲヤヂファンも開拓できるかも知れないしね。

> ラジオで20年前の「コムロさん」作曲の歌など聴くと、何とも懐かしかったり、当時を思い出してしまったりするので、このモデルは正解かも。

私もそう思いました。もし小室が、うちの近くのコンサート・ホールに来て、私がたまたま暇で、チケットが安かったら、行ってみるかもしれません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月18日 09:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「酒巻少尉」です。

次のブログ記事は「JAL倒産」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。