西澤潤一

| コメント(7) | トラックバック(0)

本棚を整理していたら、西澤潤一の「独創は闘いにあり」プレジデント社、という本が出てきた。確か大分前に古書店の100円均一ワゴンにあったのをとりあえず買っておいたものである。今更この本を手に取ったのは、昨年のノーベル賞で、西澤潤一がニアミスというか、貰って当然のところを逃したのがまだ、気になっているのかもしれない。そこで、なんと20年以上前の本であるが、この本に基づき、例によってメモしてみる。実は私は、西澤潤一のことがほとんど分かっていないことに気付いたせいもある。

西澤潤一は、大正15年、宮城県仙台市に生まれた。そして、まだご健在であるが、どうも一生を、宮城県の土着で送られそうな感じである。なんとも、微笑ましいことである。南部陽一郎や小林昭七のように、日本を離れて、ほとんど米国に帰化したようになるもよし。どこに住もうと偉大さは関係ない。

ところで、子供の頃の西澤潤一は、まるで、亜天才だったようである。例えば、1+1=2がなぜ2なのかと、こんこんと考えるような子供だった。だから、簡単な計算もよく間違える。なぜか応用問題は比較的得意であった。しかし、総体的に成績はよくなく、そんな西澤潤一をみて、父はやきもきしていた。父は後に東北大の教授になるような立派な人で、弟もまた、なうての秀才だった。

勉強がいまいちだから、運動は得意のやんちゃ坊主だったかというと、そうでもない。運動も苦手で、体が弱く、学校を休みがちだった。そのあたり、私の幼少時と似ているが、私との決定的な違いは、物事を納得するまで追及する性格だった。そのあたりが、私のような凡人と、西澤潤一を分ける要因なのかもしれない。

そうはいっても、このままでは、旧制高校の入試に受からないと、先生に警告され、父からも強く叱られた。それで渋々であるが、苦手の計算問題を中心として、猛勉強を始めた。このあたりの踏み込みの深さは後年をしのばせる。

高校に進学すると、哲学、文学などあらゆる本を濫読した。西田幾多郎も読んだ。思春期の特有の厭世気分にも浸った。また、思春期独特の反抗期というか、親、特に父親に対する反発もあった。ただ、読書を通して、愛、それもエロスでなくアガペーというか、人類愛のようなものも感じるようになった。

大学では最初、理学部の物理や数学に進学しようと思っていた。すると、早速、父親から横槍が入った。お前の才能では、物理や数学では芽が出ない、すると潰しがきかないと。それで仕方なく、工学部の電気工学科に進んだ。父親の専門は、化学工学で、結晶をあつかうものだった。その影響で、電気工学科にあっても、結局は、結晶をあつかうデバイスを専門とすることになるのである。これも縁か。

やがて、在学時に終戦を迎えた。そのとき、この国を建て直すには、科学立国を目指すしかない、と心に誓った。工学で世の中を救うのである。すなわち、工学は、ヒューマニズムという次第である。

卒業研究では、放電破壊をテーマとした。そして、1948年、運命のごとく、半導体と出会うのである。当時は、ベル研が最先端であった。当時の半導体材料はゲルマニウムだった。ベル研のショットキーとモットのpn接合の論文を読んでいて、自分でも実験してみるが、どうもうまくいかない。権威ある論文でも盲信しない、自分で試してみないと納得しないというのが、当時から一貫する姿勢であった。そうして悩みながら実験しているうちに、pとnの間に、高比抵抗の絶縁層を挟む、というアイデアを思いつき、製作してみると、これが優れた整流特性を示したのである。1950年のことで、早速特許出願した。それを自ら、pinダイオードと呼んだ。

ところが、学会での評判は散々だった。なにしろ、ベル研の権威筋とは異なることを主張しているので、誰も相手にしない。相手にしないどころか、インチキ呼ばわりする。指導教官にも、怒鳴られる有様で、弱り果てた。

それでも研究の手綱は緩めない。一人でこつこつと実験しながら考えた。そして、1952年にはアバランシェ・フォト・ダイオード、1952年にはpinフォト・ダイオードと、着々と実績を重ねた。

すると、学会では全く注目されないのに、なぜか、27歳で、先輩の助手達をさしおいて、一気に東北大の助教授に登用された。実は、指導教官の厚意であった。密かに、業績を評価してくれていたのだった。

