嘉吉の乱

| コメント(0) | トラックバック(0)

もう2年くらい前に、もしかしたら私の祖先がその家臣だったかもしれない赤松満祐についてメモしたが、日本史暗殺100選、森川哲郎著、秋田書店に、赤松満祐による、足利義教暗殺の顛末が書かれていたので、自分なりに纏めてみる。

先ず、足利義教であるが、その峻烈な粛清政治で、恐れられていた。例えば、足利義教は、奥方の実家の裏松氏と折り合いが悪く、すなわち、奥方の兄、義資は、義教の不興を買って閉居していた。足利義教の奥方が子供を産んだとき、これは目出度いと、裏松氏に参賀する者が多かった。これは常識的には目出度いことなので、目くじらは立てないだろう。ところが、足利義教はとても心が狭く、不興を買っている家に参賀に行くとは何事と激怒し、裏松氏に参賀した者の領地を没収したりした。

これはほんの一例であって、そんなようなことが他でも多々あり、豪族も公卿も戦々恐々とし、中には神経衰弱になる者もあらわれた。庶民に対しては徳政令を禁止し、南都北嶺の僧徒を弾圧を加え、義教は悪御所と呼ばれるようになった。

義教は、一色、土岐の二大豪族を改易し、その施策は益々、峻烈の度を高めた。そして、土岐の次は赤松である、というのがもっぱらの噂となった。赤松満祐は長く義教に強い恨みをもってきたが、ここにきて、改易される前に先手を打って、義教を暗殺することを決意した。

ときに嘉吉元年(1441年)、義教は、宿敵である足利持氏の遺子、春王・安王を担いで抵抗した結城城をついに陥落させた。そこで義教はすっかり上機嫌になり、気が緩んだ。

それを見透かした赤松満祐は、「今年は鴨が沢山子を産み、連れ立って池を泳ぐのは見事な眺めでございます。また、足利持氏平定のお悦びも申し上げたく、是非とも、東洞院の我が屋敷にご来臨賜りたく」と義教を招待した。赤松満祐は播磨の大名であるが、京都の東洞院に屋敷をもっている。すっかりいい気になっている義教は、警戒することなく、招きに応じることにした。

劇画だと、ここで、赤松満祐の眼がキラリと光るところである。しめたと赤松満祐は、備前泰光に利刀、三千振りを作らせ、それを腕利きの家臣三千人に与えて、その日を待ち構えた。なんとも、大仰な準備である。

はたして義教は、三条実雅、斯波義廉、大内持世などの少数の部下だけを連れて、赤松邸を訪れた。なんの警戒もしていない様子である。その日の饗応は、華美を尽くした素晴らしいものであった。舞台には猿楽が舞っている。

酒を振舞われた義教一行は、素晴らしい宴に大満悦であった。ときに、酒宴のたけなわの夕方6時。満祐は、頃やよし、と合図すると、打ち合わせにより、一頭の荒馬が庭内に追い込まれた。満祐は、荒馬を逃がすな、門を閉じて早く捕らえよ、と命令した。門は閉ざされ、義教一行は何事かと慌てふためく。

と思った瞬間、武装した三千人の家臣が、いきなり斬り込んできた。立ち上がる義教の右手は満祐によって捕まれ、左手も、満祐の子教康によって捕まれ、そこを義教は一刀両断のもとに斬り殺された。三条実雅、斯波義廉、大内持世などの家臣は、命からがら垣を越えて逃げ延びた。三千人も武装した家臣がいるのだから、その気になれば、お供の家臣も斬ることはたやすかったはずである。おそらく、義教だけがターゲットだったのだろう。

義教暗殺の噂は、あっというまに京の街に広がった。ところが意外にも、赤松邸に押し寄せてくる大名がいない。世間は、あれほどのことをしでかすからには、赤松に呼応する大名は多いのだろうと警戒し、様子を窺っていたのである。

しかし、これほどまでにおおっぴらに用意して殺すのも、やはり暗殺なのだろうか。そういう日本語はないが、明殺とでも呼びたいくらいである。

ともかく、追手が来ないので、赤松満祐は、拍子抜けして播磨に戻った。

その後流石に、京都では、追討の軍が組織され、追討軍はてこずったが、嘉吉元年9月9日、赤松満祐はついに力尽きて自決した。そして、赤松満祐の家臣の一部は、逃げ延びて百島にたどり着いたはずなのであるが、それは歴史的には瑣末なことであるのか、この本には何も言及されていない。

赤松満祐が義教暗殺まで思いつめた理由については、諸説がある。

  1. 先ず、一つの説は、赤松一族の貞村という者についてである。貞村は大変な美男で、義教が寵愛し、愛童とした。そして、義教は、愛の証として、満祐の領地の一部を、貞村に与えようとした。それに憤慨した満祐が、義教暗殺まで思いつめた。
  2. 別の説は、義教が満祐を普段から大層軽蔑しており、ある酒宴で、猿をけしかけたり、犬をけしかけたりして、満祐を大層侮辱した、というものである。
  3. さらに別の説は、赤松一族で、満祐の家と、貞持の家が大層仲が悪く、前の将軍義持の頃から勢力争いして、貞持は、将軍義持に満祐の悪口を吹き込むなどしていた。貞持の次の代の貞村になると、将軍も義教になったが、貞村は一貫して義教に取り入り、信任を得た。嘉吉元年の前年の3月に、満祐の弟の義雅が、義教によって領地を没収され、それが貞村に与えられるに及んで、満祐の堪忍袋の緒が切れた、という次第である。

これらの理由は互いに排他的ではないので、すべて当てはまる可能性もある。

百島には、こういう赤松満祐の家臣の子孫が、今でも住んでいるが、特に血の気の多い者がいる、という訳でもない。寧ろ、喧嘩も刑事事件もなく、退屈極まりないところであると言える。ただ、嘉吉の乱の話を聞いて愉快がる島民はいないだろう。一方、そういう逆賊が祖先である可能性を知って、少しだけ血が躍る私には、もしかして武士の血が流れているのだろうかなどと呟いたら、きっと呆れられるだろう。なにしろ、生まれて一度も喧嘩で勝ったことがない弱虫なのだから。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1660

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月22日 07:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AIDSの治療」です。

次のブログ記事は「最難関の国家試験」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。