AIDSの治療

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前に、HIVについてメモしたとき、AIDSの治療法についても触れたが、新聞にAIDSの治療に関する記事があったので、補足してみる。

記事によると、国内のHIV新規感染者は2008年で1126人、新規のAIDS患者は431人であった。

AIDSが不治の病とされたのは、1990年代前半までで、HIVの増殖を抑える複数の抗ウィルス剤を併用する、HAART療法が確立されてから、死者は劇的に減った。すなわち、HAART療法とは、HIVに書いたような、逆転写酵素阻止剤、プロテアーゼ阻止剤、インテグラーゼ阻止剤、ケモカインレセプター阻害剤などを組み合わせたものである。

1990年代前半まででは、例えば25歳でAIDSに感染した場合、平均7年しか生きられなかった。しかし、このような治療法により、いまや、25歳でAIDSに感染した場合、平均40年の余命が期待できる。これなら、普通の人とそれほど遜色がない。

ただ、HIVも然る者、最近では、薬剤耐性をもつものもあらわれてきた。そこで、2009年9月に、ダルナビルエタノール付加物が新たに治療薬として戦列に加わった。これは、プロテアーゼ阻止剤の一種であるが、副作用が少なく、一日一回の服用で済み、耐性ウィルスにも強い。

こうして、AIDSは、不治の病ではなくなったが、それでは、例えば癌はどうか。癌はAIDSと違って、細胞が成長する機能に本質的に関与しているので、AIDSのように、薬で簡単に治療するのは難しそうである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1659

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月21日 20:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「英語力で1億円?」です。

次のブログ記事は「嘉吉の乱」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。