最難関の国家試験

| コメント(7) | トラックバック(1)

「生命保険のカラクリ」岩瀬大輔著、文春文庫を読んでいたら、著者は東大法学部卒で、かつて司法試験の準備をしていたという。何かの事情があって司法試験は断念したようであるが、その後、ハーバード大学MBAを卒業して、今は、ライフネット生命保険という会社の副社長をしている。(コメントで指摘して戴いたのであるが、岩瀬氏は実は、在学中に司法試験に受かっている。でも、私が見落としたのかもしれないが、上記著書にはそのことは一切書かれていない。なんと奥ゆかしいのだろうと、今更感心する。)

それで著者が言うには、司法試験の準備をしていた頃は、司法試験が最難関の国家試験だと思っていたが、生命保険の仕事に関与するようになって、実は最難関の国家試験は、アクチュアリーであると知ったという。

アクチュアリーとは、保険数理・年金数理の専門家で、毎年の合格者は数十人だけで、有資格者の団体である日本アクチュアリー協会のメンバーは、1000人程度しかいないという。

では、アクチュアリーになるための試験はどんなものか? 日本アクチュアリー協会のホームページには次のようにある。

「アクチュアリーの仕事をしている人」を「アクチュアリー」と呼ぶこともありますが、普通、日本において「アクチュアリー」とは、日本アクチュアリー会の「正会員」を意味します。正会員資格取得のためには、日本アクチュアリー会が毎年実施している資格試験の全科目合格とプロフェッショナリズム研修の受講が必須の要件です。 資格試験を全科目合格するためには、基礎科目となる第1次試験5科目、専門科目となる第2次試験2科目の計7科目に合格する必要があり、全科目合格までには最低でも2年を必要とします。また、「実際にアクチュアリーとして働く」ことを前提としている点も、この資格の特徴です。実際、ほとんどの正会員は、企業でアクチュアリー業務に携わりながら勉強を続け、試験に合格して資格を取得しています。

基礎科目となる第1次試験5科目とは、「数学」、「生保数理」、「損保数理」、「年金数理」、「会計・経済・投資理論」である。

第2次試験2科目とは、次の3つのコースから1つを選択する。
 生保コース......「生保1」、「生保2」
 損保コース......「損保1」、「損保2」
 年金コース......「年金1」、「年金2」

必要とされる数学は、事象と確率、確率変数、確率分布、確率密度関数、分布関数、確率変数の平均値、分散、変数変換と和の分布、積率と積率母関数、確率母関数、特性関数、大数の法則と中心極限定理 、 統計的推定、区間推定、統計的検定、標本分布論と標本調査、最小2乗法と相関係数と回帰係数の推定、検定、回帰分析、時系列解析、確率過程、シミュレーション、線形計画法など、コテコテの応用数学である。当然か。

それ以外にも、生命保険数理学、損保数理学、年金数理学、経済学、会計学、投資理論など、私には発狂しそうになる科目ばかりである。

それで思ったのだが、もしアクチュアリー試験が本当に最難関の国家試験であるとしたら、それは、確立された教育コースが乏しいせいではないだろうか。というのは、例えば、大学の理学部数学科では、上記した数学の科目は相当傍流であって、代数、幾何、解析などの基礎的科目とは異なって、きちんと教えられているところは少ないと思われる。

それでいて、私が齧ってみた範囲では、確率論というのは独特で、決して普通の代数学や幾何学と比べて易しいわけではない。

ある意味もっと難物なのは、生命保険数理学、損保数理学、年金数理学で、これをきちんと教えている大学は寡聞にして知らない。それだけではなく、経済学、会計学、投資理論も必要だというなら、数学に軸足を置きつつ、文系科目にもクロスオーバーする必要がある。すると、アクチュアリー試験の難関性のある部分は、そのとっつきにくさにもありそうである。まともに資格試験の勉強したことがないのに適当なことを言うと、合格するために勉強しなくてはならない学習量自体は、司法試験の方が多いようである。ただ、アクチュアリー試験の方が、特定の科目を集中して深く勉強する程度が高いような気もする。

ではそうやって最難関のアクチュアリー試験に合格したとして、弁護士や弁理士のように、アクチュアリー事務所というのが開ける訳ではなく、仕事としては、生命保険会社や損保会社の一専門職として働くようである。そして、専門職である限り、一流大学の博士課程を卒業した研究員が企業の研究所で研究員として必ずしも大して高給にありつけないように、アクチュアリーも、役員クラスの高給が約束されるのでもないと思われる。すると、アクチュアリーを支えるのは、難関試験に合格し、日本にたった1000人しかいないというギルド的特権意識というかプライドか。

そのアクチュアリーであるが、「生命保険のカラクリ」によると、アクチュアリーが計算する生保標準死亡率は実際よりも20%も高く設定されているという。ということは、その数字に基づき、生保各社は、余分な利益を生むように保険料を設定している訳であり、その余分な利益は、死差益と呼ばれる。死の商人を思わせる、なんとも気味の悪い用語ではないか。しかし、5%ならともかく、死亡率を実際よりも20%も高く計算するとき、アクチュアリーのプライドとして内心忸怩たるものはないのか。

あと、これだけコンピュータのソフトウェアが発達すると、生命保険数理学、損保数理学、年金数理学などの基本的な公式は確立されているのだから、Excelの関数やマクロ、Perlのスクリプトなどで簡単に必要な計算ができそうなものであるが、おそらく、どんなにエンドユーザが増えても、OSは設計できないので、OSのアーキテクトが必要なように、保険計算のアーキテクトとしてのアクチュアリーは必要なのだろう。

トラックバック(1)

アクチュアリー試験数学の研究 - (本文) (2010年2月17日 20:59)

昨日 http://d.hatena.ne.jp/actuary_math/20100216 アクチュアリー試験の合格発表がありましたが、その試験を受験... 続きを読む

コメント(7)

司法試験合格してますよ。
いち弁護士になるのではなく、もっと自分にしかできない仕事をしたい、弁護士はいつだってなれると、外資系コンサルに就職したと聞いたことがあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E7%80%AC%E5%A4%A7%E8%BC%94

> 司法試験合格してますよ。

ご指摘、ありがとうございます。私の調査不足でした。すると、司法試験よりもアクチュアリーの方が難しいのでは、という意見に一層の信憑性があります。

Wow! what an idea ! What a concept ! Beautiful .. Amazing ? I usually don?t post in Blogs but your blog forced me to, amazing work.. beautiful ?

Surprisingly very few items came up when I googled pool house/hotel with pool on Korčula, most of the result, was agencies offering the same units, so the selection was between a villa 10 km from Korčula town and a hotel in Lumbarda (4 km from Korčula town), when the girls saw the pictures on the hotels homepage the decision was taken :)

Good blog post, I will be sure to bookmark this post in my Mixx account. Have a awesome night.

Am i allowed to make a bit of advice? I do think youve had something good above. However what if you also provided a couple references towards a page that supports what you're? Or simply you can offer us something to check out, whatever would certainly link up what you are talking about, sth tangible?

I've read some posts in your blog at this point. I truely enjoy the way you blog. I added it to one of my bookmarks and definitely will be returning very soon. Please check out my personal website as well and tell me what you think about it.

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月23日 08:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「嘉吉の乱」です。

次のブログ記事は「JALの再建策」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。