JALの再建策

| コメント(2) | トラックバック(0)

JAL倒産に関連して、JALの再建策をもっと具体的に知りたいと思っていたら、ダイヤモンド・オンラインに、町田徹氏が、JALの再建策について書いていらっしゃるので、その一部を引用させて戴く。

そこで、注目すべきがJALの再建策の真贋だ。これについては、先週の本コラムで報じた「Ivy再生の方向性」(「Ivy」は機構が付けたJALのコードネーム)とのタイトルが付いた原案が、ほぼそのまま、19日の会社更生法適用申請の際に記者会見場で発表になった「日本航空に対する支援について」に姿を変えた。

それによると、JALは現在、8676億円の債務超過状態に陥っているが、機構による3000億円の資本注入と、民間銀行や日本政策投資銀行が参加する総額7300億円の金融支援によって、1624億円の資産超過状態に生まれ変わらせるという。そして、機構の4000億円と政投銀の2000億円の合計6000億円のDIPファイナンス(事業再生融資)によって、当面の資金繰りを付けて、今年8月か9月に更生決定を得たいとしている。

だが、そこに盛り込まれた収支の改善見通しには甘さが目立つ。例えば、再建初年度と言うべき2010年度の連結営業収支は337億円の赤字と、前年度の2651億円の赤字から、いきなり赤字幅を2314億円も圧縮できるとしている。しかし、この1年間に売り上げは1430億円の減少が避けられないという。つまり、営業費用をわずか1年間に3744億円も削減することで、奇跡のような赤字幅圧縮を実現する計画なのである。いったい、どこに、そんなバラ色のコストカット策があるのだろうか。

ちなみに、JALのリストラクチャリング策は、(1)内外31の不採算路線からの撤退、

(2)燃費の悪い航空機(B747-400を37機、MD90を16機)をすべて退役させて、代わりに小型機33機、リージョナルジェット機17機を導入する、(3)5万1862人に及ぶグループの人員を3万6201人に減らす――などが柱である。だが、いずれも2012年度までの4年間をかけて行う計画だ。

先に必要性を指摘した、いきなり2010年度に3744億円のコストカットを達成できる施策ではないのである。それどころか、人員を削減するために、早期退職の募集などを強行すれば、短期的な費用はむしろ膨らむはずなのだ。ところが、その打開の方策の説明がどこにもない。結論を言えば、肝心のJAL再建策は「更生決定を得られないリスクや、2次破たんが懸念される」(前述の経済官庁幹部)ものである。

これを見る限り、JALの前途は、極めて多難なようである。そもそもが、「営業費用をわずか1年間に3744億円も削減する」ことなど、超絶的に困難であって、不可能と言い切ってよい。なぜなら、約1万5千人のリストラに、割増退職金を用意する必要があって、もしそれが一人1000万円だとしても、割増退職金は、1500億円かかる。また、小型機33機、リージョナルジェット機17機を導入するというが、その費用も、一機50億円として、2500億円。合計で4000億円である。これだけで、追加融資のほとんどを食いつぶしてしまう。

しかも、JALは、今回の破産や会社更生法の適用などですっかり信頼が失墜し、もともと減っている利用客が更に減少している、という。下手をすると、飛べば飛ぶほど、経費がかさんで、損失が増えるということが考えられる。これでは、赤字を埋めるのも前途多難である。

すると寧ろ、JALは、漸次的にアポトーシス(プログラム死)すべきなのではあるまいか。すなわち、追加融資は、ANAへの無理のない業務移転や、従業員の再雇用支援などに使うのである。そして、取引先への影響を緩和しつつ、着地点を見つける。下手にテイクオフしようとすると、傷を深めるばかりである。これはまさに、米国のフラッグ・キャリア航空会社であったパンナムと同じ途である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1662

コメント(2)

  「あのJALがねぇ・・・」とため息をつくヲヤヂと中年以上の淑女は多いはずですよね。
 子供のころなど外国旅行など夢のまた夢で(ついでに牛肉は大ごちそうでしたね)、私なぞ、クラスに、かの「鶴丸」のショルダーバッグなど持っている子がいて、羨望のまなざしでそれを眺めたものでした。その外国への飛行機運行を唯一日本で行っていた会社が倒産するなんて、当時は1mmも想像しませんでした。
 ・・・諸行無常・正邪必衰の理というやつなんでしょうねぇ・・・
 

> 諸行無常・正邪必衰の理というやつなんでしょうねぇ・・・

私が勤務している会社も最近どうなんだろうと心配になります。戦艦大和のように、不沈艦かと思ってましたが。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月23日 11:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最難関の国家試験」です。

次のブログ記事は「金正銀」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。