昭和30年代に入ると、半導体材料は、ゲルマニウムから、入手しやすいシリコンになった。しかし、高純度の結晶を作るのはチャレンジであった。そこで苦心して真空装置を購入したり、手作りで高周波発信装置を製作したりした。こうして、1958年には、2300V、100Aという大容量のpinダイオードを完成することができた。

pinダイオードの特性をみていると、光を放出する働きがあるし、一方で、光を電流に変える働きもある。これは光による通信に使えるはずだ、それによって、社会のインフラに貢献できるはずだ、という強い意志が沸いてきた。そして、pnipトランジスタ、アバランシェ・フォト・ダイオードのさらなる完成を誓った。

たまたま出席した米国での、IDEMという学会では、pinダイオードが評価された。GEなどの有力な研究者が質問に来るほどであった。しかし、一旦学内に戻ると、次第に西澤に対する軋轢が大きくなった。それは、独自の業績を進める姿勢に対する反発だったのか、あるいは、歯に衣をきせぬ直裁な発言が反感を買ったか。それで、昭和36年に、関係者と相談して財団法人として、東北大学付属で、半導体研究所を成立し、そこの教授に収まることになった。といっても、東北大学工学部の方も兼任である。半導体研究所は大した予算はないが、pinダイオード、pnipトランジスタ、アバランシェ・フォト・ダイオードなどの一連の特許がある。それらの特許から上がっているライセンス収入を、研究費のあてにした。

しかし、困ったことに日本の企業は、明らかに使っているはずの権利なのに、ライセンス料を渋った。海外の企業には払うのに、日本の研究者に対する偏見以外の何物でもなかった。

ちなみに、pinダイオードの特許出願は、GEからも出ていたが、西澤の方が数日出願が早かったので、結局、GEの特許は成立せず、日本の企業は、GEにライセンス料を払うことから免れた。しかし、そのことで一言も西澤に感謝してくれなかった。

一方、研究の方では、1957年に、半導体レーザを発明し、特許出願した。これは後年、IBMの研究者も世界初と認めてくれた。

こうなってくると、光通信として足らない役者は、伝送路である。その伝送路として、当時は気体の温度差を利用したガスレンズなども考えられていたが、到底実用になりそうもなかった。そこで西澤は、細いガラス、後世でいう光ファイバーが、光通信の伝送路として有望であると考えた。そして、グレードインデックスの光ファイバの特許出願をしたのが、1964年である。しかし例によって、学会からは哄笑で迎えられた。

そうやって多くの日本の研究者からは馬鹿にされるのに、ベル研のピアースなどの超一流の研究者がわざわざ、西澤に会いに来るのだった。やはり一流は一流を知るのだろうか。

ところが、グレードインデックスの光ファイバの特許出願は公告(許可通知)を得るも、異議で潰されてしまう。西澤は、特許庁が難癖をつけたと怒るが、特許実務屋の端くれとして私の意見を言うと、特許実務に対する疎さもあるのではないか。どうもあまりちゃんと弁理士に依頼しなかったようなのである。

そうしているうちに、1968年に、日本板硝子とNECが共同で、集束型光ファイバーの特許を成立させてしまった。そして、駄目押しのように、1970年、コーニング社がクラッド型の光ファイバのの開発に成功した。

こうして世間にはなかなか認めてもらえないが、西澤潤一は一人で光通信の三大要素である、光発信源、伝送路、受信器を全て発明したことは事実なのであって、その独創性は、疑い得ない。

光通信以外の業績としては、静電誘導トランジスタ(SIT)がある。ただ、西澤の業績はこれで尽きているとは思えないので、その特許一覧も含め、機会があったら纏めてみることにする。

ただ、将棋の升田幸三がそうであるように、また囲碁の藤沢秀行がそうであるように、西澤潤一はその歯に衣をきせない容赦ない態度で、作らなくてもいい敵を作ってしまうようである。もしかして、学会で、容赦なくやり込めたりするのではないだろうか。すると、西澤潤一のいかなる成果も、意地でも認めるか、ということになってしまう。

西澤潤一は、自分の研究室でも厳しく、それは鬼道場と呼ばれた。ただ他人に厳しい以上に自分に厳しく、通説を信じない、実学に徹する、権威を疑うことを貫いた。そのストイシズムは立派である。

また、昨年のノーベル賞にも書いたが、ノーベル賞を逃した西澤氏のコメントが淡々としていたのも、「独創は闘いにあり」を読むとあまり意外ではない。そこには、「ノーベル賞も結局、他人の評価に過ぎない。自分はそんなことには関係なく、研究をする。」という意味のことが書かれている。ただ、貰えるものなら素直に喜ぶと書いているのも、素直でいい。

