国家の人工性

| コメント(0) | トラックバック(0)

つくられた共産国家の記事を書きながら自然に浮かんだ概念は、「国家の人工性(artificiality of a state)」である。そこには何一つ、私のオリジナリティはない。以下のメモは、何一つオリジナルではないけれども、とりあえず浮かんできた、泡沫の概念を並べてみただけのものである。

それでは、国家の人工性とはどのようなものだろうか。思いつくままに列挙してみると、

  1. 先ず、つくられた共産国家の文脈では、他国の利害に基づき建設された国家ということになる。そういう意味で最も人工国家に相応しいのは、イスラエルである。といいつつ、バルフォア宣言のあたりの経緯を書きたいが、不勉強で何も書けない。あるいは、より人工国家と呼ばれるに相応しいのは、現代のイラク、アフガニスタンである。そこでは、米国の手配で選ばれた大統領が、国民からの少ない支持で、形式的に国を治めているにすぎない。
  2. さらに人工度が高いのは、傀儡政権である。典型的には、ナチス・ドイツによって作られたフランスのヴィシー政権、日中戦争で日本によって中国に作られた汪兆銘政権などである。そういう意味では、アフガニスタンのカルザイも、米国によって作られた傀儡政権といえるだろう。
  3. 建国の根幹でなく、選択肢に他国が関与するという意味の人工性もある。つくられた共産国家で述べた、共産主義中国がそうである。さらには、レーニンなどの一派がうち建てたソヴィエト連邦も、実は、ロスチャイルドなどの陰謀に支えられた人工国家である、という意見もある。実際、ベルリンの壁が崩壊するまでは、ソヴィエト連邦は、軍事大国であるアメリカ合衆国の最大の仮想敵国であったのであり、よくその役割を果たしたともいえる。
  4. 国家の施策が、国民の意図を無視して、独裁的に決定されるとしたら、やはり人工性を帯びてくる。現代の中国は、長い歴史に支えられていて人工性は低いようであるが、経済政策一つをとってみても、あまりにも恣意的で、いかにも危ない。これも、人工性が高いと言ってよいのではあるまいか。
  5. そういう他国の陰謀や独裁とは離れて、国家の若さ、伝統のなさは、そのまま人工性につながる。典型的にはアメリカ合衆国である。拠るべき伝統としてフランス革命、そして本国としてのイギリスからの継承はあるとはいえ、その伝統意識は希薄である。すると、どうしても常に人工性がついて廻る。

それでは、人工国家の特徴は何か。それは明らかであって、国家統一のために、強い幻想作成マシーンを必要とする、ということである。古来からある優れた幻想作成マシーンは、宗教である。おそらく、国家の人工性と、宗教性の強さは比例する。典型的には、アメリカ合衆国がそうで、急進的なまでのキリスト教国になっている。

幻想作成マシーンとしては、宗教以外にも、利害、仮想敵、神話がありえる。そのために、日本書紀のような、偽装に満ちた歴史書が書かれることもある。これはそもそも、中国での史書のスタイルの継承である。

人工性と宗教性の例として、イギリスがある。あるイギリスの知り合いに、クリスマスの近くになったとき、当然イギリスでもクリスマスを祝うんだよね、と聞いたら、いや、イギリスでは、あまりみんな祝わないよ、と笑っていた。イギリスのような人工性の乏しい国家では、宗教に強く依拠する必要がない。イギリスはスピリチュアリズムが一番盛んな国である。これはある意味、アンチ・キリスト教の最たるものである。

かつてのマルクス・レーニン主義も、間違いなく宗教であった。唯物論&無神論というのはまさに、神の陰画に過ぎない。

さて人工性が乏しいということは、国家が身軽に千変万化するということである。アメリカ合衆国で、仇花のように、金融資本主義、軍産複合体が発達しているのは、国家が伝統を欠くがゆえに、粘度が乏しいのである。

では日本はというと、間違いなく人工度は低い。国家の伝統という意味では、中国に相当後れをとるが、一貫性という意味では、世界に冠たるものがある。そういう文脈で、天皇制も評価されてよい。

上にも述べたが、人工度の低さは、社会の粘度の高さに比例する。すなわち、伝統が邪魔して、身軽に変化できないのである。それゆえに日本では、池田信夫氏が書いた「希望を捨てる勇気」などという本も売れる。私は、伝統ある国家に生きる者として、希望を捨て、従容と没落する誇りが必要だと思う。なに、人工国家など何度も言うが、仇花である。われわれは、頭を低くして知恵を絞れば、また活路も見えてくるだろう。それは、国家の表層だけでも人工性を装うことかもしれない。すると、必要なのは、人工国家の振る舞いをもっと研究することである。とはいえ、国家の人工性と、長い伝統のインターフェースをどうとるかは、永遠の課題である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1664

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月25日 00:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「金正銀」です。

次のブログ記事は「会話の盛り下げ方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。