突然死

| コメント(2) | トラックバック(0)

いかなる意味でも個人的な知り合いではないが、一世を風靡し、個人的にも印象深かった二人が、相次いで突然死した。

小林繁(毎日新聞Webから引用):

1970~80年代に巨人、阪神でエース格の投手として活躍した現日本ハム1軍投手コーチの小林繁さんが17日、57歳で急逝した。重心が低い独特の右サイドスローのフォームと、気迫あふれる投球でファンを魅了した「背番号19」が、突然、この世を去った。

浅川マキ(スポニチニュースから引用):

「アングラの女王」と呼ばれ、団塊の世代を中心に支持された歌手の浅川マキ(あさかわ・まき)さんが17日夜、公演のため滞在していた名古屋市内のホテルの浴室で死亡しているのが見つかった。67歳だった。愛知県警によると、死因は急性心不全。公演は15日から3日間で予定し、16日には「あしたのライブも頑張るよ」と張り切っていたという。葬儀は20日、故郷の石川県で親族のみで執り行う。

愛知県警中署によると17日午後7時45分ごろ、浅川さんが開演前になってもライブハウスに現れないため、事務所スタッフがホテルへ様子を見に行ったところ浴室で倒れていた。病院へ搬送されたが、既に心肺停止状態だったという。

この、一見何の関係もない二人の間に、シンクロニシティを想定してもよいし、しなくてもよい。ただ、私は、個人的に、昨年4月に亡くなった友人に想いを馳せる。

その友人は、浅川マキよりも、小林繁よりも若く、今からやっと50代になろうとしているところで、また、ようやく転職を果たして、今から頑張るぞ、と希望に燃えていた。彼の会社生活の苦悩の一部を私は知っているし、それだけに、次のキャリアへの期待の大きさも分かるので、さぞかし無念と思いきや、葬式で感じたのは、夏の夜に吹く、風鈴の音とともにあらわれるような、そよ風のようなさわやかさであった。いろいろ無念はあったよね、と気持ちを向けてみるのだが、彼はなぜか笑って、応えようとしなかった。少なくとも、そう感じた。

そこで了解したのは、突然死は、神の恩寵である、ということである。生活の連続性の原理から、突然死は、周囲にはとても悲劇に映ることがある。しかし、多分、古代ギリシャの時代から言い伝えられているように、やはり神の恩寵なのであって、限られた人だけが恩恵を浴することができる。

そして、次のような命題か成立する。「突然死に終る人生は、完成されたよき人生である。」なぜなら、現世的にも、死の痛みは最小限で、周囲を煩わせることも少ない。与えるのは、当惑であるが。

ということで、突然死した人々に対して、流石に祝福するという不謹慎をする勇気は私にはないが、よく生きましたね、いい人生でしたね、と呼びかけたいと思うのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1656

コメント(2)

>突然死に終る人生は、完成されたよき人生である
 蓋し名言ですね。
 それに、私の場合には、くたばれば、家族に結構な額の保険金がおりますし・・・(最近、味噌汁の塩分が濃いのはそのせいかな??)

> それに、私の場合には、くたばれば、家族に結構な額の保険金がおりますし・・・

奥さんが、急に優しくなると、やばいかも。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月19日 09:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「JAL倒産」です。

次のブログ記事は「西澤潤一」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。