そういえば、「独創は闘いにあり」の本を読んでいて面白いと思ったのは、奥さんのこと、家族のことなど、一切家族のことがでてこないのである。普通は、研究に熱心になるあまり、妻には面倒をかけた、くらいのことは書くものである。もしかして、グラハム・ベルがそうだったように、身近の人に対する愛情よりは、世界平和だの公共の福祉だの、そちらに関心が向くタイプなのだろうか。

しかし、西澤氏は既婚であって娘さんもいらっしゃる。今から15年以上も前、西澤氏がわざわざ、私が勤務している会社に講演でみえたことがあった。本人曰く、「娘を人質に取られているもんでね。」と照れ笑いしてした。そう、当時、私が勤務している会社に、西澤氏の娘さんが勤務していたのである。あれでなかなか、家では子煩悩なのかもしれない、とふと思った次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1657

コメント(7)

今の日本を救ってくれる人だと思います。世界中を。
どうしてもっと光が当たらないのだろうと思いました。
世界が一つになれるときなのに。

この文を読んでとても考えさせられました。

> 今の日本を救ってくれる人だと思います。世界中を。

そうですね、救うまでいかなくても、少なくとも希望を与えてくれます。

震災復興のために知恵を借りるべき最適な人なのに、政財界はなぜ西澤氏の知恵を借りようとしないのでしょう。また、そういう視点からの報道、評論もみつかりません。マスコミも、もっと、世論をうまくリードすべきではないでしょうか。
太陽光発電と水力発電と、直流送電を組み合わせれば原発なんかに頼らなくていい、という趣旨のことは、10年9月の爆問の放送でも言っておられました。
震災後、西澤氏の知恵を借りるべきだ、という投書を毎日新聞「みんなの広場」にしましたが、採り上げられませんでした。
西澤氏を担ぎ出すことに、政財界やマスコミは、なにか、アレルギーのようなものを感じるのでしょうか。
今こそ、子孫のためにも、大局的な見地から、知恵も人材も活用すべきだと、私は思います。

震災復興のために知恵を借りるべき最適な人なのに、政財界はなぜ西澤氏の知恵を借りようとしないのでしょう。また、そういう視点からの報道、評論もみつかりません。マスコミも、もっと、世論をうまくリードすべきではないでしょうか。
太陽光発電と水力発電と、直流送電を組み合わせれば原発なんかに頼らなくていい、という趣旨のことは、10年9月の爆問の放送でも言っておられました。
震災後、西澤氏の知恵を借りるべきだ、という投書を毎日新聞「みんなの広場」にしましたが、採り上げられませんでした。
西澤氏を担ぎ出すことに、政財界やマスコミは、なにか、アレルギーのようなものを感じるのでしょうか。
今こそ、子孫のためにも、大局的な見地から、知恵も人材も活用すべきだと、私は思います。

いけじりさん

> 太陽光発電と水力発電と、直流送電を組み合わせれば原発なんかに頼らなくていい

そういうご意見はありえると思いますが、少なくとも太陽光発電は、あまり大容量の電力は向かないのではないでしょうか。

ただ、西澤氏が偉人であることは私は同感です。

父からよく、西澤博士の話を聞いておりました。 同じ年に近所で誕生。父がその地域の「ガキ大将」で一緒に遊んでいたことなど、......。
研究資金のご苦労話は、父が仕事で直に聞いており、具体的すぎる内容まで......。

そういうことで、やっとアメリカ行きを決断された時、そして成功を収めた時々など、地元でも博士の応援支持者だった父や仲間達はとても喜んでいたと。

我が家では父は博士のことを「西澤君」とニコニコして呼んでいました。「誇りなんだよ!」と博士の活躍が新聞やTVで話題になると、とても嬉しそうでした。 

.......「探究心」「プライド」「プロ意識」......はっきり言うべきところは言うところなど、このお話を読ませていただくと、我が父と共通するものがあると感じております。
博士がなぜ、「研究室であれほど厳しいのか」を、父はわかるなぁ、と。(これについては後で。)
今の東北、日本をどう、思われてるでしょう。
お聞きしてみたいです。
 

SACHIKO SIGERAさん

なるほど、お父様が西澤博士と幼馴染とは、なんかすごいですね。確かに西澤博士は文句なく誇りでしょうね。

ブログにも書いたように、西澤博士の娘さんが勤務している会社の人事部にいらっしゃいました縁で、西澤博士はその外資系IT企業に講演に来て下さいました。

その西澤博士の幼馴染の方の娘さんからコメントを頂けるとは、何かの縁ですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月20日 06:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「突然死」です。

次のブログ記事は「英語力で1億円?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。