JAL倒産

| コメント(2) | トラックバック(0)

日本航空と全日空日本航空再建で、JALの帰趨を眺めてきたが、ついにJALに会社更生法が適用されることになった。もともと時間の問題だったのかもしれない。

ただ、新聞を眺めても背景がよく分からないので、あまり期待もせず、週刊文春の1月21号を参照することにした。以下、その記事からのメモである。

JALは、グループの従業員が48000人、売上げ2兆円規模で、金融関係を除けば、最大の倒産になる。

そこで、政府の方針は、会社更生法適用前に、企業再生支援機構が、債権者と予め話し合う事前調査型を採用した。これは、突然債権者から差し押さえられて飛行機を飛ばすことができなくなるのを防ぐためである。

その内容は、金融機関に3500億円の債権放棄を要請し、その上で、企業再生支援機構による3000億円の出資を含めた、1兆円の税金を投入する。それらを使って8600億円を超えるJALの債務超過の穴埋めをする。

GMの場合と同様に、どうしてそこまでして税金で救済するのか、という意見は当然に出てくるだろう。私も同感である。ANAやその他の国内航空会社がカバーできないと考える合理的理由は、見出せない。それでも、強いて理由を考えると、あまたの債権者保護と、現実にJALの飛行機は飛ぶのだから、資金欠乏によって安全性が損なわれてはいけないというところだろう。

ところが、JALには、さらに神経を逆撫ですることがあった。それは、キックバックである。要するに、航空チケットの安売りなのであるが、例えば、東京-道東の運賃が9800円だとすると、そのちの旅行会社に対するキックバックが8000円で、JALの収入は、1800円に過ぎない。

航空チケットには、卸値の7%のコミッションの通常営業と、キックバック付きのものがあるが、キックバック付きは、JALがオリジナルに始めたものだった。これは度が過ぎるとダンピングにつながるが、特にリーマンショック後、JALは、減少した乗客の頭数を増やそうと、キックバックの比率を著しく高めた。このことは、利益の減少とキックバック支払いの増加に繋がった。昨年末の追加融資も、キックバックの処理に消えてしまったという可能性もあるという。だから今回の更正法適用で血相を変えるのは、旅行代理店である。なにしろ、予定していたキックバックをきちんと払ってもらえない可能性がありえる。

JALの経営の悪化の原因の一つとして、政府や議員への依存体質がある。すなわち、杜撰な経営をしても、フラグシップ企業として、金融機関は優先的に融資してくれたし、議員は利権を図ってくれたのである。また、驚くほど金の使い方に無駄があり、例えば、JALのCAは、ANAのCAよりも、10%以上も高給だし、支給される備品も贅沢だという。

そういう親方日の丸的な甘えの構造は、旧国鉄と同じものだが、果たしてそれだけなのか、それ以外にも、JAL特有の理由や失敗があったのかどうかは、別途適当な資料に当たることにする。

企業再生支援機構は、国内の主要な債権者はカバーしたかもしれないが、海外までは及ばない場合がある。こうしてJALの資金がショートしてくると、海外で給油しようとして応じてもらえないことがあり、すると、飛行自体が不可能になる。これをカバーしようと、ANAが対応策を考えている、という。

また、私的整理に拘った前原国土交通大臣の煮え切らない態度もまずい。そのため対応が遅れ、上記したキックバック過剰による資金の食いつぶしが進んだ。

JALの新会長に、京セラの稲盛会長が就くというが、問題は根本的な体質にあるので、改善はとても困難である。結局、引導を渡す役割になるのだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1655

コメント(2)

>JALの新会長に、京セラの稲盛会長
 某通信系企業の方から聞いた話ですが、新会長さん、全社員に自分の語録を社員に配って、何かにつけて朗読させ、昇進試験の際にはその内容を出題するそうです。
 JALで同じことをするかどうかは不明ですが、上記某社では、これが嫌さに優秀な人材が沢山辞めたようです。こうなると、社長・会長というよりも教祖様ですよね?私はこれ系の方には絶対に使われたくありません。他に適任者はいなかったのかな?

> 他に適任者はいなかったのかな?

火中の栗になるのが見えていますので、みんな敬遠したんではないでしょうか。

しかし、上記会長の考えたやり方は、アメーバ経営というそうですが、ネーミングがあんまりです。下記は、私のアメーバ経営のメモです。

http://commutative.world.coocan.jp/blog/2007/07/post_253.html

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月19日 07:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小室復帰」です。

次のブログ記事は「突然死」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。