金正銀

| コメント(0) | トラックバック(0)

金正雲に書いたように、金正日の後継者が金正雲で決まりそうであるとか、いやいやまだ揺れているとか、諸説紛々であったが、毎日新聞Webによると、いよいよ、金正日の後継者としての金正銀が明確になってきたようである。ちなみに、金正銀は、今まで、金正雲と書かれていたが、金正銀の方が正しいようである。ただ、金正恩が正しいという意見もあるようである。以下、引用:

北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記の三男で最有力後継候補の正銀(ジョンウン)氏が、今月8日の誕生日で26歳になったことが判明した。政権に近い関係者が正銀氏の生年月日を「1984年1月8日」と証言した。北朝鮮当局は正銀氏の生年月日を公表しておらず、これまで脱北者らの未確認情報で「83年生まれ」と伝えられてきたが、実際には1歳若いことが初めて確認された。北朝鮮指導部では正銀氏による後継体制を念頭に置いた神聖化作業が慎重に進められており、そのための国内経済の基盤強化に向けて今年は対外政策の転換が図られそうだ。【北京・西岡省二】

誕生日当日、朝鮮中央テレビが北朝鮮の女性ボーカルグループ「銀河水」の曲「祝杯を上げよう」を放送。朝鮮労働党機関紙「労働新聞」の論文でも、正銀氏をたたえる歌の題名と同じ「パルコルム(足音、歩みの意)」の文字が盛り込まれた。だが、いずれにも「正銀」という表現は使われなかった。

関係者によると、昨年は誕生日前日の1月7日に平壌で誕生祝賀会が開かれ、「25回目の誕生日を祝った」という。また、毎日新聞が新たに入手した軍関係の内部文書では「金正銀大将同志」と明記しつつ「新星将軍様」「20代将軍」などと強調しており、正銀氏を認知させる作業が継続している様子が浮き彫りになっている。

注目されるのは誕生日と年齢の扱いだ。北朝鮮では故金日成(キムイルソン)国家主席、金総書記とも誕生日は国家の祝日となっている。生年月日についても、かつて金総書記が後継者として公式の場に姿を見せたのを機に「1941年2月16日」から「42年2月16日」に変更されたという説が有力だ。「金主席(1912年生まれ)とちょうど30年違いの方が切りがいい」(北京の外交関係者)ため、金主席が70歳になるのに合わせ総書記も41歳から40歳に変更したことになる。

(以下、略)

これに関しての素朴な疑問は、次のとおりである。

  1. 金正日の後継者は、本当に金正銀で決まりなのか。私はまだ、どんでんがえしもありえるような気がする。
  2. 金正日はいつ、金正銀に実権を譲るのか。もしそれが10年後であるなら、金正銀は、待ちくたびれて、クーデターまがいのことをしでかしかねない。
  3. そもそもが世界的にみて、共産主義を標榜しつつ、同族的支配体制を確立しえたのは、北朝鮮と、ルーマニアしかないように思われる。ただ、ルーマニアのチャウシェスクは、当時の宗主国ソ連の意向とは合わず、おそらく、イエリスクなどのルーマニア国内のソ連派との呼応で、倒されてしまった。するとなぜ、北朝鮮の金王朝は、ルーマニアのようにクーデターに晒されないで、生き永らえているのか。それは、共産主義とは名ばかりで、古くからの儒教的価値観をうまく活かしたということか。あと、中国共産党の後ろ盾も大きい。チャウシェスクと違って、金日成も金正日も、一貫して中国共産党とは良好な関係を維持してきた。
  4. そもそもが、金王朝の体制は、これからもずっと続くのか。それが続くとしたら、実は、韓国も日本も、内心崩壊してほしくない、という本音にも依存している。崩壊すると、難民が多数発生し、特に韓国、そして日本は、対応に大童となる。

以上のような、素朴且つ粗い質問を書き並べて、様子をみることにする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1663

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月24日 08:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「JALの再建策」です。

次のブログ記事は「国家の人工性」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。